ここから本文です

書庫水石・山水景石写真総覧

イメージ 1

産地 仁淀川  
左右 22センチ


この【シルクロード】の台座裏に仁淀川と書いてあります

産地が仁淀川であると言う意味です

この石も京都建仁寺で行われた九十九会会場で素朴な感じがするお方から買っています

仁淀川産と言いましても、肌には川擦れの痕跡はありません


わたしは、仁淀川流域の山中若しくは土中から出たものであろうと推測しています

揖斐川などでも、白倉谷のように超有名な谷から出た石で

川に一度も入っていなかったであろう石を「揖斐川石」と称していますので

水石、山水石の世界では常識的行いと言えることです

仁淀川を探索された関西のお方が、この石をご覧になり

『・・こんな石が仁淀川で出るわけが無い。産地詐称だよ・・』

と仰ったことがあります


水石、山水石界では、残念なことに産地の詐称は常に気になることです


しかし、詐称は「詐称することで高く売れる場合」に起きることです

「仁淀川」は、水石、山水石の産地として超有名ではありませんので

「仁淀川産」という事が産地詐称である可能性は殆ど無いと思うのが常識的です


さて【シルクロード】と銘じたこの石を好んで下さるお方は結構多いようです

わたしはこの【シルクロード】が文化に関係ない時代

つまり原始時代の雰囲気を持っているからであろうからと思っています


少なくとも、わたし自身はそのように感じています



荒れた前人未踏かと思える平原に

一個の優美な山を持つこの【シルクロード】なる山水石に

惹かれる現代人が多くあることをわたしは願っています


イメージ 2
シルクロード フォーマル 空


イメージ 3
シルクロード フォーマル 空 モノクロ


イメージ 4
シルクロード カジュアル1


イメージ 5
シルクロード カジュアル1 モノクロ


イメージ 6
シルクロード カジュアル2


イメージ 7
シルクロード カジュアル2 モノクロ


イメージ 8
シルクロード カジュアル3


イメージ 9
シルクロード カジュアル3 モノクロ


イメージ 10
シルクロード カジュアル4


イメージ 11
シルクロード カジュアル4 モノクロ


イメージ 12
シルクロード カジュアル5


イメージ 13
シルクロード カジュアル5 モノクロ


イメージ 14
シルクロード カジュアル6


イメージ 15
シルクロード カジュアル6 モノクロ


イメージ 16
シルクロード カジュアル7


イメージ 17
シルクロード カジュアル7 モノクロ




水石・山水景石写真総覧 トップにもどる

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事