DamDrive

ダムまでドライブ≡3

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

小阪部川ダム
所在地 : 岡山県新見市唐松
型  式 : 重力式コンクリート
堤  高 : 67.2m
堤頂長 : 145m
目  的 : A・W・P

駐車場
上:×(右岸道路管理所横か右岸下流側スペースへ路駐)
下:×(駐車スペースあり・Uターン可)
トイレ:○(上・右岸下流側)
ダム真下:△
ダム正面:○(右岸道路から)


(2013/08/14)
高梁市の県民局を後にして国道を北上し
やってきました小阪部川(おさかべがわ)ダム。

ダムまでの道は相変わらず細いですが
この日は対向車には会いませんでした。

前回と違ってたのは
右岸道路のダム正面が狙える地点の木が刈ってあった事です。

やはりダムカード配布を機に展望をよくしたのでしょうか。
見る側としては非常にありがたいですね。




イメージ 2
正面から
退避スペースの横がすぐ正面です。

今までは木が邪魔だから
下流側へ少し歩かないと堤体を見る事ができませんでした。



イメージ 3
クレストゲートアップ



イメージ 4
下アップ



イメージ 5
右岸ダム入口



イメージ 6
案内板
これを見るとダム所在地は新見市ですが
水の供給地域は南部の総社市や倉敷市でした。



イメージ 7
案内板その2



イメージ 8
管理所



イメージ 9
右岸斜め前から
相変わらず渋い雰囲気の堤体です。



イメージ 10
ゲートアップ
改修された新しいゲートも当初と比べるとだいぶなじんできたのではないでしょうか?
中央の「のっかった」感じは相変わらずですが。



イメージ 11
上から



イメージ 12
下流側の風景
昔はここも相当険しい所と思ってましたが
色々レベルの高い所に行ったおかげでそうでもないような気がしてきました。



イメージ 13
上から発電所



イメージ 14
美穀湖(みよしこ)



イメージ 15
左岸ダム入口



イメージ 16
左岸横から







次は下へ行きます。


イメージ 17
下流側から見た分岐地点です
前も言いましたが上から来ると角度的に真下方向に曲がるのは無理です。
ここから数メートル下ると少し道幅が広いのでそこでUターンして下さい。

ちなみに真下に向かう道は両側から草がせり出してて
ボディ両側にかなり当ってきました。
特に草の多い時期は綺麗な車では行かない事をお勧めします。



イメージ 18
下へ到着
発電所の名前は「小阪部発電所」



イメージ 19
下から提体



イメージ 20
ゲートアップ



イメージ 21
川の様子



イメージ 22









おまけ



小坂部川ダムのダムカードは平日は管理所で貰える事になってますが、


イメージ 23
この日はドアに鍵が掛かってました
インターホンもなかったので次の河本ダムで貰う事にしました。

貼ってあった案内には河本ダムに行くと両方貰えると書いてありました。



イメージ 24
ダムカード
ここも空撮でした。

というかダムカードは放流シーンという決まりがあった気がしますが
最近はそうでもないようですね。
元祖の国土交通省のカードも今は放流は関係ないみたいですし。




.

閉じる コメント(2)

ダムカードは放流してる時に撮影してほしいですよね!
実際に見に行った時、放流見れなくてもカードで様子が分かればいいと思う…


渋いダムですね。
クレストゲートの雰囲気、近くで見るとチビリそうな色と形です。

2013/10/27(日) 午前 5:54 [ - ] 返信する

顔アイコン

クラクラさん
最近は色々増えてきてるみたいですし
新しく作ろうと思った時に都合よくいい放流写真がないのかもしれませんね。

古いコンクリートダムって
最新のダムにはない貫禄みたいなのがあっていいですね。
この堤体の濃い色がなんともいえないいい雰囲気が出てると思います。

2013/10/27(日) 午後 9:48 [ Dai ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事