全体表示

[ リスト ]

MGガンダムver3.0完成

長期に渡り製作していたMGガンダムver3.0完成しました。
今回の製作にあたり改めてテーマとして考えていたのは、
ドストレートに「エースパイロット・アムロレイの機体」です。
アムロがニュータイプとして覚醒した劇中後半の機体をイメージしています。
最初はハードにウェザリングを施そうと思っていましたが、
翌々考えると被弾も少なく宇宙空間での運用、整備も最優先にされていたと妄想し、
チッピングによる僅かな色剥げと若干の退色表現に止めています。
ライフル、バズーカは戦闘中使い捨てのイメージもあるので
更に控えめなウェザリングにしています。

最終決戦仕様のためプレミアムバンダイから限定発売された
「拡張セット」を使用し、ダブルバズーカを再現出来るようにしました。
更に「ラストシューティング」も部品の付替えで再現出来るよう、
ジオングの攻撃により破損した首周りと左腕も製作しました。

拡張セットのLEDユニットも内臓可能でツインアイと額のセンサーが発光します。
ただスイッチをOFFにしている状態だと目が黒くなるので、
クリアイエローで塗装、頭部内部に光る素材のシートを貼りいくらか反射するようにしています。

シールドの保持が甘いので腕の中に極薄のネオジムを仕込み、
シールドステイに金属片を貼っています。

塗装は基本的にクレオスとガイアのラッカー塗料を使用しています。
白部の塗り分けや色合いは指定とは変えています。
見えなくなるフレームも塗り分けをし全塗装しています。
中々バラす事は無いかもしれませんが部分的に装甲を外した状態で
飾っていただいても良いかと思います。

ウェザリングは基本塗装後、エナメル塗料をスポンジを使い細かくチッピング。
1回艶消しでコートした後、油彩でフィルタリングをしています。
白部は色が変わりやすいので通常よりもかなり薄めてフィルタリングしました。

デカールは拡張セット付属の水転写タイプをメインにHIQパーツ製を使用。
フレームにも貼り込んでいます。



コアファイター、付属フィギュア

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-bc-66/buddhistcycle/folder/1560757/70/55096570/img_2_m?1435548927

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-bc-66/buddhistcycle/folder/1560757/70/55096570/img_1_m?1435548927

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-bc-66/buddhistcycle/folder/1560757/70/55096570/img_0_m?1435548927

コアファイターは驚異の完全変形です!
変形させてガンダム腹部に内臓する事も可能ですがダミーコアブロックも付属します。
フィギュアは多めに作りました。1人はセイラさんカラーに塗りました。


武器、その他付属品

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-bc-66/buddhistcycle/folder/1560757/65/55096565/img_1_m?1435548785

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-bc-66/buddhistcycle/folder/1560757/65/55096565/img_2_m?1435548785

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-bc-66/buddhistcycle/folder/1560757/65/55096565/img_0_m?1435548785
拡張セットによりダブルバズーカ、ビームジャベリン、ガンダムハンマーも。
ビームサーベルはクリアピンクで塗装しています。

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-bc-66/buddhistcycle/folder/1560757/70/55096570/img_3_m?1435548927
今回オマケとして「ラストシューティング用」のパーツを製作。
付け替えであのシーンが再現可能です。
台座もオマケで製作。コトブキヤのベースの穴を埋めて塗装しました。

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-bc-66/buddhistcycle/folder/1560757/65/55096565/img_8_m?1435548785
全セット内容です。
マグネットコーティング仕様の関節カバーも付属するので気分で付け換え可能です。


内部メカ

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-bc-66/buddhistcycle/folder/1560757/65/55096565/img_5_m?1435548785

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-bc-66/buddhistcycle/folder/1560757/65/55096565/img_6_m?1435548785

https://blogs.c.yimg.jp/res/blog-bc-66/buddhistcycle/folder/1560757/65/55096565/img_7_m?1435548785

見えなくなる内部メカ(フレーム)ですが塗り分けています。
メカニックモデルとして飾るのもいいかもですね。


△紡海ます・・・

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ガンダムの原点というべきRX-78。完成作例が出し尽くされたのでは?の中でbuddさんの作品。
しばらく画像をガン見しました!
素晴らしいです!

丁寧な工作に、練りに練られたカラーリングやパーツの綿密な色分け。
同系色のパーツ塗り分けは、立体感を増しますよね。

劇中のシーンからは過度な修復はないように私も感じてました。
これはアムロ・レイのガンダム!連邦の白い悪魔ですね。
長い間、製作お疲れ様でした。 削除

2015/6/29(月) 午後 6:16 [ アメカジ67 ] 返信する

顔アイコン

アメさん:コメントありがとうございます。
ご返信遅くなり申し訳ございません。
今回見えなくなる内部パーツも塗り分けたり
コアファイターも全力で作ったんで時間かかりましたが
カッコイイガンダムが出来たと思っています^^

2015/9/12(土) 午前 11:12 budd 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事