全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ハニー・ジム

※The receiving a prize is not intended

||<#FFFFFF' style='text-align:center;width:560px;filter:Blur(strength=7,directionfiltered=130);font-size:20pt;COLOR:#FF0099' ハニー・ジム|| 

イメージ 1


各戦地を巡り、連邦兵士の士気を高めるために特別に造られたジム。
パイロットは日本の美しい姫、ハニー。
しかし、陸ジムのくせして汚れるのが嫌いなため、ほとんど引きこもっていて
あまり姿を現さない。
 
「ハニー・ジムを見るといいことがある」と
もはや都市伝説と化してしまった感もあるが
兵士の危機には即座に気づき、通信にて叱咤激励したりもする。
実はむちゃんこ強いという報告もあり。
 
ライバルは「釈由美子専用ザク」

そんなハニー・ジムが、たまたまジャブローでゴロゴロしていた時
水泳部マネージャーのズゴ美がやってきた!
イメージ 2


ジム「なんだおまい、ちょっとこっちこいや」
ズゴミ「あんたこそなによ!ボッコボコにしてやるわよ!」

謎の声「まてぇぇぇぇっぇぇぇぇぇい!!!」

イメージ 3


そこへ現れたのは、水陸戦隊『ズゴレンジャー』

ズゴレッド「その子を離せ!」
ズゴミ「いや〜ん、助けて〜〜!」
ズコレッド(・・・ズゴミタン萌え〜)

ズゴブルー(なんで赤がリーダーなんだよ(・д・)チッ、パー●ンだと青がリーダーなのによー)
ズゴグリーン(イエロー、今日はカレー持ってないなぁ・・・)
ズゴイエロー(ブルーがバナナ食えってうるさいんだよなぁ。
       俺はブービーかよっ。あー、カレー食いたい)
ズゴピンク(チッ(・д・)。またズゴ美ぃ?あの子ほんとマジうざいわぁ
      どさくさに紛れてアイツもやっちゃおうかしら・・・)

ジム(なんか沢山似たようなのが来たわね。。。)
  ( ゜д゜)ハッ!
  (これって、もしかして・・リアル「ガンダム無双」?!)
  (このランチャー使ってみようかしら・・(。-∀-)ニヒッ )

長い引籠り生活の中でゲームばっかやってた
ハニー・ジムを目覚めさせてしまった、ズゴレンジャー。
危ない!ズゴレンジャー!!
このピンチをどう切り抜けるのか!!

〜次回につづく〜
次回予告 「ハニー・ジム、ワタシが天下無双よっ」の巻

開く コメント(81)

GUNDAM登場のMSは、アニメであるがゆえカラフルが機体が多い。
だけど、戦争を題材にしている以上、もっと機体はリアルであって良いのではないかと。

そしてそれは兵器であるため、あくまでデザインなどをさほど考慮せず
戦うことだけを目的とした機体であって欲しい。

現実的なデザインと私の大好きな設定陸戦型'。

『無骨さ』を出した戦闘兵器で、ヤラレメカではないGM


これに拘って製作してみました。

イメージ 1


初のコンペ作品であること、
また主催であることの重責を逆に刺激にして、初のMGでの全体改修に挑戦しました!

キット使用:MG・陸戦GM(2体分使用)、MG・陸戦型ガンダム(武器のみ使用)、
      MG・Ez-8(胸部追加装甲、背面コンテナラック使用)

その他、各社ディテールUPパーツ、1:72AFVキット、1:35・1:144のAFV用エッチングパーツ使用。


改修編
フレームは足以外は一切手をつけず、1.5mmおよび2.0mmのプラ板を使用して各所を幅増し。
時間の都合上、黒瞬・瞬着を多用。
ヒザ下にはアルテコ、頭部と腰部と臀部の肉埋め、およびツィメリット加工にはエポパテを使用。

脚部のツィメリット加工は、モデルカステンのツィメリットローラーとスタンプ使用。

改修デザインとして、GUNDAM WEAPONS『第08MS小隊・Ez-8』を参考。
改修していない部分は、マニピュレーターのみです。

塗装編

武器:Mr.メタルカラー・アイアン(乾燥後に拭き取ると光沢が増します) 
   Mr.メタルカラー・アルミ(銃口は常にマメに整備しているでしょう、きっと)

機体:サフは缶の500番のみ。
   瞬着の接着後も、表面の金属のザラつきを表現するためにあえて残しています。
   その代わりに、パテの鋳造表現は止めています。

塗装:下地は、缶のライトガンメタを2本使用。
   基本色はアクリルガッシュ(バーントシェンナ、ビリジアン、ジェットブラックなどを使用)
   本塗装は筆塗りのみ。

背面コンテナラック:下地は缶のライトガンメタ。上にMr.カラーを筆塗り。
        

ウェザリング:エナメルを100均のオイルライターで希釈。デザートイエロー、明灰白色などを使用。

剥げチョロ加工:デザインナイフ、竹串、爪などで塗膜剥がし。

スモークディスチャージャーはプラ棒で、簡易型ホルスターはプラ板で新造。
接近戦で使用するビームサーベルは近代的なニュアンスがあり好みではないため、
装備していません。

イメージ 2


細かなオラ設定は考えずに製作しました。
東南アジア戦線での局地戦。
バーニアはほぼ飾りでしかなく、出力が40%以下になっていて、
代わりに使用持続時間が圧倒的に向上しているロングドライブ仕様。といったところですかね。

イメージ 3


詳しい画像は、後日、私のブログでUPします!


ご覧頂いて、どうもありがとうございました!

開く コメント(74)

開く トラックバック(1)

パワード・ジム(POWERED GM)オラ設定


本パワード・ジム(以降PGM)は、
UC0083に次世代MS開発のGP計画の一環として開発された装備の、評価用として開発されたとされる。
評価用機体として、ジム改に大型バックパック、大推力ブースター、
両膝用のショック・アブソーバーユニットを装備し、30%増しの推力を発揮したとされている。
(Wikipediaより抜粋)

劇中で2機のPGMが試作機GP−02奪取事件時に確認されているが、
この機体はGP計画中盤以降に投入された機体であると思われる。
試作機奪取事件当時にビーム兵器運用試験の為、
トリントン基地郊外の運用試験場に配備されていたことにより、
この事件に遭遇していなかったようだ。

本機体は評価試験用であるので、特に武装の増強は行われていなかったが、
試作ビーム兵器運用のデータ収集用としても運用されており、
試作型のビームライフルを装備しているのが確認できる。

またパワード・ジムはGP01の陸戦型バックパックの評価試験をしているが、
バックパックも初期のPGMと比べると形状が異なる部分が確認できる。
試作機GP−01と酷似するパーツが見受けられることから、
GP開発計画の中盤以降に配備されたものと推測もできる。

試作機奪取事件後はアナハイムに返却されデータ収集後、
大気圏外運用評価機としての活用が見込まれたいようだがGP計画抹消と共に
その消息も不明となった。

ただ、その収集されたデータは後のGUNDAM Mk−供▲優發悗醗き継がれていったようだ。

イメージ 1


イメージ 2


試作ビーム兵器運用試験中
イメージ 3


制作記事

カラーレシピ(あまり覚えてません^^;)

ボディ
・オレンジ:オレンジ+イエロー+レッド+蛍光ピンク

・ホワイト:Gカラーホワイト5+ニュートラルグレー+イエロー+ブラック

関節
・グレー+ニュートラルグレー+ブラック

武器
・ミディアムブルー+ブラック+アイアン

カラーに関してはやはり試作運用機という観点があったので
オレンジとホワイトと蛍光色強めのオレンジといたしました。

あまり細かい塗りわけはしないように、
出来るだけシンプルに試作機としてのカラーリングにしてみました。


機体の制作についてですが

MG ジム改(RGM−79C)を使用。
バックパック・腿・脛部はAKOホビー製のものを使用しております。

このPGMへのこだわり^^

ジム改に大型バックパック、大推力ブースター、
両膝用のショック・アブソーバーユニットを装備したものとあるのでそれに準じて制作しました。

外見からマッチョなイメージに見えますが、
胸部の幅などは左右、0,5mmずつしか幅増しはしていないんですよ。
あくまでもジム改に部分的増加装備をしたものですから
フルアーマーの様にボリュームアップはありえないと思ったからです。

現在、販売されているHGUCのPGMはボリュームもあり
デフォルメされているように感じ、装備増加したものには見えませんでした。

設定を見てもそれほどボリュームがあるわけではないのが確認できると思います。

今回の改修はその辺りも気をつけて製作いたしました。
制作経過の詳細はこちらをご覧ください→[http://blogs.yahoo.co.jp/kiyo_ppp/folder/1649185.html?m=lc&p=7

PGM制作記]

他の完成画像はこちらをご覧ください→[http://blogs.yahoo.co.jp/kiyo_ppp/31579368.html

PGM完成画像]

今回は最後までご覧頂き、ありがとうございました。

開く コメント(91)

主催のみっちです。

ブログ訪問件数が毎日100件を越えている状態です。
皆さま。大変長らくお待たせしました。

間もなく作品の発表&投票の開始となります!!


投票によるたくさんの貴重なご意見、本当にありがとうございました。
多数決でカテゴリ毎の発表が良いということになりましたが、
皆さまの意見を基に色々考えた末、一度に全作品を発表することにしました。

徐々に見せて長く楽しむのも方法の一つですが、
やはり平等の投票期間であるべきだと考えました。

皆さま、私へのお気遣い頂き、心からお礼申し上げます。
でも大丈夫です。
皆さまの記事のUP作業は、ほぼ完了しました。




エントリーされた方々は、他のお仲間の方々の作品も見て、
是非ともコメントを残して頂くようお願いしますね。

また、頂いたコメントに関しても決して放置をせず、
是非ご自分のブログのようにコメントへのレスをお願いします!



■注釈が必要な方の記事に関しては、誠に勝手ながら
 主催追記を記載しています。予めご了承下さい。

■また、未着艦の方々の書庫に関してもそのままにしてあります。
 TOPに最終締め切りを記載しましたので、どんどん着艦をお待ちしています。

■記事に関しては基本的にそのままにしていますが、全て校正をしております。
 誤字脱字の修正、全角が半角になっていたり、改行をしていることがあります。
 ご了承ください。

■尚、事情により、主催2名の記事がまだUP出来ておりません。
 私の記事に関しては、2/10中にUPします。



また前置きが長くなりました。

作品発表&投票の開始をします!祭りの始まりですよーー!!

開く コメント(35)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事