行き当たりばったりな人生続けてます

皆様ありがとうございました、どうぞお元気で!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
自分のヤフーブログ活動期間総括記事の2回目はプロレス。

自分のブログ開設当時の日本プロレス界は氷河期と呼ばれていた頃で、特に新日本プロレスが試練の時代、ここ何年もプロレス大賞は新日選手の独壇場ですが、ブログ開設直前の2005年プロレス大賞ではMVPどころか、どの賞にも新日選手の名前が無かった程、今思えば信じられない現象。

当時プロレス界のトップに君臨していた団体がプロレスリングノア、このプロレス逆風の時代に開催したドーム大会(2005年)は大盛況、年7回の日本武道館大会も開催し常時満員、自分も当時はノアのビッグマッチに照準して休暇を取ってました。
自分がノアに入れあげていたのは90年代の全日四天王プロレスからの流れ、特に自分にとっての永遠のヒーロー小橋建太の存在があってこそ。

イメージ 1

その小橋がブログ開設して間もなく腎臓癌が発覚、長期欠場となり、それと時を同じくする様にノアの団体としての雲行きも怪しくなって、小橋本人は奇跡の復活を遂げたものの、ノアの興行成績は悪化の一途で地上波中継は打ち切り、更に2009年、これ以上は無い悲劇、三沢光晴社長がリング上で帰らぬ人に・・・

イメージ 2

プロレスを観てきて一番悲しい出来事でした、もう2度とあんな悲劇が起こらない事を強く願ってます。
そして小橋が2013年に引退、前述の腎臓癌に加え、首や膝に蓄積されていった激闘のダメージ、こんなに早くリングを去らなければいけなくなるなんて、プロレスの神様は残酷な事をするものだと思ってましたが、馬場さん、鶴田さん、三沢さんといった師匠筋に当たる方々が引退試合すら出来ずに鬼籍に入られた事を思えば、あのタイミングで引退して良かったのかもしれません。

イメージ 3

ノアの天下が終わった後のプロレス界は新日が息を吹き返し、新日一強時代が続いている状況。
あの氷河期を知っているだけに新日の復興は大いに讃えますし、更なる飛躍も期待してます。
でもジャンル自体の隆盛はやはりライバル団体の存在があってこそ!新日以外の団体の復興や躍進を強く願っている事はブログに再三書き込んできましたがなかなか厳しい現状、でもヤフーブログが終了しても引き続き、地道に応援していきたいと思います。

加えまして、ブログ活動期間中には前述の三沢社長以外にも、その全盛期のファイトを観てきた多くの名レスラーが鬼籍に入られました、改めましてご冥福をお祈りしたいと思います。

記事の最後に、この13年8ヶ月の月日の流れを感じさせてくれる写真(自分が撮影してブログに載せていたもの)を何枚か。

09年7月、新日後楽園大会第3試合は後藤洋央紀対オカダ・カズチカ(当時のリングネームは岡田かずちか)、この頃は彼が新日のエースになるとは思いもせず、見る目なし・・・

イメージ 4

10年4月、全日後楽園大会、チャンピオンカーニバル公式戦小島聡対真田聖也(現SANADA)
2人とも新日に行ってしまうとは。

イメージ 5

11年9月、ノアの第1試合で実現していた、現全日三冠ヘビー級王者宮原健斗と現ブリティッシュヘビー級王者ザック・セイバージュニアのシングルマッチ。
まだグリーンボーイの域だった両選手、今ではお互い大きく成長、再びリング上で交わる機会は訪れるのか?

イメージ 6

自分がブログを始めたのは、野球、プロレス、ライヴ鑑賞といった趣味を通して交流を深めたかったというのが一番。
その目論見通り、色々な方からコメントを頂き、良い交流が出来たと思ってます。
記事投稿は期限の31日まで続ける予定ですが、取り敢えず自身のヤフーブログ活動の締めの意味合いを込め、3つの趣味を通してのヤフーブログで活動してきた13年と8ヶ月を振り返ってみたいと思います、食ネタ以上に自己満足感溢れる内容になりそう(苦笑)

その1回目はライヴについて。
記事をざっと数えたら、ライヴ鑑賞記は74、内訳は25組(ソロ、グループ双方で活動している人はまとめて1組として計上)、複数のアーティストやグループによる合同でのライヴが8回。
個別で多かったのが十代の頃から聴いていた浜田省吾さんや甲斐バンド(甲斐よしひろさんソロ含む)、加えて同世代の吉川晃司、渡辺美里といった方々。

イメージ 1

イメージ 2

野球とプロレスに比べれば明らかに少ないですし、年々回数は減少、それもその筈、自分の好きなアーティストと言えば、大半が50過ぎた方ばかりで若い頃と同じ様なペースでライヴ活動出来るわけがありません。
でもビジュアル的にもサウンド的にもガッカリする程変わったなという方はいない、強いて言えばジュ・・・いや何でも(汗)
かと言って今が旬の若いアーティストにまで幅を広げる程の元気も懐の深さもありません、そんなライヴに自分の様な中高年のおっさんが行っても浮くだけですし(笑)

このブログを立ち上げた頃に一番ハマって、よくライヴに行っていたのがヤイコこと矢井田瞳、シングルを年数回リリースし、チャートの上位にも顔を出す、正に当時は旬のアーティスト。
このブログ開設して初めてのライヴ鑑賞も彼女、当時某清涼飲料水のCMに出演していて、その商品についているシールを集めて送ればライヴチケットが当たるというので、何本も買ったり、職場の自販機のゴミ箱のペットボトルからシールを剥がして集めたりという情けない事も・・・(苦笑)

イメージ 3

活動を休止していたアーティストや解散していたグループの復活の場にも立ち合える幸運もあって、中でも一番思い出深いライヴは2012年に再結成したプリンセス プリンセス。
20代の頃よく聴いて、ライヴにも行ってましたが96年に解散、その後全く復活の雰囲気は無かったものの、震災復興支援の為に再結成し、日本武道館と東京ドームでチャリティーライヴを開催。

イメージ 4

イメージ 5

16年ぶり足を運んだ彼女達のライヴ、武道館までの道のりでは胸がバクバク、ワクワク、そして開演した後の感涙、未だ記憶に深く刻み込まれたまま。
震災が起こらなければ復活も無かったのかと思えば複雑な気持ちにもなりましたが、逆に何が起こるかわからない世の中だけに、会いたい人と会える時に会う、そして会った時には楽しい時間を過ごす、人生それでいいという思いにもなれ、そういうスタンスで今も日常過ごしてます。

歌は不思議な力を持っていて、気持ちが落ち込んだ時、慰めの言葉を沢山頂く以上に好きな歌を1曲聴いた方が遥かに心は癒えると仰っていた方がいましたが正にその通り。
好きなアーティストのライヴ開催回数は今後も減っていくでしょうし、浜田省吾さんの様にチケット確保が開催毎に難しくなっているアーティストもいますが、今後も出来る限りライヴに足を運んで、日常を生き抜くパワーを頂きたいと思います。

食ネタカウントダウン

いつもの旅食ネタ、名古屋編とその後も少し。

名古屋行きの飛行機に乗る前、空港で思わず目に入った広告↓

イメージ 16

これは飲まない選択はない!
でも、飲みながら機内に入ろうとしたら制止されて・・・

イメージ 17

ナゴドではビールのお供に名古屋名物あんかけスパ。

イメージ 1

この夜は1人祝勝会、以前も行った「餃子酒場 下町の空」
6個で99円は破格(因みに餃子の○将は220円)

イメージ 2

メガビームハイと共に頂く。

イメージ 3

イメージ 4

加えて台湾ラーメンも。

イメージ 5

翌日は土用の丑、名古屋なら勿論「ひつまぶし」
台風が来ていて色々探すのが面倒だったので、手っ取り早く名古屋駅構内の店に。

イメージ 6

野球観戦後は名古屋近郊在住の旧友お二方と共に定番「世界の山ちゃん」

イメージ 7

お二方ともドラゴンズファンだったのでベイスターズ大勝での受かれた気持ちは抑えつつ、手羽先や味噌カツをお供に昔話。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

名古屋3日目の昼はきしめん、いつもの名古屋駅ホームの「住よし」
暑かったので冷やしを頂く。

イメージ 11

夜は味噌カツカレー。

イメージ 12

上京してのランチ、新橋を散策していたら、一人焼肉の店「焼肉ライク」が目に入り、惹かれるものがあったので立ち寄る。

イメージ 13

夜、ドームで野球観た後は何度か載せている元レスラーキラーカーンさんの居酒屋へ。
こちらで取り上げるのもラストかと。

イメージ 14

イメージ 15

何かイベント等を観に行った時に付随しての食ネタ、このブログのワンパターンでしたが、せいぜいあと数回、心置き無く更新していきたいと思います。
今回の旅、当初は名古屋での行程だけで終わる予定が、休暇は火曜日まであったので迷った末、G1を観戦後に思いきって上京。
この日は都内(どころか全国で)プロレスは興行予定が一つしかなく、その一つはチケット完売、プロ野球は通常公式戦の無い月曜だったので、イベントは観ずに大学時代の後輩と飲む約束をしていたところ、たまたま往年のプロ野球名選手が集う「サントリードリームマッチ」が開催される事を知り予定変更。
一緒に飲む予定だった後輩君も突然の予定変更に戸惑っていた様ですが、共に東京ドームへ。
取れた席は普段入場する事のあり得ないライトスタンド。

イメージ 1

始球式はモルツのCMに出ているあの超有名女優。
こら摂津、見えない。

イメージ 2

柱が邪魔してビジョンが見えにくい位置でしたが、この日のスタメン。
ザ・プレミアム・モルツ球団 vs ドリーム・ヒーローズ
どういう基準でのチーム編成なのかは不明。
交代した選手の再出場も可能なルール。

イメージ 3

やはり気になるのはベイスターズ(ホエールズ)OB。
中村紀洋、変わらぬ佇まい。

イメージ 4

駒田徳広さん、独立リーグの監督の傍ら、このゲームにも参戦。

イメージ 5

高橋雅裕さん、何度も代走に出され、盗塁は6を数えた。

イメージ 6

突然の観戦に戸惑っていた後輩君は筋金入りのタイガースファン、タイガースOBも多数出ていたので、楽しめた様子で何より。
バース対槇原、因縁の対決も実現。
というか、毎年このイベントで実現している様で年中行事に(笑)

イメージ 7

人一倍ファンサービスに努めていたのは、ライトを守っていた桧山進次郎。

イメージ 8

日曜朝の番組での発言が何かと話題になる張本さんも登場。

イメージ 9

昨年までジャイアンツの監督を務めていた高橋由伸、二刀流でこの試合のMVPに。

イメージ 10

他にも取り上げたい選手は沢山出ていましたが、編集が面倒ですのでにれ位で(苦笑)
でも、こういった肩の凝らない野球観戦もたまには良いものです。

そういえばもう8月、ヤフブロ記事投稿終了まで、1ヶ月切ってしまったか・・・
日曜はナゴドを早々に出て、愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)へ。
目的は新日本プロレス恒例夏の本場所「G1 CLIMAX29」の観戦、実に上手い具合に名古屋で開催されていたもので、このタイミングを活かさないわけはありません!
こちらでの観戦は2000年に全日(スタン・ハンセン事実上の引退試合)を観戦して以来、実に19年ぶり。

当日券を買っておこうと午前中に愛知県体育館へ行った際、自分の前に並んでいた男性があの席でもない、この席でもないと色々と注文をつけてなかなか決まらない状況で、暑い中イライラして待っていたら、夫婦らしき御二方(ロスインゴTシャツのペアルック)が近付いてきて
「1人来れなくなって1枚余ってますけど、宜しければどうですか、割引しますよ」
と声をかけられ渡りに船、大感謝!
という訳で花道に近い好位置で観戦出来ました。

イメージ 1

イメージ 2

第1試合 シングルマッチ
成田蓮〇 vs●上村優也
※フロントスープレックスホールド

イメージ 3

第2試合 6人タッグマッチ
飯伏幸太、本間朋晃●、トーア・ヘナーレ
vsバッドラック・ファレ、〇高橋裕二、チェーズ・オーエンズ
※ピンプジュース
こけしを悉くかわされた本間、裕二の餌食に。

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

第3試合 8人タッグマッチ
オカダ・カズチカ、ウィル・オスプレイ、YOSHI-HASHI、海野翔太●vsランス・アーチャー、ザック・セイバーJr.、鈴木みのる、〇金丸義信
※ディープインパクト
鈴木軍の入場曲が「風になれ」でなかったのが拍子抜け。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

第4試合 6人タッグマッチ
棚橋弘至、KENTA、カール・フレデリックス●vsイービル、SANADA、〇BUSHI
※エムエックス
久しぶり生で観るKENTA、今の競争激しい新日マットでどれだけやれるか、このシリーズは正規軍扱いの様ですが、それに収まる筈はない。

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

第5試合 Bブロック公式戦
後藤洋央紀○ (1分42秒 後藤式)●矢野通
CHAOS 同門対決は矢野の試合らしく短時間決着。

イメージ 14

イメージ 15

第6試合 Bブロック公式戦
ジュース・ロビンソン●(17分54秒 垂直落下式ブレーンバスター→体固め) ○石井智宏
意地と意地がぶつかり合った壮絶な打撃戦、それを制したのは石井。

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

第7試合 Bブロック公式戦
ジェフ・コブ○(12分30秒 ツアー・オブ・ジ・アイランド→片エビ固め)●タイチ
レスリングどんたくのセミで組まれたカードがこの日もラインナップ、コブが規格外のパワーできっちりリベンジ。

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

第8試合 Bブロック公式戦
鷹木信悟●(19分26秒 ブレードランナー→片エビ固め)○ジェイ・ホワイト
スーパージュニアにエントリーされた鷹木がG1にもエントリー、全日のチャンピオンカーニバルでもヘビーに通用する事は証明済み、パワーでは勝るも、インサイドワークにしてやられた感。

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

第9試合 Bブロック公式戦
内藤哲也(16分41秒 デスライダー→エビ固め)ジョン・モクスリー
2階席から登場したモクスリー、正に存在自体が規格外。

イメージ 27

内藤の焦らしにイラつくシーンが見られるも、圧倒的なパワーで優勢に立ち、デスライダーを決め、未だ負け無し。

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

ヤフブロが終わるまでの間にもう1回位プロレス観戦の機会はあると思いますが、G1は勿論、新日の観戦記を記事にするのはこれがラスト。
G1は第1回大会の初日を生観戦した思い出深いシリーズではありますが、まさか、競馬好きの坂口社長(当時)が競馬のG1レースから取ったという安易なネーミングのシリーズがこんなに長く続くとは思いもしませんでした、同様のジャパンカップリーグ戦はいつの間にか無くなってましたし。
90年代は全日のチャンピオンカーニバルが(プロレスで)世界一過酷なリーグ戦と言われてましたが、現状はG1がそう呼ばれて間違いないでしょう、矢野の様に短時間で終わる試合も中にはありますが(笑)
新日にはこれからも業界の盟主として長く頑張って欲しいものです。
そしてG1も長く続いて欲しいもの。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事