ビューエル XB12S 戦闘日誌

Buell で椿ラインを攻めるブログ。だった筈だが。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全219ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


【実況】2017年 ホットチョコカップ 第16戦


さて私、オートバイが趣味ではありますが、乗るのはほとんどサーキットなどのクローズドコースでして、家には3台もバイクあるのに現在公道を走れるのは1台もないという有様。

たまーにレースなんぞも出るんですが、年に一回、西大井にあります、オートバイカフェ、ホットチョコレイトカフェというお店がお盆に主催している草レース、ホットチョコカップというのがありまして、去年も出場した訳なのですが、今回その時撮影した動画を色々編集してみた訳です。

でも、大して上手くもない素人がサーキットをダラダラ走ってるのを見せられても、よその家の子のバレエ発表会のビデオを延々見させられるのと同じくらいの拷問だろうし、ここはいっちょ、面白くしてやろうか。とか考えてしまったのです。

しかしですな。私、本業はデザイン関係の仕事をしておりまして、動画の仕事もたま〜に来るのですが、動画の編集ってのはね。ちゃんとやろうと思うと1分の動画作ると100分寿命が縮むっちゅうくらい大変なのですよ。

素人がホームビデオで撮った手ぶれ動画や、露出とか構図とかなーんにも考えず撮った動画をですな、いろいろあれこれして、なんとか形にししなくてはなりません。そこで・・・・

今回はレースの実況放送風にしてみよう。

で、そのためにまず、実況のアナウンサーの絵が欲しかったのですが、撮れず入手できず。
しょうがないのでアニメで作ってみました。これにはフェイスリグという技術を使っております。

それにしても最近のIT技術はスゴいですね。

何がすごいって、最近は一枚絵で描いたイラストを簡単にアニメにできちゃうんですよ。パラパラマンガみたいに何枚も描かなくても、パーツを少しづつ動かしつつ撮影したりしなくても、ホントに1枚だけでオッケー。

さらにスゴいのが、キャラの顔の表情とかはパソコンのカメラが顔認証し、人の顔の動きをキャプチャーして再現してくれたりする。

そして、口の動きはマイクから拾った音に合わせて自動で動かしてくれるし、あらかじめ用意した音声ファイルを読み込ませて、それに合わせて動かす事も出来ます。最近流行りのバーチャルユーチューバーとかもこの技術を使ってますね。

ですから、あの萌えキャラの顔芸は、実はヒロシおっさんな訳です。

どんなキャラでもアニメに出来るんで、解説の方は某オカルトバイク雑誌の編集長にでもしてやろか。とも思ったのだが、知り合いでもない人を勝手にアニメ化するのもどうかと思い、無難なキャラに。
解説の美少女は、レースの主催者のellie女史の名前を拝借しました。

セリフはテキストで打ち込んで、音声読み上げソフトで出力。音質を調整してアニメアプリで口を動かしています。

実は結構大変なのが、このセリフを考える作業です。レースって最初はまあ抜きつ抜かれつ。で見所が多いのですが、後半になるとダラダラ走ってるだけのシーンが多くなります。でもそこ実況のでナレーションが無音だと、退屈してしまうから、なにかネタを入れなければならない。

必死でネタを入れ込んでも、こんどは尺が合わなくなって、やり直し。ようやく音声まで行ったと思ったら、内容に間違いを発見しまたやり直し。

そんなこんなで、3ヶ月くらいかかりました。

でも、こんなに努力したにも関わらず、どーせYouTubeの閲覧数は100人くらいなんだろうなあ。

もう二度とやりたくありません。

おしまい。

開く コメント(0)

今回もダートラで練習です。

まあ、ひたすらパイロンの周りを、グルグルグルグル、バターになるんじゃないかってくらい回り続けるだけの地味〜な練習な訳でして、今さらブログに書くような面白い事なんて何も無いんですが、今回、新キャラ登場。ビューエル乗りのmuuさんが、我らの訓練に参加してくださいました。氏の走りや如何に?

その前に例のエアクリーナー問題。筒状のスポンジであるエレメントですが、それを装着する金網の貼られた金属筒みたいなのがありまして、それが届きました。走る前に装着します。
しかし、筒をエアクリボックス内の穴に差し込んでもポロッと外れる。

周囲の形状から推測するに、どうやら金属筒を押さえる金属板の様なものが、さらに必要な様子。やっぱパーツリスト買わんといかんかな。それにしても他のメーカーはみんなパーツリストをWeb上で公開してるのに、なんでホンダはお金出して買わんといかんのでしょうか。21世紀ですよ?未来ですよ?

さてmuuさん。最低限のやり方をお教えしただけでの出走。どうなる事でしょうか。




早速盛大にスライドさせつつ走っていますね・・・。
中々のセンスです。ダート初挑戦にしてこの走り。やはり思い切りの良さが秘訣なのでしょうか。私なんぞ、始めてしばらくの間は(いや今も。か?)パイロンの周りをただグルグルしているだけだったのに。

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

しかしリーンウィズ気味でオンロードっぽい走りです。

さて、交代してヒロシのターン。
実は走ってるうちに、ちょっとしたコツをつかみました。

バイクはゆっくり寝かせた方が、うまくスライドできるみたいです。

パイロンが斜め前45度くらいの位置に来たら、もう寝かせ始め、クリッピングポイントはパイロンの裏側。って気持ちで。

いやー、今まではとにかく大きく寝かせようとして、フン!って感じで勢いをつけて倒していたのですが、これがよくなかったのかもしれません。ゆっくりでいいから、確実に。そして深く寝かせるのを心がけるのが良いみたい。


でも、やっぱり、あんまりスライドしてませんね。。。。。。

開く コメント(2)

イメージ 3

とはいえ、間が空いてしまったため、勘を取り戻すまでに時間がかかり、しばらくはただグルグルするだけです。

そこでライディングポジションを工夫してみます。
オンロードの時と同じ様に、コーナー進入前から、思いっきり腰を(オフロードだからアウト側へ)ずらしておいて・・・

ハンドルで思い切り倒し込みます。アウト側の拳が自分の正面に来るくらい思いっ切り。です。

バイクが寝たら、「気持ち的には」シートの上ではなく、タンクの側面に座ってるイメージ。もうこの辺に乗ってるくらいの気持ちで。

イメージ 1

そしてお尻は完全にシートの外側へ。シートには、こんな具合に斜めに太もも部分で乗る感じにしてみます。

イメージ 2


後、つい後ろのほうに座りがちになる癖があるので、ハンドルクランプを緩めてハンドルバーを出来るだけ前へ回転させてみました。後ろに座ってると綺麗にリアが流れてくれませんのでね。


イメージ 4

H:「だから、ロッシとかの練習してるの見てると、進入時からババババ・・・ってレブに当てっぱなしなのよ。リアタイヤの回転を止めない様にしてるんだよね。」

なるほど。

スライドさせるためには、タイヤの限られたグリップ力を縦方向に使うか横方向に使うか。って事でして、ブレーキでやるか、スロットルでやるか、とにかく縦方向にグリップ力を消費してしまえば良い。
それとも速度を上げて遠心力を増やすか。です。

そこで今度は氏のアドバイスを取り入れ、パワースライドっぽくやってみる事にします。
とは言え、XR100はそれほどパワーがある訳でもなく、うまくパワーバンドに入れてやらないとスライドしません。

で、色々やってみて、昔のF1のセナ足ではありませんが、ヴォンヴォンヴォン!とリズミカルにスロットルを当ててエンジンの回転を維持しつつ進入するのが具合が良い事が判明。

寝かし込んだらワイドオープン。
ズリズリとパワースライドしますが、それほど怖くもなく、慣れて来ると結構楽しくなってきます。

こんな感じ。



・・・やっぱりあんまりスライドしてませんね・・・。

でも本人的には、すんごくスライドしてるつもりなんです!!!これでも。

開く コメント(0)

イメージ 1

皆さんGWはいかがお過ごしでしたでしょうか?
私は岩手の玉川温泉という処に湯治に行って参りました。

この玉川温泉、火山の亜硫酸ガスが溶け込み、強酸性の泉質で有名でして、包丁を一晩浸けておくと溶けて無くなってしまうほどの毒水。肌にちょっとした引っ掻き傷があるだけでも、湯に浸かるとかなり沁みます。

この刺激が人体の免疫力を飛躍的に高めるらしく、お医者様にも見放された末期患者の方々も訪れるとの事。そんじょそこらの生温い温泉とは訳が違う「本気の」温泉なのです。

周囲には何もないロケーションな上、部屋にはテレビも無かったので、(Wi-Fiはあった)一日中入っていたら・・・

イメージ 2


この通り。ポツポツとピンホール状に肌が溶け始めました。

皆さんも機会があったら行ってみてください。

さて、ここのところ、ダートまみれ土まみれの戦闘日誌ですが、またまたオフヴィレに行って参りました。

しかしその前に、バイクの方をまた多少修正しました。

まず、ハンドルをCRF100用の幅広で高さのあるモノに交換しました。これは今まで付いていた低いハンドルだと、倒し込み時に膝に当たって思い切り倒せなかったから。

イメージ 3

Fブレーキのラインとスロットルケーブルは、長さに余裕があったのでそのまま使えましたが、クラッチケーブルは届かなかったので、これもCRF用を使用。

ところが、ヤフオクパーツが届き、早速換装作業を始めてみたら、驚きの事実が判明。
ケーブル交換ついでに、キャブ廻りを掃除していると、キャブの内部に大量の土が入ってるではありませんか!

慌てて、エアクリーナーボックス内を確認すると、なんと!

イメージ 4


エレメントが入っていませんでした。

まあ、オンロード用だったしね。ノーエアクリーナーであの土埃の中をガンガン走り回っていたとは・・・。とりあえず純正部品を注文しました。

さて、GW中のある日、オフヴィレに気合いを入れて朝から出撃。H氏も参加です。

注文したエアクリーナーエレメント、開けてみたら入っていたのは、ただのスポンジの筒。
走行前にエアクリーナーBOXに取付けようと思ったら、何だか部品が足らない気が・・・・。

どうやって付けるのかも、どうにもよく分からない。しかしエレメント無しで走るのは何とも心許ない。そこで・・・

イメージ 5


こんな感じに隙間に無理矢理押し込んで装着。ボックスの右上に空気の吸い込み口があるからその辺の隙間にです。

あとで調べてみたところ、さらに円筒形のパーツが必要だった様子。まあ今回はこれで行きましょうか。

でわ走行開始。

つづく。

開く コメント(5)


ちなみに上手い人のスライドはこんな感じ。

神業ですね。

さて、左回りにはもう飽きたので、右回りにチャレンジしてみます。

「ブレーキ使わないスライドなら、左も右も変わらないだろう。」

オーバースピードで進入し、寝かし込む。

「あれ?」

簡単かと思ったのですが、何度やっても右は全くスライドできず。です。
ブレーキ使ってないので、原因はスロットルがイン側だからとか?
やっぱ、やりにくくなるんでしょうか。
まず左が出来てから。ですかね。

次はパイロンコースの方へ。

猛者たちが、遊びでガンガン車体をぶつけ合いながら走っています。

ぐるぐると違って、右コーナーが多く、しかも曲率や路面状態が様々なので、非常に走りにくい。まだうまく走れません。そもそもあまり楽しくない。

それでもペースを上げていくと、

ズコー

コケちゃいました。もちろん、天才的反射神経の持ち主のヒロシ、すかさず華麗な受け身をとって、被害はこれだけでした。

「ふっ・・・何とか致命傷で済んだぜ。」

イメージ 1

まあこれで前が見えなくなったので、今日のところはこれくらいにしておいてやろう。
という事で撤収です。

フロントブレーキの握りコケな訳ですが、プロのレーサーがオンロードのための練習でやる際は、フルブレーキングで寝かし込み、フロントのスライドをもコントロールしつつ走るらしいです。


ヒロシはフロントが滑ったら慌ててブレーキを離すのが精一杯。気を抜いてるとこの通りコケちゃいます。

次回までにハンドルを高く幅広なものに変えてみたいですな。

身体の正中線は常に地面に垂直でなければなりませんので、ハンドルが高い方がより深く寝かせる事が出来ますので。

後はパワーがないので、スプロケットでローギアード化でしょうか。パワースライドできる様に。

おしまい。

開く コメント(1)

全219ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事