行き当たりばったりな人生続けてます

皆様ありがとうございました、どうぞお元気で!

全体表示

[ リスト ]

自分がブログを始めたのは、野球、プロレス、ライヴ鑑賞といった趣味を通して交流を深めたかったというのが一番。
その目論見通り、色々な方からコメントを頂き、良い交流が出来たと思ってます。
記事投稿は期限の31日まで続ける予定ですが、取り敢えず自身のヤフーブログ活動の締めの意味合いを込め、3つの趣味を通してのヤフーブログで活動してきた13年と8ヶ月を振り返ってみたいと思います、食ネタ以上に自己満足感溢れる内容になりそう(苦笑)

その1回目はライヴについて。
記事をざっと数えたら、ライヴ鑑賞記は74、内訳は25組(ソロ、グループ双方で活動している人はまとめて1組として計上)、複数のアーティストやグループによる合同でのライヴが8回。
個別で多かったのが十代の頃から聴いていた浜田省吾さんや甲斐バンド(甲斐よしひろさんソロ含む)、加えて同世代の吉川晃司、渡辺美里といった方々。

イメージ 1

イメージ 2

野球とプロレスに比べれば明らかに少ないですし、年々回数は減少、それもその筈、自分の好きなアーティストと言えば、大半が50過ぎた方ばかりで若い頃と同じ様なペースでライヴ活動出来るわけがありません。
でもビジュアル的にもサウンド的にもガッカリする程変わったなという方はいない、強いて言えばジュ・・・いや何でも(汗)
かと言って今が旬の若いアーティストにまで幅を広げる程の元気も懐の深さもありません、そんなライヴに自分の様な中高年のおっさんが行っても浮くだけですし(笑)

このブログを立ち上げた頃に一番ハマって、よくライヴに行っていたのがヤイコこと矢井田瞳、シングルを年数回リリースし、チャートの上位にも顔を出す、正に当時は旬のアーティスト。
このブログ開設して初めてのライヴ鑑賞も彼女、当時某清涼飲料水のCMに出演していて、その商品についているシールを集めて送ればライヴチケットが当たるというので、何本も買ったり、職場の自販機のゴミ箱のペットボトルからシールを剥がして集めたりという情けない事も・・・(苦笑)

イメージ 3

活動を休止していたアーティストや解散していたグループの復活の場にも立ち合える幸運もあって、中でも一番思い出深いライヴは2012年に再結成したプリンセス プリンセス。
20代の頃よく聴いて、ライヴにも行ってましたが96年に解散、その後全く復活の雰囲気は無かったものの、震災復興支援の為に再結成し、日本武道館と東京ドームでチャリティーライヴを開催。

イメージ 4

イメージ 5

16年ぶり足を運んだ彼女達のライヴ、武道館までの道のりでは胸がバクバク、ワクワク、そして開演した後の感涙、未だ記憶に深く刻み込まれたまま。
震災が起こらなければ復活も無かったのかと思えば複雑な気持ちにもなりましたが、逆に何が起こるかわからない世の中だけに、会いたい人と会える時に会う、そして会った時には楽しい時間を過ごす、人生それでいいという思いにもなれ、そういうスタンスで今も日常過ごしてます。

歌は不思議な力を持っていて、気持ちが落ち込んだ時、慰めの言葉を沢山頂く以上に好きな歌を1曲聴いた方が遥かに心は癒えると仰っていた方がいましたが正にその通り。
好きなアーティストのライヴ開催回数は今後も減っていくでしょうし、浜田省吾さんの様にチケット確保が開催毎に難しくなっているアーティストもいますが、今後も出来る限りライヴに足を運んで、日常を生き抜くパワーを頂きたいと思います。

閉じる コメント(2)

bsさんのライブ記事は僕が行きたいけど行けてないアーティストが多かったので、とても参考にさせて頂いてました。
僕が若い時にライブに行かなくて後悔してるアーティストがたくさんいるので、うちの子には好きなアーティストが自分の中でピークの時にライブに行った方が良いと言ってます。アーティストが大ベテランになってからのライブももちろん良いものがありますが、バリバリの第一線で活躍してる時のライブはその時しか見れませんので、同じアーティストでも感じ方が違うと思います。
個人的には邦楽では一時期復活しましたが、レベッカやバービーボーイズはリアルタイムで観たかったバンドですし、ジュディマリ、BOOWY、尾崎豊も見たかったと後悔してます。

2019/8/18(日) 午前 10:31 けんちゃん

> けんちゃんさん
記憶違いでしたら申し訳ありませんが、おそらく観に行ったアーティストが被った事はなかったですよね?こちらも参考にさせて頂きましたが、一度同じアーティストでのレポで見方、感じ方がどう変わってくるのか見比べてみたかったという思いもあります。
名前を挙げているアーティストの中では、ジュディマリは大ブレイクする前に一度観る機会がありました、今思えば貴重、まだ20代の頃。
バービーは大阪城で開催されたエピックソニーの25周年記念イベントを観に行った際、当初出演アーティストにその名が無かったのにいきなり登場、あの時の観客の大驚愕、大興奮は忘れられません、これは30代の頃。
今は個人でもバンドでも、全盛期に観に行けなかった人達が復活ライヴを開催する機会が増えたのがありがたいです、確かに全盛期に観たかったというのはありますが、何か心のつっかえが取れた様な思いにはなれます。

2019/8/18(日) 午後 0:43 bs


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事