ここから本文です
波止釣り放浪記パート2
たかが釣り・・・されど釣り

書庫釣り放浪

すべて表示


先週の3連休は、思わぬ体調不良でリタイヤ・・・

今週も不安の残る体調でしたが、天気は最高ということで

近場の津久見の車横付楽チンポイントで、のんびりと竿出しとなりました


〜 佐田君初釣り 〜


お気に入りのポイントへ到着すると、係留ロープが張られており

なんとか釣られないか?と、車から降りて様子を見ていると・・・

プルプルプル〜と、携帯が・・・


出てみると・・・『まぁさん、ここ、ここ、左端に居ますよぉー』

遠くから見ていた佐田君からの電話でした


見れば私の居る岸壁の反対端に、車が一台止まっています

どうやら佐田君が、2019年の初釣りに来ているようであります


そうこうで、本日は佐田君の初釣りにお付き合いの釣行となりました


〜 今年はアジの年 ? 〜


5mくらいの間隔をとって、2人並んで準備していると常連さんが近寄ってきます


佐田君に話しかけている内容を聞くと、どうやらマズメに大アジが釣れてるとのこと・・・


実は私の初釣りは例年ここから始まっており

私の過去の実績を見ても、マズメと言わず、暗い内からでも実績の高いポイントです


但し、その年によって、チヌが爆釣れの年と、アジの爆釣れの年があるというのが

ここ数年の実績です


さてさてマズメと言わず、まだ薄暗いですが、第一投・・・

イメージ 1


先ほどチヌの年と、アジの年とがあると書きましたが

それを見分けるパターンみたいなものもあります


決まって釣れ始めるのは底から1.5mで、まずアジが釣れ始めます

そのまま順調にアジが釣れ続けるのが、アジの年・・・


やはり底1.5mから釣れ始めますが、夜明けと共にアジがペースダウンの時は

一気にタナを下げ、チヌの年となります


このパターンを数年繰り返しております


さてさて今年は・・・


数投目で先に私にアタリがきました、やはりタナは底1.5mです


しかし鈎掛りしたのは、15㎝程のゼンゴ・・・

どうりで、なかなか鈎掛りしない訳です・・・


すぐさま隣の佐田君にも、アタリがありましたが、やはり同サイズのゼンゴです


相手がゼンゴと分かったので、合わせのタイミングを見計らい

2人とも連発しますが・・・どうやらゼンゴが湧いているようであります

なんとかいいサイズをと、2人ともタナを上へ下へと変えてみます


そうこうしていると佐田君の待望の25㎝程の中アジがヒット!!

大入島のアジからみると、やや痩せてはいますが、嬉しい1匹です


タナを聞くと底1.5mとのこと・・・


上へ上へと逃げていた私ですが、本命のタナ辺りで待っていた佐田君が正解でした


佐田君が中アジを連発しているのを横目で見ながら、私も少しづつタナを下げていきます


イメージ 2


で・・・ようやくヒットさせた中アジのタナは、やはり底1.5mでした


ゼンゴが少なくなったのか、ここから中アジの連発を2人で楽しみます


連発と言ってもアタリはシビアで、高感度のウキのトップを10㎝程沈めてますが

なかなか食い込まず、アタリ初めてからじっと食い込みまで待つという釣りです


私達の両隣でもアジ釣りの方が並んでいますが、ウキのバランスが悪いのか

連発の私達と違い、釣れないどころか、ウキに反応も無いようであります・・・


イメージ 3


そうこうしていると、常連さんが大アジが釣れてると言っていたマズメとなりました


(さぁ佐田君、尺の時間よぉー)なんて、冗談めいていましたら・・・


佐田君の竿の曲りが、これまでと違うような・・・・・


イメージ 4


半分冗談で聞いていた、尺アジを見事に釣り上げました


しかし、アタリは渋く、とても尺アジとは思えない渋いアタリでした


(佐田君、ここのアジは大きくても竿引きするようなアタリ方、無いよなあー)


なんて、つぶやいていると、いきなりの強烈な竿引きのアタリ!!


イメージ 5

引きも強烈でしたし、佐田君の尺アジのすぐ後でしたので

デカアジを期待したのですが、上がったのは、ごらんのまるまると太ったサバでした

しかし、この後も尺越えのサバが回遊してきているようで、竿引きのアタリが続きます


サバと言っても、これだけのサイズですと、なかなかの美味ですので

3匹だけお持ち帰り


〜 初チヌ 〜


山影に隠れていたお日様が顔を出し始めるころには、既にクーラーいっぱいのアジです


(佐田君、もうアジはいいんじゃないん!!チヌ狙いに変えんかえ?)と、誘うと

『もうチヌ狙いに変えてますよ(笑)』と、考える事は同じようであります


イメージ 6


今日まで、親御さんや奥さんの用事で初釣りがのびのびになっていた佐田君でしたが

小振りながらも、見事に2019年初チヌゲットです

おめでとうございます!!


私もなんとか1枚と思い粘ってみましたが、どうやら今日はアジの日

底すれすれまで落としても、アジという結果でありました


風も無く、潮も穏やかで、もう少し粘ればチヌが出そうな雰囲気まんまんでしたが


先週の体調不良も有り、無理せず

納竿 AМ 9:00


(本日のお持ち帰り)

イメージ 7


帰宅後・・・


片付けを手伝いに来てくれた奥方がクーラーを抱えて・・・

『まさか・・・チヌがいっぱいなん・・・』と、焦っていましたが

料理のしやすいアジ・サバと分かり、一安心のようでありました

それでも数が多いので、いつもの両隣のご夫婦へ20匹程の中アジをもっていきました


新年会? 新年釣大会?

どっちか、わからないような企画も、来月立てています

年に1回会えるかどうか、なんて、あまりしばりのない、波止釣り仲間達と竿が出せるので

いったん、肩と体調をそれまでに整えなくてはなりません

皆、気のいい人達ですが、ひとり釣れなかったりしたら、容赦なく激な激励が飛ぶという

気の許せた、人達のあつまりで、今年は今の所10名くらい参加と聞いてます

場所は大入島の海夏館で、島の牡蠣やら平目で、鍋を囲んでワイワイと釣り談義

という、気軽なスタイルですので、よかったら参加してください


end

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事