スズキワールドな日々

GSX1400・DR-Z400SM・アドレスV125G+1400GTR

1400GTRにVX-7取り付け

バイク用無線機と言えばFTM-10S。
でもGSXにもDR-Zにも時にはアドレスにも付けたいので、当時はハンディ機のVX-7を購入。
まぁFTM-10Sが高いってのもあるんですけどね。
GSXとDR-Zへの取り付け

https://blogs.yahoo.co.jp/bunta_r1150gs/40212313.html

GSXの前に乗ってたR1150GSへの取り付け

https://blogs.yahoo.co.jp/bunta_r1150gs/26000301.html

アドレスに付けてる画像

https://blogs.yahoo.co.jp/bunta_r1150gs/38772094.html

イメージ 1

10年以上前にアルミ板を加工して作ったVX-7専用のスタンド。





イメージ 2

裏に引っ掛ける構造になっている。
適当なアルミのカラーで底上げ。





イメージ 3

左のメーター横カウルに4.5㎜の穴を開けてボルト留め。





イメージ 4

緑の髪ゴムは段差でのジャンプ防止。
アンテナがホイップじゃなくてケーブルだったらそんなにジャンプしないんだけどね。





イメージ 5

アンテナは今度付けよう・・・。
って無線機も最近使ってないけどね〜。

この記事に

開く コメント(2)

我が家は車にもバイクにもドライブレコーダー付けてます。
DQN対策ですね。


イメージ 1

でもバイク用は高いし性能も低いので、車用をGTRに取り付け。
スペースを考えてセパレートタイプを購入、あんまり選択肢が無いのがネック。
コムテックのHDR-111S、ヤフーショッピングで13161円。





イメージ 2

この辺に付けようかと進めていたけど・・・スクリーンを上げるとステーが目の前に!





イメージ 3

スクリーン取り外し。
6本のボルトの内、真ん中の1本が左右とも6角がナメ気味なんで交換します。
前もって注文しときました。





イメージ 4

初スクリーン取り外し〜。
ここで気になってた部品のメンテナンス・・・。





イメージ 5

カーメイトの黒樹脂復活でスクリーンのストッパーを黒くします♪
右がビフォア―、左がアフターです。





イメージ 6

スクリーン奥のカウルも取り外し。
ETCのアンテナは1400GTR定番位置に付いてる。
スクリーンのスライド部分にシリコンスプレーで給油しておく。





イメージ 7

メーター横の左右のカバーも取り外し、カメラを固定するステーを付けます。





イメージ 8

こんな感じに取り付け、延長しないとスクリーンを上げた時にステーが目の前に来てしまう。





イメージ 10

+の配線を作成、今回の配線以外にも今後の事を考えてもう1本分岐を作成。





イメージ 9

プラスの配線を追加、純正のプラス配線は真っ黒?
純正のマイナス線は黒に黄色ライン。
でも今回はボディアース(メーター横のステー)から取りました。





イメージ 11

小物入れの中にドライブレコーダーを収納、普段は見ないしね。
カメラの画像は反転する設定もあるので、逆さに付けても問題無し。





イメージ 12

画像を確認したら、小物入れの奥に差し込んでおく。





イメージ 13

カメラは内側から見るとこんな感じ。
スクリーンを上げても干渉しません。





イメージ 14

後は走って撮影した画像を確認しなければ・・・外は雨だけど。
雨でなければ今日(H29年10月15日)は1400GTRの全国オフが静岡であったんで行きたかったなぁ〜。


この記事に

開く コメント(3)

ローダウンリンクを組んだGTR、リアだけ下がるので、フロントはフォークの突き出しを変えて調整する。

https://blogs.yahoo.co.jp/bunta_r1150gs/43349355.html


イメージ 1

まずはホーンとインナーカウルを取り外す。
インナーカウルに付いた、ホーンのクリップが外し難い。





イメージ 2

アクスルは22㎜とGSXと同じなので一応工具もある。
だけど硬かった!
今回、右側(シャフト側)で緩めたのは、左側(ナット側)だと工具の掛りが浅かったので。





イメージ 3

フロントフェンダーを4本のボルトで外す。
しかしこのブレーキホースを止めるクリップは硬かった!
外し方が分からず、結局ニッパーで根元を挟むと取れた。
※ニッパーで切っては駄目ですよ。1個300円ぐらいするとか。





イメージ 4

初ラジアルマウントキャリパー取り外し。
パッドって4枚入ってるんですね〜。





イメージ 5

チェーンホイストでフロントのフレームを吊るし、念のためジャッキでエンジンを軽く支え、
尚且つリアタイヤは車用のスロープで支えて安定性を確保。





イメージ 6

タイヤを取ります。
キャリパーは軍手でホイールに当たるのを防止。





イメージ 7

フロントフォーク、ロアブリッジの隙間にマイナスドライバーを入れて隙間を広げると、落ちて来ます。





イメージ 8

インナーチューブの下側は汚れがこびり付いてるので、ピカールで磨いておく。
※軸方向には磨かない。





イメージ 9

フォークの突き出し量は25㎜にセット、リンクでのローダウン量と揃えておく。
ノギスで計測、フォークは多めに出して、木ハンマーで叩きながら下げる方向で微調整する。





イメージ 10

サービスマニュアルが無いので締め付けトルクが分からない。
マニュアルは2万円弱と高価なので、ネットで検索してると、英語版だけど無料で見れた。
ロア側のトルクは30Nm、アッパー側は20Nmで締め付け。
KTCのデジラチェは便利です。





イメージ 11

アッパー側は6㎜の6角1本、ロア側は2面幅10㎜のボルト2本で付いてます。





イメージ 12

フロントホイールのベアリングを確認、グリスを塗ってカラーを挿入。
グリスはリチウム系の汎用のもの。





イメージ 13

ねじ山の部分は高トルクが掛かるので、ワコーズのスレッドコンパウンドを塗っておく。





イメージ 14

チェーンホイストを降ろし、接地させて126Nmで締め付け。
持ってるデジラチェで126Nmは無理なので、ホイール用のトルクレンチで締め付け。
ちなみにキャリパーは30Nm、フォーク下のボルトは20Nmのトルク。





イメージ 15

前が下がったから、更にリアタイヤは上に持ち上がりました。
測ってみると70㎜近く、こりゃ1人でセンスタは確実に掛けれないなぁ〜。





イメージ 16

ガレージから出してまたがってみる。
明らかに足付きが良い!(当たり前か?)
シートに座ったまま足でバックが出来る♪





イメージ 17

近所を一回りして来ました。
私のレベルでは全く走行に差しさわり無し。
ただ、サスが硬く感じるので、後でダンパーを弄ってみます。

いや〜、それにしても安心度が違う!
信号で停止する時も余裕が生まれました、交換して良かった♪
サイドスタンドも問題無し。

まぁフロントタイヤの空気圧センサーがローバッテリーって警告出ちゃったけどね…。





この記事に

開く コメント(2)

ローダウンリンクを組んだ1400GTR、そのままでは「立ち」がきつくなってしまう。

https://blogs.yahoo.co.jp/bunta_r1150gs/43349355.html

そこでサイドスタンドもショートタイプにする。


イメージ 1

ローダウンリンクと同じケイズスタイル製、14000円。

http://store.ks-style.bike/shopdetail/000000000112/ct60/page1/order/

同じ会社の方が組み合わせは良いかな。
一緒に注文したので送料もコミだしね。





イメージ 2

純正のサイドスタンド、裏にセンサー(スイッチ)があってナットに工具が掛からない。
外す方法として、裏の+のビスは硬くてなめそうなので却下。





イメージ 3

で、取り付けのボルトを表から外して、本体取り外し。
板ラチェットがあると便利。





イメージ 4

スプリングはこんな工具があると外しやすいし、付けやすい。
これはGSX1400のマフラー買った時の付属の工具かな?





イメージ 5

サイドスタンドの取り付けボルトにはモリブデングリスを塗っておく。





イメージ 6

はい、完成。
こっちはスタンドのセンサーの取り外しに思ったより時間取られた。
付け根のガタ付きが純正より大きいのが気になるけど、ワッシャー入れたらきつくなったので入れず。

さて、次はフロントフォークの突き出し調整ですね…。

この記事に

開く コメント(0)

1400GTRは足付きが悪い。
酒さんやミツさんのように足も長くないので、ローダウンして足付き性を良くする事にする。
※サスの性能が落ちる<安心感向上


イメージ 1

ローダウンリンクは数社から出てるけど、選んだのはケイズスタイル製のリンク。

http://store.ks-style.bike/shopdetail/000000000113/ct60/page1/order/

25㎜ローダウンするんだって。
価格は14000円(税別)、ヤフーショッピングのポイントがあったのが購入の決め手!?





イメージ 2

念の為に転倒防止でチェーンホイストでリアを支える。





イメージ 3

ちなみに純正はセンタースタンド掛けると35㎜ぐらいクリアランスが生まれる。





イメージ 4

リンクのボルトはサスをジャッキで縮めると取れやすい。
ボルトを抜くのに必要な分だけ上げること。





イメージ 5

製品のマニュアルには「マフラーを外す」とあるが、さらにジャッキアップすると隙間から抜ける。





イメージ 6

上が外した純正、下がケイズスタイルのリンク。
10㎜ぐらい長いかな?





イメージ 7

折角なので、リンクのブッシュを抜いて、清掃してグリスアップしておく。






イメージ 8

ナットにスレッドコンパウンド塗っておく。
取説にナットのトルク(59Nm)も書いてる親切設計。





イメージ 9

取り付け完了、思ったより簡単に付きました。





イメージ 10

測ってみると、確かにタイヤは25㎜上がってる=25㎜ローダウンしてる。
ここでセンスタ降ろして、足付き確認したいけど…

・サイドスタンドをショートタイプに交換
・フロントフォークを25㎜突き出し

ローダウンするとセンスタを掛けるのがきつくなるので、上の2つも連続して作業します。
(で、実はオイル交換も同時に進行してたりして…)

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事