DamDrive

ダムまでドライブ≡3

全体表示

[ リスト ]

土用ダム

イメージ 1

土用ダム
所在地 : 岡山県真庭郡新庄村字土用
型  式 : ロックフィル
堤  高 : 86.7m
堤頂長 : 480m
目  的 : P

駐車場
上:○(左岸管理所入口)
下:×
トイレ:○(上・左岸道路脇)
ダム真下:×
ダム正面:×


(2011/11/03)
鳥取県の俣野川ダムを見に行った時そこは揚水発電の下部ダムでした。
上部ダムはというと今回訪問した土用(どよう)ダム。


ここは県をまたぐ日本初の揚水発電所らしく、
他には以前行ったあの南相木ダムと上野ダムの神流川発電所だけらしいです。

しかも南相木ダムと同じく水利権の関係で川の水が使えないようで、
土用ダムの水は全て下池の俣野川ダムの物です。

さらに下部ダムが重力式コンクリート、上部ダムがロックフィル。
お互い結構共通点があります。

あちらは完成すれば日本一の発電量、
こちらは中国地方一の発電量です。

違うといえば土用ダムはかなり閉鎖的という所でしょうか。
南相木ダムと比べるのも酷ですが
あの時のような感動というのは当然ありません。
ここはどんなダムなのかいまいちつかめない所でした。




イメージ 2
ダムに到着
正面がダム真下方向、左右がダム両岸に続く道です。
左側(右岸方向)に入って最悪の事態になりました。



イメージ 3
鮮やかな紅葉の下に注意書き
この辺りは国立公園区域で昆虫や植物の採取は禁止らしいです。
標高は670m。

見学順路は左岸方向になってます。
右岸方向はおすすめしませんという事でしょうか。



イメージ 4
正面方向はここで立ち入り禁止
Uターンできます。
でも何もないのでここにはわざわざこなくてもいいでしょう。



イメージ 5
ダム左岸方向の入り口
特に制限時間はないみたいです。



イメージ 6
ダム左岸に到着しました
ここまでの道はいい道でした。
ご覧の様に駐車場はしっかり整備されてます。



イメージ 7
説明板その1
この揚水発電の図は俣野川ダムにあった物と同じですね。



イメージ 8
説明板その2
こちらは分かりやすい絵で書いてあります。



イメージ 9
ダム湖
ここも紅葉は今ひとつという感じでしょうか。

説明板の絵を見るとサージタンクがあの山の上にあるような気がしますが
そんな事はありません。
と言いつつズームして探してしまいました。



イメージ 10
ダム湖側から
色は一般的なロックフィルという感じです。



イメージ 11
柵の上から管理所方向



イメージ 12
堤体方向
天端から下流側を眺めると景色がよさそうですが。



イメージ 13
右岸付近アップ
右岸から見れればダム全体がよく見えると思います。



イメージ 14
水利使用標識



イメージ 15
ダム湖側の道路は通行止め
ナビ画面見てダム湖を1周して右岸に行けると思ってましたが残念。




この日1番のイベントがこちら。

イメージ 16
ダム右岸方向への道
左側が土砂崩れ。

これはさすがにきついかなと思いましたがここまでUターンポイントがなかったし、
車が通過した跡があったので無謀にも挑戦してみました。


途中までは行けたのですがそこでリヤタイヤが激しく空転。エンスト。
何度やっても結果は同じ。
辺りに漂うクラッチの焼けたにおい・・。
なんか下廻りが土砂につっかえた感じです。

一瞬ダム巡り始めて以来初の立ち往生か?と思いました。
携帯電話は当然のように圏外。

不安になりつつもバックしてみると脱出できました。
ほっとしたのもつかの間。
そこから車幅ギリギリの細い道を入り口までひたすらバックするはめに。



イメージ 17
その入り口
あの矢印の看板はそういう事だったのでしょうね。

この看板があるうちはこの道には入らない事をおすすめします。
でも4駆なら行けたかもしれません。
やはりダム巡りにはジムニー最強か。


という事でその出来事のせいでどっと疲れが出た土用ダムでした。



イメージ 18






おまけ1

イメージ 19
土用ダム全景
俣野川ダムに行った時もらったパンフレットに載ってました。

こうして見るとなかなか立派なロックフィルダムです。
やっぱりダム湖側から見ただけでは魅力半減ですね。




おまけ2
似たもの同士の揚水発電所。

東京電力神流川発電所
イメージ 20
左:上野ダム(群馬県) 右:南相木ダム(長野県)



中国電力俣野川発電所
イメージ 21
左:俣野川ダム(鳥取県) 右:土用ダム(岡山県)


このダムの中で地元のダムが最後の訪問になるとは。




.

閉じる コメント(2)

顔アイコン

紅葉が良いですね〜

あ〜私が乗っていたテリオス君ならなんとかなったかも。。。(涙)
それにしてもバックで・・・ご無事で良かったです!

2011/12/5(月) 午後 10:08 [ Me ]

顔アイコン

なつかしいですね。
確かにあの車なら間違いなく行けたでしょうね。
やっぱりダムに行くにはあのような車が一番合ってると思います。

今回人間は無事でしたが車の両サイドに草や枝で細かい傷がかなり付いてしまいました。
ひたすら磨いたら傷は落ちたのでほっとしてます。

2011/12/5(月) 午後 11:08 [ Dai ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事