どらごんのブログ

大阪湾での船釣りを主にブログをはじめました! コメント大歓迎です。 これからどうぞよろしくお願いします!

オニカサゴ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]


2019.02.02(土)
イメージ 18



イメージ 1

2019年 オニ退治1発目 

オニ退治メンバーは
2名×2組
どらごん単独
5名 

イメージ 4

ポイントまでの道中
同船者さん達

がんばって
ひとり3匹釣ろう♪
と・・
お互いの健闘を祈ります

よっしゃー
がんばるぞーーー


イメージ 2
どらごん
ファーストHIT

イメージ 3
どらごん
セカンドHIT 

からの〜

みなさんHIT


オニカサゴ釣り
って、、、

なぜか
いつもそうなんです、、。

ここから数が伸びないんですよねー

おそらく、、、
ボウズ逃れで安堵してしまい
集中力が欠けること
そして
重たい仕掛けで誘いをかけるので
体力がもたないのが原因かと、、。


次第に
イメージ 5
ウネリもきつくなり 

どらごん生涯2度目
イメージ 6
マーライオン
発動の危機、、、、、、、、、


でも、、、
なんとか
納竿の12時
無事に迎えることができました



その時!!

船長さんから・・・

まさかの・・・

「ええ型のオニが釣れたので
1時間ほど
延長しまーーす」 


まさに鬼のような
延長コォーーール♪
ヾ(〃>_<;〃)ノ


船長さん、、、、
いつも、いつも
優しいお心遣い
ありがとうございます♪
ヽ(///>_<;////)ノ

どらごん
とっても
とっても感謝しております。


延長戦に入り
一層ウネリが高くなり、、、

何かが
喉元を込み上げてくる中、、、

魚が付いているか付いていないかも
分からないまま、、、

半信半疑で巻き上げた仕掛けに、、、

良型オニカサゴ
が付いていたんですから 
( ̄ー ̄)ニヤリッ



結局、どらごん
気合だけで
マーライオンを耐えしのぎ

4匹
ミッションクリアー

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 10

イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13

オニ退治と言いながら

節分にオニを・・・

家に
招き入れてしまいましたとさ
○( ̄ ̄ ̄ ̄o ̄ ̄ ̄ ̄)○


あっ!そうそう!!


同船者が
推定10kgの
ミズダコ
釣り上げられました
イメージ 7

イメージ 8

でかっ!!


タコ釣りに何度も出向き
変態とまで言われたことのある
どらごん
腰を抜かす程の大物です

聞くところによると、、
この時季にオニカサゴ釣り出船すると

2回に1回
オニカサゴ仕掛けに
ミズダコがかかるそうです

しかも、舛丸レコード
15kg

水深180m
オモリ120号で・・・

コレを落とすことを考えただけで・・・・・

イメージ 9


とっても
ワクワクしてきますね〜
ヾ( ̄∇ ̄=ノ

2018.12.19(水)

イメージ 2

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 11

イメージ 7

イメージ 10

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 18


イメージ 12
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17


イメージ 19

タチウオ竿を流用し続けるのは
高級魚と呼ばれるオニちゃん
に失礼かと思い、、、

newロッドを引っさげての
今年3回目となるオニカサゴ釣り

エサのサバ皮は船でも用意されていますが、
段取りするのも楽しみのひとつ!
今回は試しにサンマ皮も用意

朝イチ、おまけ程度にメジロ狙いに行きますが、
サバが数匹釣れたのみ
昨日までは
入れ喰いだったそうです

本命のオニちゃん
開始から順調に釣れたものの
途中から2枚潮で大苦戦

結局、納竿までレンコダイ
を追加したのみ

エサはサバ皮に軍配

そして、newロッドの使い心地は
感度!調子!軽さ!
申し分なし!!

来年から
釣行回数が増えるであろう
オニ退治での活躍に
大いに期待するところです

最近、貧果続きでしたが
2018年の最後を本命GET
締めくくることが出来て
ホッ、、。

オニカサゴ料理
絶品でした‼️
(★ ̄∀ ̄★)


今年一年
どらごんのブログ
ご愛顧頂きありがとうございました。
皆さま、良いお年をお迎えください。
イメージ 20


2018.08.28()
 
すっかり
オニカサゴの美味しさに魅せられて
 
5月に続いて今年2回目となる
オニ退治に行ってきました
 
イメージ 1
 
本日の同船者は
どらごん磯野船さんの2名
 
トモの左右に
ゆ〜ったり釣座を構え
なんとも贅沢な釣行
イメージ 2
 
前回のイカ釣りでは
うねりで、込み上げるものがあり

ラスト5分間
ダウンする事態と
なりましたので・・・

イメージ 3
 今回は、対策を施しました

そんな心配をよそに
出船すると、ベタ凪
イメージ 4
 
これで安心して出陣式を開催出来ます
イメージ 5
 
 
ところが
沖にでるにしたがって
うねりが・・・ 
イメージ 6
 どうしましょ・・

船酔いする前に
先に酔っていたのが
功を奏したのか・・・
 
込み上げてくるものもなく・・

スタートフィッシング
 
オモリ120号にテンビン
1.9mの3本針仕掛けに
サバの切身を付け

水深130mに向けて投入

んん
落下スピードが60m辺りで減速イメージ 7
犯人はこいつ

 
オモリを150号に変えて
サバの層を一気に駆け抜けようと
するも、、
 
中々
サバのブロックを打破出来ず・・・
サバ連発
 
やっとのことで
無事にサバの層を通過すると
赤い魚が釣れました
イメージ 8
ホウボウ

 
そして
ちっちゃいけど
イメージ 9
オニカサゴ
 
そして・・・
 
イメージ 10
やったー
本命のオニ退治
 
こんな感じで
から
いい感じで釣れていたんですが
 
途中から強烈な2枚潮
そして
台風20号の影響か
船長がずっと気にしていた海の色。
バスクリンを入れたような緑色

なが〜い沈黙タイム
イメージ 11
 
竿を出しながら
の〜んびり過ごさせて頂きましたよ
イメージ 12
 
ついに
船長さんから
ラストコール
 
この
ラストコールを待っていたかのように・・
 
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16

磯野さん
前回のオニ退治釣行同様、

ラスト
ビッグサイズを仕留められました
 
船長さん
ラストコール
をすれば
釣れるのか検証するために
 
船長さんから
2回目の
ラストコール
(。・_・。)ノ
 
来た!きましたよ〜!!
O(≧∇≦)O
 
どらごんにも
ラストに!!
イメージ 17
 ウッカリカサゴ
 
きっちり
オチが付いたので
納竿となりました
(〃 ̄ω ̄〃ゞ
 
船長さん
釣果に
満足されていない様子でしたが、
 
 
ゆ〜ったりの〜んびり
釣りが楽しめて
本命の高級魚も釣れて
気持ちのよい
大変満足な一日でした
o(*^▽^*)o♪
イメージ 18
 
イメージ 19
 
船長さん
磯野船さん
ありがとうございました!
 
オニ退治
これからも何度も行くぞ〜
 


さぁ来週は
イカ絶好調の日本海へ
おひとり釣行

と意気込んでいたのに・・・

イメージ 20

。・°°・(((p(≧□≦)q)))・°°・。
ウワーン!!
なんでやね〜ん

台風の
被害がありませんように。
2018.05.21(月)

イメージ 1

一年ぶり
舛丸に乗船し
オニ退治に出撃してきました

メンバー紹介

Sさん
どらごん
の6名

昨年は、高波でポイントまでの1時間
船から振り落とされないように必死で踏ん張り
アトラクションを楽しみましたが、

今日は、、、
イメージ 2
 ベタ凪

ビール片手に
枝豆なんかを頬張りながらの
出陣式を楽しむ
オニ退治メンバー 

イメージ 3

既に
オニ退治に向け
楽しさ&期待度は急上昇

ポイント到着後、
船長から配布された
全長約2mの3本針仕掛け、
餌のサバ切身をセットし

オニ退治開始

ロッド:リアランサータチウオ
リール:フォースマスター2000
PE:3号 400m
オモリ:120号 

水深は130m

開始早々のファーストHITは・・・

どらごん 

でも、
やっぱり・・・というか
本命ではなく
イメージ 4
ユメカサゴ

その後、すぐに・・

本命のオニカサゴGET
イメージ 18
自撮りして
大きく見せてますが
実は・・・
ちっちゃい

リリースサイズなら
船長さんから
♪リリース宣言が発令されるので

これは、
ぎりぎりキープサイズ
といったところでしょう
(# ̄ー ̄#)ニヤ

アタリが無いと
船長はすぐに見切りをつけて
次々に他のポイントへ

水深180mのポイントでは
良型のオニカサゴをGET
イメージ 5

やったー!
うれしいーーー
(≧∇≦)


祝杯イメージ 6

周りのみなさんも
次々に良型オニカサゴを釣り上げ
船内、大盛り上がり 
イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21
♪(o=゜▽゜)人(゜▽゜=o)♪


相手が高級魚のオニだけに
入れ喰い
という訳にはいきませんが

他魚種も混じりアタリは多いです

この、水深180mから糸を巻き取る間
イメージ 7
オニ
それとも・・・
やろ???

このドキドキ感が、
楽しさを倍増させ

オニカサゴの姿を見たときには
興奮を与えてくれます
(*≧▽≦)bb

たとえ、オニカサゴでなかったとしても

明石釣原人さんが釣った
こんな立派なウッカリカサゴ
なら万々歳です 
イメージ 8

どらごんに
こんなのも釣れましたよ〜
イメージ 9
どらごん
金魚と呼んでましたが

エ ビスダイ(通称:ヨロイ)
ヨロイをまとったような硬いうろこ
料理の際は
ペンチでうろこを剥がさなければ
ならないらしい

なんとも
面倒なお魚を釣ってしまった

でも、お高くてとても美味しい魚だと聞き
笑顔に変わるどらごん

楽しい時間は
あっっという間に過ぎ
船長から


最後の一流しコール


このラストに
tarakoyakiさん
今日一番のビッグサイズをGET!!
イメージ 22


これで
納竿

と思ったとき・・・

竿を大きく曲げ
ガッツポーズの磯野船さん

イメージ 10

まさかの
tarakoyakiさん
更に上をいく
ビッグサイズをGET
イメージ 23

どらごんを含め全員で拍手喝采!!

劇的な フィナーレを飾った磯野船さんに対して
最後まで
惜しみない拍手をされていたのは・・・
船長さん

優しいお人柄が現れており
とても印象的でした
イメージ 11
出来れば
近いうちに
オニカサゴにもぅ1回
そして
夏のアカイカ釣り
お世話になりますねー


本日のオニ退治の成果
イメージ 13

この後、オニさん達は
船長に
〆られ
毒針を綺麗に散髪してもらい
イメージ 12

「釣りごろ釣られごろ」
のようなエンディングポーズ
イメージ 14


2次会 
イメージ 15


どらごんの釣果
イメージ 16
オニカサゴ4匹(小サイズ含)
ユメカサゴ
エビスダイ
カサゴ
サバ5匹

どらごん
我ながら
よぅ頑張りなすった



オニカサゴの薄造り
イメージ 17


エビスダイ皮霜造り
イメージ 24

オニカサゴのおすまし
イメージ 25
イメージ 27



どれも、たいへん
おいしゅうございました
☆^(o≧∀≦)o


エビスダのウロコは
ペンチを使わなくても
ウロコ取り
なんとか取れましたよー

イメージ 26

でも、、、

ガラス破片のようなウロコ
あちらこちらに
飛び散っていたようで・・・


ウロコが硬いと
飛び散る飛距離も伸びるんですねー
2017.04.15()
 
初となるオニ(カサゴ)退治
へ行ってまいりました
 
メンバーは

Sさん
どらごん   6名
 
お世話になったのは、
磯野船さんお気に入りの船宿

和歌山県田辺市から出船の
 
イメージ 1

当日は、けっこうな波があり
イメージ 2
約1時間、アトラクションを楽しみ

ポイント到着
イメージ 3
 
まずは、船長がイワシの群れを探しだし
落とし込み
スタート
イメージ 4
 
ロッド船匠落し込み230リミテッド
リール:フォースマスター2000
PE:3号 400m
オモリ:100号

水深100〜150mの広範囲にイワシの群れが
あり、すぐにベイトは針掛かりします。
そして170mまで仕掛けを落とし
アタリを待つも・・・
 
異常なし 
イメージ 5
まぁ
とにかく
晩御飯のおかずは確保
といったところでしょうか
 
落とし込みに見切りをつけ
次は、本命
オニ狙い
 
先頭仕掛け3本針に
用意しておいた
あじよし塾長直伝、
イメージ 6
身をそぎ落としたサバ皮をセット
イメージ 7
水深は
船長のアナウンス通り
ぴったり186m
イメージ 8
 
幸先よく
1投目から心地よいアタリ
イメージ 9
 
イメージ 10
ウッカリカサゴ GET
オニではないけど
うれしい〜
O(≧∇≦)O
 
2投目は
リリースサイズではあるものの
オニカサゴ

誰ですか?リリース!などと
叫んでいるのは・・

貴重なオニさんです
リリースなんかしませんよー
 

この時、タモ入れしてくれた船長
どらごん
『もっと大きいのん釣れたら
カメラに撮らせてください』と・・
 
『かしこまりー
と余裕のどらごん
 
周りでは、みなさん順調に両型オニを釣り上げ
船長さんカメラに収まっています
イメージ 11
 
中でも、うーうーさんが釣り上げた
40cmのオニ
ホントいかつい顔をしており
高級魚の風格がただよっていました
イメージ 12
 
この時、タモ入れしたのが、
どらごんだったのですが、、、
『ここでしくじると、白浜沖に沈められる』
との思いが
脳裏をかすめ・・・

今日一番、緊張した瞬間でもありました
(>人<*)
イメージ 23
 
3流し目
リリースサイズ オニ
(リリースはしません)

4流し目
リリースサイズの オニ
(やっぱり リリースはしません)
 
周りではアベレージサイズ
ばかりなのに・・・
 
船長さん:
『このサイズ狙って釣ってます??』

どらごん:『できるかーーー
 

5〜8流し目
あと10mというところまで
確かな、良型のオニのヒキを感じつつも
バラしの連発・・・
ヽ(≧Д≦)ノ
 
オニ用の先調子の竿に変更するのが面倒で
落とし込み用の7:3調子の竿を使用していた為
アワセガ弱かったのかも知れません
 
アタリがあった時には
竿を超グイーン♪
持ち上げていたんですけどね

しかも
精一杯背伸びして・・・
 (d ̄▽ ̄)

9流し目では
またしても良型のオニのヒキを感じながら
あと8mとなったとき、、、
 
突然、糸が走れ出しました
 
ドラグを閉めても、なお走りだす程で
船長も船走らせ応戦してくれましたが
竿が折れると思った瞬間・・・
イメージ 13
プチッとハリス切れ
 
残念というよりも・・・
 

俺のオニ返せー
(○`ε´○)
 
 
そして、ついに
ラスト流し
 
しっかりと
ラストは決めましたよー
 
アベレージサイズのオニを退治!!
 
写真を撮ってもらおうと
船長さんを見ると・・

後片付けに忙しいようで・・

ショボ━(´・ω・`)━ン
 

思い返すと
すべての流しで魚信があり
楽しくない はずがありません
 
とても、
おもしろい初オニ退治となりました
(*^ワ^*)
 
帰港までの約1時間
すっかり遊び疲れた様子の
おっさん達 
イメージ 14
 
イメージ 15

イメージ 16

帰港後は

船長さん毒棘に注意しながら
絞め
そして綺麗に散髪をして下さいました
イメージ 17
 
イメージ 18

全員の釣果
イメージ 19
 
帰りに全員で大漁祝賀会を催し
イメージ 20
次回、5月上旬
40㎝オーバー
ヒラアジ釣りでの
大漁を誓い合い解散となりました
 
幹事とは名ばかりで、
なーんにもしない
どらごんに代わって
世話役を務めてくださった磯野船さん
そして今日ご一緒して頂いたみなさん
ありがとうございました。
 
そして、とても親切にして下さり
満足な釣果を提供してくれた
舛丸 船長さん
ありがとうございました。

必ず再訪しますね
 

ところで、船長さぁーーん・・・
 
HP釣果画像なんですが・・・
イメージ 21
 
どらごんだけ・・
 
載ってないんですけどぉ〜
!!!(o ̄ω ̄)

まぁ、いーか
(^^*)



どらごんの釣果
ウッカリカサゴ 1匹
オニカサゴ 4匹(22〜33cm)
イメージ 24

ウッカリカサゴお刺身
オニカサゴ炙り
オニカサゴ(酒蒸し)
オニカサゴ(味噌汁)
イメージ 22

どれも大変、美味しゅうございました
(●>v<●)

開く コメント(32)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事