売国・亡国のニセ日本人

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全98ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



鳩山氏「日韓中葛藤、日本が真心込もった謝罪を繰り返せば解消できる」

30日、済州(チェジュ)国際コンベンションセンター(ICC)で開かれた第14回済州フォーラムの「世界指導者セッション−アジア回復弾力的平和のために:協力と統合」では、北核や歴史など難題が山積した東アジアで欧州のような多国間主義共同体の形成が可能かどうかついての突っ込んだ議論が行われた。 

  ハインツ・フィッシャー元オーストリア大統領、マルコム・ターンブル前オーストラリア首相、鳩山由紀夫元日本首相など、各国指導者がアジアの領域内協力の可能性を診断した。司会は洪錫ヒョン(ホン・ソクヒョン)中央ホールディングス会長が務めた。基調演説を行ったフィッシャー氏は、欧州連合(EU)を作り出した欧州の事例からアジアが教訓を得られるとした。フィッシャー氏は「欧州は第1・2次世界大戦という悲劇を経験したが、これを通じてドイツとフランスのように敵対国だった国家が非常に強力に協力してこそ政治的協力が後についてきて、戦争もなくなるということを学んだ」とし「これがまさに欧州統合の基礎になった」と話した。ターンブル氏も「アジア各国が経済をはじめとする多様な分野で戦略的パートナーシップを発揮して協業しなければならない」と強調した。ターンブル氏は環太平洋経済連携協定(TPP)に関しては「遠からず韓国が加入してTPP参加国が再び12カ国になることを希望する」と話した。 

  鳩山氏は東アジア共同体構想に北朝鮮を編入させる問題に関連して「南北関係の急進展でこれからは北朝鮮を枠組みに入れて考えることができるようになった」と話した。 

  潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長は金奉ヒョン(キム・ボンヒョン)済州平和研究院長が代読した基調演説文を通じて「、ポピュリズム的民族主義が広がりながら人権は抑圧され、開発および人道的支援金は減っていて、主要国がパリ気候協定など多国間主義的条約と機構から離脱している」と診断した。洪氏は討論に先立ち「多国間主義に基づく国際体制秩序を構築しなければならないという見解に同意するが、現在、世界は反対方向に進んでいる」とし「現傾向が続けば、世界貿易機関(WTO)のような戦後国際秩序が深刻な挑戦に直面しかねない」と診断した。あわせて、各指導者に「米国のリーダーシップなしで多国間主義の活性化が可能か」という質問を投じた。これについてターンブル氏は「まだ米国のリーダーシップを諦めるのは早い」とし「ワシントンの現在の雰囲気が持続するとは考えていない。米国も再び規範を強調するほうに変化するだろう」と楽観した。 

  「韓日中3カ国が調和するように力を合わせ、統合に向けて進んでいくことが本当に可能だと考えるか」という洪氏の質問に対し、鳩山氏は日本の責任を強調した。鳩山氏は「現在の東アジア各国の葛藤を解消するためには、日本が歴史を真剣に見つめて謝罪する気持ちを表出することが重要だ」とし「相手国がこれ以上やらなくてもいいという時まで、心から繰り返し謝罪しなければならない」と話した。


転載元転載元: おやぢのGadget Diary!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


スポニチアネックス
 大相撲夏場所千秋楽は26日、東京・両国国技館で行われ、幕内優勝した朝乃山御嶽海の取組前の午後4時56分、トランプ米大統領がメラニア夫人、安倍晋三首相夫妻とともに場内に姿を現した。現職米大統領の大相撲観戦は初めて。

【写真】館内からの拍手に迎えられ国技館に到着したメラニア夫人、トランプ大統領、安倍首相

 場内アナウンスの後、八角理事長の先導で登場。大きな拍手で迎えられ、手を振りながら座席の間に敷かれたレッドカーペットを歩いて土俵に近い正面の升席に向かった。観客は両首脳夫妻の姿を撮影しようと総立ちでスマホを構え、しばらくざわめきは収まらなかった。座席は床に座りなれていないトランプ夫妻のため、4人分の椅子を設置、異例の観戦となった。

 5番を観戦したトランプ大統領は、取組後に一度控室に引き上げ、その後朝乃山の表彰式に再登場。八角理事長による「天皇賜杯」、阿武松審判部長による「優勝旗」が授与された後、土俵への特製の階段、レッドカーペットが設置され、安倍首相による「内閣総理大臣杯」が授与。続いて白い布に包まれた「米国大統領杯」が登場。歓声の沸き起こる中、トランプ大統領が土俵に登場。左手で賞状を持ちながら読み上げる「アーサーノーヤマ」「スモーグレートチャンピオン」「レイワ ワン」の言葉に再び場内から歓声。その後、右手で賞状を手渡し握手し、1メートル40センチ、重さ30キロという米国大統領杯を手伝いを受けながら持ち上げ手渡した。退場時には観客と握手をする場面も見られ、約1時間の滞在を終えた。

 朝乃山は初の「米国大統領杯」授与の感想を聞かれ「言葉に表せないほどうれしかったです」と語った。

 この日は警備員が警備強化のために荷物検査を行い、館内の飲み物も瓶や金属缶入りの飲料が紙コップに切り替えられる厳戒態勢の中での実施となった。
【関連記事】


米大統領杯、来年以降も夏場所優勝力士に授与へ 八角理事長「大きな励みに」



スポニチアネックス
 トランプ米大統領と安倍首相が26日の大相撲夏場所千秋楽(両国国技館)を観戦したことを受けて、日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)は「本日はトランプ大統領と安倍首相を5月場所千秋楽にお迎えすることができ、誠に光栄の至りです。ご観戦いただいた上、初めてのアメリカ合衆国大統領杯を授与していただきましたことに、日本相撲協会を代表して深く感謝申し上げます」とのコメントを出した。

【写真】館内からの拍手に迎えられ国技館に到着したメラニア夫人、トランプ大統領、安倍首相

 大統領杯については、来年以降も5月場所の優勝力士に授与されることになったことを明かし、「力士一同に取り、大きな励みとなります」と感謝。「このたびの大統領の格別のお取り計らいを糧として、私どもは日本の伝統文化である大相撲の発展に一層、努めてまいる所存です」と結んだ。

 芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「この御縁が、未来に向けて両国間の架け橋に一役買えたらいいですね」と話した。

転載元転載元: 現代日本の風2019

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

百田尚樹が朝日新聞に「『日本国紀』の近現代史は批判されてない」 ならば百田が書いた近現代史の嘘と陰謀論を徹底批判!

https://lite-ra.com/2019/05/post-4736.html
 幻冬舎の見城徹社長が、『日本国紀』(百田尚樹)を批判した作家・津原泰水氏の本の実売部数を晒した問題。各所からの批判が高まるなか、23日、幻冬舎はとうとう自社ホームページに「お詫び」を掲載した。

 見城社長としては、これで幕引きとしたいようだが、そうはいかないだろう。というのも、「お詫び」の内容は津原氏に実売部数を晒したことを謝罪するだけで、肝心の『日本国紀』の問題には一切触れていない。『日本国紀』の批判をやめるよう圧力をかけ、結果的に幻冬舎が津原氏の著書の文庫化を取りやめたことはもちろん、発端であるWikipediaなどからの“コピペ”や出典を記さない転載の件についても完全に頬かぶりしているからだ。

 いや、いまだ逃げ続けているのは百田氏も同じだ。百田氏は最近、前述の問題をめぐって朝日新聞のインタビューを受けた(朝日新聞デジタル21日)のだが、〈「日本国紀」には出典元の明記がないとの批判は、津原さんの他にも多くの人から出ています〉との質問を受け、こうシラを切っていた。

「参考文献を載せなかったと言われますね。でも日本の歴史の本は山のようにありますが、巻末に参考文献を載せている本はほとんどありません。なんで私だけがそんなに執拗にやり玉にあげられるのかと思います。もちろん載せている本もありますが、調べて頂ければ分かりますがそんなにないですから」

 言っておくが、『日本国紀』への批判は「参考文献」を載せていないことだけではない。Wikipediaからの孫引きと丸パクリを平然と行っていたからこそ、これだけの批判を浴びたのだ。

 いまさらだが、具体的に指摘しておこう。たとえば『日本国紀』には国旗の「日の丸」についてのコラムがあり、こう書かかれていた。

〈日輪のマークは天下統一の象徴であり、源平合戦の折も、平氏は「赤字金丸」、源氏は「白地赤丸」を使用した。それ以降、「白地赤丸」の日の丸が天下統一を成し遂げた者の象徴として受け継がれていったといわれている。〉

 一方、Wikipediaの「日本の国旗」の項目では、出典なしでこう記されていた。

〈古代から国家統治と太陽は密接な関係であることから日輪は天下統一の象徴であり、平氏は御旗にちなんで「赤地金丸」を、源氏は「白地赤丸」を使用した。平氏が滅亡し、源氏によって武家政権ができると代々の将軍は源氏の末裔を名乗り、「白地赤丸」の日の丸が天下統一を成し遂げた者の象徴として受け継がれていったと言われる。〉

 見ての通り、使用している語彙のみならず文章構成もほとんど一緒で、とりわけ〈「白地赤丸」の日の丸が天下統一を成し遂げた者の象徴として受け継がれていったといわれている〉(『日本国紀』)の部分はWikipediaの記述から〈言われる〉をひらがなにしただけだ。

 そもそも、“Wikipediaからのコピペ”をはっきりと聞かない朝日の腰の引け方も問題だが、百田センセイは“参考文献を書くか書かない”問題にすり替えて、完全に開き直っているのだ。
(以下略)

続きは,上記URLへ


 この方を作家と勘違いしてる方が多いような。彼はデマゴギー発信者でしかないのでは。

 訪問ありがとうございます。

転載元転載元: I'm not Abe. and 駄洒落日記

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

新ベンチャー革命2019526日 No.2352
 
タイトル:平成天皇の退位式での似非右翼・安倍氏の大誤読は、無念の死を遂げた三島由紀夫の霊のたたりか:三島の遺志を継ぐ真正右翼にとって、安倍氏は逆賊なのか
 
1.クソ面白くないことに、米トランプと安倍氏は予定通り、炎天下でゴルフ三昧だが、そのスキに安倍官邸が大チョンボをやらかす!
 
 米トランプ夫妻が予定通り、来日し、早速、安倍氏とゴルフ三昧です。
 
 今日は季節外れの猛暑日ですから、何かハプニングが起こる可能性が高まっています。たとえば、どちらかが熱射病で倒れるとか・・・。ちなみに、彼らがゴルフをやる場所は昨日、震度5弱の地震が起きた千葉県東部です。
 
 もう一度、地震が起きてもおかしくありません。
 
 ところが、このスキに、安倍官邸が大チョンボをやらかしました。
 
 先日の430日、平成天皇退位式で、安倍氏が飛ばした世紀の大誤読(平成天皇ご夫妻の末永い御健康を願っていません)に関して、あろうことか、安倍官邸が寝た子を起こすような世紀の大失敗をやらかしてくれました。
 
 わざわざ、彼らは、“願って已みません”のフレーズの原稿は“願ってやみません”と平仮名だったと公表したのです(注1)
 
 もしそうなら、安倍氏は平仮名の“やみ”を“い”と読んだことになり、小学生でも読める平仮名すら間違うレベルの人間であることを天下に晒したに等しいのです、なんという大失敗でしょうか!
 
2.安倍氏は、歴史に残る平成天皇退位式での世紀の大誤読を秘かに気にしていることがばれた:似非右翼・安倍氏は真正右翼・一水会を恐れている
 
 今回の安倍官邸の大チョンボは、官邸関係者が安倍氏の了解なしでやったはずがありません。おそらく、安倍氏自身からの指示で、ネットに姑息な言い訳をアップしたと思われます。
 
ところで、上記、安倍氏の世紀の大誤読を報道したのは、確か、日刊ゲンダイのみだったと筆者は記憶しています(注2)
 
 安倍官邸は、大手マスコミに対しては、幹部への接待漬けで、押さえ込めていますが、日刊ゲンダイは、大手マスコミ・グループからはずれていますから、安倍官邸も押さえが効かないのでしょう。
 
 さて、それでは一体なぜ、安倍氏は、日刊ゲンダイの報道に反応したのでしょうか、それは、やはり、真正右翼の一水会幹部が激怒したと報じたからではないでしょうか。
 
3.真正右翼の一水会の代表・木村氏は、対米自立派の鳩山・元総理と意気投合している
 
 似非右翼の代表・安倍氏にとって、目の上のタンコブは、真正右翼・一水会(注3)なのです。
 
 ちなみに、一水会は、自衛隊で自決した故・三島由紀夫の流れを汲む真正右翼です。
 
 ホンモノの右翼は愛国主義者でもあり、日本の国益を真剣に考える人たちです。そして、ジャパンファーストの観点から、真正右翼は当然ながら、対米自立を志向します。
 
 ちなみに、一水会代表・木村氏は鳩山氏と対米自立主義の観点から、共通性を持っています(注4、注5、注6)
 
4.真正右翼にとって、皇室を侮辱した似非右翼・安倍氏は逆賊となる
 
 歴史に残る平成天皇の退位式にて、上皇ご夫妻に向かって“末永いご健康を願いません”と国民を代表して口走った安倍氏は、真正右翼にとっては、まさしく逆賊です。安倍氏が天皇を利用しようとする輩であることを真正右翼はとくに見破っていましたが、安倍氏の正体が、退位式でばれたのです。
 
 真正右翼から見れば、安倍氏は右翼を装うキツネであり、何か、見えないチカラ(三島由紀夫の霊の仕業か)が働いて、安倍氏の正体が、遂に、平成天皇退位式の場にて、はしなくも、露呈したということです。
 
 今回の件では、おそらく、一水会から、安倍氏個人になんらかのメッセージが届いていたと思われます。
 
 ところが、浅はかな安倍氏は、またも、安倍官邸を通じて、許されざる姑息な対応をしたわけで、逆に、安倍氏はさらに、窮地に追い込まれています。
 
注1:阿修羅“<恥の上塗り!安倍は、ひらがなも読めんのか!>官邸が首相の「願って『や』みません、とひらがなでした」と発表。”2019525
 
注2:日刊ゲンダイ“「退位礼正殿の儀」安倍首相発言に右翼団体・一水会が激怒”201957
 
注3:一水会(思想団体)
 
注4:日刊SPA鳩山クリミア訪問に同行した一水会・木村三浩代表が語る「真相」”2015321
 
注5:本ブログNo.563鳩山元首相、日本政府の制止を振り切ってイランへ:オバマとの絶妙の連携プレイか?悪徳ペンタゴン外務省よ、ザマーミロ!』201248
 
注5:本ブログNo.564鳩山元首相とアフマデネジャド・イラン大統領は意気投合した可能性あり:欧米列強は核を持ってよいが、何故、日本やイランは核を持ってはいけないのかと・・・』2012410
 
 

転載元転載元: 新ベンチャー革命

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全98ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事