行き当たりばったりな人生続けてます

皆様ありがとうございました、どうぞお元気で!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

3タテはならず

日曜日も観戦。
この日はユニフォーム配布日、ベイスターズユニを着て入場したのに頂けました。
ドラゴンズファンの知り合いに何かお土産買っていかなきゃと思っていたので丁度良いお土産が手に入って良かった(笑)

イメージ 2

この試合はローソンの協賛、両チームにはからあげくん1年分贈呈、365パック?

イメージ 1

ベイスターズは育成出身の2年目、中川虎大(こお)が一軍初登板で先発。

イメージ 3

イメージ 4

二軍で好成績を残しての抜擢もこの日は制球に苦しみ、初回ビシエドの犠牲フライで1点失う。

イメージ 5

2回はヒット2本許したものの無失点で切り抜け、3回の攻撃では一軍初打席を経験。

イメージ 6

しかし、その裏マウンドに立っていたのは国吉。

イメージ 7

確かに苦しい内容だったのは誰の目にも明らか、でも滅多打ち喰らったわけでもないし、フォアボール連発したわけでもない、今後の為に、もっと経験させても良かったのでは。

この日は夕方別の予定があったので、5回終了時点でナゴドを出ましたが、結果リリーフ陣が失点重ね、打線はソトが2打点を挙げたものの、全体的には大量点翌日のジンクスにもろはまり。
2ー4で敗れ、カード3タテはならず、連勝も7でストップ。
でも敗戦以上に中川が中途半端に代えられた事が残念に思えたこの試合、即二軍降格となりましたが、今年中にリベンジの機会を勝ち取って欲しい。

ナゴドを出て向かったのは、キヨちゃんさんが前記事のコメントで仰っていた通りの場所です。
それは次回。

天敵松坂KOで連勝

台風の真っ只中、ナゴド連投。

イメージ 2

前の日にチケットの残り状況をチェックしたら結構余裕があったので当日券でいいかと気楽に構え、朝になって念のために再度チェックしたところが、ほぼ完売状態・・・いきなりのこの動き方は異常。
何とか残っていた内野指定A席を確保出来たものの、当初の予算はオーバー。

イメージ 1

イメージ 26

夏の特別イベントとして開催されているこの3連戦、中村玉緒さんがトークショーに始球式、お元気で何より。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

玉緒さんの始球式の朗らかな雰囲気が冷めやらぬ中プレーボール。
ドラゴンズ先発は松坂大輔、彼の投げる姿を生で観るのはライオンズ時代以来、実に13年ぶり。
そのライオンズ時代も含め、ベイスターズは彼が投げる試合で勝った事なし、この日も巧みな投球に翻弄されるのかと思いきや

イメージ 6

1番に起用された横浜高校の後輩乙坂が初球をセンター前に弾き返し、

イメージ 7

2番、これまた横浜高校の後輩筒香が左中間を割って早々と先制。

イメージ 8

その後も止まらないベイスターズ打線。
ソト、ロペスがヒットで続き

イメージ 9

イメージ 10

宮崎は倒れるも、伊藤死球、大和は詰まりながらもセンター前に落とし

イメージ 11

ピッチャー石田までタイムリー。

イメージ 12

まだまだ終わらず、これも横浜高校後輩石川タイムリーに、乙坂1イニング2本目のヒットはタイムリー。

イメージ 13

イメージ 14

ここで松坂ノックアウト、先述したチケットの急な動きは彼の先発が発表になったのも大きく影響していた筈、平成の怪物のこんな姿、誰も想像していなかったに違いない。

イメージ 15

イメージ 16

松坂が代わっても止まらないベイスターズ打線、2番手三ツ間からソトが2点タイムリーで初回計8点。

イメージ 17

2回には1アウト満塁からピッチャー石田が走者一掃の2ベース、更にソトが2回にして猛打賞のタイムリー、計12点ゲット!
近くの席で観ていた子供がそのお爺ちゃんらしき男性に「これってコールドにならないの?」なんて聞いていたのが耳に入って、思わず吹き出す。

イメージ 18

自らのバットで4打点を叩き出した石田、大量点をバックに悠々勝利投手の権利ゲット。

イメージ 19

6回からは武藤、櫻井、齋藤、中後と1イニングずつ継投、櫻井が3点を失ったものの

イメージ 20

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

滅多にお目にかかれない大勝。

イメージ 21

ヒーローインタビューは勿論石田。

イメージ 25

自身は観戦連勝、ベイスターズはこれで7連勝、なんか反動というか、しっぺ返しというか、そういうのが怖いですが(笑)
佳境に向かうペナントレース、最後まで楽しませて頂きたいものです。
でも以前も言いましたが、今年のペナントレースの結果をヤフーブログで記事に出来ないのが残念。

今年2度目のナゴド

昨日はナゴドへ。

イメージ 2

イメージ 3

またまた試合開始に間に合わず、約30分遅れで到着、席についたのは2回が終わった頃、今年これまでの途中入場の試合は良くも悪くも試合の大勢が決まっていたのが、この試合はまだ動きなし。
先ずは乾杯!

イメージ 1

3回のベイスターズ、先頭平良がヒット、その後2アウト2塁となって2番に定着して久しい筒香。
2番に徹している為か?打率は上がって来ているものの、本来の彼らしいバッティングが影を潜めている後半戦、ここでは久しぶりのホームラン!

イメージ 4

自らのヒットが先制点に繋がった先発平良、マウンドで躍動、ドラゴンズ打線に付け入る隙を与えず、6回まで零封。

イメージ 5

しかし7回ドラゴンズの反撃、ビシエドに一発を浴び継投。
2番手は中後、京田へのワンポイントがあえなく四球、何しに出てきたの?という雰囲気の中

イメージ 6

三嶋にスイッチ、後続を断つ。

イメージ 7

8回はパットン、2アウト1、2塁のピンチを招くも、アルモンテを三振に取る。

イメージ 8

1点差のまま最終回、康晃登場。

イメージ 9

1アウトからランナー許すも慌てず騒がず後続を料理。
勝った!と思いきや、最後リクエストで微妙な空気になりましたが

イメージ 10

改めて勝利の喜びに浸る!

イメージ 13

イメージ 11

ヒーローは勝利投手の平良、すっかりローテに欠かせない存在に。

イメージ 12

イメージ 14

この3連戦は「夏の竜陣祭」と銘打たれ、スペシャルイベントとして試合後にSKE48のライヴが。
ちょっと得した気分、因みにメンバーは1人もわかりません(苦笑)

イメージ 15

イメージ 16

ハマスタからタヌキも出張。

イメージ 17

この週末休暇が取れて名古屋に来ましたが、よりによって、時期を同じくして台風が発生、しかもよりによって東海地方を直撃するコース。
交通機関が大幅に麻痺でもしない限り中止にはならないと思いますが、雨風を凌ぎながら、今日もナゴドへ。

ちょっとその前に、今日は土用の丑、そしてここは名古屋、となれば食べるものは、あれしかありません!
先週末、福岡市民会館で吉川晃司ライヴ
「KIKKAWA KOJI 35th Anniversary Live TOUR」
を鑑賞。

イメージ 3

イメージ 2

吉川氏はどのライヴでも必ず懐かしい曲をラインナップに入れてきますが、今回は芸能活動35周年記念ライヴという事もあって、デビュー当時とCOMPLEX時代のナンバーが気持ち多めの嬉しい配慮、久しく披露してなかったデビュー曲まで。

セットリスト
1 Juicy Jungle
2 BE MY BABY
3 LA VIE EN ROSE
4 You Gotta Chance〜ダンスで夏を抱きしめて〜
5 にくまれそうなNEWフェイス
6 RAIN-DANCEがきこえる
7 サヨナラは8月のララバイ
8 スティングレイ
9 I'M IN BLUE
10 ONE WORLD
11 Dream on
12 MODERN VISION
13 Nobody's Perfect
14 SAMURAI ROCK
15 HEART∞BREAKER
16 1990
17 アクセル
18 モニカ
19 恋をとめないで
20 The Gundogs
21 GOOD SAVAGE
22 BOY'S LIFE
(アンコール)
23 Over The Rainbow
24 SPEED

アンコールでラインナップされたのは水球日本代表Poseidon Japan公式応援ソング「Over The Rainbow」
デビュー曲と共に見れる、ありがたい映像見つけました。https://youtu.be/25DIOB_oAew
MCでは水球選手だった頃のエピソードも披露、将来を嘱望されながら選択したのは芸能界、天は二物を与えずとは言われますが、二物も三物も持っている彼が羨ましい限り、自分は一物さえ持ち合わせていないのに(笑)

幅広く活動している影響か、ここ数年はチケット確保も困難となり、この日もチケット完売。

イメージ 1

次回の九州公園はもっと広い会場にするか、複数公演にするか検討願いたいものです。

ライヴ鑑賞を記事にするのはおそらく今回がラスト、ヤフブロも終了まで2ヶ月切ってしまいましたが、気楽に行きたいと思います。
今月は更新回数一桁で終わりそう。

交流戦食ネタ

先日の交流戦観戦、久しぶりのヤフオクドームでの勝利とチーム通算5000敗に立ち合ってしまった事は報告済、もう一つ報告するのはいつも通り、遠征中の食について。
何度も取り上げてきた店、メニューが大半ですが、ここで記事にする機会も限られてきてますので遠慮なく(最近何度となく言ってるみたいですがw)。

14日は昼に福岡入り、昼飯は定番「麺もつ屋」
昼から一杯、観戦前の景気づけ。

イメージ 1

イメージ 2

この日は自由席で観戦だったので気持ち早めにヤフオクドームへ。
試合前はビールが500円均一、売り子さんも色々考えているようでして、こんな帽子被った人も。

イメージ 6

イメージ 5

交流戦期間になるとスタジアムグルメに限定メニューが加わりますが今年も例外なく。
この日試合前に頂いたのは交流戦そばめし。

イメージ 3

今年ヤフオクではドラゴンズ戦、タイガース戦、ベイスターズ戦が組まれた事から、ドラゴンズに因んで名古屋名物の味噌カツにベイスターズに因んで星形のポテト、そばめしはタイガースに因んででしょうが、甲子園でそばめしを食べた記憶はなし、普通の焼きそばなら何度も頂いてますが。

イメージ 4

試合後の祝勝会はこれも定番「長浜満月」
屋台時代からの定番メニューで関東から遠征してきていた観戦仲間と祝杯、気がついたら日付は翌日に(笑)

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

15日も試合前の景気づけ、博多駅地下のエビスバー。

イメージ 11

イメージ 12

ヤフオクドームでは連日の交流戦限定メニュー、交流戦ミックス丼。

イメージ 13

これもヤフオクで対戦する3チームに因んで、甲子園球場名物の一つ甲子園カレーに名古屋めしの一つエビフライと横浜名物のシュウマイがトッピング、結構なボリュームでした。

イメージ 14

この日ベイスターズが勝ったら派手に騒いでいこうかと思ってましたが、敗れたので静かに一杯やって退散、結果的に正解、翌日からちょっと体調崩して通院する羽目になったので。
これも最近何度となく言ってますが、歳は取りたくないもので。
暫くは静かに過ごします。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事