神戸サイクリング同好会

”気軽に・健康的に・文化的に長くサイクリングを仲間と楽しもう!!

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2017.6.23〜29
利尻島・礼文島サイクリング
そのー5 帰路

イメージ 49
稚内と利尻島・礼文島サイクリング走行マップ全図  右下角クリックで大きくなる
6/28(水)帰路
この日に稚内に戻り
市内を散策し
夜行の札幌行きバスに乗り


イメージ 1
民宿やざわ の朝食 焼ホッケも美味しかった
イメージ 2
ちょうど1万円で12000円分使える礼文島プレミアム商品券が買えた
ので みやげ物を買いました(自転車の荷物もあるのに欲張りだ!あーしんど!)

イメージ 3
いっぱいの荷物と「思い出」を持ってハートランドフェリーで 出港です
これは利尻島方面ですが利尻富士は顔を見せてくれませんでした
「利尻富士は またおいで」と言ってるんだ! と思うことに
イメージ 10
礼文島の香深港を離れました

イメージ 11
オオセグロカモメが 見送りにフェリーまで来てくれました

イメージ 4
稚内の町が見えて来て
イメージ 5
港から 日本最北端の稚内駅 と日本最北端の線路

稚内の町をあっちこっちブラブラと散策しました

イメージ 6
ハマカンザシ綺麗に咲いて
イメージ 7
冬の北風対策の遺産 稚内港北防波堤ドーム すごい!

温泉に行く予定でしたが ウロウロし過ぎて
駅の上が映画館で
映画を見ながら休むことにしました(旅行に来て映画?まーえいが?)

イメージ 12


駅前にバスターミナルがあり
札幌行きの夜行バス(3列席でトイレ付)で
お客の荷物が少なかったので輪行の自転車載せてもらえました。注意!早い物順!


6/29(木)

早朝に着で
札幌駅付近の散策をして
JRのエアーライナーで
新千歳空港から昼過ぎの便で
神戸空港へ
帰路に着きます




イメージ 13
駅の北西側に北海道大学が
イメージ 14
エルムの森 歴史感じる大きな木があちらこちらに
イメージ 15
さすが北国 スキー部がローラースキーで早朝トレーニング
イメージ 16
学食で 朝食頂き 安かった!
イメージ 17
北海道大学と言えばクラーク博士と この「ポプラ並木」
イメージ 8
ピクニックにも良さそうな処も かずかず
イメージ 9
良い処もかずかずですが このショットも特に!良いでしょう
イメージ 26
正門横の北大の建屋のウッドデッキでコーヒー 一息つけました

JR札幌駅に戻り 札幌エスタ11Fの屋上へ
確か?
イメージ 25
「そらのガーデン」が グラス(草)ガーデン (宿根草の)
旭川のUENO GARDENの 有名なガーデンデザイナー上野砂由紀さん監修
説明板に名前が出てこないが?   右下角クリックで大きく
イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21
写真右上のビルがJR タワー で タワービルからも眺められるとか
イメージ 22

JRスカイライナーで新千歳空港へ

イメージ 23
乗る前に食べとこう!
イメージ 24
帰りも ANAの共同運航便のAIR DOでした

最後までご覧頂きありがとうございました。
コメント欄でコメント頂ければ幸いです。



この記事に

開く コメント(0)

2017.6.23〜29
利尻島・礼文島サイクリング
そのー4


6/27(火)サイクリング4日目
礼文島北端のスコトン岬から
再度「レブンアツモリソウ群生地」へ立寄り
「今季最後の1本のレブンアツモリソウ」を見届け
船泊〜金田ノ岬〜上泊〜香深港へ
(宿に立寄り余分な物を置いて)
西側の海岸へ行くのに少し坂を登り
新桃岩トンネルであっという間に
桃岩猫岩展望台〜地蔵岩を訪れ
再度 新桃岩トンネル経て
香深港に戻り
礼文島最南端の「北のカナリアパーク」へ
ちょつと!アクシデントがありクリアーして
香深港近くの宿に

イメージ 1
6/27(火)サイクリング4日目−1 地図を大きく見る為に地図ごとに倍率変えてます

イメージ 5
星観荘の朝食 美味しく頂きました
イメージ 6
Back Packer's House  FIELD INN 星観荘 泊めて頂きました
イメージ 8
草原の一軒家 でしょう! ほとんどの人は数泊すると 車で送ってもらえるし?
イメージ 7
前日も訪れましたが 島や磯にトドが見れる?なので再度 前方の島はトド島
トドは見れなかった!
イメージ 42
ひときわキレイな 浜ウド?ハマボウフウ?が どう?見てと
イメージ 43
今回良く見かけた黄色い花? 朝はよりイイ!


浜中から右折して
レブンアツモリソウ群生地に

イメージ 9
これが絶滅危惧種のレブンアツモリソウ花の時期が終りしおれた花ばっかり!
イメージ 10
ミーティングで教えてもらった今季最後の1本 が 頑張ってくれてました!!!
イメージ 11
近くに エスカルゴも

イメージ 12
浜中のT字路から少し走り 誰かさんの庭に 色合いが珍しいオダマキが
イメージ 13
もう少し違ったピンクのも
イメージ 14
小さな船泊港の近くに大型客船が停泊 港や風景に似合わない大きさ

イメージ 51
スコトン岬の反対側の岬の 金田ノ岬は海のすぐ側で

少し走ると 雰囲気の違う磯が!
イメージ 44
トドがトド〜ト 休んでました
イメージ 45
付近に こんな花も
イメージ 54
これは 足がピンク だから「ウミネコ」でしょう!!?たぶん?
イメージ 46
やっと!「ハマナス」のキレイな花 撮れました
イメージ 15
礼文島ですが 「利尻昆布」の干場 礼文島でも海の近くの干場が多い

イメージ 3
6/27(火)サイクリング4日目−2 地図を大きく見る為に地図ごとに倍率変えてます

イメージ 16
礼文高等学校前バス停 冬や雨対策の小屋が ちょうど昼食に使わせて頂きました

イメージ 17
内路の公衆トイレ 飾りにアツモリソウが

イメージ 18
金環日食観測記念碑が 1948年にしては新しい?碑が?

イメージ 2
6/27(火)サイクリング4日目−3 地図を大きく見る為に地図ごとに倍率変えてます

香深港近くの宿に余分な荷物を置かせてもらい

イメージ 19
港でキレイなレブンアツモリソウのポスター 写真で頂き!

イメージ 20
西側の海岸へ この看板の坂道を上がったところで
イメージ 21
赤と白のオダマキ見つけました
イメージ 22
毎度毎度の黄色い花 なぜか?撮ってしまう 
イメージ 23
こんな花達も
イメージ 33
左側の元地方面(西側海岸方面)に「新桃岩トンネル」ができていました

出来立てホヤホヤの トンネルをぬけて左折
少し走れば
桃岩猫岩展望台に
イメージ 24
霧雨の中岬の先に「猫岩」が
イメージ 25
上の写真は小さいので 解説板の写真をアップでどうぞ!
イメージ 26
桃岩は?? やはり!ガスってました
イメージ 27
これも解説板の写真をどうぞ! 先のプックンが可愛い!!
イメージ 28
またまた エスカルゴが つい撮ってしまいました!

西側海岸道路をトンネル前をスルーして北上し

イメージ 47
地蔵岩に
イメージ 29
地蔵岩?そう言われればそう見える?か?
イメージ 30
足元にこんな花が

少しトンネル側に戻れば

イメージ 31
リュウさんのお店が
イメージ 32
了解を得てパチリ!
イメージ 48
匠な品がいろいろ おみやげに少なからずお買い上げ!

イメージ 34
新桃岩トンネルを抜けた付近でまたまたオダマキの目新しいのを ピンクと
イメージ 35
ムラサキのオダマキと デルヒニウムのような赤い花が
イメージ 36
またまたピンクの新種?のオダマキ?ピンボケしてますが

イメージ 53
こんなキレイな花も



香深港をスルーして
礼文島の最南端の方に

イメージ 4
6/27(火)サイクリング4日目−4 地図を大きく見る為に地図ごとに倍率変えてます

港から海岸線を南へ少し頑張れば この看板が!
イメージ 52
10m先からダートの坂道でした (看板では利尻富士見えてるやん!)
イメージ 37
吉永小百合さんの映画「北のカナリア」の小学校のセットが保存されていて
”北のカナリアパーク“として
イメージ 50
記念写真用 が 小百合さんの肩に触れてしまいました どなたもゴメンなさい!!!
イメージ 38
校庭の前は礼文水道の海 その向こうには利尻富士が あの看板のように
見えるはずなんだけど!!!ガスが!
イメージ 49
稚内のフェリーターミナルの壁の写真で 勘弁してください!

北のカナリヤパークからの帰り道で
道路の舗装工事中で
ダートから舗装完了の段差がひどいままで
前輪が「リム打ちパンク」アクシデント
携帯のチューブに交換し
香深港近くの宿へ
とうちゃこ!できました
これで今回のサイクリングは『終了』です


イメージ 39
霧雨の中 明日の朝の乗船に備えて 付近で「輪行」してしまう
それから
歩いて5分ほどの 礼文温泉うすゆきの湯へ
写真を撮り忘れて 上記をクリックで礼文温泉うすゆきの湯へジャンプ
イメージ 40
民宿やざわの夕食 豪華でしょう!ウニ・アワビ・カニ・ホッケなど最後の晩餐?
イメージ 41
隣の席の方から「毛ガニ」まで頂いちゃいました ラッキー!!



6/27(火)サイクリング4日目走行データ

時間: 8時間」27分     距離: 52.7km
走行時間: 3時間31分   停止時間: 4時間56分
累積標高:(+)445m            (-)480m




2017.6.24〜27 サイクリング4日間
利尻島・礼文島サイクリング 総走行データ

     総走行距離: 165.3 km
     総累積標高:(+) 2065 m            (-) 2220 m
総累積標高が2000〜2200  m  くらいということは
1日で約500m は坂の上りと下りがあったんだ

今回はけっこう向かい風が多かったな
トレッキングしていないので花の種類が限られてしまったな

6/28は稚内市街地散策と
6/29は札幌駅付近の散策を楽しみ
新千歳空港から神戸空港へ帰路に着きました

チャンチャン!

6/28水は稚内市街地散策
6/29木は札幌駅付近の散策
サイクリングはしてないですが
写真と解説?で
『その5へ続く』



この記事に

開く コメント(0)

2017.6.23〜29
利尻島・礼文島サイクリング
そのー3


6/26(月)サイクリング3日目
利尻島おしどまり港からフェリーで礼文島香深港へ渡り
サイクリングで北端のスコトン岬へ
(途中で浜中から澄海岬への往復)


イメージ 30
3日目 礼文島香深港から北端のスコトン岬 サイクリング走行マップ


うみねこゲストハウスの女将さんに輪行してる自転車と私達を
鴛泊港のフェリーターミナルまで送って頂く
礼文島の香深港へ朝1番の便で

イメージ 1
おしどまり港へ 朝1番乗船のフェリーがとうちゃこ!乗船数十分で
イメージ 2
礼文島の香深港フェリーターミナルに とうちゃこ!
イメージ 3
香深港からも 利尻富士は顔を見せてくれませんどこの富士山も恥ずかしがり屋だ!
イメージ 4
さっそくフタを 礼文島はFlower Island Rebun で レブンアツモリソウが


イメージ 5
少し走ってから 空は晴れてくるようだが まだダメ!
イメージ 6
途中で 地元の小学校制作の案内板が
イメージ 7
利尻島でも見かけた 自然の黄色い花が迎えてくれた
イメージ 8
つぎはエゾカンゾウも
イメージ 9
この花は ヨツバシオガマ(レブンシオガマ)調べました!たぶん?

イメージ 11
これは? 道端にバフンウニが 歩いて来てる?
イメージ 10
裏返すと 空っぽ! カモメやカラスの仕業らしい 高級食材を食べ放題
イメージ 12
清楚な花が自然に咲いて
イメージ 13
だいぶと走ってきたが利尻富士はまだ顔はダメ!ダメ!もったいを着けてる!
イメージ 14
これはイイでしょう!ハマカンザシ 上泊港付近 民家の庭で

向かい風を受けながら頑張っていたら
上泊港付近のたぶん?漁師の方が
今日は向かい風だから
走るコースを変えた方が良いとアドバイスをくれた
素直に変更して正解でした!(地図でも引き返してるの解る)
久種湖へのルートで

イメージ 15
最北端の湖 久種湖 風もほぼなく 良い処(トレッキングで1周もできる)

浜中から左折して
絶滅危惧種のレブンアツモリソウ群生地と澄海岬へ往復

イメージ 16
多少の登り坂が続く 道端の花に癒されながら
イメージ 17
イメージ 18
天然記念物のレブンアツモリソウ群生地 シーズンは終わっていました
イメージ 19
ロープで張られたところ 「らしいもの」も見れませんでした!残念!

もう少し坂を上り下りした先に

イメージ 20
絶景の澄海岬 感激!!!天気も良く 右下角クリックで大きくして
イメージ 21
少し角度を変えても素晴らしい!!! 右下角クリックで大きくして


イメージ 33
こんな花も ミツバチも来てて

澄海岬から
坂の上り下りで 浜中まで戻り 
スコトン岬めざして走る
最後の登りを頑張って少し走れば



イメージ 29
やっと!スコトン岬に
イメージ 22
岬の崖に隠れるように民宿もある
イメージ 24
おみやげ屋さんがあり 記念にソフト頂きました
イメージ 23
そこのトイレ「最北限のトイレ」 記念にいっとこ!〜と

少し戻って 今夜の宿 草原の中の一軒家「星観荘」に
とうちゃこ!

イメージ 28
お風呂に入り
イメージ 25
夕食だ!
イメージ 26
見慣れない魚「はっかく」? 美味しかった
イメージ 27
夕日を期待したが 雲に邪魔されて残念!太陽の様に見えるのは窓ガラスの反射

「星観荘」は夕食後に宿泊のみんなで主人のリードでミーティングがあり
情報交換や交流があり
良かったです(1本だけレブンアツモリソウが残ってるらしいと)

イメージ 31
ミーティング後 相部屋の大きな2段ベットの個室に入る前に
ふと「星観荘」の名を思い出して真っ暗な外に出てみる
ちょうどタイミング良く雲がなく 
「満天の星空」本当に見れました!!!
スマホで星空を撮る方法が判らずに
こんなんしか撮れませんでした(真っ暗だけしか)
私の目には「満天の星空」焼き付いてるんですが
残念!ご覧のみなさんには申し訳ありません!



イメージ 32
3日目 礼文島香深港から北端のスコトン岬 サイクリング走行マップ



6/26(月)礼文島1日目(サイクリング3日目)走行データ


時間: 5時間34分      距離: 38.5km              
走行時間:  2時間48分   停止時間: 2時間46分
最高速度: 44km/h     平均走行速度:  13.7km/h
累積標高:(+) 515 m      (-) 496 m







この記事に

開く コメント(0)

2017.6.23〜29
利尻島・礼文島サイクリング
そのー2


6/25(日)サイクリング2日目
利尻島の2日目
前日の「利尻島1周」の疲れをとるのにゆっくりと起きて
自炊のラーメンなどの朝食を食べ
風雨が少しあるが宿の裏山のぺシ岬に
傘やレインコートなどででかける

イメージ 1
ここは中段の展望台 風が思ったより強い 会津藩士の墓も
イメージ 2
足場の悪い岩の道と風に悩ませられながらぺシ岬のピークの展望台へ
イメージ 3
岬の灯台と おしどまり港側
イメージ 4
岬の北側にも 夕日ヶ丘展望台側 風の強さが草のなびき方で判る

宿に帰りゆったりさせて頂いてコーヒーなども頂いてから

サイクリング2日目スタート!
利尻富士登山コースの鴛泊コースの登山口にある甘露泉水などへ
ヒルクライムとダウンヒルのサイクリングに


イメージ 20
2日目 おしどまり港〜甘露泉水 往復 サイクリング走行マップ

イメージ 5
ファミリーキャンプ場  ゆ〜に キレイなところ
イメージ 6
坂道の反対側には 温泉プール湯泳館と足湯が
イメージ 7
霧雨の中 登っても登ってもの 緑のトンネルの 坂道が続く
イメージ 8
やっと!北麓野営場にとうちゃこ!ログハウスもあり 森林浴の森・北海道自然百選も
良い処だ!また来たい!
イメージ 9
ここから利尻富士に向かう登山道 私達は甘露泉水までで
イメージ 10
霧雨の中 日本名水百選 甘露泉水に
イメージ 11
飲んでみて 甘味を感じた?人 感じなかった?人
イメージ 12
管理棟に トイレタイム
イメージ 13
管理棟の温度計 8℃ 少し寒いはずや!6月下旬やで!やっぱ北国!
イメージ 14
この施設に来たい方や利尻富士を目指す方は 案内を熟読して参考に
右下角クリックで大きくなります

登った道を快適に下る”人生下り坂最高!”のダウンヒルに

イメージ 15
足湯に 浸かりました
イメージ 16
もう少し下った処に 利尻山神社が
イメージ 17
立寄った処など 付近にはいろんな施設が

早目に宿に帰り
明日の準備などを
宿がフェリーターミナルに近いので自転車を「輪行」してしまう
夕食も一番近くのレストランに
朝の食料などを購入して
昨晩の「北海道限定販売の京都伏見のしぼりたて吟醸酒」残りを楽しんで


イメージ 18
上の写真ラベル右下の「京都伏見」見えます?
イメージ 19
利尻島在住の方の書 宿の女将さんのお気に入り 味わってみて!

2日目サイクリング走行データ

時間:3時間36分          距離:11.6 km
走行時間: 1時間40分      停止時間: 1時間56分
最高速度:  34km/h        平均走行速度: 6.92km/h
累積標高:(+)380m    (-)378m


イメージ 21
2日目 おしどまり港〜甘露泉水 往復 サイクリング走行マップ



この記事に

開く コメント(0)

2017.6.23〜29
利尻島・礼文島サイクリング
そのー

5〜10年ぐらい前から利尻島・礼文島に行ってみたいと思っていたが、
遠方のため躊躇してました。観光で行ったことのある友人と雑談してた時サイクリングでも行けそうな話だったので計画を進めトレーニングにも入り、どうせ行くなら花のいい時期にと考え6月下旬に決めました。


イメージ 48
稚内と利尻島・礼文島サイクリング走行マップ全図  右下角クリックで大きくなる
6/23(金)アプローチ

イメージ 1
神戸空港へポートライナーで向かう時 神戸大橋のポートターミナル駅で
大〜きな超豪華客船 DIAMOND PRINCESS号に遭遇!
『超お金持ちが旅するんだ!』と見ていたら

後で判明!
友人2人が北海道旅行にこれで行っていたんだと!!!
あの人達はヤッパリ超お金持ちなんだ!!!!!
私のサイクリングは超貧乏旅行ですが いろんな楽しみ方あるわな〜〜


イメージ 38
神戸空港からANAの共同運航便のAIR DOで
イメージ 2
AIR DO初めて 北海道の便が多いらしいジャガイモスープのサービスが

新千歳空港からバスで札幌大通公園へ

イメージ 39
札幌の市街地に入り広告看板に気温の表示が+21.1℃ 神戸は28℃くらい
+表示が北海道らしい 冬には−表示にも

イメージ 3
夕闇の中大通り公園にとうちゃこ!食事をすませて PM23:00発の
北都交通の夜行バス(3列シートトイレ付)で稚内港フェリーターミナルに

6/24(土)サイクリング1日目


イメージ 4
早朝5:30稚内港フェリーターミナルに
イメージ 5
利尻富士が顔を見せてくれました フェリーターミナルの壁の写真ですが
イメージ 6
AM7:15発の利尻行きの便 こんな感じの2等船室
イメージ 7
AM8:55着 利尻島のおしどまりフェリーターミナル あいにくの霧雨状況で
イメージ 8
ターミナルで自転車を組み立てて 向かいのぺシ岬の宿へ
 「ウミネコ ゲストハウス」へ (小さい方の宿です)
ターミナルまで「小学生のばんとうさん」が自転車で出迎えてくれてました。

各種情報を女将さんから得て
霧雨はとりあえずは上がり
天気予報を聞くと「明日もあまり変わらず」なので
さっそく利尻島1周サイクリングにスタート!

島は時計回りで
イメージ 49
1日目 利尻島1周サイクリング走行マップ右下角クリックで大きくなる

イメージ 9
少し走って 「長寿の泉」を頂く

イメージ 10
少し離れた処から おしどまり港とぺシ岬 水面に逆さぺシ岬までにはならず残念!
イメージ 11
姫沼への坂道へ さっそく自然の花が出迎えてくれた
イメージ 12
今度はフクロウが 道路の反射板に
イメージ 13
クマゲラも
イメージ 14
利尻島はクマやヘビがいないんだって!
イメージ 15
おしどまりの町から姫沼ポン山探勝路も楽しめるんだ
イメージ 16
私達は直接右回りの坂道の道路で姫沼へ
イメージ 17
姫沼はヒメマスの放流をしたんだって それで名が
イメージ 18
姫沼の遊歩道で利尻の自然の みやまおだまき に遭遇私にはなじみ深い花だ
イメージ 19
上った道をまた下って 眺望の良い処 展望台に
イメージ 20
天気が良ければサハリン方面まで見えると

海岸の道路に出て

イメージ 60
少し手ブレしてますが たくさんのルピナスが
イメージ 21
この黄色の花も道路の側 イイ!
イメージ 22
うまくバランスを取ってる岩が 自然と立って
イメージ 43
ところ変われば 「波ケシブロック」も こんなんありました
イメージ 44
海岸近くで 漂着ウキを使った芸術家の作品が
イメージ 23
雑草の中に 花が
イメージ 53
石崎灯台 立寄りませんでした
イメージ 24
霧雨のオタトマリ沼 海が近いのでカモメもいる 利尻富士は見えず
イメージ 25
北海道銘菓「白い恋人」の山はここからの利尻富士でした
イメージ 26
晴れてればこんなのが見れる時も
イメージ 27
こんな航空写真や
イメージ 28
利尻富士が見えないので 写真があれば撮りまくりで (ハートマークがオタトマリ沼)

イメージ 50
もう一つの沼 右下角クリックで大きく
イメージ 51
メヌウショロ沼の湿原に
イメージ 52
アヤメ?カキツバタ?が目立つ
イメージ 61
こんなのや
イメージ 45
北海道の多くやサロベツ原野でも群生してるエゾカンゾウが 利尻島でも良く見れる

イメージ 29
南浜付近で 北のサーファー発見!

イメージ 56
御崎の灯台 手前の砂利場は「利尻昆布」の干場 いたるところで昆布の干場が
イメージ 54
仙法志御崎公園の手前?に御崎のバスストップが

イメージ 30
イメージ 37
麗峰湧水 利尻富士のめぐみ 頂きました

イメージ 47
イメージ 31
龍神の岩 由来 読んでみて
イメージ 32
すぐ隣に 寝熊の岩 思って見ればなるほどと
イメージ 33
また隣には 人面岩 ハチマキをして

イメージ 34
利尻町のフタ 利尻富士と利尻昆布とカモメと海

イメージ 40
東からの風で利尻富士の すそ野が見え始め でも全容は見えず

イメージ 41
ウミネコとカモメ類を総称してるんですかね?
イメージ 46
これはオオセグロカモメで ウミネコは足がピンクらしい宿の小学生のばんとうさんが
イメージ 36
こちらは利尻富士町のフタが 自然を大切に 島の住民の意識が判る

短間に降る霧雨にも負けず 夕方に無事 宿にとうちゃこ!
利尻島1周 完了!

イメージ 57
1日目 利尻島1周サイクリング走行マップ右下角クリックで大きくなる

1日目走行データ
時間:8時間24分       距離:62.5km
走行時間:4時間16分    停止時間:4時間8分
最高速度:45km/h      平均走行速度:14.7km/h
累積標高:(+)725m         (-)866m

イメージ 42
宿のご主人がガイドをされていて 
イメージ 55
自転車も片隅に置かせてもらえた大きなホールと大きな階段が
イメージ 35
少し昔の写真ですが おしどまり港からの利尻富士の写真が宿に

夕食は町の中華のお店に行き
朝の食料も仕込んで
イメージ 58
イメージ 59
新酒 北海道限定発売!!のラベルに惑わされて?「京都伏見のお酒」を利尻島で買ってしまい
楽しんでしまった!です。
京都伏見の文字がみえる?)




この記事に

開く コメント(0)

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事