保健・医療・健康

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全174ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

"レーシック手術"経営難で撤退が相次ぐ訳

8/16(金) 6:15配信

プレジデントオンライン

■レーザーマシン1台に1億円弱かかる

 角膜にレーザーを当てて視力回復を期待する角膜屈折矯正手術、いわゆるレーシック手術は、角膜に直接コンタクトレンズのカーブをつけるようなものだ。

 個人差はあれど、成功すれば一定の視力回復が期待される半面、機械が悪かったり、施術者の技術が稚拙であると、網膜に穴が開いて網膜剥離などの合併症が生じることもある。思ったように視力が回復しなかったり、手術後日光に耐えられないほどの痛みを生じたりと、様々な後遺症報告もネット上には上がっている。

 そうした影響からか、一時は「奇跡の手術」ともてはやされ、雨後のタケノコのようにレーシックを行うクリニックができたものの、その後急速に失速している。

 「私は医者ではないので、医学的にレーシックを判断することはできません。ただ、単純にビジネスとして儲けが出るかどうかという観点から見ていくと、これが結構難しそうだということが見えてきました」(公認会計士・税理士の柴山政行氏)

 1回の手術で高額費用を請求できるレーシック手術だが、一番の問題は最初の設備投資が半端なくかかるという点だ。

 「歯科医師が開業する際も同様に初期設備投資がかかるのですが、レーシックはそれ以上に高額。レーザーマシン1台に1億円弱かかるんです。どんな商売もそうですが、高額な設備投資は費用回収に時間がかかります。1億円の設備ならおよそ5年から8年で回収しなくてはなりませんが、5年で計算した場合、1年に2000万円は利益を出さなくては儲けが出ない。これはかなり高いハードルです」(同)

 レーシック手術費用は様々だが、仮に両目施術で20万円だとしても、1カ月で50件は施術しないと採算が取れないことになる。

■レーシックビジネスには致命的な欠陥がある

 もう1つ、レーシックビジネスには致命的な欠陥がある。それはリピーターが出ないことだ。

 「そりゃそうですよね、一回の手術で視力が回復するんですから、基本2度目はありません。それが歯医者とは根本的に違うところで、私が新規ビジネスとしてお勧めしない点です。リピーターを期待できないというのは、マーケティングでは決定的な欠陥ですから」

 そのうえで、なお「私からアドバイスすることがあれば」と公認会計士・税理士の柴山政行氏はこう続けた。

 「レーシック一本のクリニックは早晩立ち行かなくなりますが、一般的な眼科として通常の治療、定期的なメンテナンスでリピーターを確実に確保しつつ、プラスαとしてレーシックで集客することはありでしょう」

 そもそも10万円を超える高額商品は、購入の意思決定に時間がかかり、信頼性や知名度を高めるマーケティングにも費用がかかる。その点、すでに地域の信頼を得ていればそのコストも節約できそうだ。

 「ただ、最初の話に戻りますが、メガネがここまでファッション性の高いものになった以上、そもそも裸眼にこだわる人も少なくなっているのではないでしょうか。だとすれば、レーシック最大のライバルは、JINSやZoff、あるいはハズキルーペなのかもしれません」

----------
柴山政行
1965年生まれ。埼玉大学経済学部卒業。税務、コンサルティングの業務に携わりながら、会計教育を行う。『半分売れ残るケーキ屋がなぜ儲かるのか』『サバイバル会計学』など著書多数。
----------



----------
三浦 愛美(みうら・まなみ)
フリーランスライター
1977年、埼玉県生まれ。武蔵大学大学院人文科学研究科欧米文化専攻修士課程修了。構成を手がけた本に『まっくらな中での対話』(茂木健一郎ほか著)などがある。
----------

フリーランスライター 三浦 愛美 撮影=横溝浩孝 写真=Getty Images

最終更新:8/16(金) 11:05
プレジデントオンライン

転載元転載元: nk8**6eのブログ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ダウン症児出産を決めた父が思う「障害児の親は仕事を諦めなければならないか」

7/24(水) 6:01配信

現代ビジネス

 出生前診断というと、35歳以上の女性が選択して受ける新型出生前診断や羊水検査などを思う人が多いかもしれない。しかし進歩が著しいいまの医学では、通常の診察で出生前に胎児の先天性疾患の可能性を察知するケースが増えている。つまり、出生前診断は実はすべての妊婦に深く関わっているのだ。

驚きの出生前診断!これが日本以外の先進国で「普通にある」

 ジャーナリストの河合蘭さんは、著書『出生前診断-出産ジャーナリストが見つめた現状と未来』で「科学ジャーナリスト賞2016」を受賞している。長く出産の現場と医療の現場を取材し続けてきた河合さんは、医療の進歩とともに「母たちの選択肢」や「自分で決めること」がないがしろにされがちな現状も多く目にしてきた。そこで最新の現場から、様々な母たちの姿と、彼女たちに寄り添う医療従事者を紹介していく。

 今回はダウン症という診断を受けたのち、出産することを決意した夫婦の父親の率直な気持ちをお伝えする。

 今までの連載はこちら

「こんなことができるようになったのか」

 田口直人さん(仮名)の膝には、間もなく3歳になる長女の香織ちゃん(仮名)がいて、you tubeのお気に入り動画を見ていた。ダウン症がある香織ちゃんは、まだ言葉は出ない。でも、他の人が話すことはよくわかるようになってきた。言葉の力が伸びてきたのは、療育のおかげだと思う、と直人さんは言った。その時、香織ちゃんは、見ていた画面で広告が始まるやいなや、サッと小さな人差し指を伸ばし、画面の右下をト、トンとタップして広告をスキップした。

 「最近は、こんなことも覚えてしまって」

 と笑う直人さん。

 「子育てが楽しいと感じるのは『あ、こんなことができるようになったのか』と思う時ですね」

妊娠中から明確にダウン症だった

 田口さん夫婦は、香織ちゃんがダウン症であることは、妊娠中からはっきりわかっていた。でも、出産することを決めた。ダウン症が判明した人のうち妊娠を継続する妊婦は1割程度しかいないと言われているが、田口さんの妻・沙織さん(仮名)はそのうちの1人だった。

 2人ともフルタイム勤務で共働きをしているが、時間を捻出して、香織ちゃんに「療育」と呼ばれるトレーニングを受けさせている。ダウン症がある子どもは、かつては能力を伸ばす機会に乏しかったが、今はそうではない。ダウン症の子どもの特徴に精通した専門家の下で「早期療育」を行えば、知力も伸び、身体の使い方も上手になっていく時代だ。

 ただ、療育を受けるためには大きな病院へ連れていかなければならず、そういうところは土日はやっていない。

 香織ちゃんは、療育だけではなく、小児科専門の遺伝科、循環器科、耳鼻科などさまざまな専門医がいる県立の大きな小児医療センターにも月に1〜2度行く。定期検診のためで、こちらも外来診療はすべて平日だ。

 こうしたことが田口家にとって大変になってきたのは、やはり、母親の沙織さんが妊娠前からの職場に復職してからのことだ。

 沙織さんは、自分が病院や療育に行って医師にしっかり質問したいと思うが、それには有給休暇が少なすぎる。やむなく、復職後は、直人さんと交互に有給休暇をとってやりくりしている。真面目でストレスを感じやすい性格の直人さんにとっては頻繁に有給休暇をとることがかなりの重荷なのだが、沙織さんの有給だけではどうしても足りない。

 「こんな悩み、今まで話したことはないんですが」と前置きをして、直人さんは話し始めた。

1/4ページ

最終更新:7/24(水) 6:16
現代ビジネス

転載元転載元: nk8**6eのブログ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ
ビタミンB群で脳の枝ぶりが向上
 
ビタミンB群は、体の健康維持のほか、神経や脳の働きをよくするために必要な栄養素です。
ビタミンB1は脳の働きを高め、B12は脳の枝ぶりを良くします。
また、葉酸は認知症を予防する効果があります。
 
このようなビタミンB群が不足すると、鬱病などの原因になることもあります。
体や脳を健康に保つためには、ビタミンB群は欠かせません。
そこで、ビタミンB群を多く含む食材を以下に紹介しましょう。
 
1 豚肉:ビタミンB1を多く含む豚肉は、糖質の代謝を促し、全身の細胞を元気にする役割があります。また、皮膚や粘膜の健康を維持します。さらに脳を活性化するアラキドン酸、心の健康を保つトリプトファン、脂肪の代謝を上げるロイシンなども含まれています。ビタミンB1は水に溶けやすいので、焼いたり炒めたりするのがお薦めの食べ方です。
 
2 ニンニク:ビタミンB群が多く含まれており、体内の細胞の酸化を防ぐのがニンニクです。そのため、若々しい脳を維持するために必要な食材です。また、ニンニクの香り成分のアリシンは、ビタミンB1の吸収率を高めてくれるため、豚肉などと一緒に食べるのがいいでしょう。
 
3 :「完全栄養食品」と呼ばれている卵は、食事から摂取しなければならない9種類の必須アミノ酸をバランスよく摂取できます。ビタミンB群では、B2、B6、B12、葉酸などが含まれており、カルシウム、マグマシウム、亜鉛、リンなどのミネラルも豊富です。また、卵に含まれるコリンという成分には、脳を活性化させる効果があります。
 
4 納豆:納豆にはパントテン酸やビタミンB2、あるいは葉酸が多く含まれているため、認知症の予防にお薦めです。大豆が原料なので、良質なタンパク質やカルシウムも多く摂取できます。そのため、脳はもちろん、体全体を若々しく保つために必要な栄養素も得られます。また、血液をサラサラにするナットウキナーゼや、新陳代謝を促すポリアミンも摂取できます。
 
5 アサリ:貧血の予防に欠かせないビタミンB12の含有量が、アサリは貝類のなかでトップクラスです。鉄分、カルシウム、タウリンも多く摂取できます。
 
6 タラコ:魚卵のなかで特にビタミンB群が多いのがタラコです。ビタミンB1、B2が特に多く、抗酸化ビタミンであるビタミンEや、タウリンも豊富に含まれています。ただコレステロール値や塩分が非常に高いため、1日の摂取量は1腹の半分(小1本、約30グラム)くらいに留めるべきです。
50歳を超えても脳が若返る生き方 より」
 
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
 
ビタミンB群とは、体に入った栄養成分をエネルギーに変えるときに不可欠なビタミンの仲間です。
1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの8種類を総称して「ビタミンB群」と呼んでいます。
8種類すべてが互いに協力しあって体のエネルギーを生み出す働きに関わっているため、一緒にバランスよく摂ることがとても重要なのです。
B群は、体内で起こっている「酸化」の抑制にも間接的に関わっています。
B群は体中の細胞の正常な代謝活動を助ける「補酵素」として、欠かせない存在なのです。
ビタミンB12やB6、葉酸の吸収が悪くなると、ホモシステインという老化物質が増え、動脈硬化を生じることがわかっています。
 
また、ビタミン欠乏症が原因で、認知症になるケースがあるそうです。
ビタミンの種類は、ビタミンB1、ビタミンB12、葉酸。
東京武蔵野病院 副院長 田中信夫先生によれば、認知症患者の血中ビタミンB12は、通常の人より少ないそうです。
認知症の方に、ビタミンB12を投与すると、ボケ症状、特に感情障害、夜間せん妄、意欲、自発性の障害などの精神障害が軽くなると言われています。
高齢者が理由のはっきりしない神経症状を呈したら、ビタミンB12の欠乏を考えるべきだという学者もいます。
 
ビタミンB12は胃の内因子という糖たんばくと結合し吸収されますが、年齢とともに胃が小さくなったり胃の状態が悪くなったりして、内因子が
少なくなりビタミンB12の吸収が悪くなってしまうのです。
しかし、ビタミンB12は大量に摂ることで浸透圧の原理による押し込み効果によって胃の内因子と関係なく吸収されることが分かっています。
吸収率を高めるビタミンB12摂取量の目安は1000μg(マイクログラム)以上と考えられています。
さらに、主に動物性食品にしか含まれないというビタミンなので、野菜中心の食生活の人や、ダイエットをしているなど食事の量が少ない人は、ビタミンB12を補った方が良いとされています。
胃の病気、ストレスなどでも不足します。
 
ビタミンB12について?
ちょっと使える身近な情報をお届けしています!

転載元転載元: 縁処日記

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

認知症届け出、医師の苦悩 4割が免許取り消しなどに 「生活の足が奪われる」患者から反発も

7/23(火) 9:37配信

西日本新聞

 福岡市早良区で9人が死傷した多重事故など、全国各地で高齢ドライバーによる重大な交通事故が多発する中、認知症などを診断した医師が都道府県公安委員会に届け出たケースが年々増加し、届け出たうちの約4割が運転免許の取り消しや停止につながっていることが分かった。届け出は任意で、患者が運転をやめることに同意しないまま行う場合もあり、現場の医師の悩みは深い。専門医の不足もあって、医師の側からは届け出の詳しい基準作りを求める声も上がっている。

【画像】3つ当てはまったら要注意 運転能力チェックリスト

 届け出制度は2014年6月の改正道交法施行でスタート。認知症やてんかんなどが対象で、医師に課される守秘義務から除外される。警察庁によると、届け出件数は14年(6〜12月)が119件、15年134件、16年144件と増え、18年は255件に。制度開始以来、計798件の届け出があり、うち約4割に当たる319件が免許の取り消しや停止などの処分に至っている。

 日本認知症学会など認知症に関係する五つの学会は制度開始に合わせ、ガイドラインを策定。届け出前に患者と家族の同意を得るよう求めているが、困難な場合は「状況を総合的に勘案し、医師が判断する」と記し、現場の裁量が大きい。「生活の足が奪われる」と届け出に反発する患者もおり、医師の側も二の足を踏むケースがあるという。

 地域のかかりつけ医が対応に迷ったとき、相談に乗り、研修や助言を行う「認知症サポート医」も全国的に不足している。厚生労働省は25年度までにサポート医を1万6千人にする目標を掲げるが、17年度末で約8千人にとどまっている。西日本地区のある医師は「専門外の医師が届け出の判断を迫られるケースもあり、よりきめ細かい基準がほしい」と訴える。

 高知大の上村直人講師(老年精神医学)は「制度を熟知していない医師もいる。都道府県警に専用ダイヤルを設置すれば、より使いやすい制度になる」と指摘している。

悩んだ末の決断

 北九州市八幡西区で開業する認知症サポート医、権頭聖さん(58)は6月、福岡県内に住む認知症男性の診断結果を同県公安委員会に届け出た。自身としては初めてのこと。男性は運転免許の自主返納を拒んでおり、悩んだ末の決断だった。権頭さんは「取り消しや返納で事故の恐れは減る。恩恵を受ける地域社会は、高齢者がその地で暮らし続けるためのシステム構築を急ぐべきだ」と話す。

1/2ページ

最終更新:7/23(火) 12:26
西日本新聞

転載元転載元: nk8**6eのブログ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

健康な人への恩恵を示す研究はゼロ!? 
プロバイオティクスの知られざる数字
Gut Health
2019年07月16日
ニューズウィーク日本版編集部

<腸内環境を整えれば体に良いというイメージが浸透しているが、
プロバイオティクスを毎日摂取することで
何らかの恩恵があったことを示す研究は実は、皆無だ......>

近年、人間の健康に欠かせないともてはやされているのが腸内の善玉菌。
腸を変えれば生活も変わると、健康関連企業はうたう。
そして、変化を起こす一つのきっかけがプロバイオティクス
(腸内環境を改善する微生物およびそれを含む食品)だという。

こうした喧伝のおかげでプロバイオティクス市場は大いに成長し、
2020年までに520億ドルになると予想される。
だが、裏付けとなる証拠はあるのだろうか。

12
悪玉菌が何らかの影響を与えているとみられる疾患。
糖尿病、癌、心臓病、炎症性腸疾患、過敏性腸症候群、肥満、HIV感染症、
肝疾患、ぜんそく、関節リウマチ、セリアック病、自閉症

21%
プロバイオティクスの摂取により炎症性腸疾患の症状が
軽減された患者の割合。

300〜500種類
腸内細菌の種類。これだけ数が多いので、
腸の健康を支えるプロバイオティクスにもさまざまな種類がある。

2歳半
腸内細菌叢が確立されるおおよその年齢。
この時期に、悪玉菌も善玉菌も殺す抗生物質を接種すると、
大人になってからの健康に影響が出る。

1450万ドル
腸内細菌叢そう(腸内フローラ)が脳に与える影響(ストレス反応など)
についての研究に、米海軍研究局がつぎ込んできた金額。

16分の1
カリフォルニア大学デービス校の2016年の研究で分析された
プロバイオティクス製品のうち、ラベルに記されている細菌種を
実際に含んでいた製品の割合。規制の緩さが浮き彫りになった。

100兆
人間の腸内細菌の数。
一般に善玉菌が増えると悪玉菌が減り、
善玉菌が減ると悪玉菌が増える。

310万人
炎症性腸疾患と診断されたアメリカ人の数。
疾病対策センター(CDC)による15年時点の推計で、
07年に比べて2倍以上になっている。

400万人
プロバイオティクスやプレバイオティクス(善玉菌のエサで、
食物繊維など難消化性の食品成分)を取っているアメリカ人の数。
12年の数字で、07年の4倍以上に。

ゼロ
明確な健康問題がない人がプロバイオティクスを毎日摂取することで、
何らかの恩恵があったことを示す研究の数。

転載元転載元: Dr ミカのメモ帳: 脳・栄養・心 (発達障害・特別支援教育)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全174ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事