神戸サイクリング同好会

”気軽に・健康的に・文化的に長くサイクリングを仲間と楽しもう!!

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2017.3.22〜4.1
種子島屋久島サイクリング
そのー4 工事中
3/26(月)サイクリング 4日目
イメージ 1

イメージ 3

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

2017.3.22〜4.1
種子島屋久島サイクリング
そのー3 工事中
3/25(土)サイクリング 2日目
イメージ 1
3/25土 サイクリング2日目ー走行マップその1

イメージ 37
3/25土 サイクリング2日目ー走行マップその2


この日も朝から1日中 の予報ですが
ヘルメットとシューズに「レジ袋」の雨対策をして
レインコートウエア―で雨の中をスタート!
カッコ悪〜〜〜

イメージ 2
マングローブは沖縄じゃ? 種子島にもあった!
イメージ 3
なるほど こんな感じやわ

イメージ 4
雨は降ってるが 干潮時のようで洞窟に
イメージ 5
なるほど 千人もの人が座れそう?なぐらいの広さの洞窟でした
道を引き返して種子島宇宙センターを目指す

イメージ 6
この案内看板が出て来てからなかなか見学施設がでてきません

イメージ 7

やっと!ロケットの丘に
イメージ 8
実物はこの景色
イメージ 9
今度は なぜか?横になってるロケットが
イメージ 10
次は 立ってるロケットが!この前が見学施設「宇宙科学技術館」でした
その施設の中へ
イメージ 11
これは写真 こんな感じで打ち上げるんや!
イメージ 12
これは宇宙ステーションの展示物の中 カメラ台にセットして撮れば 
無重力状態に見えません?
もっといろんなものがイロイロありましたが・・・・・・
ロケットの打ち上げの大迫力の?映像と音も体験できるのですが
時間が合わなくて断念しました
見学施設「宇宙科学技術館」終了!

鉄砲伝来の地「門倉岬」をめざして走り出す
イメージ 14
茎永付近で昼食にと思い レストラン?と 「たねがしま赤米館」でした
雨なのでお客さんがいなくて係の方がホットコーヒーを頂きながら赤米と昼食のお話して
イメージ 13
その前が「赤米伝来の神社」が 写真だけ取りあえずパチリ
イメージ 16
大きくして説明板でお勉強ください

イメージ 15
少し道を戻って「サーファーの喫茶店」赤米の入ったチキンカレー大盛を昼食に カレーの中に3色のサーフボードがあるのわかる?

イメージ 18
七色観望所 晴れていれば 良い処と
イメージ 17
雨のこの日は こんなん

イメージ 19
鉄砲伝来の地「門倉岬」ポルトガル船の展望台カラスがこの公園を占拠してて
イメージ 20
ポルトガル船の着いた門倉岬コリャー難破しそうだわ!


島間港にとうちゃこ!宿は2つあったが
一つ目の宿でOK!が
濡れた靴の処置やウエアーの洗濯なども出来て


イメージ 22
夕食 特にカンパチのカマ 美味しかった!刺身も
イメージ 23
女将さんがどうぞ!と 遠慮なく頂きました 酒飲みなもんで_(_^_)_

3/25土 走行データ

時間:6時間55分
距離:54.8km
走行時間:3時間47分
停止時間:3時間8分
最高速度:44km/h
平均走行速度:14.45km/h
累積標高:(+) 756m    (−)  853m





3/26()サイクリング3日目


種子島宇宙センターに仕事に来てる方達も泊まってられてて
イメージ 24
船川民宿の朝食 いっぱい!美味しく食べました 完食!
イメージ 25
キレイな建屋で 洗濯もできてぐっすり眠れて ありがとうございました!

イメージ 21
港近くに伊能忠敬上陸の種子島の測量開始の地の碑文が


ここ島間港から 屋久島町営のフェリーで屋久島の宮之浦港へ
1日1便でこの日は昼からの出航なので付近散策することに
近くに島間灯台があったので立寄ることに


イメージ 26
ちょうど地元の釣人に出会い 灯台を教えて頂きました

イメージ 27
民宿の隣に商店が 昼めし代わりに購入おばあさんが商品を「おまけ」してくれて
イメージ 28
屋久島宮之浦港へのフェリーがやっと!きた!
2時間ほど波にゆられて屋久島へ上陸!
イメージ 29
これは宮之浦港への第1歩 山の高さが種子島とは違う!
イメージ 30
ウイルソン株のモニュメントが港近くに
イメージ 31
超自然 スーパーネイチャー屋久島 の文字に釣られてパチリ!
イメージ 32
屋久島空港付近で出会った彼 繋いでる荷台がgood!  peaceも頂き!
イメージ 33
プロペラ機の音がブウー〜ンと聞こえて
屋久島空港から少し離れた安房の街で宿をさがす!1件目は満員でX!
イメージ 34
お客さん!いらっしゃい!いらっしゃい!で 無いような?看板を見て
イメージ 35
庭のキレイなお宅の民宿 奥さんが花の手入れ中で用意して置くからとOK
イメージ 36
床の間には屋久杉の木工品が 客は私一人だけ で泊めて頂きました

3/26
 走行データ(屋久島のサイクリング1日目)


時間: 約2時間
距離:18.3km
GPSの押し忘れ?で、
データがいい加減なので
写真の時間データや
「ルートラボ」での仮想データを使って
約で 載せました

イメージ 38








この記事に

開く コメント(0)

2017.3.22〜4.1
種子島屋久島サイクリング
そのー2 工事中
3/24(金)サイクリング スタート!1日目
イメージ 25
サイクリング1日目ー走行マップその1

”島のサイクリングは右回り“で
走り始めは 早朝なんだけれど〜 夕日のキレイな板敷鼻へ
581から大崎付近で脇道へ
誰かさん?の家の側を通り

イメージ 1
3月なのに サツキ(五月)がきれいに咲いて
イメージ 2
ちょうど収穫時期のサトウキビが道端に沖ケ浜田の黒砂糖小屋が有名?だが
イメージ 3
早朝なんだけれど夕日のキレイな「板を敷いたような」 板敷鼻 とうちゃこ!

海岸に降りた分だけ あまり整備されていない坂道を登ったり下ったり
581号に戻り北上する
イメージ 6
赤いポストが白黒にされ 顔まで書かれて
イメージ 4
日本の水浴場88選にも選ばれた
イメージ 5
選ばれるだけはある キレイな処 でも3月では誰も居ない

イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
神話の世界にも入って お読みください これがその石
また坂を登り
イメージ 10
奥神社のアコウの巨木(気づかずに前をスルーして倍ほど走って気付く)

イメージ 11
種子島最北端の喜志鹿崎
(眼を凝らして見て!右下角をクリックで大きく見れます大隅半島が見えるはず???)
四角い飾り気のない灯台 撮り忘れてしまった!

イメージ 26
種子島産の代表的な黒糖の生産地「沖ケ浜田の黒糖」買いました

イメージ 12
道端にスミレがたくさん

イメージ 24
2017.3.24サイクリング1日目ー走行マップその2

イメージ 13
鉄浜海岸の案内で海岸まで下りサーフィンポイントやウミガメの産卵地の砂浜
急坂を押し登り返して
イメージ 22
イメージ 23
結構キツイ坂で かわいい花達に 癒されながら

イメージ 14
こんどは「アコウのアーチ」に イモで知られる安納付近?でなく隣の安城でした
イメージ 15凄い生命力!アスファルトもなんのその!入り込んでる!

イメージ 16
約一万年前の縄文時代の遺跡そんな大昔から人間が住んでいた!種子島
その上に 世界最古級のコクゾウムシまで遺跡から 

イメージ 17
鉄砲伝来のポルトガル船だけでなく昔は船の漂着が種子島の各地で!

イメージ 18
島の東海岸は総じて断崖などが多く 島の中部は高台に町が
イメージ 19
付近から坂を登り「中種子町」の
イメージ 20
市街地に入っていく
イメージ 21
中種子町役場付近のお店で紹介されて泊めて頂くことに 後で団体さんがわんさかと

サイクリング1日目の走行データ(3/24金)

時   間: 9時間27分
距   離: 80.4km
走行時間: 6時間5分 
停止時間: 3時間22分
最高速度: 51km/h
走行平均速度:13.19km/h
累積標高(+)1565m
              (−) 1460m

やはり海岸線の道はアップダウンが多くて思うほど走れずに(累積標高も1500mほどがんばってる!)中種子町の街付近で夕方になりサイクリング1日目の宿泊に


この記事に

開く コメント(0)

2017.3.22〜4.1
種子島屋久島サイクリング
そのー1 工事中

 「鉄砲伝来の地」の種子島・「縄文杉」の屋久島 で知られてますがーーー
”行って見よう“のきっかけは、火野正平さんの「NHKBS こころ旅」でしたがーーー
 私が世話になった義兄が種子島の出身者で、どんなところで育ったのか?との興味もありました。
 調べていると、以前から行って見たいと思ってた「屋久島」がすぐ側でした。
 これはもう行くしかない!と昨年の秋から「種子島・屋久島サイクリング」計画に入り、日々のトレーニングにも入りました。
 往路はANAの早割がお正月価格?¥8100-で鹿児島までと、復路は志布志港からフェリーサンフラワーで大阪南港へと ネット予約でこれまた¥8100-にと決定!(神戸〜伊丹空港や鹿児島中央〜志布志港へのアクセス費用は別に掛かりますが)
 海に囲まれた海岸線のサイクリングなので「道路のアップダウン」は覚悟していました。がーーーさて?
 
イメージ 1
屋久島の走行ルート軌跡が2か所で途切れてますが、GPSの充電不足?とスタートSWの押し忘れなどです。

3/22(水)
自宅〜伊丹空港〜鹿児島空港の間は はしおります

イメージ 2
鹿児島空港にとうちゃこ! 今回もプロペラ機でした
空港からバスで1時間ほどで鹿児島中央駅前に
大都会の鹿児島市街や錦江湾がなかなか見えてこなかったわ

駅前で自転車を組み立てて 南部の金山港へ1時間走る
フェリー乗り場がわからず少し迷う
出港時間が迫る中で無事に乗り場にとうちゃこ!

イメージ 3
貨客船のフェリーだ!

イメージ 4
夕闇の桜島もなんとか見れた!

波の穏やかな錦江湾から黒潮の外海で揺さぶられて3時間半で



イメージ 5
真っ暗な中で種子島の西之表港に
港から一番近くの予約の「民宿みゆき」が見つからず TELでようやくと
(フェリーと高速船の接岸場所が違ってた)

3月23日(木)
朝から雨で 出鼻をくじかれる!1日雨の予報!
(さすがの私も雨が降ってる中でのサイクリングのスタート!は厳しい!)
この日は傘をさして西之表の市内散策をすることに

イメージ 6
雨のおかげで2泊することになった民宿
イメージ 8
早朝の漁港で セリに遭遇!
イメージ 7
沖縄の市場で見かけた熱帯魚?も さすが!黒潮に乗って来たのか?
イメージ 9
大きなコウイカ!地元では「ミズイカ」と セリに来ていた魚屋の奥さんが
イメージ 10
傷みやすいが美味しいカニ地元でしか食せないと魚屋の奥さんが確か?「マルガニ」と


 漁港の側に物産館が 地元の主婦が買い物していた 


イメージ 11
沖縄でもおなじみの「島バナナ」も


イメージ 12
ザボン系の大きな晩白柚がこの値段 思わず買ってしまいました
(なかなか食せずにサイク時は重い荷物に!)

イメージ 13
さすが!本場の安納芋がアンパンに これも買いです

イメージ 14
「からいも餅」初めて食べました

さてこれから 傘をさしての西之表市街地の史跡など巡りです

まず1つ目は

イメージ 15
ガジュマルの乳根が鳥居前にも の栖林神社
イメージ 16
弓道場もある「大的始式」も行われる「からいもの神様」でもある。
イメージ 28
歴史あるその神社のガジュマルを 反対側から

イメージ 17
種子島の全てがまるごとわかる総合博物館「鉄砲館」へ
イメージ 18
玄関ロビー前の種子島の全てがわかるディスプレイ小さいが1人なのでOK!
イメージ 19
屋久島と種子島のみに自生する日本固有の葉っぱが5枚の「五葉松」
イメージ 20
種子島出身の「横綱」がいたんだ!
イメージ 21
さすが「鉄砲館」!100挺の古式銃がズラリ!と圧巻!

イメージ 22
イメージ 23「石敢當」?沖縄で見たやつや!こちらにも伝わっているんや!

鉄砲館から少し離れたところに
イメージ 24
イメージ 25
赤尾木城文化伝承館「月窓亭」 お茶とお菓子を頂きゆったりと
またまた 少し離れた処に
イメージ 26
その昔の 赤尾木城址 今は中学校

イメージ 27
今度は港近くに 「鉄砲鍛冶氏」の像が
イメージ 29
イメージ 30
その昔に「女の殿様」時代にに作られた岸岐と築島が今も

日本の武家社会南限の地「種子島」の中心の市街地
この他にも史跡や文化財が結構あり、雨のおかげで1日充実し
少しは「種子島」を深めることが
















この記事に

開く コメント(0)

2016年9月4日(日)〜12日(月)
森 サイクリング
ー八甲田山・下北半島・津軽半島ー(青森北部)
そのー(9/12

丹羽隆志さんの「日本ベストサイクリングコース10」(絶対に走りたい名コース10本)に出会ってから、日本の北から南まで楽しんで来ました。
今回は残っていた「八甲田・下北半島大周遊」を楽しみました。

せっかくなので、プラスして津軽半島も楽しんで来ました。

(以前のサイクリングはこのブログの「過去の記事」の中でご覧いただけます)



このサイクの出発の時は九州の手前にあった台風12号ですが、遠くの今回の青森県まで影響をうけて多くの雨や風なども『楽しまされ』ました。

「大きくして見たいな!」の写真・マップはほとんどが大きく見れます
たぶん?・・・・・マップや写真の「右下角クリックで大きくしてご覧ください
写真は大きい方が実感にイイ感じ と思います

サイクリングコースマップ(コースを日付で色分け)
  1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目 8日目

イメージ 1

青い森サイクリング 全ルートマップ陸奥湾の海の上はフェリー



<< サイクリングの8日目9/12最終日>>
青森市内〜青森港〜青森美術館〜
三内丸山遺跡〜青森空港(帰路へ)

イメージ 2
イメージ 3
実は このタイヤ見て コードが出るくらい摩耗が進んでました!
えらいこっちゃ!青森空港まで走れる???ええい!その時はその時!で
スタート!
イメージ 4
青函トンネルが出来る前の青函連絡船八甲田丸 港に浮かんでました
イメージ 5
後ろから見れば線路も付いてて “列車ごと船に” がわかる
イメージ 6

町の中の街路樹 さすが!青森!リンゴの木の街路樹 実も付いて

イメージ 8
「あおもり犬」だけでも見ようと 青森県立美術館に着きましたが
イメージ 7
昼過ぎのフライトに合わせて早朝からスタートしたので
時間が早すぎて 開館されていませんでした 残念!
イメージ 23
右下角をクリック拡大でご覧を「るるぶ」のページから「あおもり犬」はこんなんです
イメージ 9
道路を隔てた処に「三内丸山遺跡」が 立派な施設
イメージ 10
ボランティアのガイドさんの案内と説明で遺跡を巡りました
イメージ 11
柱の遺跡などから復元された「大型掘建柱建物」
大きな栗の木でロシアからの輸入木で復元と
イメージ 12
説明板 お勉強を
イメージ 13
次も大型「大型竪穴住居」中にも入り 広い!4000年前の物とは驚き!

イメージ 18
こちらが表側 外国の方も撮影されてて
イメージ 19
内部です 写っているので半分だから 外で見るより広い!
イメージ 20
これもお勉強ください 他にもいろいろな物が発掘や復元されてて 今も発掘調査が
イメージ 21
空港に向かう道 まだこれからダラダラの登り坂が最後に待っている
イメージ 14
最後に青森平野からの八甲田山を見て 登り坂へ
イメージ 15
意外と遠かった空港への道 疲れが出てるんだ!実感!歳やもん!
「コードの出ているタイヤ」 よう空港までもってくれました!
ありがとう!チャリコさんもご苦労様でした
イメージ 16
帰りもプロペラ機 機内からの八甲田山 名残惜しいな!
イメージ 17
伊丹空港に無事とうちゃこ!
飛んでる時の写真ではプロペラがハズレてる様に見えたのですが
プロペラは外れていませんでした(その1で見て)
チャン! チャン!

サイクリングの8日目9/12月最終日
青森市内〜青森港〜青森美術館〜
三内丸山古墳〜青森空港(帰路へ)
イメージ 22
サイクリングの8日目9/12コースマップ

サイクリングの8日目9/12月 走行データ
時間:4時間1分    距離:24.2km
走行時間:1時間58分    停止時間:2時間3分 
最高速度:41km/h    平均走行速度:12.3km/h
累積標高(+)365m    (-)161m      

「青森サイクリング」の総走行距離
610.5km でした!
いっぱい!走りました



この記事に

開く コメント(0)

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事