BunBun-Room

脱原発と核廃絶を目指そう!!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

 私のひぃひぃ祖父さん・横山敬一が第二回遣欧使節団に加わる前に、当時住んでいた「大塚箪笥町」で撮影したと思われる写真である。1863年の遣欧使節団派遣の年に撮ったものだとすれば145年前のものということになる。
 抱いているのは男の子は、年格好から考えるとおそらく四男の鐵四郎だと思われる。
 
 1863年(文久3年)12月29日、来年開港150周年を迎える横浜港を出発して上海、サイゴンなどを経由して翌年2月エジプト・スエズ運河の港アレキサンドリアに到着。このエジプトの地で一行は有名な「スフィンクスと侍達」の写真を残してる。(写真左上)
 その時既に敬一は黄熱病に罹っていたらしく、ピラミッド見物に参加できず残念ながらその写真に納まってはいない。その後さらに地中海を抜けてフランスの海の玄関口マルセイユに到着した時には黄熱病が悪化して使節団と共にパリに向かうことは出来ず、マルセイユのグランドホテルで1864年4月26日に病死してサンピエール墓地に葬られ、いまも異国の地で一人眠っている。

 その不幸な末期を予感させるように、この敬一の写真の表情には「鬼気迫る」ものがあるように見えてしまうのは私だけだろうか。それにしても145年も前の先祖の写真が一葉、このようなかたちで残されているのは誠に貴重なことであるには違いない。曽曽祖父、敬一の魂に再び合掌。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

横山敬一様が、どのような武士だったのか、写真が残っていないものかと思っていましたが、初めて拝見できて感激です。気骨のある幕末の武士という雰囲気ですね。
本年、4月26日【土曜)にマルセイユで国際武道セミナーの指導や演武を依頼されました。(またもや、4月26日という日が奇遇です)しかし、選挙の関係で延期となりました。

総合実戦護身術 功朗法 総師範 横山雅始

2008/1/26(土) 午前 11:54 [ kor**o_gosh*n ] 返信する

顔アイコン

横山様
小ブログにご訪問ありがとうございます。
この写真は「遣魯伝習生始末」(内藤遂著:昭和18年刊)に誤って山内六三郎の写真として掲載されたものですが、提供者である祖父省三の言葉や写真の裏書きなどから曽曽祖父「敬一」の写真に間違いないと確定し公表しました。私の母もこの写真を敬一のものとして祖父から見せられた記憶があるとのことです。
四月の渡仏延期は残念ですが、また上京の折にお目にかかれればと思っています。

2008/1/27(日) 午前 7:28 [ bunbun-Jun ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事