ここから本文です

書庫水石・山水景石写真総覧

山水景石33 矢郷山

イメージ 1

産地 矢合川  
左右 19センチ


この【矢郷山】(ヤゴウザン)という銘は

特別な想いがあってわたしが付けたものです


実は、この石をわたしが過去に矢合川で発見していましたので

後にNHK BS2の取材時に 20番【高千穂】を取材カメラの前で

採取することが出来たのです


この矢合川に初めて行った頃はわたしは43歳あたりです

その頃にわたしは矢合川に夢中の日々を送っていました

田園地帯を流れる小川に似た矢合川は、東西に流れこの川の南北は高台になっていて

近所に住む人のお話では

集中豪雨で川から石があふれ出ることもあるとのことでしたが

わたしが行くようになってから集中豪雨は一度もありませんでしたので

おとなしい静かな流れの小川であると云う印象で終わりそうです


ただ、無数のもっと小さい流れがこの矢合川に流れ込んでいます


その流れの一つをわたしと友人の各務さんとが遡ったときに深い藪の中に入りました

その時、水流で洗われて露出した竹の根っこを見ましたら、竹の根が土に混じった小形の石に巻き付いている状態を見ることが出来ました

さらに詳しく観察しましたら

竹藪の下の土中に多くの石が埋まっているではありませんか!

そこで腕まくりして、手を突っ込んで何だか石らしきものを掴み、引っ張り出したのが今日の石【矢郷山】です


このお話をレポートのかたちで石の専門書に投稿しましたら

嘘だというお叱りを受けましたが、嘘ではなかったのです


まあ、それは兎も角

NHK BS2のお話の時に〜〜あそこに行けば絶対何か当たる!〜〜

と思えましたので実行したわけです



その時にカメラの前で 20番【高千穂】に出合えてこんな幸せはありません!


この【矢郷山】は縁起のいい石です


〜〜〜〜楽しゅうございましたし〜〜〜〜


イメージ 2
矢郷山 フォーマル 空


イメージ 3
矢郷山 フォーマル 空 モノクロ


イメージ 4
矢郷山 カジュアル1


イメージ 5
矢郷山 カジュアル1 モノクロ


イメージ 6
矢郷山 カジュアル2


イメージ 7
矢郷山 カジュアル2 モノクロ


イメージ 8
矢郷山 カジュアル3


イメージ 9
矢郷山 カジュアル3 モノクロ


イメージ 10
矢郷山 カジュアル4


イメージ 11
矢郷山 カジュアル4 モノクロ


イメージ 12
矢郷山 カジュアル5


イメージ 13
矢郷山 カジュアル5 モノクロ


イメージ 14
矢郷山 カジュアル6



イメージ 15
矢郷山 カジュアル6 モノクロ




水石・山水景石写真総覧 トップにもどる

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事