Why don't you use the spincast?

スピンキャスト、それは夢の糸巻器

全体表示

[ リスト ]

タキタロウ

大鳥池の巨大魚タキタロウ“伝説”に挑む 鶴岡・きょうから生態調査

 鶴岡市大鳥の大鳥池に生息するとされる幻の巨大魚タキタロウの生態調査が、きょう6日から現地で始まる。8日まで3日間、魚群探知機などを使って池を探索。タキタロウの魚影を追い、鶴岡を代表する“伝説”に挑む。

タキタロウは体長約2メートルとされる巨大魚。長い下あごと大きな尾びれが特徴で、100年以上前から大鳥池に生息しているという。漫画家矢口高雄さんの漫画「釣りキチ三平」で取り上げられ、全国に知られるようになった。

1983(昭和58)年に地元住民や専門家による調査隊が結成され、3年間にわたり調査。85年には体長約80センチの魚を捕獲、専門家に鑑定を依頼したが、正確な魚種は分からなかった。この時の魚は剥製にして、大鳥地区のタキタロウ館で展示している。

今回の調査は同地区の住民らでつくる大鳥地域づくり協議会が企画。地域資源であるタキタロウの魅力をあらためて掘り起こし、地域活性につなげたい考えだ。メンバーは地元住民6人に加え、インターネット上で募った県内外のタキタロウファン8人。同地区の集落から林道を車で20分ほど移動し、さらに約2時間半かけて山道を登る行程で、大鳥池近くの小屋で寝泊まりしながら、調査を進める。

池は朝日連峰の北部にある県内最大の自然湖沼。大規模な山崩れによって形成されたせき止め湖という。面積約40ヘクタール、最大深度約70メートル。湖の周囲は3.2キロで、長径は1キロに達する。メンバーは2班に分かれてボートに乗り込み、水質や水温を検査したり、魚群探知機を使って水中を調べたりする。タキタロウとみられる魚影の確認が目的で、捕獲は試みない。

メンバーで市地域おこし協力隊の田口比呂貴さん(27)は「タキタロウ伝説にロマンを感じる。実際に生息しているところを自分の目で確かめたい」。同協議会事務局の佐藤征勝さん(71)は「タキタロウの存在を確認し、大鳥池の豊かな自然を立証したい」と意気込んでいる。
イメージ 1

脂ビレがあるのなら、トラウト系の魚種ですかね。
が、魚は死ぬまで成長するとしても、2mもあるとなると、イワナ系じゃなさそう。氷河期時代からの生き残りのイトウなどの北方系のトラウトじゃないかな?
が、こういうのって、謎のままでもいいじゃないか?って私は思うんです。
夢は夢のままというのも、いいんじゃないですかね。
キダタローさんは浪速に間違いなく存在していますw

この記事に

閉じる コメント(18)

久しぶりに聞いたな(  ̄▽ ̄)

そっとしといてやりましょう
多分イトウがでかくなった感じのやつかな

2014/9/6(土) 午後 10:12 [ こうたせいや ] 返信する

キダタロウはおいといて・・・

とりあえず、滝太郎ったら有名ですからな

やっぱ、謎は謎のままでって気持ちもありゃ、チャレンジしたい気持ちもありますなぁ

2014/9/6(土) 午後 10:19 [ ユパ ] 返信する

茨城にはいないなぁ
(*_*)
私か釣ったとしてもブログで平気にヤマメ釣りました!とか書いてしまいそう

2014/9/6(土) 午後 11:36 えふらいず 返信する

じぇんっじぇん知らんな…( ・ε・)

2014/9/6(土) 午後 11:55 ぬぬ 返信する

2m!イトウですらなすすべなくラインを瞬殺されたというのに・・・

おそろしか〜〜。

犬くらい食べちゃうんだろうな・・・

2014/9/7(日) 午前 8:35 [ コロ助 ] 返信する

シェパードが好物とか(ヾ(´・ω・`)

2014/9/7(日) 午後 0:28 [ こうたせいや ] 返信する

こうたさん

確かに久しぶりの「タキタロウ」ですね。
80cmクラスのものが今までに上がっているそうですから、2mはないにしても、大型魚が棲息できる環境で、70〜80cmのもの(イワナなのか正体不明)は居るようです。

2014/9/7(日) 午後 0:36 [ Megarockfish ] 返信する

ユパさん

いままで上がってるようですから(2001年に70cmが捕獲)、なんらか居るのは間違いないが、2001年以降、目撃も捕獲もされてないそうです。

棲息しててほしいですね。

トラウトが大型化できる環境があるんでしょうね、年中水温が低いままでエサも豊富とか。人が手を加えるとあっというまに絶滅、ということもあるので、そっとしておくほうがいいような気がします。

2014/9/7(日) 午後 0:41 [ Megarockfish ] 返信する

委員長

霞ヶ浦にでかいハクレンがいるじゃないですか!飛ぶしw

2014/9/7(日) 午後 0:49 [ Megarockfish ] 返信する

ぬぬひゃん

ほとんどの人知らないでしょうw
釣りしてる人でも知らんもん。

それくらいレアな魚が居るようですわ。
山の中の湖なので、登山せんといけないところですし、謎なんです。

2014/9/7(日) 午後 0:54 [ Megarockfish ] 返信する

女王さま

山の中なので、崖から落ちてきたヘビやらネズミやらイタチ、狸とか食ってるかもしれんですね。

2mもの魚体を保つだけの餌があるかというと、、、それくらい貪欲に捕食してるのかもしれません。

2014/9/7(日) 午後 0:57 [ Megarockfish ] 返信する

こうたさん

レトリバーは勝手に水のなか入っちゃうので要注意ですな。
体格は互角くらいあるので食われることはないでしょうけど。

つか、何食ってるんでしょうね?小型の魚はいうのは及ばずでしょうけど、山の中で2mですからね、イトウのように動物も食ってる可能性はありますね。

2014/9/7(日) 午後 1:01 [ Megarockfish ] 返信する

昔の開高健スペシャル番組みたいな企画を、大真面目にやるんですね(笑)

2メーターのイトウなら可能性はありますね。

ただの鯉じゃないの?…は禁句なのだろうか…

2014/9/8(月) 午前 1:56 あおり〜 返信する

あおり〜さん

鯉も無くはないですね。が、1000mもある山上湖なので、コイが昔からいたかどうか・・・

もしかしたら、日本で唯一残った純粋な「ノゴイ」か?

2014/9/8(月) 午前 10:24 [ Megarockfish ] 返信する

メーター級でも化けもんだろうに
2mは居らんと思うが?
真剣に調査すると、案外別の生物を発見しそうな気がしますわ。

2014/9/8(月) 午後 7:58 [ 島根の五目釣り師 ] 返信する

五目釣り師さん

2mが夢なら1mは居るんじゃないですかね。

どっちにしても、山登り2時間半の場所で、そうそう人の手が入ってないところですから、こういうウワサでも現実でも、夢があるっていいなぁって思います。

2014/9/8(月) 午後 10:42 [ Megarockfish ] 返信する

タキタロウ僕も気になってました(^^;;
見た感じイワナのデカイ版だと思ったのですが、新種なのですかね?

2014/9/11(木) 午前 8:20 [ &岡田& ] 返信する

&岡田&さん

どうもイワナのようなオショロコマのようなアメマスのような・・・で、判別つかなかったみたいですよ。

イワナのような原流域に住む魚種って閉鎖水域にいるので、人為的な放流か、降海でもしない限り、他地域と交雑しない(なので亜種が多い)、クニマス、のように新種なのかもしれませんね。

2014/9/11(木) 午後 2:51 [ Megarockfish ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事