アメリカ シリコンバレー 生活日記

最近、ブログの更新が夏休みの宿題をやっているような気分になってきた今日この頃です。

全体表示

[ リスト ]

今日、チャンピオン オンズ アイス2006というショーの公演がサンノゼにやって来たので見にいってきました。
オリンピックのメダリスト、ヨーロッパチャンピオンなど凄い実績を持つ選手が勢ぞろいしています。
荒川静香も途中参戦ながら出場するとのことが決定していたのですが、公式プログラムにのっておらず
サンノゼ公演に出場するのかちょっと不安だったのですが無事に滑りをライブで見ることができました。
今年のプログラムの表紙です。↓ 
イメージ 1


HPpavilion(元Sanjose Arena)で開催されました。
このスタジアムは冬季の間プロアイスホッケー(NHL)のサンノゼシャークスのホームとして
使われています。
イメージ 2


開演後、今日の出演者がまず一人ずつ紹介されます。
荒川選手はトレードマークのイナバウアーをしながら登場していました。
ミッシェル・クワンが登場の時は特に拍手と歓声が凄かったです。
彼女は全米でかなり人気があるようで最後の方に登場です。
紹介が終わると今度は全員で集まってそれぞれパフォーマンスを披露し、挨拶後に戻っていきます。
荒川は赤の衣装を着ていましたが、同じような衣装が多くて見失ってしまいました。
たぶん後列にいる人かな?
イメージ 3


さて、ショーの開幕です。
初めはコメディタッチの笑いがでるショーで観客を盛り上げます。
最初なので前座のような感じですがRudy Galindoは元オリンピック銅メダリストです。このショー、恐るべきレベルの高さです。
家に帰って調べたらなんと、この人Sanjose出身でした。地元なんでこれから応援します。
ここからはクラシック調の曲あり、アクロバットありで観客を飽きさせないようにショーにメリハリがついています。ショーの構成のうまさはさすがアメリカならではといった感じがします。
なかでも複数の輪を回しながら滑るパフォーマンスは圧巻でした。
イメージ 4


40分ほど経過したところでIrina Slutskaya(こっちではアイリーナと発音します)が登場して盛り上がります。
さすがメダル候補だけあって動きがいいです。動きが他の選手よりダイナミック(大きく)見えたように感じます。
イメージ 5


写真はないのですが、私が気に入った選手にJohnny Weirがいます。全体的に滑りが綺麗にまとまっており、ジャンプよりもスケートの滑りで見るものを惹きつける魅力を持っています。
開演から1時間ほど経過したところで15分ほど休憩になり、いよいよ後半戦です。
ここからはは真打ちが多数登場します。
2,3組のパフォーマンスの後で荒川静香いよいよ登場です。
現在の金メダル保持者のアナウンスで会場も盛り上がります。
かなりレベルが高い中で滑っていますが、流れるような独特の滑りは他の選手にも負けていません。
動いているところはドーナツスピンをしている所(ピンボケ気味)の1枚のみです。
暗いので動いている写真を撮るのは難しいです。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


荒川の滑りの後はSasha Cohen、Evgeni Plushenko、Michelle Kwanへと続きフィナーレになります。
Sasha Cohenは女性らしさのある滑り、Plushenkoはさすがいつ見てもジャンプが高くて素晴らしい動き、
Michelle Kwanはスルツカヤと同じく滑りがダイナミックした。この最後の位置にでれる選手はどれも
素晴らしいものを持っています。

Sasha Cohen↓
イメージ 9


Evgeni Plushenko↓
イメージ 10



いやいや、良かった、良かった。
オリンピックのダイジェストを生で見たような感動です。
老若男女ともに楽しめるように工夫されており今年で25周年なのも納得です。
また来年もあれば見に行きたいと思える素晴らしいショーでした。

閉じる コメント(4)

アメリカでのショー参加なんて緊張するんじゃないんでしょうかねえ?まわりが盛り上がってくれると救われるんでしょうね〜

2006/8/8(火) 午後 6:54 mai*dea*5 返信する

アメリカはショービジネスがたくさんありますし、お客も目が肥えているので演じる方は緊張すると思います。荒川選手は日本ではメジャーですが、アメリカではほとんど知名度がないのでかなり大変みたいです。 詳しくはココ--> http://www.shizuka-arakawa.com/iceshow/

2006/8/9(水) 午前 9:00 [ bur*tai*0*0 ] 返信する

こんにちは、履歴からきました。写真が綺麗に撮れていますね〜(^^)日本だと確か撮影禁止だったような・・・?Weirは私も好きで、ジャンプがなくても滑りだけで見せられる選手だと思います。荒川さんは、何だか丁寧に滑り過ぎていて迫力に欠けるきらいがあるので、アメリカの人にどうアピールしていくかが今後重要かと思ってます。

2006/8/11(金) 午後 5:58 area 返信する

アメリカではフラッシュなしの限定ですが、写真は許可されていました。 ただ持ち込みは寸法70mm以内のものに制限されていますので、一眼レフのような大きいものは無理ですが、コンパクトカメラであれば問題なかったです。Non-flash cameras with lenses less than 70mm are permitted. Weirは今回、初めて見たのですが滑りがとても綺麗で好印象でした。 荒川さんは、今回オリンピックのエキシビジョンと同じ内容でしたので、今後のプログラムでどういう滑りをアピールしていくかが重要になってくると思っています。

2006/8/12(土) 午前 1:47 [ bur*tai*0*0 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事