かなぎあん★KANAGIAN★だった日々と

島根県浜田市の地域活動の応援隊員でした。金城・旭 エリア中心でした。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
 8月22日、英字新聞で新聞紙エコバッグ作りをしました。
場所は、浜田市三隅町の白砂公民館。子どもたちの夏休みの活動にと、公民館で企画されました。子どもから年配の方まで、15人で作りました。
作ったのは、「新きんたバッグ」の改良バージョンです。
 
 英字新聞は、紙が日本語の新聞に比べて薄いのです。
今までと同じ作りでは使っているうちに破れてしまいますし、ボンドを付けると、水分のために紙がふにゃふにゃになり、作りにくくなります。
そのために、次のような工夫をしました。
大きくは
‖羯罎凌景校罎3枚重ねにする。
台紙の端の2回折りを、上、右、左の3ヶ所で行う。
▲椒鵐匹隆チ膸間を確保するために、工程を工夫する。
つまり、
台紙の第一弾ののり付けが終わったら、取っ手を作る。取っ手を乾かす内に、台紙を仕上げる。
取っ手の作り方を工夫して、より少ない紙で、丈夫なものを作る。

こんな感じの新聞バッグができます。

イメージ 2

イメージ 3
 

そうそう、マチ幅を11センチにしました。子どもたちが持つことを想定して、少し小ぶりなものになるようにしました。

英字新聞ならば、活字が横に流れるので、マチ部分への模様の連続性が保たれる感じがします。
2年生も頑張って作成しました。
こんな感じのエコバックができあがりました。

イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 8

 最後に、最初に作った新聞紙かぶとをかぶり、自分の作った新聞紙エコバッグを持って集合写真を撮りました。(画像処理しています。)
みんな満足そうでした。

イメージ 7





今回の作り方については、ちょっと待ってくださいね。おいおいブログでアップします。
基本は11/24の「新きんたバッグ」です。


夏休みの自由工作にする人がいるかもしれませんね。




検索用
 新聞紙バッグ 古新聞紙袋 古新聞バッグ
 新聞マイバッグ 新聞紙エコバッグ







 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事