全体表示

[ リスト ]

予測通り、北朝鮮がICBMを完成させた。アメリカの歴代政権やトランプ政権の「手遅れ」の結果だろう。
 トランプ大統領に至っては、完全な「手詰まり」である。またまた国連の安保理で、おそらく議長声明か非難決議が採択されるのだろが、中国やロシア「面背服従」が繰り返されるだけだ。

 ICBMを日本が迎撃することは不能だ。むしろすでに完成して久しい「ノドン」などの従来型のミサイルを改造した中距離核ミサイルの、日本は格好の餌食とナなるだろう。しかし9条の制約で先鋭攻撃はできない。日本は座して死を選ぶのか

          打ちまくる北朝鮮に打つ手なし
 
   下手な川柳で恐縮だが、話はどうしても憲法9条の厚い壁になってしまう。少し前、沖縄の「八重山日報」のコラムに9条に関してのする卓見があった。私の心として、紹介したい。
 「非武装を定める9条の理念を実現すべきだ」との声が根強いが、実現したくてもできないような理念を掲げる条文の非現実性こそ問われる。その論議はあるのだろうか。自衛隊を明記すれば済む話ではない。

転載元転載元: 菖枯堂のブログ

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事