DamDrive

ダムまでドライブ≡3

全体表示

[ リスト ]

来島ダム

イメージ 1

来島ダム
所在地 : 島根県飯石郡飯南町下来島
型  式 : 重力式コンクリート
堤  高 : 63m
堤頂長 : 250.9m
目  的 : P

駐車場
上:○(左岸ダム湖側、実際は提体横まで車で行けます)
下:×(提体が見える地点の退避スペースへ駐車)
トイレ:○(上・左岸管理所前)
ダム真下:×
ダム正面:△(見通しはいまいち)


(2013/09/22)
先に言いましたが高暮ダムから細い道を抜け松江道を通り
予定の道が通行止めとかもあり結局着くまでに1時間半くらい掛かりました。

来島(きじま)ダムは中国電力の発電ダムです。
ここから潮(うしお)発電所という所に送水されてるようです。

ダムへ向かう左岸道路は国道ですが醜道です。
ダムより上流へは行ってませんが奥はかなり険しい所のようでした。




イメージ 2
左岸横から



イメージ 3
クレストゲートアップ



イメージ 4
提体下の穴から放流中
このような放流の仕方も珍しいですね。

先の高暮ダムも同じような穴が開いててそれは排砂管となってました。



イメージ 5
ここからゴーゴーと音がしてました
エア抜きパイプ?



イメージ 6
左岸ダム入口



イメージ 7
斜め上から



イメージ 8
下流側の風景
向こうに道が見えてるので後で行ってみます。



イメージ 9
ゲート室
下流側にあって隙間も塞がれてるので下を覗く事はできませんでした。



イメージ 10
ゲートの横から下の様子



イメージ 11
来島湖(きじまこ)



イメージ 12
右岸横から



イメージ 13
右岸ダム入口



イメージ 14
右岸ダム湖側から



イメージ 15
戻って左岸ダム湖側から
発電ダムでよく見る光景ですが
堤体の色を見るとゲートのギリギリまで水を貯めるようですね。



イメージ 16
ゲートアップ
ゲートに目盛りが書いてあります。

横に取水口のような四角い穴。
さらにその横にある水位ゲージは島根のダムでたまに見るカラフルな物。



イメージ 17
管理所



イメージ 18
管理所前にあった説明板
維持放流について書いてありました。

これを見ると下の穴は排水管となってます。
選択取水のように取水口の高さが複数あるようです。



イメージ 19
説明板その1



イメージ 20
説明板その2
右下に張り紙が追加されてますが放流設備についてでした。



イメージ 21
説明を切り取り
水面から2mを目標に取水となってますが可動する取水口があるようです。

ここも先の沓ヶ原ダムのような感じで
元々排砂管だった物を後から維持放流用にしたという経緯があるのかもしれません。





次は下へ向かいます。

地図上では下流から分岐があり道が続いてるように見えますが
(ナビもその道を案内しようとする)
その道は実際は草ボーボーのあぜ道です。


イメージ 22
その道の入口はこんな感じ
まともな道ではありません。


ダムから左岸道路を少し下った辺りに
分岐があるのでそこから向かうといいです。



イメージ 23
上から来るとここを右折
道の状態はよかったですが幅が狭かったです。



イメージ 24
下流側から提体
全体的なフォルムは高暮ダムに似ています。
デザインした人が同じなのかもしれません。



イメージ 25
クレストゲートアップ
ラジアルゲートが3門。
一般的なのと比べるとちょっと薄くて若干上向き。



イメージ 26





.

閉じる コメント(2)

天端は短いわりに、ダム湖は大きく見えますね。

Daiさんは、デザインした人にも注目することができるんだ♪

あたしはそんなこと考えたことなかったから、
今度はまた違ったみかたができそうです。

2013/12/10(火) 午前 9:43 [ - ]

顔アイコン

クラクラさん
色々ダム見てるとたまにどこかで見たような形だなというのがあります。
そういうのを見ると同じ人がデザインしたのかな?なんて思ったりしますね。

といっても注目と言うほどの事ではないですよ(笑)
でもじっくりダムの形を観察すると新しい発見があって面白いかもしれませんね。

2013/12/10(火) 午後 10:26 [ Dai ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事