DamDrive

ダムまでドライブ≡3

岡山県ダム

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

日山ダム

日山ダム
所在地 : 岡山県加賀郡吉備中央町上田西
型  式 : 重力式コンクリート
堤  高 : 25.4m
堤頂長 : 78m
目  的 : A

駐車場
上:×(右岸ダム入口横へ路駐)
下:×
トイレ:×
ダム真下:×
ダム正面:×


(2016/04)
日山(ひやま)ダムは何度も行った河平ダムのすぐ上流にあります。
なぜ今まで行ってなかったかというとアクセス道路が狭いらしいから。

しかし地図をよく眺めてみるとダム湖側に広い農道があり
そこからなら簡単に行けそうというのが分かり今回行ってみました。

ちなみにその農道は「奥吉備街道」という名前があり
後日全線を走ってみましたが非常に面白い道でした。
建部から北房までとかなり長い道ですがドライブ好きな人にはお勧めです。




イメージ 1
右岸ダム湖側から



イメージ 2
右岸ダム入口
鎖が貼ってありますが立入禁止とは書いてません。
でも天端に入ってる画像がたくさんあるので私も入らせていただきました。
右の階段の方はなんとなくやめておきました。



イメージ 3
右岸横から



イメージ 4
天端の様子
洪水吐きの部分が下流にオフセットしてます。



イメージ 5
ハンドル



イメージ 6
洪水吐き



イメージ 7
上から



イメージ 8
減勢工の様子



イメージ 9
下流側の風景



イメージ 10
右岸側に管理所のような建物



イメージ 11
ダム湖



イメージ 12
左岸側は行き止まり



イメージ 13
振り返って天端の様子



イメージ 14
左岸横から



イメージ 15
左岸ダム湖側から



イメージ 16
右岸道路下流側から
木が多くて見通しはいまいち。




この後一応下に行けるかチェックしに行きました。


イメージ 17
下流に続く道
あまり車は通ってないようです。



イメージ 18
真下方向入口に到着



イメージ 19
しかし立入禁止でした
高電圧使用施設ありと書いてます。
下に来る意味は特にありません。



イメージ 20
横にあった中国自然歩道案内図
こういうのはたまに見かけますが実際に歩いてる人がいるのでしょうか?



イメージ 21







この後上に戻るのも面倒なので結局下流の細い道を通って帰る事に。


イメージ 22
道はこんな感じ
これはかなりやばいです。
路面はアスファルトなので特に問題はないですが
対向車が来るとどうにもなりません。


イメージ 23
と思ってると対向車が来ました
運よく少し広くなってる所があったのでかわせましたが
やはり日山ダムは上流から見に行く事をお勧めします。




.

恩木ダム

イメージ 1

恩木ダム
所在地 : 岡山県加賀郡吉備中央町溝部
型  式 : 重力式コンクリート
堤  高 : 30.8m
堤頂長 : 106.5m
目  的 : F

駐車場
上:×(右岸ダム入口横に路駐)
下:×(下流のゴミ置き場前にスペースあり)
トイレ:×
ダム真下:?(未確認)
ダム正面:○


(2016/04)
久しぶりの岡山県の新規訪問ダム。

恩木(おんぎ)ダムは吉備中央町の北の方にあります。
見た目はオリフィスが付いた普通の重力式コンクリートダムです。

ダム湖は水が貯まってますが目的は洪水調節のみのようです。
過去に行った滝山ダムもそんな感じでしたが
せっかく水を貯めてるのに何かに使わないのでしょうか。




イメージ 2
右岸ダム湖側から
見通しはいまいち。



イメージ 3
説明板



イメージ 4
右岸ダム入口



イメージ 5
下流側に管理所



イメージ 6
右岸横から



イメージ 7
上から



イメージ 8
今までに見た事ないような水の流れ方でした



イメージ 9
減勢工の様子



イメージ 10
減勢工の先は石を敷き詰めた坂になってました
その先が田んぼの横に直撃するような感じですが
非常時とかあんな造りで大丈夫なのでしょうか?



イメージ 11
下流側の風景



イメージ 12
ダム湖



イメージ 13
オリフィスの上にはこのようなハンドル



イメージ 14
左岸横から



イメージ 15
左岸ダム入口



イメージ 16
左岸ダム湖側から
取水塔が見当たらないのであのハンドルがそうなのでしょうね。
維持放流するだけですし。



イメージ 17
アップ
Fのみの割に常時満水位が高い気がします。
途中で計画変更したとしか思えません。



イメージ 18
下流側から
歩いてなら下まで行けそうな雰囲気でした。



イメージ 19
アップ



イメージ 20





.
イメージ 1

苫田鞍部ダム
所在地 : 岡山県苫田郡鏡野町塚谷
型  式 : ロックフィル
堤  高 : 25m
堤頂長 : 259m
目  的 : F・N・A・W・I ・P

駐車場
上:×(右岸ダム入口前へ駐車)
下:○(下公園内、真下付近にも駐車可)
トイレ:?
ダム真下:○
ダム正面:○


(2015/10)
苫田ダムに行く度に横を通る苫田鞍部(とまたあんぶ)ダムですが
今回久しぶりに立ち寄ってみました。

苫田ダムが非常時のみ働くダムなので普段はダム湖が遠くにあり
天端に立っても普通のダムとは感じが違います。

正直に言うと見ててあまり面白くないダムですが
コンクリートフェイシングフィルという希少なダムなので
1度位はじっくり見ても損はないかもしれません。




イメージ 2
正面から
大きな石で×を書いてるのは苫田ダムのラビリンスを表現してるらしいです。
言われないとただの×にしか見えませんが。



イメージ 3
下から



イメージ 4
地下への入口



イメージ 5
下流方向
公園が整備されてます。



イメージ 6
公園から堤体方向



イメージ 7
右岸ダム入口
徒歩では入れるようです。



イメージ 8
右岸横から



イメージ 9
右岸ダム湖側から



イメージ 10
ダム湖側斜面にこのような物



イメージ 11
向こうに見える奥津湖
このダムの目的が「F・N・A・W・I ・P」というのにも少し違和感がありますが。



イメージ 12
下流側の風景



イメージ 13
左岸に何か置いてあります



イメージ 14
名前は「メインスラブ用スリップフォーム」
難しい名前ですが堤体斜面にコンクリートを施工する機械のようです。
右岸にある案内板に書いてました。



イメージ 15
左岸ダム入口



イメージ 16
左岸横から



イメージ 17
左岸ダム湖側から



イメージ 18
戻って右岸ダム湖側の広場から
ダム便覧ではアスファルトフェイシングは別型式のように扱われてるのに
コンクリートフェイシングがそうじゃないのは施工例の少なさなのでしょうか?



イメージ 19
そこにあった案内板
左下にさっきの機械の事が書いてあります。

ちなみにこの看板。
以前は色あせてて真っ白でした。



イメージ 20
こんなふうに
でも今とは書いてる内容が違ってたみたいですね。




.

苫田ダム(10回目)

イメージ 1

苫田ダム
所在地 : 岡山県苫田郡鏡野町久田下原
型  式 : 重力式コンクリート
堤  高 : 74m
堤頂長 : 225m
目  的 : F・N・A・W・I ・P

駐車場
上:○(右岸下流側、左岸ダム入口横)
下:○
トイレ:○(上・右岸駐車場横)
ダム真下:△
ダム正面:○


(2015/10)
今までかなり訪問した苫田(とまた)ダム。
今でも自分が知ってるダムの中ではNo.1のダムです。

今回は近くに来た事だしという事で
バージョンアップしたカードを貰いに再訪しました。

このダムもすでに10回目。
1番好きなダムと言ってもかなり見慣れてきて新鮮さがないので
いつか夜の光景でも撮ってみたいです。




イメージ 2
右岸斜め前から



イメージ 3
管理所下の展示室



イメージ 4
展示室の様子



イメージ 5
下流にある入発電所の旧取水堰堤の写真がありました
これはたぶん今まで載せた事なかったと思いますが
ラジアルゲートが並んだかなり立派な堰堤だったようです。
今は減勢池の横に一般的な見た目の取水ゲートがあります。



イメージ 6
右岸ダム湖側から



イメージ 7
上から



イメージ 8
減勢工の様子



イメージ 9
下流側の風景



イメージ 10
奥津湖(おくつこ)



イメージ 11
予備ゲートの様子



イメージ 12
天端の様子



イメージ 13
左岸ダム入口



イメージ 14
左岸横から



イメージ 15
正面から
諸元をよく見ると先の津川ダムより堤高が少し低いというのに驚きました。
苫田ダムって結構高いイメージでしたが気のせいだったようです。

でも現地で見ると苫田ダムの方が圧倒的な存在感なのは
デザインや装備の関係なのでしょうか。



イメージ 16
斜め前から



イメージ 17
なんとなく



イメージ 18
下からの眺め



イメージ 19








おまけ

イメージ 20
ダムカード
ようやくバージョンアップしたかって感じですね。



イメージ 21
パンフレット
左のやつは前からある物ですが
謎の英語の紙があったので貰ってきました。




.

津川ダム(2回目)

イメージ 1

津川ダム
所在地 : 岡山県津山市奥津川
型  式 : 重力式コンクリート
堤  高 : 76m
堤頂長 : 228m
目  的 : F・N・W・P

駐車場
上:×(左岸下流側かダム湖側スペースへ駐車)
下:○(キャンプ場前)
トイレ:?(キャンプ場内?)
ダム真下:△
ダム正面:○


(2015/10)
黒木ダムの南東にある津川(つがわ)ダム。
こちらはゲートレスの比較的新しいダムで
導流壁のないいまどきのダムという感じの形状です。

津川ダムといえば下流のキャンプ場ですが
この日は特にキャンプをしてるような雰囲気はありませんでした。




イメージ 2
左岸斜め前から



イメージ 3
左岸横から



イメージ 4
左岸ダム入口



イメージ 5
左岸ダム湖側から



イメージ 6
上から
この日は越流してませんでした。
こういうシンプルなゲートレスダムは越流してないと
見てて若干面白みに欠けます。



イメージ 7
下流側の風景



イメージ 8
ダム湖



イメージ 9
天端の壁にはこのような絵が飾ってあります



イメージ 10
なんとなく



イメージ 11
右岸横から



イメージ 12
右岸ダム入口



イメージ 13
右岸ダム湖側から



イメージ 14
管理所



イメージ 15
下の親水広場



イメージ 16
下流側から



イメージ 17
広場からはこの位が限界



イメージ 18
下から



イメージ 19
アップ



イメージ 20








おまけ

イメージ 21
ダムカード




.

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事