オト珠の北海道 釣・食・遊・音記

皆様。コメント出来ずすみません。週末にコメントを返させていただきます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
今回の災害で。各省庁は遺憾なくその能力を発揮し人命救助に当たりましたよね。
ここで、Facebookにアップされていた記事をシェアさせて頂きます。

右だろうと左だろうと中立だろうと関係ない!!

警察や消防や海保や自衛隊にとり、任務であり当たり前の行動ですが、
税金で食ってるから当たり前なんて狭い心で見ないでください。
現場で救助に向かった人間は、我が身の危険も顧みないで必死に助けていた。
それを褒め称えたい!!そして、心から感謝します。
同じ国民として!!
一人の人間として。

消防にしか救えない命
消防防災航空隊にしか救えない命
警察にしか救えない命
陸上自衛隊にしか救えない命
航空自衛隊にしか救えない命 ...

海上自衛隊にしか救えない命
海上保安庁にしか救えない命
それぞれの部隊でしか出来ない、
専門知識や装備を活かした救助活動。
全ては日本国民の命を守るため。
イメージ 1

臨機応変の処置
陸上自衛隊が 要救助者に抱えられた犬を救助しました。ルール違反ですが 意外と隊員は 融通が利きます。
隊員「……ご家族の方ですね?(犬のこと)」
要救助者「はい‼(犬も当然家族)」
隊員「わかりました‼『ご家族』救助します!小さめなご家族さんなので 安全的に袋で救助しますね」

転載元  Facebook

以上ですが。泣けてきました。
隊員の行動に!!
ルールだからって簡単に拒むことは出来る。

しかしながら、
飼い主がワンコ達を見捨てず、必死に一緒に避難した。
その事から、この方々にとり、ワンコは大切な大切な家族なんだって事がシッカリと伝わってきますよね。

人によっては、ペットである犬や猫は、他の人間より大切な家族である方も多い。
自分にとって人間より大切な大切な家族って人も!!
そして命の重さも変わらない!!
そう言う心情を隊員はシッカリ把握してとった行動だと思います。
そして、2人を助ける時間内で同時にワンコも助けてる。
リアクションタイムに影響を与えず、、、

本当に最高の行動だったと思います。


開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

命の重さを一番知っているかもですね♪
犬も人間も尊い命。
どちらも見棄ててはいけない。
そんな想いだったんでしょうね。
心から感謝感激


http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150910-00000111-nnn-soci

開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

人なんか信じねーぞ
ばか野郎。
円山動物園の一連動物死亡事故、、、。
みんな動物園で働き死んだ子達を世話してた職員を責めてるけども、、、 

動物を飼ったことがある人なら解ると思う。飼育係に当たってる職員は、毎日愛情持ってお世話してたと思う。

根本的な原因って他に有ると思う。
どっかに負けるな。どっかに出来て円山で出来ない筈はない。急いで巻き返せ。急いで巻き返せ、早くっ早くって

何かが担当職員達を追い込んでいたかもしれないね。

現場職員は、組織の上に対して物が言えないのかもしれない。

殺処分然り、、、。
民間人からの処分反対って声を矢面に立って受けなきゃならない現場職員。

でもどうですか?実際に現場に行った方なら解る。
少なくとも北海道の大半の殺処分をする立場の担当職員は殺したい訳じゃない。むしろ助けたいって思ってる。

そりゃそうだよね。

本当の問題点はどこに有るのだろう。
答えはこれを見た皆さんの考えって共通すると思う。

本当の悪は何処に有るかを。

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

究極の愛護

犬猫限定だけど。
究極の愛護って解りますかぁ〜〜笑

すんなり正しい答え導いたら大したもんだわ。
でも、物凄く簡単なことさ‼

な〜〜んだ❔

答えは明日の朝刊を、、、って、、、んな訳無いわな笑

答えは明日ブログで笑

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事