追い波で、GO!

愛知県に住むシーカヤッカー・カミヤッカーが、勝手気ままに書き散らす日記です。

全体表示

[ リスト ]

伊藤圭介という人物

イメージ 1

 明日葉(アシタバ)の学名・Angelica keiskeiの、keisukeiは伊藤圭介にちなんで付けられた。とあった。私は伊藤圭介を全く知らない。そこでちょこっと調べてみました。

 伊藤圭介(1803−1901)は、名古屋出身で幕末から明治にかけて活躍した植物学者・医師である。彼は、若き頃シーボルトに師事したこともあり、84才まで東京大学の教授も務めていて、名古屋大学医学部の創設に深い関わり、98歳まで生きたすごい人物であった。

 以下略歴

 享和3年(1803年)名古屋呉服町に医家・西山玄道の次男として生まれる。幼児より父兄に従って儒学と医学(漢方)とを学び、また植物学を研究することを好んだ。

 文政3年(1820年)18才にして医業を開いた。19才の時、京都に遊学し、藤林泰助に洋学を学び、21歳のとき吉雄耕牛の孫常三にオランダ語と蘭学を学んだ。文政10年(1827年)25才の時、長崎に赴き、ドイツ人シーボルトに植物学を学んだ。これが生涯を通じて学問研究の一転機となり、27才で初めて、「泰西本草名疏」を訳述刊行したのである。以後著書は17種に上る。この中、有名なのは、「日本産物志」「日本植物図説草部」等である。

 また医家としての功績の優なのは種痘を始めたことであり、嘉永5年(1852年)50才の時、尾張藩主から種痘法取調を命ぜられ、以後尾張藩の医術に尽した。またコレラの予防・治療などに努めた。本草学は水谷豊文を盟主とする尾張学派の伝統を継承して、植物・動物・鉱物の観察と実験の共同研究をすすめ、当時の日本で最高の科学的成果をあげた。

 73歳の時小石川植物園(現在の東京大学植物園)に勤務。リンネの植物分類法をはじめて本格的に紹介したことでも知られる。79歳の時明治14年(1881年)東京大学教授に任ぜられ、同21年(1888年)理学博士の学位を受けた。また初代の学士会院院長となった。明治34年(1901年)東京大学名誉教授、男爵を授けられ、同年98才を以って逝去した。

 明治初年(1868年)廃藩置県の際、蘭法医学の必要を強調、愛知県に対し、同志と共に西洋医学を講ずる学校の開設を建議し、これが容れられ、名古屋藩の元評定所に初めて医学校が創設された。これが今日の名古屋大学の濫觴(らんしょう)である。


 調べれば調べるほど面白い人物だ。
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/1997Archaeology/01/10600.html
http://ameba.i.hosei.ac.jp/sbweb/doc/NK0027.html
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/museum/ouroboros/01_02/index.html
 値段、高っ! 
http://www.libro-koseisha.co.jp/top03/rb1164.html
 すんげぇ! 雄しべ 雌しべ の名づけ親 だって!
http://www.tokai-tv.com/newangle/20051224_top_3648.php3
 鈴蘭 (すずらん)の学名もkeisukei だって!
http://www.hana300.com/suzura.html

 今朝調べたのは。ここまで。


 なお、少し前に少し話題になった元・国土庁長官・伊藤公介議員とお間違えなきよう。よろしくお願いします。m(__)m

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事