ここから本文です
分解一直線★のブログ
欲しい物 : 体力 ・ 若さ ・ あと伸びしろ! (笑)

要らん爪痕(笑)を残してきちゃった感のあった


もう済んだことは忘れ…


…ムリですね。(-_-;)



というワケで、
不完全燃焼な私による
まだ現実を受け入れられていない私の為のエクストラステージ、

ひとりSSキラーズ開幕です! (笑)

イメージ 1



言うなれば、前記事の続きです。

まだSSキラーズは続いていたのです! ※ ここは譲れませんwww






さて。
今回も準備編を一方的に突っ込んでおきます。m(__)m

転倒のダメージチェックです。


イメージ 2
フットペグは先端の段付き部が外れ、
変形も大きいので再使用不可。
折角替えたばかりのベアリングも
片側は完全にアウトでした。

シフトペダルは代替え品が無い
ので(オイw)慎重に…
バーナーで温めてからプレスで
押して修正。 ※画像撮り忘れました…(^_^;)


ベアリングは適当な中古を突っ込んで完了です。(笑)
(新品がもう1セットありますが温存です(^_^;))


イメージ 3

恐ろしい事に10mm厚の
ベースプレートが曲がっております。

通常のスリップダウンなら、
狙い通りステップバーが先に折れて
くれそうですが、
今回は極低速のハイサイドで力が
不運な方向に掛かったかもしれません。





ステップバーが後ろ向きに倒れていると
いま意識している課題(骨盤を開かない)に対して
ネガに働く可能性があるかもです。
このベースプレートの曲がりも修正です。


5000番台のアルミ板だと柔らかすぎ!? 喰い込んだ痕もけっこうあります。
こちらは曲りが少なかったので特に温めずプレスで曲げ返して完了。

イメージ 4
イメージ 5


とりあえずだいたい直りました。
ステップバーが概ね垂直に生えているのでまぁOKです。
イメージ 6




イメージ 7
バーはクランプがちょっと回った程度で
曲がり等はない様子です。
バーでタンクを叩かなくて良かった
です。(^_^;)

垂れが強く上体を落とそうとしたときに、
若干ですが外側の手が遠い感じが
あったので、バーの垂れはほんの少し
減らしておきました。


イメージ 8

自作アクスルスライダー、
今回もちゃんと効いてくれていたようです。
こちらもボルトのみの交換で完了です。






イメージ 9

先代のサイレンサーに近い削れっぷりとなってきましたが
ここは見なかったことにしますwww








イメージ 10

メットは帽体はセーフ! 
(続投の意思www)
リアスポイラー(?)は近いうちに
要交換です。






見た目が派手(笑)な転倒の割に、ダメージは極小で不幸中の幸いでした。


あとリアの空気圧を、温間2.1Kと高めの設定にしていたのを悔い改め(笑)、
推奨空気圧近く(温間1.8K)としておきました。


これでとりあえず準備完了です。


…が、リザルト表で並んじゃったヒト(笑)(=ミッチー兄さん)
 はエクストラステージ(笑)欠席とのこと。

結局、
ふたりSSキラーズではなく、ひとりSSキラーズとなりました。www






記憶が正しければ、ミドルコースは約2年振り(笑)です。


45秒台出た!(45.543)…と無邪気に喜んでいた記憶があります(^ω^;)
※ この頃、新コースでは48フラ位がベストだった気がします。


余談となりますが、
この時はヒザの怪我(数か月お休み)から復帰した頃と記憶しています。

この怪我を負うまでは土曜も仕事…と称して桶三昧(笑)だったのですが、
負傷により嫁バレ ⇒ けっこうな修羅場(詳細は割愛しますwww)
…を経て、
仕事行ってくるね詐欺レーシングwから、
正直レーシング…に改心した時期でもあります。(ダメ人間w)




さて本題に戻ります。(笑)
この頃は『ミドルの1コーナー楽しぃ〜♪』
…と勢いで突っ込んでいましたがさて今回はどうなる事やら…


とりあえずミドルの1コーナーは全くイメージが湧かないので
ここは様子見。(笑) 
新コースでいう所の3コーナー以降でアタックとします。
※ 以下、1コーナーを除き、コーナー名は新コース相当で記述します。



まがりなりにも『ひとりSSK』を標榜する(?)からには、

予選時の感覚(主観としては好調)の再現と、

●決勝レースを想定してなるべくアタックを続ける。(理想は10周連続

…を目標としておきました。

※ なお、あまりにも混んでいて迷惑掛けそう…等の状況があったら、潔く諦めます…(^_^;)






当日は昼くらいに現着。
湿度は低そうな感じですが、気温は高め。
そろそろ熱中症リスク的に危険な季節になってきたようです…(^_^;)


受付の際に
『先週は大変でしたね〜(^^)』
…なんてお話を頂き、
『あぁもう顔割れちゃってるや…』
…と半ば絶望的な気分になります(笑)

※ ツナギを着てなきゃ顔バレは無いと思っていましたwww
※ とはいえ、こうやって覚えて頂いたり、お話頂けるのは嬉しいモノです(^^)


受け付け状況を伺うと、
午後の上級枠は10台居るか居ないかくらいとの事。

ひとりSSK…は開催できそうな雰囲気です♪





午後枠一本目(14:15〜)


予想通り1コーナーは全く感触掴めず…

3コーナー以降でも先週の自分は一体…!?
というくらいの攻めてる感のなさ…(-Д-;)

この『何か違う』…という状況のままプッシュ出来るほどの
強い心は持ち合わせておりません…


思い切りが無い。
真っ直ぐで待ってしまっている。

Fブレーキに頼り過ぎで倒し込みがゆっくり過ぎ!?
あともうひと曲げ欲しい…という場所で曲がってないです。


一周だけ44.8があったものの
おおむね45中盤とか…汗


うんこれは公式練習だ。
まだまだ大丈夫落ち着け自分…

と、とりあえず自信を慰めておきます…




よほどちゃんと意識できていない限り、再現性が低い…というのは
身体能力的にもう諦めています。(笑)

が、
いくらなんでもコレはマズいです…汗




現場で
更には走りながらどうアジャストしていくか?

…という能力もそろそろ鍛えておかないとでしょう。



まず何が悪かったか何が違ったか?…を把握。
次にそれに対しての思い当たる原因…を考える。
最後にその原因を除く(あるいは変える)にはどうしたら良いか?

…という流れで考えてみました。



以下、基本的には最近のテーマの焼き直しです。
(一部順不同です。 2本目走行中やあとになって気付いた点もあります)


ちなみに相変わらずの我流の珍思考回路(笑)に基づいておりますので、
ご参考にならない場合が殆どだと思います。

その点ご理解いただけますと幸いです。m(_ _)m



倒し込み後に曲がらない止まらない

ここではピッチングのGと一次旋回開始での遠心力が
働いている筈ですがこの一本目は、
フロントの入れ具合や減速度合を
ブレーキのみに頼り過ぎていた気がします。

今のフロントの仕様だと
●ブレーキというよりはバンキングでゴリゴリ止めちゃって良い
●これだと止まりも強いし、しっかり曲がってくれる
イメージなのですが、まだそれが定着していないようです。

ここ最近は、
内ヒザを開きはじめるタイミングをかなり遅らせ
(=ヒザで地面を探り過ぎない)ているのですが、
今回は意識の仕方を間違えたか力み過ぎたか、
内ヒザでマシンを挟み過ぎてバンキングを阻害していたかもしれません。

あとは従来の
・真直ぐブレーキで待ち過ぎて、真っすぐ奥まで突っ込んじゃう
⇒倒し込み開始直後に一気に曲げちゃう
 (=過減速なのでこれが出来てしまう。向き変えポイントが手前過ぎてコーナーの奥まで届かない
…という悪癖が抜け切れていない事も考えられます。


これは言い換えれば
ブレーキ開始でマシンが受けていた力(ピッチング)を、
タイミング良くかつ良い配分
横方向の力(遠心力由来の力)に受け渡しできていない自信がない)
…という事と思われます。


自信が無いというのは、
安心感が得られていない
…という事に由来するのかな? と。

前週・前々週は不安感無く走れています。

となると、
考えられる要素はたくさんありますが(セッティングや仕様など)
今回に関していうと
身体の向きや使い方に問題があるのかな?…と。

前週前々週は、この辺りで良い感触がありました。
(これは『骨盤の向き(=閉じ気味で。)』として後述します)


またこの悪癖でのテンポやラインが頭にこびりついていて、
(これだと進入側が真っ直ぐな『レの字ライン』を描くことになります。)
改善後のテンポだと
イン側縁石が早く近づいてくる感じがして倒し込みを躊躇
(あくまで『感じなだけ』で、実際好調な時はどうにでも調整できていました)
してしまっていたのかもしれません。


進入の角度が浅くなる(従来比での相対的なハナシです)のを
不安に思ってしまったのですが、
これは奥に進むに従って『巻いてくる感じ』(=描くRが小さくなってくる)
をイメージし切れていなかったという事だと思います。

これが分かってさえいれば、従来の悪癖でインプットされてしまった
ラインや縁石の近づき具合に惑わされずに、
躊躇せず『適切なレベルで思い切ったバンキングスピード』
作れそうな気がします。




イン側に重心を移しつつ倒し込み開始
マシンが受ける力の方向を良い塩梅で変換して旋回を引き出す感じ
(前述の『マシンが受けている力を〜横方向に受け渡し』…という感覚です)
…を実践するにあたっては、骨盤閉じ気味が調子良かった事を思い出しました。

なんで骨盤閉じ気味だと好感触なのかはまだ確固たる根拠が無いのですが、
マシンの寝かせ具合を調整する上で都合が良いのと
(倒し込み時でのバンキングのコントロール・開け始めでマシンを起こす動作の両方で)
あとは
マシンが受けている力を感じやすい・抗しやすい・マシンに力を伝えやすい
ような気はしています。



『調子を取り戻す』と『何かを変えて進歩する』
…は別方向にあることも多いような気はしますが…(^_^;)





このあたりをイメージしつつ、午後2本目(15:15〜)です!

がその前に。

走行直前にブーツのチャックが壊れました… (-_-;)
ソールももういい加減減っているし、そろそろ大往生?(笑)

修復を試みているうちに走行開始時刻。汗

仕方ないので足首部分をガムテでぐるぐる巻きにして応急処置(笑)
&走行開始です=3


自身としては予選タイムアタックの気分です。 まだ言ってるw

が、
頭で考えた事がすぐ実行できれば何も苦労はありません…

なにがおかしいんだなにが足りないんだ…?

走行を重ねます=3


まず1本目で躊躇・委縮したのを引き摺ってしまっている様子…

上体を積極的に動かせてない事に気づきます。

ここは比較的車速の低いM字右でアジャスト。
(ここでは極端に伏せている積りです)
ちょっと安心感が得られた(戻った)感じがします♪


ただ車速の乗ったポイントではまだ何かおかしいです…
まず分かり易い所から確認しないと…

あ…!

視線が定まっていませんでした。
ここ最近はクリップに接近する段階と、
クリップに接近した以降…で、くるりんと視点を切り替えるようにしています。

これが出来ていなかった様子…


こういう時こそ超基本、
…なポイントを振り返らないとならないかもしれません。(教訓)


あとは改善の糸口を掴みかけていた気がした8コーナー立上りも
今一つ上手く纏まりません…

空気圧を落として滑りづらくなるかな?
…なんて思っていましたが、8コーナー立ち上がりでは
 なかなかのヌルヌルっぷり…

ペースが上がらない割にはヌルヌル過ぎじゃね?
…と思いつつ走行を続けます。


ここでもあ…!

上体を積極的に動かそうと意識しなおして気付いたのですが、
開けよう開けよう
…とだけ考えていてマシンを起こす努力・工夫をしていませんでした。

それじゃぁヌルヌル太郎ですわ…とメットの中で苦笑い。


8の1個目と2個目の縁石の間では、
曲げを強めたい場合の上体の入れ方
立上りでは(マシンの向きを整えた上で)
マシンを起こしたい場合の上体の入れ方
…を、前述の骨盤の向きとセットで意識しなおしてみると…

うん。
進入でも立上りでも、骨盤を閉じ気味の方が感触が良いです。


副次的に8立ち上がりで内膝が閉じ気味になり、
あ、そうだ。 ここではもうマシン起こしてないとなんだ!
…と今更ながら思い出します。

これでやっと歯車が噛み合ったような感触がありました。




ただ色々と遅きに失した感は否めず、最後の周にやっと44.7を記録した後、
ガス欠症状…!?(純粋に燃料残が僅かでした…)

水温も高止まりなのが気になり5分くらい残して走行中止…

気温の高さに引っ張られたか、5月までの75℃前後から85℃前後になっていました…

三本目はもうちょっと気温が下がって条件が良くなりそうです。
ここは三本目に期待…という事で無理しないでおきました(^_^;)


予選(まだ言ってるw)で沈んじゃった気分を味わいながらも
3本目に備えてイメトレです。





午後3本目(16:15〜)


さて決勝レース、スタートです!  まだ言ってるw

ここで上手くいかなかったらもう首を括るしかありません。  大袈裟www




なにせ(本人的にはw)決勝レースですから、
最初からプッシュします! <(`^´)> 一週間遅ぇよ…とかは言わないでくださいwww




視線の送り方と切り替え  …OK!

ブレーキ開始から倒し込み開始までのテンポ  …まぁまぁ!

倒し込み開始での重心の移動(イン側へ…というイメージで)  …まぁまぁ!

その時の骨盤の向きと力の伝え具合、感じ具合、抗し具合
(無駄に内ヒザを開かない。 ヒザで地面を探らない)  …改善!これよこれ!

ブレーキの残し具合バンキングのバランス  …まだ甘い気もするけどまぁまぁ!

コーナー奥に進むに従って巻いてくる感じ  …左コーナーはOK! 4コーナーではまだ甘い!

上体を内下に落として最後にグッと曲げを強める
(身体ちゃんと動かせてる? & 重心ごと落とすイメージ!?) …まぁまぁ!

その流れで更に頭を落として内ヒザ閉じて(骨盤も閉じて)
マシンを起こして荷重が抜けないうちにガスオン出来てる!? …好感触!(特に8立ち上がり)


ここまで確認して、SSK予選時に意識していた
『思いっきり三原則』をやっと履行出来ました。(^_^;) 
※ やっと感覚戻った! ウキウキで乗れました♪


なお『思いっきり三原則』とは
●思い切って進入
●思い切ってバンクさせる
●思いっ切り上体を動かす
…の事です。(もちろん我流の思考回路に基づきますw)

※ こちらも超長文ですが、こちらの記事で『思いっきり三原則』…について触れています。




あと、
一個確認すべきポイントが残っておりました。
いちおう書いておきます。(-_-;)

1コーナー…まったくわからん!(笑)



というワケで1コーナーは捨てつつ探り探りで(笑)、
でも3コーナーから先はウキウキでアタックです!=3

2周目で44.5を記録した後は44.3〜44.6でのラップを重ねます。
やっとアタックしている中でも安定してきました。
イメージ 13



当初10周する積りでしたが、周回数をカウントし忘れ(笑)
7周ののち一休み。
(一呼吸置かないとこれ以上は出ない気がしました…(^_^;))

このあとのアタックで先程のタイムをコンマ1更新。
なんとか44.18まで出したところで走行時間終了です。(^^)






ひとり反省会

ミドルは久しぶり過ぎるので比較に値するデータが無かったのと、
今回走行の目的が直近の走りとの比較なので、
3コーナー辺りで適当にセクションを切って
新コースでのデータとミドルでのそれを同じ土俵に載せてみました。

赤線が今回走行時 (ミドル44.18 …2018.6.3)
緑線がSSK予選時 (新コース46.22 …2018.5.27)
青線がその前週、です。(新コース46.19 …2018.5.20)
イメージ 12




今回喜ぶべきポイント

●目的成就!(笑) だいたいSSK予選時の走りが再現できました♪
●各加速区間での加速が従来ベストと同等
…最近重視している『開け始めでのマシンの向きを整える』事が
 出来たような気がします。
左コーナーに関しては、ほぼベスト時の止め具合・曲げ具合を再現できた…?
…上記で長々と書いたポイント(笑)を抑えた上で、
 『思いっきり三原則』が履行できた。(…かも)
●7-8の処理の改善
…7-8進入までは従来ベストをほぼ再現できています。
 で、以下が今回の改善点なのですが、
 8の倒し込み開始から向き変え完了(≒開け始め)までの空走期間が減っています。
(8進入で切り返しタイミングが合った(=進入角度の改善!?)
 ⇒ スロットル戻し始めを遅らせる (7-8間で加速を極力稼ぐ
 ⇒ 身体を使って一気に向き変え(必要に応じてFちょい当ての場合もアリ?)
 ⇒ 内ヒザを早めに閉じてマシンを起こす+マシンを押し付ける(?)体勢を作り一気に加速(クリップ通過時の向き・開度でチェック)
 ⇒ 早期のシフトアップ+ギヤ上げてからの距離を稼ぎつつ9へ
●9はボトムスピードが若干アップ
(今回ベストの周はすこしオーバーラン気味でしたが、なぜか帳尻が合ったです…)



今回悲しむべきポイント(笑)

●4コーナーではまだ『止まらない曲がらない』の傾向が残っている
…倒し込み初期で止め過ぎ? 奥まで届いてない?
 ってことは、進入がまだ甘い?
 あるいは曲げを強めたいポイントで身体が使えてない?
●5コーナーの通過が若干劣化
…6へのアプローチが見えてないが故に攻めきれていない?
 6進入自体のバリエーションも少なすぎ!?
●6コーナー進入で、5/20の『奇跡の減速(笑)』が再現できなかった。
…5コーナーからの流れが出来ていないから? リアブレーキが弱い?
 倒し込み動作が詰め切れていない?
 あるいは一次旋回後期で身体が使えていない?
●最終通過時の回転がちょっと低い
(緑線での加速が出来た時は、マシンを進められた気がします。
 この『マシンを進める』という感覚を再現するにあたっては、
 なにをどうすれば良いのかまったく見当がつきません(笑))



あ。
あとは今回の目的(前週前々週との比較)とは直接は関係ありませんが、
ミドルの1コーナーこそ悲しんでおかないとです。(^_^;)

●進入でギャップに乗って怖くて仕方なかった
●車速が乗った状態からの減速と曲げがどうも怪しい。
(これは日光でのセクター1の遅さにも通じる気がします…)
●進入でミスっているので、バンクを増せない
 & 曲げを強めたいポイントで身体を落とせてない。
●クリップ位置・開け始めでの向き、両方とも定まっていないので
 立ち上がりで開けられていない。
(開けられないからGが少ない≒上体を落とさなくてもなんとかなっちゃう
 ⇒3進入が遅い)



長文過ぎてどこに突っこんでよいかもはや分からなくなっちゃったので(笑)、
ここで三本目のオンボードを貼っておきます。(^_^;)




自分勝手に切ったセクター2(3コーナー以降での区間)でのタイムを比べ、
今回走行が新コースで概ね何秒レベルか考えてみます。

赤が今回走行時 (ミドル44.18。 sec2は30.908 …2018.6.3)
緑がSSK予選時 (新コース46.22。sec2は30.786 …2018.5.27)
青がその前週、です。 (新コース46.19。sec2は30.911 …2018.5.20)
イメージ 11


上表から読み取れる概ねの傾向で見ると

sec2のタイムで
〜30.9くらい…新コースでは46.2〜46.6
〜31.2くらい…同、46.8〜47フラくらい

…な感じがします。(自分にとって都合よい解釈ですwww)


今回の走行を新コースに置き換えて考える場合、
1・2コーナーで大きなミスをしない前提で考えると
トータル8周(連続7周+単独1周)のアタックのうち

46前半〜中盤が3周くらい
46後半〜47フラが5周くらい

という感じに換算できるかもしれません。



個人的には
ミドル+2.5秒=新コースのタイム
…と思っているのですが、
 上記の換算で考えると今回に関してはミドル+2秒=新コース

…となるのかもしれません。

となると、
ミドルの1コーナー遅過ぎです…(笑)
(ホント全然判らなかったです…
 決まったと思える周が一回もありませんでした…汗)



とはいえとりあえず
当初の目的
(SSキラーズでのリベンジ = 少なくとも予選時の走りを再現する)
は最低限達成しました〜♪
※ 結局自分に甘いですwww


ただし残念ながら
必死に走ってなおかつ上手い事ハマった暁には46前半までは出そうですが、
あとコンマ数秒(45台突入!)は現状のままだとかなり遠い気もします…(^_^;)


いよいよ梅雨入りしてしまいましたし、
8月頭のXデー(笑)に向けて家族サービスも忙しくなりそうです…
(Xデーから数か月は、家族全員でお出かけ…が出来なさそうなので。)

7月頭までは
この世の終わりくらいの勢いで遊び倒してやろうかと思っておりましたが(笑)、
いざこの時期を迎えてみると結構厳しいかもしれません…汗


今回も長文になってしまい恐縮の限りですが、
『いったい次いつ走れるの?』…という不安もあり
走りながらのアジャストに関する部分は
記録できることは全部残しておこう、という事でこうなりました。

今のところ次回走行予定は未定です…(ToT)/~~~



今回も長文失礼いたしました。m(_ _)m

それでは皆さま、良い週末をお過ごしくださいませ★

この記事に



タイトルがちょっとトーンダウンしておりますが(笑)、
2018・SSキラーズ参戦記・決勝編です!

イメージ 1
※ n-4さん撮影。 ありがとうございます!m(__)m
※ この画像をご覧になって『アレ?』と思われた方、正解です。 そういうコトです…(^_^;)



予選では、ほぼ現状ではベストのタイムが出せ、2番グリッドを獲得!
この出来過ぎな展開を活かせるか?
それともまたまたネタのデパート開店か?(笑)


今回も長文ですのでご了承&お覚悟頂けますと幸いです。m(__)m




まずは
予選終了後から決勝前までのひと時…です。


当日は笹山だんごさんが
かき氷・焼きそば・タコ焼きの屋台を出しており、
同行のミニ達にとっては
お祭り気分になれるうきうきスポットです。(^^)

一日付き合せるとなると、どうしてもガス抜き(笑)が必要になるので
こういう出店は本当に有難いです!

もちろん利用させて頂きました♪
※ 4歳女児、かき氷完食してましたw
※ おとーさんちょっとあげるー! …なんて言ってくれましたがこれはいつまで続くのか…(笑)
  スプーン共用とかマジ勘弁、とか言われる日が来るんでしょうきっと…汗
  あ、かき氷、食感がよくウマかったです(^^) どうやら途中で売り切れたようです。



サーキットツーリングには、はっぴーさん
ニューマシンでご参加!
イメージ 2


以前、超本気仕様のモタ車(たぶんエントリー車両)でタンデムで参加していた
車両があった気がします。
いつかミニ1号2号を乗せて参加しようかな?…と思っていたりします(^^)
※ 3ケツ、って意味じゃないです(笑) 交互にってコトです(^^)
※ 公道ではたまに乗っけています。 本人的には結構楽しんでいるっぽいです。


ナムさんもいらっしゃっていてテンションが上がります!
イメージ 3

R1-Zを駆り2スト最高峰クラスのマルチ2に参戦なさっていた
乗れるし撮れるし…という御方です。

決勝は気張って良い所を見て頂かないと! …さてこれはフラグか否か…w



他クラスもちょっとだけですが見学。
ムーチョさんがポール獲得!(ノービスB)
いいないいなー(羨)
イメージ 4


twin4のバチバチな感じも楽しそうでした!(^^)



しばらくウロウロした後にお客さま。

梅チュウさんがいらっしゃいました!
ブログでは以前からお世話になっていましたが、
実際にお会いするのは初めてです♪

気を遣って頂いちゃってあまり長話はできませんでしたが、
今度は一緒にミニ練できるといいっすね!
(そろそろTZR、ひととおり整備しないと…)
是非ゆっくりとお話させて下さい(^^)
その時を楽しみにしております♪

あと超タイムリーな差し入れまで頂き、
ありがとうございました!m(__)m


予選−決勝間は、お昼を挟んでインターバルがけっこうあるので、
色々な方とおしゃべりタイム…でのんびり過ごしました(^^)






さて。
そろそろ戦ぢゃ! 鼓を持てーい!
…というタイミングでミニ2号がトイレー…と。(-_-;)

うむ、やはりこのタイミングで来ましたか… ※よくあるパターンですwww

世が世だったら打ち首モノ(笑)ですが、
でもまだ時間はちょっと余裕あるし。

…なんて思っていたら想像以上の巻き進行だったようです。汗



ちょっと前に出撃した#31・ミッチー兄さんを横目に

お、なんだかヤル気満々すな♪
がんばってね〜 (^皿^)

なんて他人事のように呑気に構えつつ、
こちらもちょっと遅れて出撃。


で、
意気揚々とウェイティングエリアに向かうと…


…え!? キョロキョロ


誰も居ない…


まさか… 滝汗



うわぁぁぁ! \(゜ロ\)(/ロ゜)/

もう皆さんグリッドに整列しています…

戻して! 誰か時間を戻して!




全く想像すらしていなかった大遅刻!

大混乱のまま急ぎグリッドへ=3
(たぶん悪目立ちしていたと思います…汗)

グリッドに着いたら私の紹介は既に終わっていた様子…
せっかくのフロントローだったのに…(T_T)



あとで聞いたらミッチー兄さんもプチ遅刻していたようで…(笑)
兄弟揃ってやらかしてしまいスイマセンでした…m(__)m



てかなんだコレ。

血か…? 

我々に流れるは呪われた血なのか!?



落ち着け! 落ち着け自分!


ゲートクローズ+ピットスタート …にならないで済んだだけ、
幸運だったんじゃないか?

あとはスタートにあたっての懸案事項、
●フロントカックンをビビらない
(うちのNSちゃん特有の癖(?)です。 ビビるとストールします。)
●超ソフトタッチなクラッチ操作
(でもある段階から先は素早く) ←まだ完全に把握していないのでアバウトw
●あとは発進後の操作
(フル加速&セカンドへの際のギヤ抜け注意。左足の準備)
…に集中し、脳内を占領して過去はもう捨てる(笑)事としました。


あそうそう。
一回くらいバチン!…と出足で飛び出すロケットスタートを決めて
みたいモノですが、上記はそれをひとまず諦めている『妥協案』
であることを追記しておきます。(^_^;)





で、
選手紹介の後は、1周のウォームアップランです。

発進時の癖を最終チェックする大事な機会…

赤旗退去 ⇒ 旗振動(?)で全車スタート!


思っていた方法(?)で、酷いストールは回避できそうです♪
ちょっとミートが慎重過ぎて出足が鈍いか?
…と言う部分はありますが及第点な発進です。

本番では超集中!
…で、もうちょっと詰めてみよううんそうしよう。 …伏線?w

本番でもこの位のポジションで走れれば
序盤の混乱に巻き込まれなくて嬉しいなぁ…
…という3番手で走行。

ウォームアップランは通常、
なるべくペースを上げちゃったほうがその後の調子が良いイメージでいますが、
今回はやらかしちゃった太郎(遅刻)なので
トラブルを妙に警戒してしまい安全運転…汗
※『過去』を捨てきれていないです…w

あとで後方カメラをチェックしたら、
ビタ付けされてました…

これじゃウォームアップにすらならないですね…
後ろの方ゴメンナサイ…汗





さて。

グリッドに着きいよいよ
決勝レース、
スタートです! <(`^´)>やったるでー! ←何を?w

整備もマシン造りのスキルもまだまだ全然ではありますが、
NSちゃん、最近妙に身体に馴染んできた感じがあります。
自分の身体を預けるに充分すぎる相棒です。(いまのうちに語りモードwww)

NSちゃん、今日もよろしく頼んます(^^)



赤旗掲示。
イメージ 5

発進時の操作(上記)を思い返します。超集中で!
クラッチが切れきらない時があるので、それを警戒して抑えます。
この段階では右手の操作を早まり過ぎずに冷静に。



赤旗退去。

このあと、レッドシグナルが点灯し、
さらにそのあと『消灯した瞬間』にスタートとなります。 
※ もう完全にフラグですね…w



レッド『点灯』…



よしきた!!!!!

っジャッストミィィィー!!!!!



…じゃないよバヵバヵバヵ自分のバヵ! 

うわーやっちゃいました!(滅)



大慌てでマシンを止め、
レッド『消灯』に備えます。(-_-;) あぁ終わった…

※ 後ほどリンクを貼る桶子さん撮影の動画に、この一部始終がバッチリ収まっておりますwww

視界の左端に#36・Tさんが映ります。
2番グリッドなのにワタシ、ポールの御方より前に居ます…
リアタイヤ後端がグリッドの線くらい!?
一車身くらい出ちゃいました…滝汗
※ 本記事冒頭の画像がソレです…




ここでレッド消灯! 全車スタート!!!


お約束の失敗をカマし恥ずかしさ全開…でヘンな力を発揮したのでしょうか?

レッド消灯に対してちょっと反応が遅れ、
しかもフロントカックンもしましたが
アクセルとクラッチ操作自体はほぼ完璧。
(このくらい自画自賛しておかないと立ち直れないのですw)

全繋ぎへの移行と
ミート完了(一瞬)後のフルスロットル具合は文句ない出来♪
(このくらい自画自賛しておかないと立ち直れないのですw)

あとから桶子さん撮影の動画を拝見した際に判ったのですが、
フィニッシュライン通過時あたりで、
フロント微上げの完璧なフル加速!
(このくらい自画自賛しておかないと立ち直れないのですw)
イメージ 6
※ Twitter上からの頂き画像。 ありがとうございます!m(__)m


左足を予めセットしておいたお蔭でセカンドへの入りもばっちり!
一歩抜け出します!
イメージ 7
※ n-4さん撮影



こういう時に限って自分史上最高のスタート…
パワーに勝るNSRやCB-1に抜き返される事無く1コーナーへ進入、



ホールショットです!
(でもフライング)
イメージ 8
※ Twitter上からの頂き画像。


というか、
先頭でピクリして皆さんを惑わせた挙句、
1車身くらい前に出てからのスタートだったら有利に決まっていますね…滝汗

皆さま混乱させてしまい申し訳ありませんでした…m(__)m



さてレースの方に戻ります=3



まぁまず黒旗は確定でしょう…

2周目突入時点で念のため黒旗チェック。
その周が終わったらピットイン、となるでしょう。

インチキ臭さ満点なホールショットでしたが生涯初の経験。 
前に誰も居ないのが不思議な感じです。

せめてピットイン直前(2周目後半)まではトップを走ろうと決意。

但しブロックラインは無し!
(というか最近の突っ込みだとインを締められないです…汗)

もし抜かれたら自分が遅かっただけ。


そんなことを考えつつ、これは1周目だ!
…と自身に言い聞かせて2コーナーへアプローチ。


後ろからは甲高いインライン4と思われる音…
圧倒的なタイムでポールを獲った#36・Tさん(NSR250SE)
も、ほどなく迫ってくるでしょう。

2コーナーで失敗したら3で刺されそうです。
昨年の最終戦でたなますさん(NC30)に見事に刺された記憶が蘇ります。(^_^;)


2コーナー
大きな失敗なく通過。
が、3までの加速区間でシフトミスをして肝を冷やします。
イメージ 9



3コーナーは…
ちょっとラインを外にはずして刺されかけましたが
なんとかトップ(?)死守!
イメージ 10※ ナムさん撮影 いつもありがとうございます!m(__)m

イメージ 11※ n-4さん撮影 ありがとうございます!



なお6番手くらいの集団はこんな感じだったようです…
超混戦…汗
イメージ 12※ Twitterからの画像



4コーナー
ここもインは締めません。(というか締められませんw)
自分なりのベストラインで好き勝手に進入。

やた!

4コーナーでも先頭キープです!
イメージ 13
※ 桶子さん撮影動画よりキャプチャ。ありがとうございます!



余程大きなミスをしない限り、1周目の順位はほぼ確定です!
次に警戒すべき箇所は9コーナー進入!?


5から6進入まで
会心の出来からはほど遠く普通。


6-7コーナー
流れはOK。


7コーナー
曲げが早く終わった!?
それとも開け始めでの向きが整った!?

7-8を直線的に加速。
ここは(本人の体感的にはw)会心の一撃♪
(このくらい自画自賛しておかないと立ち直れないのですw)



8コーナー

ここでの
・進入から倒し込みのテンポ
・倒し込んでからの曲げ(マシンを出口に向ける)
・開け始めのタイミングと開け具合
は、予選時の良い感じを再現できた気がします!

たぶん7-8立ち上がりの流れも会心の一撃♪
あとから確認したオンボードでは、ちょっとですがギャップを築けたかも!?
(このくらい自画自賛しておかないと立ち直れないのですw)
イメージ 14
※ 後ほどリンクを貼る動画からキャプチャさせて頂きましたm(__)m




そして
運命の(笑)9コーナー。

ここのところ
最終コーナーはラインを浅く取れてるし、
そこそこ開けている…積りです。

…となると詰めるべきは9立ち上がり!?


9立ち上がりで車速を乗せておいて、
最終を従来より底上げした車速で通過する目論見です!
※ 言うは易し


後ろから迫るインライン4と思われるマシンにしても、NSRにしても、
とにかく最終をベストで立ち上がらない事には、
1コーナーでインを突かれること必至です。…滝汗

この日は9-最終の切り返しで上体が遅れる事が無く好調と感じていました。
※ 自分比でのハナシですw

そこにきて9進入ではちょっと減速し過ぎて
本人的な理想から比べると若干向きが早く変わっちゃいました。

こりゃむしろ好機!? ならやってみますか!…と。



早目のタイミングでガスオン!

最近、立ち上がりでリアを滑らせることは無かった(8コーナーでの微小な『ぬるぅ』…は除く)
ので開け具合もワイド気味でイケるハズ!


これで2周目もトップを死守させて頂きます!
(そのあとピットインさせて頂きますw)



括目せよ!

エブリボディー。
ウォッシュユアネックアンドウェイトね♪(ΦωΦ)キラーン!
(日本語訳:皆さま。首を洗ってお待ちしております。)




あ…。

上に書いたヤツやっぱりナシ! 
取り消し!
括目しないでくださいお願いします。m(_ _)m

イメージ 15



コミ●さん、ファーストコンタクトでは効いていたかもしれません。
これが無かったら首を痛めていたかもしれません…
(でもこの直後、コ●ネさんは吹っ飛んでいきました…)


生涯初のハイサイド。

リアを滑らせることすら殆どなかった身としては
やっとこのくらい開けられるようになったんだ!
…と自分を慰める位しか思いつきません…(^ω^;)


そして。
ナムさんが分解射出の決定的瞬間を撮って下さっていました!
流石ナムさん!

以下シーケンスでお楽しみください(?)。

およ!?
イメージ 16


射出!
イメージ 17


絶望の瞬間…
イメージ 18


身体捻じって受け身!?
イメージ 19


メットがぁぁ! (T_T)
イメージ 20


とーきーのなーがーれにーみーをーまーかせー…
イメージ 21


後ろ回りなんて、ガキンチョのときやった以来…ですw
イメージ 22




頭打ったせいか? 混乱していたか? 焦っていたか?

足をくじいたり(画像内赤矢印w)このあとまたすっ転んだり…(^_^;) (この直後w)

※ 後ほど張っておくオンボードに一部始終が映っています。
イメージ 23



オフィシャルの方の指示に従い、マシンを押して9コーナーポスト傍に退避。




身体は動くしマシンのダメージも軽微でしたが、
軽くながらも頭を打っていたので無理せずリタイアとしました。
(本人の意識としては何ともなかったのですが、
 一時的に平衡感覚が狂ったりしていても危ないので…
 てかマシンに駆け寄る時にまたコケてるし…w)


なおやはり黒旗はしっかり準備されていたようで、
メインポストのオフィシャルの方が
あれ???
…って、なってらっしゃいました…
そりゃそうなりますわな… ※ 桶子さん動画であとから確認…(^_^;)



さて退避後、
9コーナーポストにいらっしゃったオフィシャルの方が
『イス座りな〜』とか超優しくして下さって心に沁みました…

いちおうその場で最低限のお礼は言っておきましたが、
レースが終わってから改めてお礼をしておけば良かったと後悔です…

こういう気が利かない所が、30代OLあたりからモテない理由なんでしょう。 ←オイw
うーん、ダメだな自分。



以上、
結果的には何事もなかったのでふざけて書いちゃいましたが、
マシンから放り出された後、人間はライン側に転がっていきました。
イメージ 24
※画像は7番手走行中の#56・ビンセントさんのオンボードからキャプチャさせて頂きました。m(__)m


2番手走行中の#29・野良犬さんをはじめ、
上位走行中の皆さんが上手くかわして下さらなかったら
結構な事になっていたかもしれません…
(先程のナムさん撮影のシーケンスを見ると、皆さん反応早く進路変更なさっているのが良く判ります。)


同クラスを走行中の皆さま、オフィシャルの皆さま
たいへんご迷惑をお掛けしました。

申し訳ありませんでした…m(_ _)m





インチキ臭がプンプンと香ってきますが(汗)、
トップを走れる機会なんてそうそうありませんので、
オンボードを載せておきます(^_^;)


というかですね!
NSちゃんがトップ快走(怪走?)しました!
(1周も持ちませんでしたし、そもそもフライングですが…(^_^;))
(あとしつこいですが、このくらい自画自賛しておかないと立ち直れないのですw)


NS250R・決勝オンボード





これがレースと言ってしまえばそれはそれかもしれませんが、
このまま挨拶も無しとなると自分も気持ち悪いし皆さんにも申し訳ないし
…ということで、決勝レース後に謝罪行脚… 


最低限とはなりますが、
転倒の瞬間、近くを走っていた上位陣の皆さまをはじめ、
一部の方とはご挨拶できました。


こんな状況でしたが皆さま優しく接して頂き、感謝感謝です。
ありがとうございました!m(__)m


ご挨拶(てか謝罪…汗)の積りで伺ったのですが、
折角なので(?)マシンも撮らせて頂きました。 そこらへんは図々しいw



予選で圧倒的なタイムを叩き出し、ポールトゥウィンを果たした
#36・Tさん(NSR250SE)
予選で後ろから拝見する機会に恵まれましたが、ちょっと格が違いました!
イメージ 25


すぐ傍には7位フィニッシュの
#71・Oさん(R1-Z)
桶スポで2ストとなるとNSRが過半な中、やはり目を引きます!
イメージ 26


さらにお傍にもう一台。
#31・ミッチー兄が後ろから勉強させて頂いていたと思います。
18位フィニッシュの#60・Hさん(NSR250)
イメージ 27



2位フィニッシュの#9・かないさんはMC18!
桶スポでは少数派な、まっすぐスイングアームです!
あともしやそのフロントタイヤは…!?
イメージ 28


すぐ傍には4位フィニッシュの#2・にんにんさん(CBR250RR…MC22)
TZっぽい超ショートなシートカウルが個人的に激萌えな一台です。
イメージ 29



3位フィニッシュの#29・野良犬さん(CB-1)
いま五体満足で呑気にブログなぞ書いていられるのは
この御方のお蔭といっても過言ではありません。
(上手く避けてくださいました)
イメージ 30


すぐ傍には17位フィニッシュの#81・Iさん(NSR250R)
ゼッケンカウルのスリットがナイスな雰囲気です!
イメージ 31


5位フィニッシュの#99・がめしゅんさん(YZF-R3)
私に惑わされ(汗)、大半の方が安全なスタートを切っていた中、
見事なロケットスタートを決められてジャンプアップ&入賞です!
イメージ 32



6位フィニッシュの#91・リアルゲコタさん(CBR250RR…MC22)
画像が前記事と重複でスイマセン汗
プログレス初挑戦でさっそく入賞、素晴しいです!
次も楽しみっすね♪
イメージ 33



8位フィニッシュの#56・ビンセントさん(スパーダ)
早期にオンボードをアップして下さっていたお蔭で
転倒直後の状況が良く分かりました。m(_ _)m
イメージ 34



10位フィニッシュの#84・シノノイさん(390DUKE)
練習走行時に勝手に後ろで勉強させて頂きました。
高年式の外車を見ると緊張します(^_^;)
オレンジの似合うマシンは無条件にカッコ良いです♪
(最近80sに侵されていますが(笑)、元々この系統のマシンが好きです♪)
イメージ 35



11位フィニッシュのデイトナさん(CBR250RR…MC51)
画像が前記事と重複でスイマセン汗
いやー、分解さんのお蔭でスタート、冷静になれましたよ〜♪
…って。(笑)
どうやらこんな私でも人様のお役に立つ事もあるようです…(^_^;)
イメージ 36



同クラス全員の方とはご挨拶叶わず…でした。
ここに載せられなかった皆さまスイマセン…





≪ちょっと反省というか言い訳というか…≫

遅刻
…SSKでは、巻き進行はデフォルトなので、
 もっと注意しないとです。
 (10分以上レベルの巻きも有り得る。進行状況を随時チェック)

ピクリ事件(笑)
…発進時の操作とその後の展開に集中し過ぎて、
 シグナルに対して集中してなかった気がします。汗
 本人は冷静な積りでしたが、
 なんだかんだ遅刻騒ぎ(笑)で動揺していたのかもしれません。

9コーナー立上りでのハイサイド
…思い当たる原因を下に挙げておきます。
 おそらくこれで、次回以降もビビらず走れるかも!?

・少しでもマシンを走らそうと、リアの空気圧を推奨より高く設定していた。
進入が遅くなって曲げが手前に来てしまった分、
 立ち上がりで帳尻合わせ(早く速く開ける)を極端にやり過ぎた。
・向きが変わっていた積りだったが、あとから確認したらかなりバンクが
 残っていたので、実は鼻が出口に向いていなかった疑惑もアリ。
・メーターパネルに映るメット位置から判断するに、
 ガスオンの直前に上体を入れておらず、
 荷重が抜けていたりマシンを起こせていなかった可能性もアリ。
 (早目だった右手の操作に対し、身体全体の動きは普段のタイミングのままでシンクロしてなかった)
・トップを死守しようと、なんだかんだ焦っていた。



そういえばミッチー兄さんもこの日転んでいたような…プププ(練習走行)


ってもしや!


これは血か…? 

我々に流れるは呪われた血なのか!?




あとでオンボードを見たら、
#29・野良犬さん(CB-1)に突かれまくっていました…
完全に蓋をしちゃってた状況と思われます…(^Д^;)

いつでも抜けそうだからとりあえず様子見、
…という雰囲気すら感じられました。(勝手な感想ですが…)

他の2スト勢や400と比べて非力なマシンでコーナーで頑張っている
積りでしたが、まだまだですね…(^_^;)

※ 私が消えてから、上位3台は予選タイムを大幅に上回る
  45秒台中盤の戦いをなさっておりました…(((((゜ロ゜;)





さてもう出すのやめようかとも思ったんですが(笑)、
リザルトです…(-_-;)

イメージ 37イメージ 38



リザルト表の最下段を、兄弟で占めるという快挙(愚挙)。(-_-;)


なんだこのバヵ兄弟…w




ってもしや…


これは血か…? 

我々に流れるは呪われた血なのか!?



あ、あとそういえば。
リザルト表の下に
『#70はジャンプスタートをした為…』
というくだりがありますが、

正確には

#70はジャンプスタートをした為、ピットスルーペナルティーとした。
だが彼がピットに戻ってくる事は二度となかった…

…あたりが妥当かと思われます。(-_-;)




決勝レースだけで
遅刻・ジャンプスタート・転倒… 
…の三冠王。

大変失礼いたしました…m(__)m



てかSSK出禁レベルじゃね? …滝汗

こんど桶スポ行ったらそれとなく聞いてみよううんそうしよう。汗






表彰式のあとは、ミニ達お待ちかね!
…のじゃんけん大会。

今回も子供パワー炸裂。(笑)
周りの大人の方に気を遣って頂き、
NUTECのパークリを頂きました。 ありがとうございました!
イメージ 39



撤収作業は(もw)相変わらず最下位レベルでしたが、
そのお蔭かお隣だった#5・Oさんから『これお子さんたちに〜』
とお菓子を頂いたり、
かき氷や焼きそばの屋台でお仕事なさっていた方が
お仕事後にわざわざ出向いて下さったりで、
最後の最後まで皆さんに良くして頂き素敵な一日となりました。m(__)m


…と。
自身のレースはまぁアレでしたが(笑)、
本日はじめまして…なプログレスの皆さまをはじめ、
いろいろな方とお話が出来て楽しく過ごせました♪
(レース日でないと会えない方も多いので、貴重な機会だったりします(^^))


当日ご一緒した皆さま、ありがとうございました!m(__)m






≪各種リンクについて≫

…全てはここから始まる。(要はトップページってコトです)
 どんどん上書きされはしますが、TwitterやFB情報なども載っています。

…レース情報・リザルト・レポート・フォトギャラリーなどへのリンクがあります。
 (まだリンクが貼られていない場合は、下記URLに直接どうぞ!)

…公式練習・予選タイムアタック・決勝レースすべてのリザルトが見れます。
 ログインすると更に個人のラップチャートもチェックでき、情報の宝庫!

…桶スポのカメラマンの方がお撮りになっています。
 ほぼ全クラス全車を網羅しており、クオリティーも高いです!
 一般人は入れないコース内からのアングルが多いので貴重。
 本記事では皆さんの走行写真を載せられなかったのでこれは要チェックです!!!

なおTwitterで#桶スポ写真…で検索すると、
オフィシャル以外での画像も多数です!
重ね重ねとなりますが皆さま、ありがとうございます!m(__)m

…純粋におもろいです(^^)
 SSキラーズのRQは『お飾り』じゃないのがよぉーく分かります。
 というかですね、この記事内で跨ってるマシン、
 もしやはっぴーさん号では!?(だとしたら超羨ましいwww)


●外からの映像


(フィニッシュラインちょっと後ろから)
…トップ・セカンド集団が中心。 引き気味の映像なので
 スピード感やギャップの詰まり方開き方が非常に分かり易いです。 
 画質良くブレもほぼ無いキレイな映像。


1コーナー先から撮影なさっております。
 スタート時に私のフロントがぴょこぴょこしてるのが良く分かります。(笑) 
 1、4コーナーと3コーナー進入が中心です。
 固定アングルで全車参考になります。


…フィニッシュライン先から撮影なさっております。
 よーくみるとフロント上げながら加速してるのが分かります♪
 (私にとっては、数少ない自分を褒めてあげたいポイントですw この動画に慰めてもらってますwww)
 1周目はワタシ中心!?(ありがとうございましたm(__)m)
 2周目以降は桶子さんのお知り合いの方を追っています。


…1周目時点で7位を走行なさっていて、
 9コーナーでのその後(?)がよーくわかります(^_^;)


接戦のグループが複数あったので、
各車のオンボードがアップされると楽しみ&非常に参考になりそうですが
私の検索能力の問題か、まだ発見できておりません…

ここに挙げた以外にも多数動画やブログ記事などがあると思います。
(個人的には野良犬さんのオンボードが見たいです(^^))



しかしはぁ…
近いうちにひとりSSキラーズ(居残り練ともいう(笑))
をやんないと成仏できんですね…(笑)


まぁ終わったことは終わったこと。
ハイ!
次行ってみよー! (カラ元気w)


最後にそれっぽい画像を貼ってお茶を濁しておきます♪
(印象って大事なんでwww)
イメージ 40
※ 桶スポオフィシャル画像より


コレできっと『ちゃんとレース走ってきたヒト』
…という印象を皆様に植え付けられること必至♪(違)



今回も長文にお付き合いいただきありがとうございました。m(__)m


それでは皆さま、良い一日をお過ごしくださいませ★


この記事に



まずあらかじめ…汗
今回も長文必至です、スイマセン。m(_ _)m


2018.5.27(日)にテルル桶川スポーツランドで開催された
SSキラーズに参戦してまいりました!


さて。
マシンは勿論NSちゃん(NS250R)、
お邪魔したクラスは中級クラスで激戦区(今回エントリーは…20台…!)
PROGRESS(プログレス)となります。
イメージ 1

※ 桶スポオフィシャル画像 …SSK参戦の楽しみのひとつです。 ありがとうございます!







まずは毎度毎度お読み頂いている皆様に
コレ要らないっすよね?
…なんてお伺いを立てつつも結局ゴリ押しで突っ込んでいる(笑)、
ここまでの経緯&準備編です。



進入時のフロントに安心感が無く突っ込めずに不発続き…
どう頑張っても47.5止まり…(2018.5.13まで)

このままじゃイカん!
…というコトで5/20も練習を強行。
(そろそろミニ達が一揆を起こしそうな予感がします…www)
フロントタイヤを替えてベスト更新(46.19)!…となるも翌周で転倒。
イメージ 2

その後復帰するも46.8〜47フラ付近で走行。

とはいえ、
現状の実力からすると、この46.8〜47フラ付近…が妥当な感じ!?(^_^;)



最低限の準備は整った感じでしたが、
残る不安はスタートです…

ゼロ発進時には
フロントカックンからのストール
が定番になってしまっています…

5/20の練習走行時にも試してみましたが
スタートに関しては相変わらずの調子でした…(^Д^;)

この際のオンボードを眺めていて、思い当たる点が見つかったので
ナンバー付き、という特権(?)を活かし
テストコース(笑)でスタート練をしておきました。

スタート時のマシン側の癖を… 
…ちょっとですがついに掴めた気がします♪

なぜか本番では謎の好スタート…
…となるのもこの癖とリンクしている気が!?


マシン側の準備としてはもう大体整っていたので
ミッションオイルの交換だけで済ませておきました。
(というかこの時点からの仕様変更は、大したデータを持っていない私にとっては怖いです(^_^;))

虎の子投入!
イメージ 3


ストックがそろそろピンチなので、
当日にシマユウさんにお世話になる予定です(^^)
※ 今まで幾度となくお見掛けしていましたが、今度こそついにちゃんとご挨拶叶いそうです♪


あとは各部の緩みチェックや
ガムテチューンで遠目からの体裁を整えて(?)おきました。
イッツァ白ガムテマジーック♪ ←『♪』じゃない気もしますw
イメージ 4





レース前日はミニ達のガス抜きでした…(^_^;)

なかなか良い河原があると聞いていたので、
ちょっと下見程度の積りが、川エビを乱獲したりでミニ達はご満悦。
イメージ 5


都幾川まで足を延ばすのは止め、其処でのんびり…です。

ここはちょうど墓の傍だったので久々にちょっと墓参しましたが
思い付きで寄ったのもあり、線香も花も忘れる始末…汗


本来5/27はアニューアルな予定が入っており、オヨメサマに
土下座する勢いで日程をずらしてもらった経緯があります(^_^;)

というワケで
夜は夜で接待攻勢というか買収工作というか…
(牛■ビュッフェで家族全員ぐっぷり…w)






さて。
そんなこんなで前日までに積み込みが済ませられる訳もなく、
当日早朝(3時www)に積み込み開始=3

いつも通りのこんな感じです(笑)
イメージ 6



今回同クラスにエントリー(=敵w)のミッチー兄さんと合流し
6時くらいに現地着。
イメージ 7
※ 想像より今回は車列が短かったです。


事前に芝生村(?)にお誘い頂いていたので
6時着でも充分に余裕のある到着です(^^)
※ りょうさんありがとうございました!


朝は忙しいのでサクッと展開=3
イメージ 8


本日も問答無用で帯同となった(スマンね〜汗)ミニ達に荷室スペースを
なる早で開放する為でもあったりします(^_^;)




≪今回のご近所さま≫

#48・Sさん(RM-Z250・MOTARD-MID)
イメージ 9


#31・ミッチー兄さん(Goose250・プログレス)
イメージ 10


#5・Oさん(CBR250R・DreamCup-B)
イメージ 11


#51・うまたろうさん(CBR250R・ノービス)
イメージ 12


#55・りょうさん(Ninja250SL・twin4)
#55・桶子さん(同上・ノービス)
イメージ 13


#1・bruchsalさん(TT250R・ノービス)
イメージ 14


#98・ムーチョさん(CBR250R・ノービス)
イメージ 15


#72・みのむしさん(Ninja250SL・twin4)
イメージ 16


#5・スガヨシさん(ZZR250・twin4)
…奥にある赤いマシンは#79・ナベックさん(YZF-R25・twin4)
※ 当日はタイミングが合わず、ご挨拶できずに失礼いたしました(^_^;)
イメージ 17


ZZR、二本出しがカッコ良かったのでもう一枚♪
イメージ 18






≪芝生村以外の知り合いの皆さま≫
(ゲコタさん・デイトナさん以外のプログレスの皆さまは後ほど、決勝編で紹介させて頂きます)


#91・ゲコタさん(CBR250RR(MC22)・プログレス)
イメージ 19

…が、
どうしてもこっちに目が行っちゃいます(笑)
イメージ 20


#75・デイトナさん(CBR250RR(MC51)・プログレス)
イメージ 21


#4・n-4さん(Ninja250SL・twin4)
イメージ 22


#7・FKMさん(Ninja250SL・twin4)
イメージ 23


#74・部品さん(NSR250R(MC21)・multi2)
イメージ 24


#3・赤エヌさん(NSR250R(MC21)・multi2)
イメージ 25


#10・ナンジョーさん(FZR250R・multi4)
イメージ 26





受付を無事済ませ車検へ。
今回は車検官の方がNSちゃんに喰いついて下さって嬉しい限りです♪

デイトナさんとくっちゃべりつつ全員集合ストレッチ。
イメージ 27


その後は旗の説明。
イメージ 28

黒旗は初レース時に振られた黒歴史がありますwww
(その時はしばらく気付かず+気付いた時は動揺してコース外へ…滝汗)

古いマシンなのでオレンジボールだって無縁ではないかもです。

黄旗に関してはペナルティーも有りますので、
普段のフリー走行時から大幅に増設されているポストの位置を確認。

ふむふむ青旗はサービスフラッグなのね…
チェッカー+青旗のときはこうなるのね。

…などを復習しつつ。





さて練習走行開始(9:48〜)です=3

過密スケジュールにつき走行時間は6分と短いので、
この間にリズムを掴んでおかないといけません。

ウェイティング中、やけに腕がダルいです…(-_-;)
どうやら自分、緊張してるご様子…

この練習走行での課題は、
先週の走行に臨むにあたっての課題と同じとしました。

頭の中で復習復習…
脳内を忙しくさせて、余計なコトを考えないようにします(笑)

もうなるようにしかなりません。
ハラを括ってコースインします。

#84・シノノイさん(KTM390duke)の後ろで走行します。
※ ヒザを開くのをギリギリまで待って、ヒザで地面を探りにいかない方法を採ってみた…積りです。
イメージ 29

※ トリコロールキャットさん撮影 ありがとうございます!

シノノイさんは前年の最終戦でトップ集団で
最後まで接戦を繰り広げ、3位を獲得なさった御方です。
(私はこの時、遙か後方を走り6位でした…)

後ろから勉強させて頂く&コバンザメ作戦(?)でリズムを作るにあたっては、
素晴らしいポジションと思われます!




まず優先するポイントは

●倒し込み時の身体の使い方
(=重心を内に移しつつ倒し込み動作を開始)
●その時に受ける力の感覚…を思い出す
(=内ヒザをギリギリまで開かないで腰(骨盤)や肩が開かないようにする
●上体のフリーさを確認する
(=ホールド。上記とも関連)
●身体を内下に落として曲げを強めるケース(一次旋回の終盤につかうイメージ)と、
 上体を入れてマシンを起こす場合(こちらはガスオン直前)の使い分け
(…いちおう使い分けている積りですw)
●視線の送り方と使い分け
(=クリップ到達前後で使い分けています)
●グリップの握り方と、各区間での全開操作の確認
●これらを確認の上、進入時のテンポを詰める
(=真っ直ぐブレーキで待ちすぎない…『5度バンク作戦』で。)
●倒し込んでからの止め具合の調整は、ブレーキ操作よりも
 バンク操作で調整した方が、今回のタイヤに対しては相性良さげ
(=というか前週、『バンク中の握り増し』で転んでますw)

…としておいて、(ポイント多過ぎですねw ハイ、取捨選択できないヒトですwww)

上記が確認できたら
5/20走行時のテーマであった『思いっきり三原則(?)』
を履行することとしました。

あとの細かい点は走りながら確認&アジャストです。



なんとなくですが、序盤から上記の感覚は良好な気がしました。
内ヒザをギリギリまで開かないで我慢すると、
やはり腰(骨盤)や肩が内に開かず良い感じに整う様です。

イメージ 30

※ twitterで#桶スポ写真…で検索した画像です。 撮って下さった方、ありがとうございます! 


数周目に46.5くらいが出て一安心です。

5/20に得られた感覚がもう既に消えてるんじゃ?
…と不安でしたが(というか毎走行毎に不安ですw)
 とりあえず定着してきたのかもしれません。(^^)

が。
中盤から終盤は前が詰まってしまったのと、
そういえば使用時間が判らない中古のフロントタイヤ、決勝まで持つかな?
…なんて考えてしまい守りの走り…(^ω^;)

以前TZR50Rで参戦した関東ロードで、
決勝でフロントが終わってペースが上げられなかった
苦い思い出が頭をよぎります。

そんなこんなで終盤は
47後半とかのペースでした…

前半の良いリズムが崩れた気がしたのと、
予選でも同じ状況になりかねない心配とで、ちょっと不安になってきました…汗

大丈夫かなぁ…(-_-;)



練習走行の結果ですが、
前年の最終戦で、最後の最後までトップ争いをし、惜しくも2位だった
#36・Tさん(NSR250R(MC21))が44秒台を叩き出したという情報が…滝汗

前回の雪辱に燃えているハズです。
もうここは気持ちよく勝って頂いて
気持ちよくマルチ2に行って頂きましょう。(^_^)
※ ここらへんは勝手な想像で描いております、スイマセン…汗


2番手から4番手までが46中盤で僅差で
野良犬さん−分解−ゲコタさんの順。

吸収の早さも熱心さも素晴らしいゲコタさん。
やはりキましたか!…という感じの好タイムです!
イメージ 31


『参りましたどうぞもうお好きに喰って下さい♪』
…というのが率直な感想です(^_^;)

このおかげで、ちょっと肩の力が抜けるのを感じました(笑)。





さて、運命の予選(11:34〜・7分間)です!

なにせプログレスは20台と大量エントリーです。

ポジショニングによっては数珠繋ぎで前後とも挟まれて
クリアを確保できないまま終了…
…という悲しい状況も大いにあり得ます…(-д-;)

準備を早めに済ませて思いっきり早く並ぶかどうか迷いましたが、
ウェイティングに行くと既にほぼ全車勢揃い…滝汗

あれおかしいな、早めに来たつもりなのに…(違)


あともうひとつあれおかしいな?…が。

フロントカメラの電源がOFFになっています。

走行直前にパタパタしちゃうとマズいので、
テントを出るときに既にラップタイマーと
オンボードの電源は予め入れているのですが…



あらあらまったくもう。

…と電源を入れ直しましたが、入れた傍から電源落ち…


あ゛…!

充電し忘れた!

パニクっているうちに前方はコースインし始めております。
レース日なので前後ともカメラを付けていましたが、
入れ替えてなんかしていたら先頭が一周してきちゃいそうです。汗

前カメラのデータは復習にあたって大事です。

…が、今回は諦めます。(-_-;)


意気消沈しつつコースイン。


…ってちょっと待った意気消沈してる自分!

半周くらい完全クリアじゃないっすか!(゚∀゚;)

そしてその先では数珠繋ぎの地獄絵図…(笑)



こ…これは…?

アタックチャーンス! 
(ΦωΦ)フフフフフ



意図せず好機ゲット!

調子が上がる前に走行終了…なんてならないように
序盤からアタックです!=3
イメージ 32

※ こちらもtwitter上から頂いた画像です。





練習走行の際の課題を意識しつつ
前週に続き二匹目のどじょう…という感じで
プッシュというよりは完成度を高める積りで走ってみたところ…
※ あとからだと何とでも言えるのでそれっぽく言っておりますwww

イメージ 33

※ 桶スポオフィシャル画像


予選時ラップチャート
イメージ 34



前週のベストタイムをほぼ再現! キタ--(゚∀゚)--!!!

アベレージも改善!

前回参戦時(昨年の最終戦)から1秒以上短縮です♪




イメージ 35

青線が前週5/20の46.19の際のデータ、
赤線が今回の46.22の際のデータです。
(ラップ分割線がテキトーなので、公式記録と若干誤差があります)

これを見ると前週の完全再現とはいかなかったようで、

・3コーナーは前週の方が優秀
(奥での減速が甘い・立上り加速も鈍い)
・6手前での減速が甘い
(前週のミラクルな減速(笑)は、この周回では再現できず…)
・7で曲げを待ちすぎ

…というのはありますが一方、

・9コーナーでの無駄が削れた
(奥での減速・曲げが良くなった!?)
・7で向きが整い、8へのアプローチの角度が良かったのか
 8での向き変えが短期間で済んでいる

…といった部分で改善があったようです。


各セクション同士での兼ね合いもあるので単純ではなさそうですが、
それぞれの良かったトコロを上手く繋げば…!?
(うちのLap+はスペックSではないので、タラレバ機能はありません…)


なお、このグラフ上では重ねませんでしたが、
この周以降ではミラクルと思っていた
6の進入での強めの減速、が再現されていました。
(=他の所でミスっていてロスしています…)


感覚的な部分でいえば、
練習走行時に挙げた『●』の部分を担保した上で
『思いっきり三原則(?)』が出来たおかげか、
非常に気持ち良く走れました♪

この『思いっきり三原則』を実行すると、
バンク角も増えるのかもしれません。
イメージ 36
イメージ 37

※ 桶スポオフィシャル画像



あ、そうそう。
ここまで自画自賛的な文章が散見されますが、
こうでもしてないと首を括ってしまいそうなので(笑)、
どうか皆さま、寛大な御心でお読みいただけますと幸いです…(^ω^;)
よろしくお願いいたしますm(__)m




で、それはそれとして(笑)、
予選結果です!
イメージ 38




46.221で予選2番手、
フロントロー獲得です! (≧▽≦)うっひょー!


一方、
#36・Tさんがこの予選で更にタイムアップし、44.7をマーク…! (((((゜ロ゜;)
予選時にラップされましたが物凄い勢いでした…
(しかも物凄くキレイで危なげの無い走りでした。スゴイ!)
イメージ 39

※ こちらもtwitter上から頂いた画像です。

余程のトラブルが無い限り、Tさんの勝利は順当そうです。


以下46秒台がずらっと続きます…汗

おそらく47前半までの十数台で入賞(6位まで)を争う事になりそうです。
超混戦・超激戦の予感… 滝汗

そしてそれはスタートと4コーナーまでの混戦の制し方次第
…ということになりそうです。 もっと滝汗…






≪次回予告(?)≫

予選まで本人の予想を遙かに超える謎展開(笑)で好グリッド獲得!

これが我が人生の絶頂か?
もうここから転げ落ちるしか道は残されていないのか?

順風満帆すぎてちょっと怖いです。
…というかネタ的なヤツをまだカマしてないぞ文化遺産!


いいのか? 
アンタこのままでいいのか?
アンタそれでも分解一直線かよ!

…というワケで決勝編に続きます=3



決勝編も近日中にアップするかも…です。

今しばらくお待ちくださいませ。(^_^;)



それでは皆さま良い一日をお過ごしくださいませ★

この記事に


前週5/13がレース前の最終練習…と思っていたのですが、
天候に翻弄され(というか準備不足w)不発でした…

で。
5/20(テイスト2日目・観戦予定でした)の午前に
非常に残念な野暮用(というとたぶん怒られるw)が入ってしまい、
テイスト2日目の観戦は断念…

午後に半端にポッカリ時間が出来ちゃったので、
桶スポに行ってきました!
イメージ 1

※1 レース前週の最終練習としてどうなんでしょうかコレ?w
※2 ポーズが変ですがふざけている訳ではありませんwww


上でヘンな画像があった気もしますがまぁそれはそれとして(笑)、
泣いても笑ってもこれが本当の最終練習です!<(`^´)>





前週のフロントの不安感(限界が掴めない)を払拭すべく準備です=3

超エキスパートな御方にフロントタイヤについてのお話を
伺う事が出来たのですが、同様のご意見を数件頂いたので、
もうこれは試すしかないっしょ!
…となった次第です。
※ お話し頂いた皆さま、大変参考になりました。 ありがとうございました!m(__)m


本来、
スペアホイールからレインを脱がせて履き替えればそれで完了!
…なのですが、やり残していた作業(ハブ入れ替え)があったので
この際やっておきます=3


ホイールを分解一直線〜♪ ※ 自分で言っちゃうと恥ずかしいですねwww
スペアホイールに付いていたハブは250用だったのでこれを除きます。
イメージ 2


自作七つ星ビットだとボルトに少しキズが付きます。
いつかビシッとした工具に更新したいものです。
イメージ 3


入れ替える400用のハブにベアリングを新調します。

内面側のシールは外し、ベルハンマーグリスを追加。
(最初から入っていたグリスは除きませんでした)
イメージ 4


スペアフォークが片方くっついていますが、
これはアクスル締め付け時の固定用治具として…です。
イメージ 5


今回はインストーラー+プレスの組み合わせでベアリングを圧入。
アクスル締め付け後に掛かる軸力も勘案して、
プレスの圧力計とにらめっこしつつ超マジメ(自分的にはw)に作業しました。
※ そのおかげで作業時画像が少ないです(^_^;)


締め付けによる軸力が掛かった状態で、
ベアリングのアウターレースとインナーレースの中心がほぼビタで揃ったようです。
新品ベアリングとしてはかなりスムーズに回転します♪
イメージ 6


これで無事、メイン・スペアのホイール共に
400用のハブで共通となりました。

ホイールの履き替えをしてブレーキの感覚が変わっちゃうとマズいので、
メインスペア問わずディスクは共用しています。

片方が400ハブ、一方が250ハブだと
このディスク交換に関わる部分の仕様が違っていて面倒だったのですが、
これでホイールの入れ替えが随分楽になりそうな予感です。(^^)


あとはタイヤの履き替えのみ!

…で、ひとまず完成です♪
(ココも画像なしw)


アクスル高さの差と、あとは
気になるプロファイルを測ってみます。
イメージ 7
イメージ 8


アクスル高さが随分違います。

今回は純粋にタイヤの差だけをみたかったので
マシンの姿勢も揃えておきました。
イメージ 9


元のタイヤのプロファイル。
ゲージのピンが一番押し込まれている部分がエッジ部分です。
2.5Jのリムなので、無理履き感は否めません。(笑)
イメージ 10


変更後タイヤのプロファイル。
サイドまでの回り込み量が大変な事になっております…www
イメージ 11


これを元のタイヤに当ててみましたが…
びみょーな差ですね…
想像よりはるかに差が小さくてちょっと拍子抜け。(笑)
イメージ 12


元のタイヤ =新品購入後、2hちょい使用
変更後タイヤ=中古購入(使用時間不明・著しい摩耗は認められず)

…なので上記プロファイル比較は、厳密でない事を追記しておきます。


プロファイル以外の『なにか』
が効いてくれる事に、切に期待する事とします(^_^;)

※ 本タイヤの件は、元々人様から伺ったお話なので、ここではなんとなくボヤかしています。(ボヤけてないかも?汗)
  お心当たりのある方が分かれば良いかな? という積りで書いています。
  もし気になる方がいらっしゃいましたら、直接お会いした時に聞いてくださいませ。m(__)m


あとは
サイレンサーを純正に戻し、
余っていたチェーンをカットして(リア53⇒51Tで確定)
準備完了です。






さて5/20当日です。


コーススケジュールを勘違いしていて
(SSキラーズ前週の大型専用・ミニバイク枠無しのスケジュール:TS-9でした)
ウォーマーをちょっとしか掛けられなかったりしつつも
なんとか午後一本目に滑り込みセーフ。

ちょっと遅れ気味でコースインです=3



午後一本目(②・中級枠)

タイヤが暖まるのを待ったとはいえ、
今回はウォーマーを掛ける時間が短すぎました。

更にフロントは中古購入品の初使用…なので暫く様子見です。


一周目。
フロントを握ったらレバーが振動…(((((゜ロ゜;)
ディスク取り付け時になんかミスった!?

とはいえ、
ボルトはトルク管理しているし
緩んできている様子もないし
ディスク-ハブ間の紙ガスケット(?)も
ほぼ全てディスク側に張り付いていてくれたので
ここのマッチング不良(?)や入れ忘れも無いハズです。

ブレーキ廻り・フロント廻りは『ハズ』で済ませちゃ基本ダメですが、
効かない訳ではないので、次に違和感を感じたら即ピットイン
…と決めて様子を見ます。
(そのあとは大丈夫でした。)


今回走行のテーマはシンプル(?)に
●思い切って進入
●思い切ってバンクさせる
●思いっ切り上体を動かす(緊張や危険を伴わない範囲で)
…です。

ちょっと掘ると、従来通りのテーマに落ち付いちゃうワケですが。(笑)
●進入のテンポを取り戻す(真直ぐブレーキで待ち過ぎない)
●複合G(ピッチングと遠心力)を受けている状態でのフロントの接地感の確認
●奥まで届くように!


上記テーマに関連して、
フロントの安心感が増したら骨盤や内ヒザを開かない様に進入でき
更にホールドが増せるかな?
…という目論見があったのですが…


おぉ…!

フロントの感触・安心感が、
前週となんだか別モノな気がします♪



倒し込み中にヒザで地面を探る行為が消えて
内ヒザを閉じ気味で入れるし、
(縁石付近だけでヒザ擦ってるイメージです。あくまでイメージですw)
安心感が増したことで、
倒し込み自体も重心を内に移しつつ落とす感覚でイケそうです♪
上体が遅れないイメージ。
 不安感がある時は上体が外に残っちゃって、人間側の重心の外内は変わらずにマシンだけ倒しちゃう印象があります。
 これだとテンポも狂うし曲がらない気がしています。)


うん。
良い流れです。(^^)

こうなってくると身体(上体)も積極的に動かせそうです。
曲げの改善(というか復活!?)にも期待が出来ます。


前方に桶子さん(Ninja250SL)が見えたので
追っかけてみたりしつつ、自身の確認作業を継続。
(良いペースで走られておりました! というかマシンがすごい寝てる!)
イメージ 13


オンボードは下のリンクをクリックすると見られます。(^^)
※ カメラ、もうちょい上向きの方が良かったですね…汗




そんなこんなをしていると
ストレートで見学なさっている方たちが目に入ります。
(視野の狭い私の場合、これは超ミラクルですw)

ん!?
あれ!?
ゲコタさん(本日は③・上級枠で走行)のお隣の方はもしや…!?


なんて思っていると左のくるぶしが妙に涼しいです。
あぁこれブーツのチャック開いちゃいましたね。(笑)
(久々の発現です(^_^;) このあとは大丈夫でした。)


ピットに戻るとやっぱりまつやんさん
※トリコカラーの400がまつやんさん号。
 NSが並ぶとテンション上がりますね〜♪
イメージ 14


ちゃんこさんもご一緒です!
※ 2ストのお方…と勝手にイメージしてましたが、本日は超キレイなNC30…!
イメージ 15


お久しぶりの再会にテンションが上がりつつも、
ブーツのチャックと格闘している内に一本目終了です。(笑)


一周通じてのアタックは出来ませんでしたが、
今年に入って課題だった部分で好感触が得られました。


細かいトコロをアジャストしつつ詰めていけば、もしかして2018です。


あとはまつやんさんに良いトコ見せておかないと。(笑)
まぁネタ的なヤツを見て頂いて楽しんで頂く…というのもテなんですが。 伏線ですw





二本目(②・中級枠)

前走で良い感触があったので、この二本目からアタックです!


進入で安心感が増したとなると、
ホント久しぶりに奥まで届かせる事が出来そうです♪

●立ち上がりに向けてしっかり向き替え!
●開け始めでマシンの鼻先がどこを向いているか? を最優先。
●マシンの外内の位置(ライン)はその次。
●とにかくまず向きを整える!

というイメージを意識して臨みます。


あとは視線の切り替え。
進入〜は比較的近めでクリップまで送り送り。
くるりと向き変えの瞬間、視線もクルリとかなり先に内気味に。視点は低く。
(じゃないと開けてから孕むイメージ)



まだ詰め切れてないけど感覚は良いな〜。
…と思っていた周で47.1…!


2018年初(たしか)の47フラ付近!
現状の実力では、ここまでくればまずは上出来です(^_^;)

ついに『不発つづき』から脱した気分です。(笑)


まだ詰められる!
…と臨んだ次の周…
※ 『限界まで追い込む』とは違う感じでした。 冷静に完成度を上げる感じでした。




え…!?




イメージ 16





なんすかこの謎タイム!(笑)




2018年初の46秒台!
ベスト0.4秒更新のおまけつき!


喜びより驚きです…

前周から1秒縮んだ感覚は無く一瞬、
ショートカットのタイムかコレ?
…って思ったくらいでした。(^_^;)





恒例の(?)、これは夢か真かチェック(笑)
…に突入します。

翌周もアタックです=3

1コーナー、スロットルちょい戻し+ラインが外でやや失敗。
2コーナー、1コーナー失敗のせいで減速のテンポが悪くこちらもやや失敗。
3コーナー、悪くないです。以降で挽回できるか?

4コーナー。
進入の角度が微妙に浅かった!?
このままだと若干ラインを外しそうです。

ここは開け始めでマシンの鼻先がどこに向いているか?
で決まるコーナーだと思っています。

向き変えポイントの位置は問わず、角度が整うのを待つか?

それとも
積極的に曲げて向き変えポイントの位置、
開け始めの角度共に理想ちかくに合わせ込むか?

無理に合わせ込む部分もあり、リスクはありますが後者を選択。


積極的に曲げを強めるには身体を入れるか?
フロントの仕事を増やすか?

身体のアクション的には、何故か右コーナーの方が大きい気がしています。
余地があるとしたらフロントの仕事量の方!?

後者を選択。
リスクを承知でフロントブレーキをちょっと強めました。


あわよくば…と思ったけどやっぱりね。

という転倒でした。(^ω^;)



2018.05.20 桶スポ・NS250R PM2本目 46.19 !…の後に転倒…(^_^;)
(2分ちょっとの動画で、サイズは36MBです。 珍しく小さ目www)




バーが土に埋まっていて一人で起こせずに随分居座ってしまいました…
(その間ずっと黄旗…)
当日同枠を走っていた皆さま、ご迷惑をお掛けいたしました…m(__)m





クリップ直前、ほぼフルバンクかつ身体も低い状態からの転倒で、
しかも低速とあって人車ともダメージは軽微でした。

人間側は打撲の類すらない全くのノーダメージ。(珍しいですw)
転んだ直後から滑り台を滑る様に滑走。
滑走の状態から考えるに
もしかしたら身体がインに開いていなかったお蔭かもしれません。

マシン側はブレーキレバーのホルダが回って端が削れた程度。
レバー折れは回避できました。
ホルダが回った際に、ホースのバンジョーがトップブリッジ付近に当った
ようで、バンジョボルトが緩んでフルードが滲んでいました。
(ボルト割ってたら走行終了でした…不幸中の幸い。)

ホルダ向きを直してバンジョーを締め直し、
滲んだフルードをパークリで拭き取って完了。
エア咬みもセーフでした。
(レバーが干渉する箇所が出来ていて、転倒後に握れなかったのが不幸中の幸いだったかも…です)

右ステップバーは見事に折れましたが、これは想定内です。
むしろ自作のステップホルダ廻りを守る意味で考えると、
転倒時は真っ先に折れてくれた方が有難いともいえます。
(スーパーナウのHP上でも、そういう設計思想だと説明されております)

せっかく入れたばかりの部品が破損して悲しいのと、
目論見通りの機能を発揮してくれて『よっしゃ狙い通り!』
…とが混ざり合った複雑な心境でした…(^_^;)
イメージ 17


こちらはスペアに交換して完了。





というワケで、三本目(②・中級枠)も走ります=3


転倒後の復帰走行は難しい気がしています…(^_^;)

ゲコタさんのおにいちゃん(MC21)を追走したりしつつ
徐々にペースアップします。
イメージ 18






で、自身の走行ですが、なんとか46.9が一周ほど。

アタックが続けられず
安定してラップを積み重ねられていないのがイタいところです。





四本目(③・上級枠)

スイッチを入れれば47フラ付近を続けられるかな?
…と考えて、四本目は③枠(47〜45秒)にお邪魔することとします。
(途中までTS-9は四本あるのを忘れていましたwww)

最優先は進入時の感覚の確認と定着。
そしてこの感覚を基に『ちゃんと奥まで届く』か?


あとは
4立上り−5−6進入の流れ
7−8の流れ
…の確認のつもりでしたが、

8の曲げのタイミングを逸することが多く
(切り返しと身体を入れるタイミングの整合が謎なまま…汗)
あぁ難しいな〜、なんて思っている内に走行終了〜。


疑似スタート練(?)などもしてみましたが、
発進時の操作は相変わらず超ナーバスで
ストールするかカックンするかの二択…(-_-;)

気の利いた方法を採ればとるほど、ドツボに嵌る気がしてきました…
こここそ、ちゃんと策を練らないとです(^_^;)


今回の走行も色々ありましたが(笑)、走行の合間や終了後などで
色々な方とお話させて頂き、おかげさまで一日楽しく過ごせました!

当日ご一緒した皆さま、ありがとうございました!m(__)m






さて振り返り編(笑)です。


まずはロガーデータです。
赤線:今回の46.19  青線:従来ベスト46.6('17.12.31)です。
イメージ 19


1は全開のまま倒し込みが出来ていたようで従来よりちょっと改善?
その分が2手前での空走区間を削ることに寄与したっぽいです。
(オンボードでは倒し込んだ瞬間に回転が上がっていました ←開度固定で倒し込めた)

3では奥での減速が若干強くなっています。
これは奥まで届いた(従来比w)、という事と思っておきます。

・サイレンサーを純正に戻して引っ張れるようになったお蔭か?
・無駄半クラを廃して(の積りw)出足が良くなったのか?
・あるいは曲げられるようになって開け始めが良くなったのか?
3−4間の加速も戻ってきました。

4の進入の勢いもほぼ戻ってきた感じ。
但し然るべきポイントで曲げ切れる…となるとまだ確率が低いです。
あぁ失敗…という周も多いです。

今回一番効いたのが5−6の流れ。
ベストの周は5進入が普段よりもだいぶイン側からでした。
(普段は4−5の加速区間で振り回されて大外から5に進入…)

6進入の減速開始ポイントが普段よりちょっと奥で、
思い切りよく倒し込み &『くるりポイント』の直前で
エンジン回転が一気に落ち込んだ事から、この領域で強く減速したことが伺えます。

・リアブレーキを従来よりちゃんと使えていた?
・バンキングの勢いが良かった?
・身体で曲げようという意識があったから?
(いずれもフロントの安心感がないと、なかなか断行できない行為です)

6進入は元々超苦手でずっと気に病んでいて(笑)、
やっと昨年後半くらいから変わってきた実感があって
最近ではちょっと自信持っても良いのかな?

…というポイントだったのですが、
今回の結果を鑑みるにまだまだ改善の余地があるんだな〜、
なんて思いました。
修行に終わりは無いってことですね…(笑)


7−8の短い加速区間も復活!?

8での曲げを積極的に!…という意識が効いたのか、
今回ベストの周は早目に曲げが完了していて
立ち上がりでの開度が随分おおきかった気がします。
8−9の加速区間では1個上げなのですが、早目にシフトアップでき、
その後の加速区間(距離)が伸びました。
これでここの加速も改善。
(但し、まだまだ完全ではないなぁ…という感覚も強いです(^_^;))

本画像には重ねませんでしたが、47フラ近辺のデータでも
8−9の加速は概ね同等でした。

当日…という範囲ではありますが、再現性はあったようです。
(とはいえまだまだ『ハマった』感覚は薄いです)

9−最終も車速的にはおおむね安定していそうです。


私の場合、47フラ近辺とその先では
4コーナーで突っ込めるか曲げ切れるか?
5−6の流れを変える
7−8の流れと立ち上がりを突き詰める
辺りがポイントになるかもしれません。



悪いときの反省よりも、
良かった時についての考察の方が難しいモノで、
今回のベスト更新もまだ謎だらけです(^_^;)

とりあえず覚えていた感覚やポイントなどを
なる早でメモに殴り書きしておいて、
あとでコース図に写しておきました。
(清書の積りが結局超汚いwww)
イメージ 20


何が良かったか把握して、さらにどうしたらそうなったのか?
…まで突き止めないと、再現性は非常に怪しいでしょう。汗



レース前にピークが来ちゃった感じがして
むしろ超不安です。
これが予選だったらよかったのに…(笑)




さて、
今回私がお邪魔するプログレスクラスですが…


イメージ 21
イメージ 22



なんすかプログレス20台って… (((((゜Д゜;)ガクガクブルブル


予選結果(=決勝グリッド)とスタートでほぼ決まりそうな予感がします。
その予選も、数珠繋ぎになってアタックすらままならないかも…汗

なんか策を練っておかないとですね…(ΦωΦ) ←こんな顔してますが現状無策ですwww


今回の走行でなんとか最低限の準備は間に合った感じですが
いずれにせよ戦々恐々としております(笑)



とかなんとか言ってはおりますが、
同クラスではデイトナさん・ゲコタさん・ミッチー兄さんと走れます。(^^)
他クラスでもお知り合いの皆さんが多数エントリーなさっています。
(mult2・4・twin4…の各カテゴリの最高峰クラスは勿論、
 ノービスも見応え満点な予感です!)

楽しみです♪

当日ご一緒する皆さま、よろしくお願いいたしますm(__)m




2018・SSキラーズ開幕戦・エントリーリスト

同・タイムスケジュール




それでは皆さま良い一日をお過ごしくださいませ★



この記事に


先月末の日チャレ・プライド2も終わり、
次のレースは5/27の桶スポ・SSキラーズとなります!

GWは家族サービスに費やし(笑)、
元々予定していた時点では(後述します)
この5/13がレース前の最終練習…となります。


…が。
天気予報的には微妙な空模様…汗

雨雲レーダーによると、正午前後の降り出しとなりそうです。

普段であれば『また次回でいっかぁ…』
となりかねない状況です(^_^;)
※ まだちゃんと『ウェット練』はしたことはありません…(^ω^;)


とはいえ今回は、
この日を逃すとぶっつけ本番です。

今年に入って47.5あたり…と不発続き(汗)
なので、ドライの可能性に賭けて現地に行ってみました。
イメージ 1




今回は日光仕様(?)からファイナルだけの変更です。

リアは53Tのまま、フロント13T⇒14Tを試して不発だったので
この中間の減速比を採ってみました。
鉄チンの53Tからアルミの51Tへ
※ ついにアルミギヤ板デビュー(笑) かなり軽くなりました♪

13-53に慣れ切ってしまった走り方なのと、
ボトムスピードも開け始めのタイミングも激変できるとは思えませんので、
ロングにした分、加速は鈍くなるかもしれません。

ただこれは
スプロケが軽くなったお蔭で補えるのでは?
…と期待しておくことにします。(^_^;)

チェーンのコマ数調整は、ファイナルが確定した後としますwww
イメージ 2


サイレンサーは上画像の通り、今回はとりあえず社外で続投です。

中間のトルクは増している感覚がある一方、
上の伸びが1000回転ほどカットされてしまっているので、
引っ張れずにギヤ操作が無駄に増えてしまうかもしれません。
(特に3-4コーナー間が心配…)

もしネガの方が強かった場合に備え、
純正サイレンサーも持参しておきました。




当日朝の準備だったので現着は遅めでしたが車列は短め。
天候が微妙なので空いていそうです。
イメージ 3



無事舗装エリアを確保し、お隣はりょうさん
イメージ 4


ボンゴ仲間(ウチのはバネットですし低年式だしハイグレードでもないですが…)発見♪
ゲコタさんが見学にいらっしゃってました!
イメージ 5





雨の降り出しの予想がどんどん前倒しになってきています。
会話はもっぱら天気の話題。(^_^;)

走行直前では、11時あたりに降り出すかも…なんて予報。
二本目も危うくなってきました…

タープ持ってくれば良かったとちょっと後悔… 伏線ですw





さて一本目の走行です!
サクッと良い感覚を取り戻したいトコロです!<(`^´)>


走行開始直後に大き目の雨粒が。

一瞬怯みましたが
『まだ路面は大丈夫!』
…と自分に言い聞かせつつ走行します。


で。

フロントの限界が判らないです…

真直ぐブレーキで待ち過ぎないで
なる早で倒し込みを開始したいのですが、
ブレーキを引き摺りながらハーフバンク
…という状態で、

どこまでフロントを使えるか( ≒ 残せるか)
どうバンクを増していくか
…が掴めません。

ちょっと無理するとフロントが破綻しそうな予感がして
減速も甘いし向きも変わらない状態…

あと一歩を躊躇してしまっているので、
バンクも足りないような印象。
(バンク深い=偉いとは限りませんが、
 私の場合は調子を測るバロメーターだったりします)



また、
予想通り(笑)上まで引っ張れずに3-4コーナー間でシフトアップが必要です。
(ここはギアチェンジ無しで引張りたい箇所です)

というワケで進入のリズムを掴めずに突っ込み遅すぎ…

その分、
向き変えポイント(くるりポイント)の直前でブレーキ操作をちょっと増してみたり
…なんてトライは出来ましたが、
これは進入が遅いせいで
そこに至る段階でフロントが入っていないから可能な操作かもしれません。


そんなこんなで47.5止まり… ちーん。



タイヤはまだ2hのみの使用。
しかもそのうち日光で3/4h使用、となると左側の摩耗は僅かでしょう。
空気圧も従来より気持ち高い程度。

絶対的なグリップ力から考えても、
ラウンド形状の摩耗・変化で考えても、
タイヤの状態のせいとは思えません。

うぅむフォークか?
でもバネレートか油面か粘度か判断しかねるなぁ。
それとも突出し等の姿勢!?
…なんて考え込んでいるとぼつぼつと雨が…!


みるみる間にハーフウェット。

タープを持ってきていればとりあえず様子見…という選択肢もあったのですが、
忘れたのでサッサと片付けしちゃいました。
(このまま走り続けても、何かが変わる予感がしなかった…というのも大きかったです)


今回も『不発感』を大いに残しつつ走行終了です。 ちーん。




二本目は見学。
スタート時はハーフウェットでしたが、
一旦降り始めた雨が止んで徐々に乾いてきたようです。

路面状況に応じて走り方・身体の使い方を上手く変えている方が
居らっしゃって、非常に勉強になりました。

こういう『引き出しの多さ』が今の私には絶対的に足りません。

好コンディションである程度の段階まで到達しておいて、
そこから余裕を持って『引き出しを増やす練習』も
したいトコロですが、さていつになることやら。(^_^;)



三本目も見学でしたが、路面乾いてるし! ムキー!

大後悔しつつ(笑)、見学です。


…と、なんだかネガティブ感満点な感じになっちゃいましたが、
 走れなかったが故に皆さんとお話しできた時間も多く、
 色々とヒントを頂けた気がします!

当日ご一緒した皆さま、ありがとうございました!m(__)m


よし! 次回はアレ試そう♪





さて恒例の(?)ひとり反省会です(^_^;)

まずはオンボードから。





カメラがお辞儀しちゃって面白い画が撮れました(笑)

ブレブレで見辛いですが、
ストロークセンサー(Oリング=フルボトム位置)
とフォークトップ(ダストシール)を捉えています。
イメージ 6


あとクラッチ操作も丸見えですね。 なんかお恥ずかしい…(^_^;)


こう映像で見ると、フォークの入りが速過ぎる気もします。
※ 他車との比較とかはしていませんので、この感想はあくまでイメージだけのおハナシです。

もしそうだとすれば
・バネレート?
・圧側減衰弱い?
・それとも油面?

…と考えたくなりますがそもそも、

・フォークオイル自体続投させ過ぎなので、もはや『基準』が存在しない…汗
=セットの問題なのか劣化の問題なのか判断できず。

・然るべきフォークの動き、という基準が無い
=自身でデータを積み重ねて検証するしかないでしょう。

フォークの動きが分かり易い方が、どうやら好みらしい。

・数か月前は何とも思わなかった(&そこそこ乗れていた気分)ので
 ここ最近の不発は、人間側の問題が主因。
 フォークは後回しでいいや、なんて思ってる時点で他のコトを試すべき。



以上から判断するに
この動画だけで現状を云々するには至らない
という気もします。

大幅にセットを変えた上で、比較動画を撮らないと
まだ活かしようのないデータかもしれません。

いずれにせよ前述の
よし! 次回はアレ試そう♪
…を実行しようと思います(^^)



あとこの動画で気になるのは、無駄に半クラが多いことです。
以下のロガーデータの部分で触れますが、今回のファイナルだと
半クラが必要になる箇所は殆どないと思われます。





最後にロガーデータです。

イメージ 7




うん。 絶望的ですね(笑)



まず3-4の加速が鈍いです。

昨年末あたりは
短い区間でもカチ開け!
…を強く意識していました。

意識が分散しない様に半クラはいったん封印して
とにかく右手の捻り具合に集中していた記憶があります。
(半クラで誤魔化さない)

今回無意識に半クラが復活してしまっていたのは
この右手に集中、という意識が薄れていた証左かもしれません。

ほかの区間で見ると、
以前の13-53Tと同等の加速が出来ている所もあります。

となると、
今回の13-51でも半クラ封印+右手集中…でOKな気がします。



次に、
位置は厳密に揃えていませんが、
3コーナーの軌跡が今回の方が半円に近いです。
=奥に行くにつれてRが小さくなる…というイメージを踏襲できていない。

立ち上がりに対してマシンの向きを整える
(=向きをしっかり変える)
という意識が薄かったです。


私の現状だと
特に4・8(7からの流れも含む)では

●立ち上がりに向けてしっかり向き替え
開け始めでマシンの鼻先がどこを向いているか? を最優先。
マシンの外内の位置(ライン)はその次。とにかくまず向きを整える

…という意識が必要に思えます。



あと
4進入がグダグダだった件は、一本目のところで書いた通りです。




最終立上りで車速の停滞が見受けられるのは、
9で曲げきらずに切り返しが辛くなったためと思われます。


上記の4・7-8と、この9-最終の処理で
タイムが変わってくる気がしています。



まずは止めないと曲げないとです。

思い切って進入。
思い切ってバンクさせる。
思いっ切り上体を動かす。
(緊張や危険を伴わない範囲で。
 これはフロントの安心感が増せば担保出来るハズ。)





全体的に
レース前の最終練習としてはアウトな感じ(汗)で、
フロントタイヤだけ替えてぶっつけ本番かなぁ…
という不発っぷりでした(^_^;)


が、
5/20(テイスト2日目・観戦予定でした)の昼前
というこれ以上ない半端な時間帯に用事が入ってしまい、
F-ZEROの決勝レース観戦に間に合わなくなりました…(T_T)
※ HERCULESクラスは、今回わわわさん不参戦ということで観る積りは余りありませんでした。

午後にポッカリ時間が出来てしまいました。


こうなったらこの怒り・無念さを桶スポで発散するしかあるまい!
※ F-ZERO、観たかったです…

…というコトで、
 レース前練習、これが本当に最後編(5/20・桶スポ走行編)に続きます=3



それでは皆さま良い晩をお過ごしくださいませ★



この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事