過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

(´・ω・`)へぇ〜、ありがたいし嬉しい事です。
分裂した日本民進党にいた自称台湾籍のヒステリーな二重国籍問題のあれと比較したらどうよ



台湾民進党の政治家が選挙用PR看板に日本語、ネット上で批判浴びる
http://www.recordchina.co.jp/b329386-s0-c10.html
2018年1月3日、観察者網は、台湾・台北市会議員選挙の立候補者が、PR用の看板に日本語を記載したことが物議を醸していると報じた。

台湾メディアの3日付報道によれば、台北市会議員選挙に立候補した緑色(民進党)陣営の新人候補が掲示したPR看板で、「題目:我的願望」という中国語キャッチコピーのすぐ下に、「タイトル:私の望み」という同じ意味の日本語が書かれている。 
 
問題のポスターを掲げたのは、元台北市議を親に持つ陳彦丞(チェン・イエンチャン)氏。陳氏は「日本留学経験があり、日本語の教師を務めたこともある。これらの経歴が間接的に出馬の動機になったので、看板のキャッチコピーに日本語を加えた」と説明している。
 


日台友好の経歴持ちですか、さらに嬉しいです。

転載元転載元: 色々言いたいことあります

中野未佳の高齢者にやさしいシルバーレシピ
読売新聞 2018年1月4日
健康・ダイエット

とろろ昆布のにゅうめん

20170104_F
 




明けましておめでとうございます。お正月のお雑煮は堪能されましたでしょうか。
 今回は、さっぱり仕上げたそうめん入りすまし汁のご紹介です。お正月に食べ過ぎてしまった方にお薦めです。
 とろろ昆布のうま味とぬめりが、他の具材とよくからみ美味です。とろみがある汁物はシルバー世代にも食べやすく、また冷めにくいので体が温まります。
 昆布は食で十分な摂取がなかなか難しいミネラルを豊富に含む健康食材です。また水溶性食物繊維も多く含み、血糖値の上昇抑制、血中コレステロールの排出する効果も期待されます。
 すまし汁の塩分を薄めにしてあります。使う梅干しの塩分濃度によって塩の量を調整して下さい。

[ 作り方 ]

20170104_R
(1) 長ネギを斜め薄切りにする。
(2) そうめんを少し固めにゆでておく。
(3) (A)を鍋に入れ沸騰させ、ナメコ、長ネギを加える。
(4) 器にそうめんを入れ、(3)を注ぎ梅干し、とろろ昆布を添える。


中野未佳(なかの みか)
管理栄養士、介護食士2級、正調理指導師、健康咀嚼指導士
料理教室、弁当や総菜を販売する中食企業においてメニュー提案・指導に携わる。製菓業界で製造を経験し、お菓子作りも得意。最近は病院、福祉施設にも献立提案を行い、特にシルバー世代の健康増進をテーマにレシピを研究中。

    転載元転載元: Dr ミカのメモ帳: 脳・栄養・心 (発達障害・特別支援教育)


    テロ攻撃、営利誘拐で奪った島に名誉住民証(笑)
    何でこんな人も住めない小島にこだわるのか?多分これが独立闘争の証?四十四名の死傷者に四千名もの人質と引き換えに奪って行った事を忘れている。アホな日本人もいるな(笑)

    独島名誉住民証 7年で3万6493人に発行=日本人も

     名誉住民証は独島訪問客のうち申請者を対象に独島管理事務所が2010年11月から発行している。
     同事務所によると、名誉住民証の発行を受けた人は10年の44人から17年は7623人と過去最高を記録し、7年間の合計は3万6493人に上る。このうち外国人は日本人9人など99カ国の1214人だった。
     一方、独島の訪問客数は12年が20万5778人、13年が25万5838人、14年が13万9892人、15年が17万8785人、16年が20万6630人、17年が20万6111人。旅客船「セウォル号」の沈没事故が発生した14年と中東呼吸器症候群(MERS)が流行した15年を除き、ここ最近は毎年20万人以上が訪れた。

    転載元転載元: おやぢのGadget Diary!

    健康なのに急死も!「血栓症」は予防に勝る手立てなし

    1/4(木) 6:00配信

    ダイヤモンド・オンライン

    ● 心筋梗塞や脳梗塞になる前に 「血栓症」が決め手になる

     「血栓症」とは何か? と尋ねられて即答できる方はそれほど多くはないでしょう。血栓という言葉はよく耳にするものの、それに関わる病気に関しては知っているようで知らないという方が少なくないと思います。

     一方で、加齢と共に発症する血管の病気としての「動脈硬化」は、生活習慣病の一つとしてよく知られています。そして動脈硬化は、高血圧、糖尿病や脂質異常症など他の生活習慣病が絡むとますます悪化して、心筋梗塞や脳梗塞など命にかかわる怖い病気につながることも広く認識されています。

     しかし、心筋梗塞や脳梗塞が発症する際に「血栓症」が実は決め手になるということは聞いたことがなかった、という声をしばしば耳にします。

     そもそも、血栓とは何でしょう。栓という言葉は「何かを塞ぐ蓋(ふた)、ガス栓など配管の途中で止めるもの」など複数の意味を持っていますが、特に「血栓」の「栓」が意味するのは「液体が流れ出るのを止める詰め物」ということです。

     生理的に発生する「血栓」とは、血管に傷がついて血管に穴が開いてしまった際に、そこから血液が流れ出るのを止めるために血液が固まった状態です。血管に空いた穴が血の塊となった血栓によって塞がれて出血が止まります。これについては皆さん比較的イメージしやすいかもしれません。

     このような生理的な血栓ではなく、本来血液が固まらない血管の内側に突然血栓が発生すると、「血栓症」という非常に危険な病態が引き起こされるのです。

    ● 血液が固まる仕組み 長引くと「梗塞」に

     全身をスムーズに循環するために、血液は血管内ではサラサラの状態で、固まることはありません。先述のように血管に傷がついて出血し、その後、生理的な血栓がこびりついて止血した後には、血管の内側はいずれ綺麗なツルツルの膜に復元され、止血のために作られていた血栓も消失します。生理的には血管の中では血液は固まることがないので、もちろん血栓もありません。

     ところが、何らかの原因で、血液の流れが滞ったり、血液が極端に固まりやすくなったり、もしくは血液が流れている血管の内側の壁に汚い粕(かす)がこびりついたりすると、固まるはずのない血管の内側で“血液が固まる=血栓ができる”ことがあります。

     血液はいったん固まり出すと、その後、あっという間に相当量の血栓が作られます。ひとたび血栓が発生すると、その血栓にぶつかった血液がまた血栓を作り、新しくできた血栓にまた血液がぶつかって血栓ができるというように、次から次へと流れてくる血液が血栓を作っていくという、血栓形成の連鎖反応が起きてしまいます。

     血栓がどのくらいの大きさまで作られるかは、血行状態や血液の固まりやすさなどに影響されます。例えば、障害物として発症した血栓が、血管内を完全に閉鎖してしまったとしたらどのようなことが起きるでしょう。

     正に血管にしっかりと栓がされたように、そこから先に突然血液が流れなくなるわけです。血液は、組織が生きるために必須の酸素や生理活性物質を運んでいますので、血液の供給が突如として途絶すると、組織は生きていくことができません。

     血流が遮断された時間が長引くと、その組織は死に絶えてしまいます。これが「梗塞」と呼ばれる現象です。梗塞はその発症臓器に応じて、例えば心筋梗塞、脳梗塞、肺梗塞などと呼ばれます。

     動脈硬化の成れの果てとも言える臓器の梗塞は、その背景に血栓症があるのです。病的な血栓は、忽然と発生して瞬時に血流を悪化させるので、血栓症として表現される疾患は全て急激な変化をたどり、中には突然死を来すものもあります。

     そして、血栓症は動脈硬化のみで発症するわけではありません。生来健康な方が日常生活を普通に送っている時でも、突然発症する可能性があるのが血栓症の怖いところです。血栓症は、つい先ほどまで何ら問題なく周囲の人たちと会話を交わし、日常生活を送っていた人が突然倒れたり、最悪の場合は突然死したりすることがあるので、現代医療においては極めて重視される病気なのです。

     では、実際に発症する血栓症にはどのようなタイプがあるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

    1/5ページ

    転載元転載元: nk8**6eのブログ

    転載元転載元: tearface 風雲急を告げる!

    全1ページ

    [1]


    .


    プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

    Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

    みんなの更新記事