政界の魑魅魍魎

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全48ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



有事万国共通では?

ところが
日本の伝統
性の奴隷?

まず
身体構造は決して男女同権でない!
 認識が及ばない。




女性の肉体構造
男性の身体構造の被害
   受け易い 
子供を守る為の構造
であることへ
不理解!

 
 

伝統的非科学格言?
[女性の性欲灰になる迄]

男性都合





イメージ




日本の伝統
性の奴隷?

次に、
大元の斎宮制度
について。




イメージ




 ↑これでは
日本国中
 「我こそは天皇直系?」
 明治以降の省庁は成る
       ことに気づきました。

そこで養子に入り込む
猶子こそが現代の学歴
       ↓
多々!猶子詐称学歴詐称

出世の為なら
 ラッシュ天皇の一人や二人
       暗殺も日常茶飯事…
    
_____ 先述の通り

【一人の帝:院:天皇】につき
【産み腹:性の奴隷】は
 数え切れないほど
 
    ↓ 

 ・祈祷師
 ・一人の中宮
 ・一人の女御
  ・4人の典侍女官の位
 ・4人の掌侍女官の位
  ・位不詳の女子

   ・猶子(養子)

 

 _______________



イメージ


 _______________




イメージ






政治学および行政学における官僚優位論
代表的研究と見做される強圧抑制の循環
という見解は


日本の官僚が
政治家よりも大きな政策決定への影響力を有す
るという前提に立つ…



この
社会的特質は
戦後改革の中でも
根強く生き残り

[政治的な民主化]
への
[阻害要因]
なっている


…、




暗殺されたとする説の

孝明天皇
仁孝天皇の典侍の第四4皇子

光格天皇の典侍の第四皇子

1840年危篤の後桃園天皇の
猶子:養子となった第六皇子



天皇家に倣った旧家家長制度
嫡男第一主義

嫡男には戦争も免除させ
次男以下は戦没する
現実の吾が生活体験から、

猶子であり
第四第六皇子が
天皇即位
構成へ首を傾げました。



////////////////




1879年以降
天皇が帷幄上奏書へ直接裁可し
統帥権獲得。

天皇は内閣と軍部を独立して
裁可する万機親裁体制が確立。

(京大永井和教授論文)

////////////////



永井教授の↑論文を
2004年に当方拝読して以降

天皇万機親裁獲得
絶対専制君主
となった明治
は、
日本の場合、
天皇官僚制
であると、
投稿してまいりました。




天皇が
象徴となった時点

(天皇の残像)
官僚省庁
廃止
となるべき
でした、


然すれば

民主化
迎えると、

当方は期待いたします。


転載元転載元: 〜ようこそ!GALLERY*DISCOVERYへ〜

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

「北方領土は戦争しないと取り戻せない!」などとイッテる丸山穂高を
N国の立花孝志が乳頭(入党)許可で、早くも廃棄物処理業者化。
立花孝志は、森友問題追及中に安倍昭恵とメル友になってから、
随分と優遇され始め、遂には参院選に立候補して政党の代表に就いた。
「NHKをぶっ壊す!」と銘打ったYouTube動画で活動していた立花だが、参院選立候補のため、自らアカウントを凍結したようだ。

立花孝志が政界へ進出したのを機に、
過去の「暴力的動画」がツイッター上で再アップされている。

NHKの集金係員や、市民メディアの人々を強引に拘束し、
暴力的に顏をビデオ撮影するのが日常茶飯事で、
過去には市民に怪我までさせている。


議員が記者に暴行し重傷を負わせる NHKから国民を守る党に問題
https://news.livedoor.com/article/detail/14845645/


人々が政治や選挙に無関心を極めた結果、「こんな人たちが議員をやっているのか!」と驚くような事件が発生しました。6月10日投開票の松戸市長選で、「NHKから国民を守る党」の市議2名が市民メディアの記者に対して暴行し、肋骨骨折の重傷を負わせる事件が起こったのです。暴行するだけでも驚きですが、その市議は「立花代表はヤクザ、私はチンピラだと代表も私も自覚し自負してます」とツイート。「あんなゴミに情けや優しさは不要」とまで発言しています。


暴力的な威迫動画(←残念、これは消されたらしいので以下を)
https://twitter.com/Beer45653328/status/1156078281625493504


こんな輩までが不正選挙によって排出され、
速攻で安倍の家来になることを宣言し、
腐った議員崩れの隠れ蓑となって
「年内は政治活動しない」と軽薄に宣伝しながら
高額な議員歳費の国税を得て、
好き勝手な振舞いをしている。

障害者や山本太郎など、カワイイものだ。

転載元転載元: ★恋夜姫のブログ★

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


丸山穂高入党で「N国党」もう終わった!?声をかけた他の議員から総スカン

J-CASTテレビウォッチ / 2019年7月31日 12時2分

<このところ、「NHKを見なければ受信契約はしなくていい、受信料は支払わなくてもいい」と発言する人たちがいます。「受信料を支払わなくてもいい」と公然と言うことは、法律違反を勧めることになります。明らかな違法行為などについては、放置することなく、厳しく対処してまいります>
きのう30日(2019年7月)、NHKはこのような文書を発表した。「NHKから国民を守る党」(N国党)を意識したことなのか、警告ともいえる文言もある。
N国党の立花孝志代表はどう見たのか。「『発言する人たちがいます』と言っていますが、もっと直接的に『政党があります』とか、『政治家がいます』とか言うべき。これは逃げだと思います」と批判し、「僕たちには民意があるんです」と胸を張った。

松原仁議員は入党否定、足立康史議員は「はなはだ迷惑」

おととい29日(2019年7月)は衆院議員の丸山穂高氏が入党し、きのう30日は参院議員の渡辺喜美氏と会派を結成した。立花氏は昨夜、「とくダネ」のカメラの前で、「100点満点。理想的な結果になっている」と自信満々に語った。
とはいえ、渡辺氏は「NHK改革は深く考えたことはない」と語っている。声をかけているという他の10人の議員のうち、松原仁衆院議員は入党を否定した。足立康史衆院議員は「(立花氏から名前を挙げられることについて)はなはだ迷惑です」と述べ、平山佐知子参院議員は「テレビで初めて知り、大変驚いています」と答えている。
司会の小倉智昭「驚くべき展開になりつつあります。この先、どうなるか」
政治アナリストの伊藤惇夫氏は「れいわ新選組とよく比較されていますが、れいわは社会的弱者や貧困層にターゲットをきちんと当てています。N国党のワンイシュー(一つの争点)がいろいろ広がると、一挙に期待感がしぼんでしまう可能性もあります。最初に丸山穂高議員を入党させてことが、多分、失敗だったと思います。

転載元転載元: kakaaのブログ〜土と野草と野菜の生命力を信じて〜

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

言論誌「WiLL」のご紹介

イメージ

「Hanada」に比べて更にパンチの効いた強烈な「WiLL」韓国特集号をご紹介する。

冒頭の
阿比留瑠比論説委員兼政治部編集委員の「ハンセン病家族訴訟 朝日新聞 世紀の大誤報」は「ですます調」で朝日新聞を叩き斬る。

安倍首相の秋葉原での街頭演説で「こんな人達」の言葉の切り取りで安倍首相を批判した朝日新聞。
反アベの朝日新聞だけでなく
前川喜平寺脇研望月衣塑子も束にして切って捨てている。
さらに古賀茂明、「エビデンス?ねーよそんなもん」の朝日新聞
高橋純子編集委員も。

「国民意識と新聞各社のズレは、今回の韓国の輸出規制措置に対しても明確に出ています。朝日や毎日、日経は『とんでもない措置だ』と社説などで批判していますが、何がどう『とんでもない』ことなのか、いくら読んでも理解できません」

「我々はネット記事と新聞の両方読むわけですが、明らかに新聞の内容の方が劣っていると判断せざるを得ない。かなり厳しい状況にあることを認めるほかありません。もちろん産経とて、例外ではありませんが」


産経の記者ゆえ自戒しているが、産経は唯一頑張っている方だ。

「最近、『朝日・立憲民主・韓国』のイメージがだんだん似て来たように思います。
この三者には曰く言い難きき共通性を感じます」


「やっと国家理性が確立したね」(古田博司・藤井厳喜対談)

非韓三原則の提唱者・古田博司筑波大学名誉教授と広い国際視野を持つ藤井厳喜(国際政治学者)の対談。
本筋とは離れた対談の箇所が印象に残った。

古田
「日本は中国・韓国に気を使いすぎなんですよ。最近は駅や電車内の電光掲示板に中国語とハングルを使うようになったでしょう」

藤井
「あれは本当に止めてもらいたい。いつから日本は多言語国家になったのか。とにかく不快です」

古田
「あんな事をしていたら、中国人・韓国人は、魯迅が教えてくれたように奴隷根性ですから、『優遇されている』と感じて調子にのりますよ。調子に乗らせるとどうなるのか、痛いほど知っているはずです」


たびたび言うように、誇り高きパリ野郎はメトロの案内図や表示板にはフランス語しか書いていない。
軽蔑しているアメリカ野郎の英語(米語?)など何処を見ても見当たらない。
もっとも誇りが高すぎて、地下鉄入口のスウィングドアに「Poussez(押す)」と書いてあると引っ張り、「TIREZ(引く)」と書いてあると押すから、いつも壊れていて、どちらでもいいことになっている(笑)

藤井
「日本の取った政策は国際安全保障体制に違反する韓国への制裁です。
しかし、この措置は国民心理的には、戦時労働者問題だけでなく、慰安婦問題などこれまで韓国が日本に行ってきた数々の無礼に対する報復措置です。
国益を守る為に重い腰を上げ、極めて穏健ではありますが、経済制裁という手段を取ることができた。
これで独立国家の外交に一歩近づきました。
実に喜ばしい事です。
日本の国家理性が初めて確立した日と言えるでしょう」


「トランプの狙いは中国のハイテク封じだ」深田萌絵(ITビジネスアナリスト)

今回の安倍政権の輸出優遇措置見直しの対象は韓国だけではなく、その裏に中国や北朝鮮への牽制にあると深読みす深田さん。

トランプ大統領と歩調を合わせる安倍政権の手腕に期待している。


イメージ

余談だが、花田紀凱名編集長が「WiLL」を辞めて「Hanada」を創刊した時、「WiLL」はまったくつまらなくなった。
しかし、今や「Hanada」を抜いて今やアマゾンでは「Will」がベストセラーになっている。
内容が充実して来ただけでなく、この深田萌絵お姉さんが
YouTubeで「WiLL」の宣伝をしているからではないか。

本誌の対談で櫻井よしこ氏が・・・


「日本人と韓国人のDNA構造は、非常によく似ているそうです」

と発言しているが・・・

「最新のDNA研究で解明
日本人と韓国人はまったく違う民族」(高山正之・長浜浩明対談)


で否定されている。

「ポスター貼るだけで勝てる!
立民 " 枝野ガールズ" の生存率」(氷川貴之)
アナウンサー、美人弁護士、LGBT活動家・・・
見た目と肩書だけで勝てるほど選挙は甘くない !?


枝野幸男立民党代表(今年の春)
「参院選というのは、選挙活動なんて必要ないんだよ。ポスターを貼るだけで勝てる候補を出せばいい。
京都の増原裕子も、大阪の亀石倫子も、兵庫の安田真理もポスターを貼っただけで勝てる最高の候補なんだよ」


ザンネン!

イメージ

          増原裕子(京都 同性パートナー)落選 

              イメージ
            亀石倫子(大阪 美人弁護士)落選

イメージ
          安田真理(兵庫 LGBTフリーアナ)落選 

*****************************  
 リックをお願いします! 
       ⇓         
http://ponko69.blog118.fc2.com/『FC2ブログランキング』    
******************************  


転載元転載元: 反日勢力を斬る(2)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

新ベンチャー革命2019729日 No.2415
 
タイトル:今の日本に安倍自民と対抗できる強い野党が育たない最大の原因は、寄らば大樹を好む日本国民のビロンガー根性(集団帰属主義者)にある
 
1.今の日本にはホンモノの野党はないのか
 
 参院選が終わり、野党のはずの国民民主党の玉木氏は、安倍氏に尻尾を振って、自民に鞍替えしようとしているそうです(注1)
 
 玉木氏は元官僚エリートのようですが、政治家を目指してきた人物です(注2)
 
 同氏は政治家転身の際、本心では自民公認が第一本命だったのでしょうが、運悪く、自分の出馬する地元の選挙区には、自民現職がいたので、やむを得ずセカンド・チョイスとして、当時、野党第一党であった民主党から立候補して当選したようです。
 
 もし今の乱立する野党の政治家の多くが、玉木氏と同様の志向を持っていたら、今の野党が与党・自民に対抗できるはずがないのです。
 
 今の野党には、このような隠れ与党志願者が多数、紛れ込んでいるのでしょう。
 
 ほんとうに、情けないことです。
 
2.日本には寄らば大樹の人間が多すぎる
 
 筆者は昔から、日本人には、寄らば大樹のビロンガーが多すぎると観てきました。
 
 ビロンガー(Belonger)という言葉は、筆者がかつて勤務した米国シンクタンク・SRIインターナショナルのVALSというプログラムに含まれる人間のタイポロジーのひとつです(注3)。日本語では集団帰属主義者と訳しています。
 
 筆者個人の見方では、日本人の80%はビロンガーです。
 
 上記、玉木氏が、隠れ自民志向なのは、自民は野党に比べて、大樹に見えるからです。その意味で、この人物も、典型的なビロンガーとみなせます。
 
3.自民党を漫然と支持する国民の多くもビロンガー
 
 世論調査で自民党を支持すると答える国民の多くは、他の党よりましにみえるからという消去法で漫然と自民を支持している人が多いのです。
 
 こういう人はまさに、ビロンガーの典型なのです。
 
 一方、安倍氏は、今回の参院選でも、自民は安定政党であることを強調していました。
 
 こうして、ビロンガー大国・日本の国民は、安定しているように見える自民党を政権党に押し上げているということです。
 
 この意味で、安倍自民のやりたい放題を許している元凶は、やはり、日本国民の寄らば大樹というビロンガー根性にあると言えます。
 
 いまだに漫然と安倍自民を支持する国民は、自分がビロンガーかどうか自己確認して欲しい。もしそうなら、強い野党を育てることが日本の民主政治の実現のために、もっとも優先的に求められることを自覚すべきです。
 
注1:阿修羅“何度も自民入りを企てる玉木に連合は?/政界地獄耳”2019729
 
注2:玉木雄一郎
 
注3:本ブログNo.51見苦しい対米従属主義者:ビロンガー根性の権化』20091220
 
 

転載元転載元: 新ベンチャー革命

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全48ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事