Folk Rock Bar "Phoe〜be" blog

ミナミ・アメ村のRock Bar店主の日記?!

全体表示

[ リスト ]

6/11(tue.)

イメージ 1
昨夜(6/11 tue.)は、「Tedeschi Trucks Band(以下「TTB」)」3年ぶり4度目の日本ツアー初日大阪(正確には「兵庫」)公演を観に"あましんアルカイックホール"迄(19:00〜)♪
3年前のときとほぼ同様の見え方で楽しめる前方4列目左手「Derek Trucks」の立ち位置に程近い良席でたっぷり2時間近く、さらにも増して屈強かつ全くもって非の打ち所が無い安定感抜群な「TTB」独自の"鉄壁"バンド・グルーヴをとくと堪能してきました〜!
一言で云って、巧い!こんな演奏そのものが優れたバンドって、やっぱそうそうほかにあるワケやないよなぁ〜。それでいてその肌触りはとても温かみがあって、何ともオーガニックな響きを常に内包していて、心地好く優しいんよね〜!素晴らしい、と云うしか無いっす。

よくある新作タイアップ・ツアーのように「TTB」目下の最新作"Signs"('19)収録曲中心に演目が進むワケでもなく(逆に最新作よりのナンバーは少ないくらいでしたね)、「TTB」これまでのオリジナル・アルバム4作品よりのナンバーより万遍無くセレクトされたナンバー群を軸にしたセットリスト(おそらくそのあたりの采配は日替わりではないかと)。

イメージ 2
加えて、男性シンガー「Mike Mattison」のリード・ヴォーカルで「The Derek Trucks Band」時代のレパートリー「Bob Dylan」カヴァー'Down In Flood'が久しぶりに聴けたり、大所帯バンド「TTB」らしく「Joe Cocker (& Leon Russell)」の"Mad Dogs & Englishmen"をまんまオマージュして演奏される'The Letter'なんて、こんなバンド・アンサンブルがこの現在に"生"で聴けるとは何とも鳥肌モノで感動的。
今年2月に早逝した「Derek」長年の相棒的存在の鍵盤/フルート奏者「Kofi Burbridge」の後任として新加入した「Gabe Dixon(https://www.gabedixon.com/)」は曲によってコーラスも担っていたのですが、なかでも(ライヴ中には楽曲判別出来ずでしたが)「Willie Nelson」'98年作"Teatro"所収のフォーキー・ナンバー'Somebody Pick Up My Pieces'カヴァーでは、「Susan Tedeschi」のリード・ヴォーカルに寄り添うように唄われる彼のヴォーカルがとても印象的でした。もうひとり直近のツアーより加入した新ベーシスト「Brandon Boone(http://www.brandonboonebass.com/)」のグルーヴ・キーピングは大いに貢献していたし、やはり年がら年中"On The Road"ツアー巡業を続行している「TTB」総勢12名のメンバーがとても民主的なカタチで要所で各々フィーチャーされ、それらもう途轍もない高みに達したライヴ・バンド・アンサンブルが怒涛のように繰り出されるステージはまさに圧巻!
【写真】アフターでセトリ入手された方が「Phoe〜be」いらしたので思わずパシャリ(おおきにでした〜^^)!
実際はアンコール予定曲が丸々オミット、「B.B. King」カヴァー'How Blue Can You Get'が本編ラストで、アンコールが'Bound For Glory'でした... なかなかの長尺ヴァージョンで楽しませてくれたナンバー結構あったので時間切れやったのかな?!

まぁ(「TTB」や「Derek Trucks」の音楽に長年親しんでいる方は特に)「Kofi」の不在(=印象的だったフルート演奏が全く無くなったの)を感じる部分はどうにも仕方ないトコあるけど、彼らは乗り越え次のステップへ着実にとても正しく歩みを進めていましたね。
これからも「Derek Trucks」と「TTB」には大いに楽しませてもらうつもりです^^♪
よろしくです〜!!!!!

21:00ちょい前に終演、即阪神電車で難波にとんぼ返り、当初のほぼ予定通り22:00ちょい前に「Phoe〜be」オープン!
「TTB」ライヴ・アフターの方々や諸々、皆々様誠にありがとうございました〜!
「TTB」特需(笑)+αで(朝迄コース)、ありがたや〜!の宵でありました。
バタバタと失礼おば... m(._.)m

★昨晩(6/11 tue.)のplay list〜♪

Tedeschi Trucks Band/Lockn' Music Festival, September 12, 2015: Day 2(DVD◎)
Bob Dylan/The Rolling Thunder Revue: The 1975 Live Recordings
Rob Stoner/Patriotic Duty
Dr. John/In The Right Place
Ronnie Barron/Reverend Ether
Bees Make Honey/Music Every Night
Ronnie Lane And The Band Slim Chance/At The BBC
Tower Of Power/Self Titled

【当店「Phoe〜be」よりのお知らせ】
毎度ありがとうございます〜^^
本日(6/12 wed.)は、当店「Phoe〜be」はお休みさせて頂きます。
よろしくお願いします。
明晩(6/13 thu.)よりの皆様のご来店お待ちしています〜♪

新入荷アイテムほか諸々入荷してますよ〜
See you tomorrow night!!!♪

Folk Rock Bar "Phoe〜be"
http://blogs.yahoo.co.jp/bsgrsmustang73

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事