配当再投資で資産形成

買ったら売るな、売るなら買うな。長期保有による配当再投資でのトータルリターンで株式を評価していきます。

全体表示

[ リスト ]

2018年8月の配当

2018年8月の配当です。

イメージ 1

2018年8月の配当   17,579円
2018年の累積配当   733,432円
2010年からの累積配当 6,601,607円

トラスコ中山を除いてすべて増配です。

日本企業も株主還元を重視した経営へシフトしてきております。投資家サイドとしても増配を前提として投資をしているというスタンスでいた方が、経営陣にもいい意味でプレッシャーがかかりますので、よいのではと思うところです。

株主への還元と将来の成長へ向けた内部留保と再投資のバランスが企業としては求められますが、資源の配分こそが戦略立案の醍醐味であり、こういった仕事はおもしろそうだなと無責任な立場から思ったりもしています。

戦略は身銭を切って投資をしている個人投資家にとってももちろん求められますが、成果に対して外圧がなく自己完結できるのが機関投資家と違って気楽な部分であり、また強みでもあります。

個人投資家は一度投資したら自分の都合だけで売買ができますので、外圧により売らなくてよいという強みがあります。着実にリターンをもたらしてくれる銘柄に適当な株価で投資ができれば、株価が上がろうが下がろうが、業績がよければ、あとは持ち続ければよいだけということになります。

銘柄選択とバリュエーションが投資の肝だと考えますが、これをクリアすれば、あとはほったらかしにしても資産は増え続けていきます。このようなアセットクラスがあるのに、株式投資をされている方がまだまだ少ないのは残念に思うところです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事