http://livedoor.blogimg.jp/gardendesigner-eye/imgs/9/1/91d59272.jpg

7,700年前の人類ゲノム解読「韓国人のルーツ」発見
7,700年前の新石器時代に生きていた韓国人の祖先のゲノム(ある生物種を規定する遺伝情報全体)
が初めて解読された。
パク・チョンファ蔚山科学技術院(UNIST)ゲノム研究所長(生命科学部教授)が率いる
国際共同研究チームは1日、「中朝国境・豆満江(中国名:図們江)の北にある
ロシア・アムール川流域の『悪魔の門の洞窟(Devil's Gate cave)』で発見された
7700年前の人類のゲノムを解読した」と明らかにした。
http://livedoor.blogimg.jp/gardendesigner-eye/imgs/0/7/0749a792.png
「悪魔の門の洞窟人」の遺伝子は、現地に住むウルチ(Ulchi)族と最も似ており、近くの先住民を
除く現代人の中では韓国人が最も近いことが分かった。
この研究結果は国際学術誌「Science Advances」に掲載された。

韓国・ロシア・イギリス・アイルランド・ドイツの科学者たちが参加した国際研究チームは
悪魔の門の洞窟で発見された20代と40代の女性の頭蓋(ずがい)骨からデオキシリボ核酸(DNA)を
抽出して解読した。
ゲノム研究所のチョン・ソンウォン研究員は「細胞核DNAだけでなく、母系にのみ遺伝する
細胞核以外のミトコンドリアDNAも主に韓国人が持っているものと同じだった。
遺伝子で見ると、悪魔の門の洞窟人は韓国人の祖先とほぼ同じだと言える」と説明した。
洞窟人は現在の韓国人のように褐色の瞳と凹型の前歯(シャベル型切歯)を作る遺伝子
を持っていた。
牛乳を消化できず、高血圧に弱く、乾いた耳あかが出るという遺伝的特徴もあった。
どれも東アジア人の典型的な特徴だ。
ソ・ジョンソン・ソウル大学医学部教授は「古代人の遺伝子を通じて韓国人の遺伝的ルーツを
明らかにした成果だ」としながらも、「二重起源説を立証するには北方系の人々のDNA分析結果
という裏付けがさらに必要だ」と語った。
 

ウルチ・ナナイ族
ULCH・ульчи:нани、)の先住民族の古アジアの人々
であるロシア極東。Ulchisの90%以上が住んでウリチ地区のハバロフスク地方、ロシア。
人類学的には、明確な人種グループは存在しない。それらのうちのいくつかは、Nivkhsのように
いわゆるサハリン・アムールのグループに属する。
イメージ


http://livedoor.blogimg.jp/gardendesigner-eye/imgs/3/0/3058247a.jpg

現代の集団の中でUlchiの人々はの7,700年の古い祖先を持つ
東アジア人(朝鮮人)に遺伝的に類似している。
東アジア人-悪魔の門 Chertovy Vorota洞窟。(提供:ウィキペディア)

悪魔の門の洞窟(Devil's Gate cave)
=
チェルーヴィーヴォロタ洞窟

原文には44°29′N 135°23′Eとあるが実際は44°48′N 135°38′E
現地の名前でチェルーヴィーヴォロタ洞窟
44.483333,135.383333 座標がとんでもない作為的http://livedoor.blogimg.jp/gardendesigner-eye/imgs/b/1/b1755760.jpghttp://livedoor.blogimg.jp/gardendesigner-eye/imgs/2/f/2f4fab01.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/gardendesigner-eye/imgs/0/9/09ea38df.jpg
ロシアのアムール川流域に、「悪魔の洞窟門」という洞窟があり、そこから20代と40代の
女性の人骨が出土しました。それを山葡萄原人と名付けたのです。
http://livedoor.blogimg.jp/gardendesigner-eye/imgs/9/e/9e392aaa.jpg
何故、そのような名前をつけたのかわかりませんが、黒い山葡萄原人と言われています。
人間の進化の中でホモ・サピエンスが誕生するまで様々なヒト科がいました。
ネアンデルタール人、ジャワ原人、北京原人、アウトラロピテクス・アフリカヌス、など
新生ヒト科が生まれると前のヒト科は滅びて、たくさんの種類がありました。
現代人を人類とするならば現代人類に一歩近いところまできて
絶滅したヒト科がいます。
それが山葡萄原人です。これはホモサピエンスではありません。

これは朝鮮人がそのように言っているのです。北朝鮮の歴史教科書にはそのように書いてあるのです。「我々の先祖は山葡萄原人だ」と学者が言っているのです。
イメージ


朝鮮人は現代人と約900万個の遺伝子が違います。
何故こんな化け物が今いるのでしょう。


ホモ・サピエンスが誕生して活躍しだしたときに生き残った旧原人の山葡萄原人は洞窟にいたのです。洞窟にいてひっそりと生きていたのが、何かのキッカケで洞窟の外に出て膨張しだしたのです。
山葡萄原人は今の人類とは明らかに違います。
「もう絶滅した」と思われていたのが山葡萄原人です。
それが洞窟にいた連中だけは生き残って、洞窟からのこのこと出てきたのです。

現代人類が持っている価値観や感性は山葡萄原人(朝鮮人)には通じません。