ぶる〜の部屋

令和元年(平成31年 )

スポーツ全般

[ リスト | 詳細 ]

スポーツ全般
記事検索
検索

ログイン出来ない!

イメージ 1



なんじゃ〜、このクソ重いサイトは

PW再設定してもログイン出来ねぇ〜。

おまけにロックされて終了

未だに当選・落選の確認も出来やしねぇ。



正直言えば、理想のハッチバックは GOLF GTI なんだよね

何度も乗ってるし、FFだけど雪道にも強い。

確かに GOLF R (4駆)って最上級バージョンがあるけれど

GTI の方が軽くて乗廻が良い、ってのが実感かな。

ま、高くて新車はムリ。

今秋、GOLF はフルモデルチェンジするみたいだけれどね。

始球式、畠山愛理



思わず、大リーグボール

いけると、ちゃうの(笑)

え、大リーグボール知らない・・・。

σ(^◇^;)
“熊殺し”空手家ウィリー・ウィリアムスさん死去
アントニオ猪木と異種格闘技戦で死闘
6/10(月) 7:49配信


イメージ 1



  “熊殺し”と呼ばれた空手家ウィリー・ウィリアムスさんが7日に出身地の米国で死去したことが分かった。
67歳。死因は心臓病。関係者が明らかにした。


 身長196センチ体重100キロの体格を誇ったウィリアムスさんは極真会館の米国コネチカット支部で空手を
学び、76年公開の映画「地上最強のカラテPart2」で熊と戦ったことで“熊殺し”と呼ばれるようになった。79年
には極真会館の全世界空手道選手権で3位に入賞。80年2月には蔵前国技館でプロレスラーのアントニオ
猪木と異種格闘技戦で対戦し、両者ドクターストップの死闘を演じた。

 84年に師匠の大山茂氏が設立したUSA大山空手に移った後、空手選手を引退。だが、90年代には度々
試合に出場し、91年には「USA大山空手VS正道会館5対5マッチ」で佐竹雅昭に判定負け。92年には総合
格闘技リングスで前田日明と、97年1月には新日本プロレスで再び猪木と対戦して敗れ、99年にはプロレス
団体FMWのリングにも上がった。





67歳かぁ、若いよなあ  テレビで猪木戦を観たけれどマジで消化不良。

自分が空手に興味がないってのもあったとは思うけれど、何だかなぁ、嘘くさくてwww

ウィリー自身は大きいし強そうだったけれど”極真最強説”を全く信じていなかった為か

中途半端な気持ちで観ていたってのは認める、大山倍達が胡散臭いってのが

主たる理由だったんだろうと・・・、今ならハッキリ分かるwww

また昭和が遠くなった・・・、R.I.P.

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事