GRS原付林道戦闘機隊司令部 (旧HRS)

低性能バイクで悪路走行を目指す男たちのブログ

全体表示

[ リスト ]

四国上陸作戦01

久しぶりの公道作戦です。

原付戦闘機隊では初めての試み、四国へ!
何の気なしに地図を見ていたら、なんと岡山から四国は高松へのフェリーがあったのだ(あたりまえだ)。
姫路に住んでいると、フェリーと言えば小豆島方面で、
四国行きは神戸からの出港というイメージがあったのだが、
岡山方面からもフェリーがあり、しかも岡山からなら1時間で四国入りできる!これは行かねば!

23日 土曜日。
前日の昼から時間が空いたので、
前泊をするべく宇野港近くの鷲羽山のホテルへ
イメージ 1
鷲羽山 下電ホテルというところなのだが、
イメージ 2
全室オーシャンビューで、明日訪れる瀬戸大橋が間近に見えた。
ホテルはかなり古くて、エアコンの効きが激悪、夜間は寒さに震えて眠りました(笑)

翌朝、
6時半に起きて宇野港へ
イメージ 3
ポートパーキング宇野にハイエース母艦を停める。
すでにポテさんが到着しており、チョイノリを降ろしている最中だった。
ポテさんとは巡礼以来のお久しぶり御対面だが、
これからCCJマラソン部でも御一緒する予定もあり、今年の聖地巡礼にも来ていただけそうなので、
今年は頻繁に会えそうですね。
早朝からトランポで岡山まで来てくれ、しかも他のバイクイベントを蹴ってまでこちらにきてくれたとのこと。
嬉しいねえ〜

しばらくするとまつきち画伯が到着。
イメージ 4
わざわざお見送りのためだけに、和歌山県→岡山県までかなりの遠方を車で来てくれた。
しかも、鉢丸の野営用の薪(男のロマン)を差し入れしてくれる。

三人でしばし話してから宇野港へ。

港のフェリー乗り場で、キタさんと今回初参加のしましまさんに出合う。
キタさんはPCX125にて神戸から自走参加、昨日は前泊したらしい。
しましまさんは同じ兵庫県から、なんとトモスでの参加だった。

自分以外のトモスを見るのは初めてで、
トモスクラシック2のクラシック1との違いや、よく起こるトラブルの対処法などを話し、
初めてトモス談義をすることができて嬉しかった。

さあ、フェリーも到着して、これより出発!
と思っていたら、ガチャピン君が到着。
イメージ 5
なんとお見送りのためだけにチョイノリ自走でここまで来てくれた。

往路でスマホの充電が切れ、道がわからなくなってしまい、
人に聞きつつやっとここまで来ました〜
とのこと。
もうフェリー出港数分前だったので、めちゃ危なかったね、、、(汗)
数分遅れていたら、せっかくチョイノリ自走でここまできても、誰にも会えずに帰るところだったぞ、
ガチャピン君は、この後用事があるとのことで、
出港前の ほんの数分、会話をするだけになってしまったが、
たったそれだけのためにでもあいにくてくれたことがうれしい。
しかもお土産のお菓子をたくさんいただいた。

まつきちさんはお見送りにもかかわらず、フェリーで高松までついてきてくれるということで、
作戦参加の4人にまつきちさんを合わせた5人でフェリーに乗り込んだ。
イメージ 6
フェリーにのると旅をしている!という感じになってワクワクする。
イメージ 7
遠くに瀬戸大橋を見つつフェリーで南下していく。
座敷スペースで5人で談笑。
ガチャピン君からのお菓子を食べつつ、剣山作戦の計画やブログの引っ越しの話題などを話した。

1時間して、四国 高松港に到着。
まつきちさんとはここでお別れになり、4人で高松から走りだした。

天気は快晴で、少し肌寒いけれど快適、西方向へ針路をとり、最初の目的地:瀬戸大橋記念公園へ。
イメージ 8
残念ながら、快適に休憩できるような道の駅がなく、
空き地で写真撮影したら、すぐに次へ向かった。

最初、ポテさんのチョイノリに合わせてトモスのアクセルは絞り気味で走っていたが、
ポテさんのチョイノリが速い速い。
50km/h以上でもちゃんとついてこれるので、トモスもフルスロットルで走っていけた。
おかげで進行の平均時速も35km/hほどで計算できる。
(注:全員、原付二種ですよ)
国道沿いにはたくさんのうどん屋があったが、
事前リサーチで見つけていたうどん屋「渡辺」へ
イメージ 9
すると超並んでいた。
まじでか

お昼時だから仕方がないし、まあ並ぶほどにウマい店なのだろう。
ということでおとなしく待つことにしたが、
突然キタさんから「いやーこけたんですよ…」
「えっ!?」

みると
イメージ 10
PCX125ののサイドカウルが傷だらけで、キタさんのズボンが破れまくっている。
まじでか。

なんと走っている最中に居眠り運転をして、そのまま歩道に乗り上げて転倒したらしい。
しかも二度!?
一番後ろを走っていたのでメンバーは誰も気づかず、
人知れず転倒して人知れず戦線復帰していたようだ。しかも2回。。。ww
怪我がなかったから笑い話にできるが、マジで気を付けてください。寝ている場合ではないぞ。

30分ほど待って、店内に入り、
待望の讃岐うどんを注文した。
イメージ 11
鉢丸としましまさん は てんぷらうどん!
てんぷらがすごい。
サイズは小中大の三サイズだったが、
大にしてみたらすごいうどんの量。サイドメニューは一切頼まずにこれだけで大満足のまんぷくになった。
うまい!
イメージ 12
キタさんとポテさんは釜揚げうどん。
こちらも量が尋常ではない大量うどんで、
入れ物が普通にお風呂で使う桶やんけ。笑う。

全員まんぷくで大満足の昼食になったが、
なんとてんぷらうどんの大でも550円という安さ。
淡路島福良港の超高級うどんに比べたらなんという安さ!そしてなんというウマさ!
やはりうどんは讃岐で食わないとね〜

食後は眠らないように!さらに西へ進んでいく。
イメージ 13
観音寺市の山を登って、
イメージ 14
銭型砂絵まできた。
この日は晴れていて、きれいに見ることができた。
これをみたら一生金に困ることはないとのことなので、一生安心だね!

 

閉じる コメント(4)

私も見てみたい、砂絵

2019/3/25(月) 午後 7:09 [ あやた ]

せっかくだから、杉材の切れっぱしとか、ご安全にトモスオサーンステッカーとか、色々付け足しました。
思えば、剣山へも差入れノンアルコールビール持っていった事もありましたなぁ・・
( ゚д゚)ヒマか?!

2019/3/25(月) 午後 7:34 まつきち

何故か?
僕も見てみたい、砂絵
いいな〜!

2019/3/25(月) 午後 9:53 [ 埼玉の大ちゃん ]

ひそかに二回もコケていたとは!!

うどんいいねぇ。不思議な形のえび天だなー

2019/3/26(火) 午前 7:54 KSK@ばす


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事