全体表示

[ リスト ]


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2


イメージ


-------------------------
RADWIMPSの新曲の歌詞が「軍歌っぽい」と物議 「日出づる国の御名の下に」「気高きこの御国の御霊」
人気ロックバンドRADWIMPSの新曲の歌詞が物議を醸している。同バンドは66日、ニューシングル「カタルシスト」を発売。カップリング曲のHINOMARU」の歌詞には愛国的なワードが散りばめられ、ネットでは「軍歌」と揶揄する声が相次いでいる。
 
同曲の歌詞は、「風にたなびくあの旗に 古(いにしえ)よりはためく旗に」と日本の国旗を描写するところから始まる。
 
この歌詞を書いたボーカルの野田洋次郎さん(32)は66日、インスタグラムでこう説明していた。
「日本に生まれた人間として、いつかちゃんと歌にしたいと思っていました。(中略)僕はだからこそ純粋に何の思想的な意味も、右も左もなく、この国のことを歌いたいと思いました。自分が生まれた国をちゃんと好きでいたいと思っています。好きと言える自分でいたいし、言える国であってほしい」
 
野田さんはあくまでも純粋に「自分が生まれた国」のことを歌いたかったという。しかしネットでは、「軍歌かよ」と批判的な声が相次いでいる。
「この国を愛しているという気持ちの表明に『血潮』や『御霊』という語句を選ぶ感性。こうした言葉が戦争中どんなシチュエーションで用いられたか知らないのか」
 
また、野田さん本人にそのつもりがなくても、戦争への下地を作ってしまうのではないかという意見も出ていた。
「七十数年前にこういう歌詞の曲が乱発された結果とんでもない数の人が死んだ歴史自体は常に忘れないようにしとかなきゃ」
 
似たようなケースとしては今年4月、人気デュオ「ゆず」がアルバム「BIG YELL」の収録曲の「ガイコクジンノトモダチ」の歌詞が問題視された。
この曲では「この国で泣いて 笑い 怒り 喜ぶ なのに国歌はこっそり唄わなくちゃね」「なのに国旗はタンスの奥にしまいましょう」といった歌詞がある。堂々と国歌を歌ったり、国旗を掲揚できないのはおかしいと言いたいようだ。
 
しかし映画評論家の智浩氏は「『国歌はこっそり歌わなくちゃ』なんて、どっかの国に占領されたレジスタンスか? 現実は、君が代に起立しない教師は減給されるのに」と指摘していた。(平成3068niftyニュース)
-------------------------
 
つい先頃、ゆずが歌う「ガイコクジンノトモダチ」が批判されたが、今度はRADWIMPS「日の丸」が批判された。
 
イメージ
 
 
ハングルの人達である。
 
さらには、
「この国を愛しているという気持ちの表明に『血潮』や『御霊』という語句を選ぶ感性。こうした言葉が戦争中どんなシチュエーションで用いられたか知らないのか」
 
「七十数年前にこういう歌詞の曲が乱発された結果とんでもない数の人が死んだ歴史自体は常に忘れないようにしとかなきゃ」
と批判された。
 
これら批判を受けて、611日にボーカルで作詞を担当した野田洋次郎さんがツイッターで「戦時中のことと結びつけて考えられる可能性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした」とお詫びさせられた形となった。
 
自分の生まれた国を愛すると歌って批判される国は日本くらいである。

こんなものにいちいち謝る必要はないし、謝らないでほしい。
 
「軍歌っぽい」とまるで軍歌が悪いことのように批判しているが、「軍歌」の何が悪いのか。
 
軍歌には、海軍の歌や陸軍の歌、どこの戦地を歌ったか、銃後の歌など、ひとつひとつその意味がある。
 
特に軍歌の歌詞には「教育勅語」や「五箇条のご誓文」のような深い味わいがある。
 
これを例えるならば、編⊃声劼砲蓮惘冦遒慮税詰奸戮箸いλ椶ある。編⊃声劼陵圭館には英霊達の遺書がある。
 
思想的に何もない普通の人でも、これらを読むと、自然と涙腺が緩み、いつの間にか涙を流している光景はよく見かける。
 
しかし、なぜ、そうなるのか?
 
それは日本人だからである。
 
日本人には、その思いが直接伝わってくるのである。

しかし他民族には日本人のようには伝わらない。

それは日本人ではないからだ。
 
だからあえて上に書かれているこの歌への批判には反論しない。
大和の魂のない人には理解できないからである。

 

 
HINOMARU RADWIMPS
 
風にたなびくあの旗に 古(いにしえ)よりはためく旗に
意味もなく懐かしくなり こみ上げるこの気持ちはなに
 
胸に手をあて見上げれば 高鳴る血潮、誇り高く
この身体に流れゆくは 気高きこの御国の御霊
 
さぁいざゆかん 日出づる国の 御名の下に
 

どれだけ強き風吹けど 遥か高き波がくれど
僕らの燃ゆる御霊は 挫けなどしない
 
胸に優しき母の声 背中に強き父の教え
受け継がれし歴史を手に 恐れるものがあるだろうか
 
ひと時とて忘れやしない 帰るべきあなたのことを
たとえこの身が滅ぶとて 幾々千代に さぁ咲き誇れ
 
さぁいざゆかん 守るべきものが 今はある
 

どれだけ強き風吹けど 遥か高き波がくれど
僕らの沸る決意は 揺らぎなどしない
 
どれだけ強き風吹けど 遥か高き波がくれど
僕らの燃ゆる御霊は 挫けなどしない
 
僕らの沸る決意は 揺らぎなどしない


・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
謝らずに堂々と歌えばいい、と思った方はここをポチッとお願いします。 
                    イメージ 2 





転載元転載元: さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

転載感謝いたします。

2018/6/12(火) 午前 7:20 さくらの花びら 返信する

顔アイコン

> さくらの花びらさん
ナイス有難う御座居ました。

2018/6/12(火) 午前 8:36 bug*nno*e 返信する

顔アイコン

hitoさん
ナイス有難う御座居ました。

2018/6/13(水) 午前 5:58 bug*nno*e 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事