GRS原付林道戦闘機隊司令部 (旧HRS)

低性能バイクで悪路走行を目指す男たちのブログ

GRS公道走行部隊

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全21ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

四国上陸作戦02

銭型砂絵の駐輪場で乗機の観察
イメージ 1
しましまさんのトモスクラシック2
はちまるのクラシック1に比べると、フロントフォークがしっかりしたバイク用になっていて、
ヘッドライトが長く、メーター付きのタイプになっている。
これは混合給油なのだが、
クラシック2プレミアムという分離給油のタイプもあるらしい(ホノラリーHPより)

不動車を買って直して乗るスタイルなので、鉢丸と話があい、
トモスの整備ネタでたくさん話させてもらいました。
お住まいも同じ兵庫県で隣の市なので、今後も旅を御一緒したいものです。
イメージ 2
そして新車購入後4000km台で居眠り運転により傷物になってしまったPCX125。
傷がつくと愛情が消える!ということで、売ろうかなあ〜とか言うてました(笑)
このサイズになると原付と言えどもかなりの速度がでるので、遠距離も楽々ですな。
イメージ 3
ポテさんのチョイノリは相変わらず綺麗で、
しかも速い。
普段の整備が行き届いている証拠でしょうね。

4台で次は豊稔池ダムへ。
イメージ 4
自身が初めてチョイノリを買った時、
松山市で買って自走で帰る折に寄ったところだが、
もう14年も前の話なので、どんなところか忘れていた。
しっかりとした東屋があり
イメージ 5
快適なまつきちカフェ(店長不在)が開催できた。
ここでもガチャピン君のお菓子が大活躍する。
イメージ 6
この日は放水がされていないようだったが、
観光客がたくさん来ていて、14年の間に人気スポットに成長していたことに驚いた。

ここで、遠方のポテさんは離脱しなくてはならない時間になり、わかれる。
気を付けて〜
別れた後、3人で次の観光地へ行く。
イメージ 7
まんのう池。
少々迷ったので、走行距離がかさみ、時間もやや押している。
イメージ 8
さて、これからどうしましょうか?
計画では東へ走り香川県を大きく囲む形で走る予定だけど、
すこし時間が心もとない。
何かトラブルがあったら時間が押してフェリーに乗り遅れることになるかも。

目的のフェリーは最終便なので、もし遅れたら…
原付しかない我々は瀬戸大橋も明石海峡大橋もわたれないので、
最悪、しまなみ海道まで迂回していかなくてはならない(まず無理だが…)
危険だが…急げば大丈夫だろう。
ここからは当初の予定通りの経路を走り切ることを主目的として、
わき目もふらず走ることにする。
イメージ 9
信号がほとんどない山道をフルスロットルのまま激走していく。
途中、道の駅やコンビニで小休止しつつはしり、
なんとか高松港に間に合った。
総走行距離、なんと217km〜!!
疲れた!

さて、フェリーに乗ろうとしたところ、急に声をかけられた。
「おーーふくちゃん!」
なんとふくちゃんがいた。

あれ?
宇野港で出迎えじゃなかったっけ?

なんと、早めに駆けつけられたので、宇野港からフェリーで高松港まで来てくれたとのこと。
そのフェリーに乗るとき、ちょうど一便早めに帰ったポテさんがフェリーから下りてきたのを見かけたらしいが、
事前に知らせていなかったので、ポテさんは気付かずフクちゃんをスルーして帰っていったとのこと。
連絡掲示板に書いといてくれたらよかったのに(笑)
イメージ 11
フクちゃんからのお菓子の差し入れをもらい、それを食べつつフェリーで談笑。
寒さで疲れ切った体には
岡山名物大手まんじゅうが 「ぼっけえ」うまかったです
イメージ 10
宇野港について、解散になりました。
ああ、疲れたけど楽しかったぜ。

参加者
鉢丸隊長 
キタさん
しましまさん
ポテさん

応援
まつきちさん
ガチャピン君
フクちゃん

実際に走行作戦に参加してくれたメンバーだけでなく、
かなりの遠方にもかかわらず応援だけでも、と
わざわざ会いに来てくれる仲間がいて非常にうれしかったです。
しかも、少しでも長く話したいからと、
フェリーにまで同乗してくれたお二人には笑うしかありません。
これからも楽しい旅を共にしましょう!
お疲れ様でした〜

四国上陸作戦01

久しぶりの公道作戦です。

原付戦闘機隊では初めての試み、四国へ!
何の気なしに地図を見ていたら、なんと岡山から四国は高松へのフェリーがあったのだ(あたりまえだ)。
姫路に住んでいると、フェリーと言えば小豆島方面で、
四国行きは神戸からの出港というイメージがあったのだが、
岡山方面からもフェリーがあり、しかも岡山からなら1時間で四国入りできる!これは行かねば!

23日 土曜日。
前日の昼から時間が空いたので、
前泊をするべく宇野港近くの鷲羽山のホテルへ
イメージ 1
鷲羽山 下電ホテルというところなのだが、
イメージ 2
全室オーシャンビューで、明日訪れる瀬戸大橋が間近に見えた。
ホテルはかなり古くて、エアコンの効きが激悪、夜間は寒さに震えて眠りました(笑)

翌朝、
6時半に起きて宇野港へ
イメージ 3
ポートパーキング宇野にハイエース母艦を停める。
すでにポテさんが到着しており、チョイノリを降ろしている最中だった。
ポテさんとは巡礼以来のお久しぶり御対面だが、
これからCCJマラソン部でも御一緒する予定もあり、今年の聖地巡礼にも来ていただけそうなので、
今年は頻繁に会えそうですね。
早朝からトランポで岡山まで来てくれ、しかも他のバイクイベントを蹴ってまでこちらにきてくれたとのこと。
嬉しいねえ〜

しばらくするとまつきち画伯が到着。
イメージ 4
わざわざお見送りのためだけに、和歌山県→岡山県までかなりの遠方を車で来てくれた。
しかも、鉢丸の野営用の薪(男のロマン)を差し入れしてくれる。

三人でしばし話してから宇野港へ。

港のフェリー乗り場で、キタさんと今回初参加のしましまさんに出合う。
キタさんはPCX125にて神戸から自走参加、昨日は前泊したらしい。
しましまさんは同じ兵庫県から、なんとトモスでの参加だった。

自分以外のトモスを見るのは初めてで、
トモスクラシック2のクラシック1との違いや、よく起こるトラブルの対処法などを話し、
初めてトモス談義をすることができて嬉しかった。

さあ、フェリーも到着して、これより出発!
と思っていたら、ガチャピン君が到着。
イメージ 5
なんとお見送りのためだけにチョイノリ自走でここまで来てくれた。

往路でスマホの充電が切れ、道がわからなくなってしまい、
人に聞きつつやっとここまで来ました〜
とのこと。
もうフェリー出港数分前だったので、めちゃ危なかったね、、、(汗)
数分遅れていたら、せっかくチョイノリ自走でここまできても、誰にも会えずに帰るところだったぞ、
ガチャピン君は、この後用事があるとのことで、
出港前の ほんの数分、会話をするだけになってしまったが、
たったそれだけのためにでもあいにくてくれたことがうれしい。
しかもお土産のお菓子をたくさんいただいた。

まつきちさんはお見送りにもかかわらず、フェリーで高松までついてきてくれるということで、
作戦参加の4人にまつきちさんを合わせた5人でフェリーに乗り込んだ。
イメージ 6
フェリーにのると旅をしている!という感じになってワクワクする。
イメージ 7
遠くに瀬戸大橋を見つつフェリーで南下していく。
座敷スペースで5人で談笑。
ガチャピン君からのお菓子を食べつつ、剣山作戦の計画やブログの引っ越しの話題などを話した。

1時間して、四国 高松港に到着。
まつきちさんとはここでお別れになり、4人で高松から走りだした。

天気は快晴で、少し肌寒いけれど快適、西方向へ針路をとり、最初の目的地:瀬戸大橋記念公園へ。
イメージ 8
残念ながら、快適に休憩できるような道の駅がなく、
空き地で写真撮影したら、すぐに次へ向かった。

最初、ポテさんのチョイノリに合わせてトモスのアクセルは絞り気味で走っていたが、
ポテさんのチョイノリが速い速い。
50km/h以上でもちゃんとついてこれるので、トモスもフルスロットルで走っていけた。
おかげで進行の平均時速も35km/hほどで計算できる。
(注:全員、原付二種ですよ)
国道沿いにはたくさんのうどん屋があったが、
事前リサーチで見つけていたうどん屋「渡辺」へ
イメージ 9
すると超並んでいた。
まじでか

お昼時だから仕方がないし、まあ並ぶほどにウマい店なのだろう。
ということでおとなしく待つことにしたが、
突然キタさんから「いやーこけたんですよ…」
「えっ!?」

みると
イメージ 10
PCX125ののサイドカウルが傷だらけで、キタさんのズボンが破れまくっている。
まじでか。

なんと走っている最中に居眠り運転をして、そのまま歩道に乗り上げて転倒したらしい。
しかも二度!?
一番後ろを走っていたのでメンバーは誰も気づかず、
人知れず転倒して人知れず戦線復帰していたようだ。しかも2回。。。ww
怪我がなかったから笑い話にできるが、マジで気を付けてください。寝ている場合ではないぞ。

30分ほど待って、店内に入り、
待望の讃岐うどんを注文した。
イメージ 11
鉢丸としましまさん は てんぷらうどん!
てんぷらがすごい。
サイズは小中大の三サイズだったが、
大にしてみたらすごいうどんの量。サイドメニューは一切頼まずにこれだけで大満足のまんぷくになった。
うまい!
イメージ 12
キタさんとポテさんは釜揚げうどん。
こちらも量が尋常ではない大量うどんで、
入れ物が普通にお風呂で使う桶やんけ。笑う。

全員まんぷくで大満足の昼食になったが、
なんとてんぷらうどんの大でも550円という安さ。
淡路島福良港の超高級うどんに比べたらなんという安さ!そしてなんというウマさ!
やはりうどんは讃岐で食わないとね〜

食後は眠らないように!さらに西へ進んでいく。
イメージ 13
観音寺市の山を登って、
イメージ 14
銭型砂絵まできた。
この日は晴れていて、きれいに見ることができた。
これをみたら一生金に困ることはないとのことなので、一生安心だね!

 
作戦開始は まだ先なんですけど、
しばらく忙しくてパソコンをゆっくりいじれないので、連絡掲示板を立ち上げておきます。
是非、ご利用ください。

イメージ 1
豊稔池ダム
(ここも行きたいと思います)

イメージ 2
讃岐うどんも楽しみましょう!

鉢丸は前日、近隣のホテル泊で、
当日朝に「ポートパーキングうの」にトランスポーターを駐車してトモスで港に行きます。

皆様も、フェリーの時間にはちゃんと間に合うように、お願いします!
往路 宇野発9:15→高松着10:20
帰路 高松発19:50→宇野着20:55

参加将兵
鉢丸隊長 トモス クラシック1
キタさん PCX125
しましまさん トモス クラシック2
ポテさん チョイノリ

ふくちゃん 宇野港帰着お出迎え応援
まつきちさん 宇野港出立お見送り応援
ガチャピン君 宇野港お見送り応援(少し並走)チョイノリ

四国上陸作戦

四国上陸作戦

久しぶりのGRS作戦計画ですよ
お時間ある方、是非、御参加ください
イメージ 1

日時
H31年3月24日(日曜日)

集結地 岡山県玉野市宇野港
宇野発9:15→高松着10:20
フェリーにて四国 高松市に上陸し
香川県を大きく回る一周182kmの作戦。
乗機:125cc以下の原付なら何でもオッケー。
ただしチョイノリの速度に合わせられること。

作戦目標
1、瀬戸大橋記念公園
2、観音寺 銭形砂絵
3、まんのう池
4、うどん 食う!

帰路
高松発19:50→宇野着20:55

ご参加いただける方、おられましたら、
四国の旅を楽しみませんか?
トランスポーターは宇野港周辺の駐車場に止めることになります

参加将兵
鉢丸隊長 トモス クラシック1
キタさん PCX125
しましまさん トモス クラシック2
ポテさん チョイノリ

ふくちゃん 宇野港帰着お出迎え応援
まつきちさん 宇野港出立お見送り応援
ガチャピン君 宇野港お見送り応援(少し並走)

龍神作戦 03

道の駅 龍神をでたら、次も道の駅。
イメージ 1
田舎道は信号がなくてよいが、単調なので午後になると眠たくなるのが難点だね
イメージ 2
寝ないように。
ってか、そういや昨日は深夜まで飲んでいたから寝不足だったんだな。
イメージ 3
道の駅 龍遊についたら、
食後のまつきちカフェ パート2となる。
イメージ 4
道の駅 龍神で買ったあんこもちでお茶にする。
寒いところを走っていると、こういう温かい飲み物が身に染みる
うまいねー。
しかも甘いものがうまい!

休憩したらさらに走って、
次は
イメージ 5
ヤッホーポイントに来た。
ここが何かよく知らなかったが、
つり橋の向こうの山の上に、ヤッホーが非常によくコダマするポイントがあるらしい。
そこで、せっかくなので恐怖に耐えてつり橋を渡った。
イメージ 6
日本一のヤッホーって、
いったいどういう意味なのか、
これを考案した方に話を聞いてみたいものだ。
イメージ 7
結局ヤッホーポイントまで山を登った。
小学生がヤッホーと言いまくっていたがよくコダマしていたらしい。

最後の観光地を終えて、あとは帰路だ。
イメージ 8
日も陰ってきてさらに寒くなってきた。
早く帰ろう。
イメージ 9
そして全線制覇が完了した。
モトコンポ以外は全員無給油も達成した。
トラブルらしいトラブルが全くなく、順調に進んだので時間にも余裕があり
非常に楽しい旅になった。

また、いろんなところに旅しましょうね!

全21ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事