全体表示

[ リスト ]


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ

------------------------
日本語教育「国に責務」 推進基本法案初明記へ 外国人受け入れ環境を整備
超党派の国会議員連盟が議員立法での制定を目指す「日本語教育推進基本法」(仮称)の要綱が27日、明らかになった。
 
国内で生活する外国人への日本語教育は「喫緊の課題」であるとし、国と地方自治体に、施策を策定し実施する責務があると初めて明記した。
 
政府は、外国人労働者の大幅な受け入れ拡大を検討しており、日本語教育の推進によって受け入れ環境を整える。29日の議連会合に要綱を示した上で条文化し、今国会での法案提出、成立を図る。
 
2017年末の在留外国人は約256万人で過去最多。増加が続く一方で、日本語が不自由なために孤立したり、仕事や生活上の支障を抱えたりしているケースも多い。
 
要綱は、日本語教育の意義を「多様な文化を尊重した活力ある共生社会の実現に資する」と強調。希望する全ての人に日本語教育の機会を確保することを基本理念とし、日本語教育を効果的に推進するための基本方針の策定を政府に求めている。地方自治体には、国との役割分担を踏まえた施策を責務としている。
 
日本語教育を充実させる対象として、外国人の児童生徒▽外国人就労者▽技能実習生▽難民−などを挙げた。
 
国は、日本語教育の質の保証を図るため、日本語教師の養成や資格の整備、教育課程や教材の開発などの施策を講じる。
 
また、所管省庁があいまいな現状を改善するため、文部科学省や外務省など関係省庁の調整を図る「日本語教育推進協議会」を政府が設置。関係省庁は、有識者などでつくる「日本語教育推進専門家会議」の意見を聴くとしている。
(平成30528日 西日本新聞)
------------------------
 
外国人には優しく、日本人にはその分の負担をかける日本。
 
どうしてこうなってしまったのか?
 
日本には充分なほど外国人がいる。
 
その名も“在日”である。
 
気づいて見ると在日は弁護士や報道関係など、あらゆるところにうじゃうじゃいることが発覚。
 
イメージ
 
 
そのためか、最近は在日に対する日本人の言論が不自由になり、在日は言いたい放題である。
 
今後は、外国人をどんどん受け入れるために「国の責務」として、外国人に日本語教育をして「共生社会」を目指すという。
 
しかし在日を見ての通り、外国人が増えても「共生社会」にはならない。
 
彼らは日本人にもないような特権を要求し、政治に口出し、それがかなわなければ暴力や暴動である。
 
イメージ

イメージ
 
 
この場合、日本に来る外国人というのはシナ人朝鮮人が多く占める。
 
彼らは民度が極端に低い。
 
嘘をつき、人を騙すことも平気で、「騙される方が悪い」という。人も簡単に殺す。朝鮮人はレイプ魔でシナ人は強盗団だ。
 
こんな民族と我々大和民族が「共生社会」などできるわけがない。

彼らはいろんな目的があって日本に来ているのだ。「共生社会」だなんて言ったら彼らの思う壺である。
 
大体、他国に来るならば、その国の言語を身に付けて来るものだ。日本に来てから学ぼうとしていること自体、普通の人ではない。
 
私は何度も主張しているが、外国人を受け入れるならば「日本語教育」よりも「スパイ防止法」が必要である。
 
「日本語が不自由なために孤立したり、仕事や生活上の支障」が出るなら、日本語を学ばせるよりも、自分の国に帰すべきである。

・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
無駄なところにお金をかけるな、と思った方はここをポチッとお願いします。 
                    イメージ 2 

転載元転載元: さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

転載感謝いたします。

2018/5/30(水) 午前 6:50 さくらの花びら 返信する

顔アイコン

> さくらの花びらさん
ナイス有難う御座居ました。

2018/5/30(水) 午後 4:22 bug*nno*e 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事