旅からす 日本をもっと楽しもう!

旅からす書籍版 コミックZINにて販売中!!

全体表示

[ リスト ]

 自転車に限らず、製品というものは進化し続けるもの。
 それに対応する人だって鈍化ではありますが進化していますよね。

 乗り物には、旧車族的なジャンルもあって、
 自分の若い頃に惚れ込んだモノ、生まれる前のモノ、
 それに乗り続けたり、中古を購入して喜ぶ人は多いのです。

イメージ 1

 車検のない乗り物であり、改造自由な自転車は、
 オーナー毎の個性・拘りによって自由に表現出来る。
 時にレーシーに、時にノスタルジックに、
 そしてアート的な自転車を組み上げる人も多い趣味の世界であります。


 もう、ロード好きで事情通の方ならご存知でしょうが、
 カンパの新レコード(スーパーレコード)が発表され、リヤは12速化。
 その善し悪しや個人的な好みは抜きとして、フリーの12段に注目してみます。

 ●カンパ新型スーパーレコード

 昔から回転部の精度と滑らかさに定評のあったカンパですが、
 実はフリーに関しては、軽量品の軽合フリーに無理があり、
 破損相次ぎ、一般ユーザーが手を出せる代物ではありませんでした。
 レース用のスペシャルパーツとしてはアリだったようですけどね。


イメージ 2

 ハブはカンパ、でもフリーはレジナという人が多かったはず。
 自身はカンパとサンツアーのウイナーフリーとの組み合わせです。
 何故かというと、エンド幅120mmのハブに6段を使いたかったから。

 ボスフリー全盛時代の70、80年代は、
 エンド幅120mm=5段、エンド幅126mm=6段
 もちろん、まだ130mm幅の無かった時代での話です。


イメージ 3

 その時に、サンツアーが多段化への先駆けとなるウルトラフリーを発表。
 スプロケの間隔を狭めて、120mmエンドに6段(ウルトラ6)、
 126mmエンドでは7段(ウルトラ7)を取付ける事が可能になったのです。


イメージ 4

 勢いそのままに、サンツアーは軽量化を極めた軽合フリーの
 マイクロライトシリーズを発売。もちろんウルトラタイプもラインナップ。

 長らく、自転車の多段化は6,7段までに留まりますが、
 シマノが1991年にデュラエース7400系の8段カセットフリーを発売します。


イメージ 5
                 ※左/デュラエース7402、右/デュラエース7700

 この時に、ちょっとした騒動になったのが、
 エンド幅が130mmになってしまった事!!

 ここでは詳しい事は述べませんが、エンド幅は狭い方が良いとされています。

 そして、8段となり、既存のフリクションWレバーでは変速が難しくなり、
 シマノはこれをインデックスでクリアしてきました。
 同時にSTIレバーの発売も行なったと言う訳です。


イメージ 6

 もはや、この時代にはランドナー乗りも見かける事は減り、
 ロードかMTBかといった、二極化の自転車趣味暗黒期に入り込みます。
 ですが、結果としてMTBのインデックスシステムのおかげで、
 ロードパーツの多段化への進化が再び動き始めたのです。


 話を戻し、カンパの新レコード。
 驚いたのは、エンド幅130mmのまま12段とした事にあります。
 てっきり12速化する時はMTB系の135mmになると思っていたからです。


イメージ 7

 既にスラムのMTBパーツは12段になっています。
 しかし、それはエンド幅が135mmであったから容易だったはず。

 デュラ74の8段130mmから、既に20年以上の時が経ちましたが、
 エンド幅は130で変わらず、9,10,11,12へと進化した技術は凄いです。
 金属加工や材質加工の進化がなければ無理だったでしょう。

 スプロケが1枚増えるだけで、エンド幅が変わっていた時代を思うと、
 130mmで8〜12段に対応してしまう事は驚異的でもあるのです!!


イメージ 8

 しかし、無理な多段化が部品の耐久性を落とす事は、
 自身の長年の経験で、痛感しています。

 レース機材としての割り切りは良いとして、
 趣味の自転車に組み込む事には、正直ためらいも感じるのでした。

 スプロケが11-29Tと11-32Tの2種しか用意していないのもNGですね。
 それ以外の組み合わせでは耐久性と精度に自信を持てない
 現れのようにも思えるのでした。

 それでも、既存のフレームやホイールを流用でき、
 選択肢が広がった訳ですから、12速化は素直に歓迎しましょう♪


ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま〜す♪

この記事に

閉じる コメント(34)

顔アイコン

★コンタまーくつーさん
135mmになってしまうと、従来品は捨てる覚悟が必要ですから、昔から互換性を重んじて来たカンパでは決断できなかったのでしょう。
クロモリ時代なら126mmエンドに130mmを取付ける事が出来ましたが、今のフレームではそんな裏技も通用しないですしね(汗)。

2018/4/26(木) 午前 8:48 [ butoboso ] 返信する

顔アイコン

★beberuさん
初期のウルトラチェーンの出来の悪さに悩みましたが、他社も追従して薄型チェーンを出した事から問題もなくなりました♪
必要の無い多段化でエンド幅ばかり広がる時代はユーザー無視だったと思いますよ。
トラックレーサーが120mmのままと言う事の優位性を理解する人も今は減りましたよね。そこまで考えるサイクリストも減ったという事でしょう。

2018/4/26(木) 午前 8:53 [ butoboso ] 返信する

顔アイコン

★完覇超記録さん
フロント変速とSTIやエルゴの組み合わせは私的にはNGです。フロント変速はWレバーのままで微調整するものだと今も思ってますよ。

スラムの12速化はフロントシングルを進めるための措置でしたよね。
カンパの場合は、正直言えば、シマノより先に出す事だけに意味が合って、実用的とは思わないですよね。16Tが増えて、クロスレシオが多少進んでも、大きなメリットになるとは思えませんし…。
クルマと違い、エンジンは人間次第と昔から変わらない自転車は、42T時代(それ以前も含め)のレーサーに比べれば今のレーサーは明らかにエンジンはダウンしていますよね(苦笑)。

2018/4/26(木) 午前 9:00 [ butoboso ] 返信する

顔アイコン

★oryzasativaさん
ボスフリーから逃れられないユーザー層には、軽量化はあまり意味を成さないですよね(苦笑)。
昔の素材のままなら、無理な軽量化と肉抜きは破断の元でしたよね。
それでも、一生懸命自分でドリルで穴空けたりして!!。

この新型カンパは、無理な軽量化を嫌ってか、コンポパーツの総重量は増えたのです。既に最新のレース機材は、最低重量を簡単に下まわれていて、重し(ウエイト)を付けているぐらいでしたからね。

2018/4/26(木) 午前 9:27 [ butoboso ] 返信する

顔アイコン

★tsuribitoさん
その通りです。ウルトラ7ネタで盛り上がってました(笑)。
120から126に変わった時は、この先ずっと126になるのかとプチ絶望しましたが、すぐに130に変わり拍子抜けでした。
まさか、その後は現在に至るまで130が守られているとは思いませんでしたよね。BB規格は乱立しましたが、この部分はサードパーティーのパーツ&フレームメーカーが手出し出来なかったと言う事でしょう!!

GW明けから、次のVol.16の作業に入りますよ♪

2018/4/26(木) 午前 9:32 [ butoboso ] 返信する

顔アイコン

★六浦っ子さん
今でもアウター×ローは御法度されてますが、昔のチェーンよりしなりの幅が大きくなったので、使えない事はないですね。それはイコール、耐久性が下がった事でもありますけどね(苦笑)。

行き過ぎた多段化を喜ぶのって、ほんの一部の人だけだと思いますよ。
自分の走り方と自転車選びが出来ている人には無縁の事でしょう。
私も5〜8までの旧車族的な愛車が多いですが、チェーンやフリーの入手に多々悩む事がありますよ。ヤフオクやっていないので(汗)。

2018/4/26(木) 午前 9:37 [ butoboso ] 返信する

顔アイコン

★マーべリックさん
覚えていてくれましたか!!
自転車の手作り工房なんて、あの程度の規模の所が多いですよ。
お洒落とは言わないまでもオリジナリティ溢れる自転車を作るのに綺麗なショールームは必要ないですしね♪ クルマのチューンナップ工場なんかも、こんな匂いのする場所が多いみたいですしね(苦笑)。

逆に大手のメーカーは、PCに頼るばかりで、面白いアイデアや商品作りが出来なくなっている気がします。

2018/4/26(木) 午前 9:42 [ butoboso ] 返信する

顔アイコン

★ROCKさん
7速あれば充分ですよ♪
私の主力機のミニベロも7速ですが、何の問題もありません。フロントシングルをダブルにすれば、ロングツーリングも可能ですが、流石にそれはしませんけどね(苦笑)。
ただ、年々7速用のパーツも少なくなって来ましたので、長く乗るつもりならパーツのストックは必要ですよ。

2018/4/26(木) 午前 9:50 [ butoboso ] 返信する

顔アイコン

★齋藤電鉄ryuさん
今はヤフオクで古いパーツも手に入りますからね。
90年代頃は、旧車のパーツ確保は苦労の連続でしたよ。ボスフリーどころか、650A、Bのリムやタイヤが無くなり焦りましたから(汗)。
まさか、ロードバブルに引きずられるようにツーリング車(旧車)まで盛り上がり、旧規格のパーツが新発売されるようになるとは考えもしませんでしたから。
でも、捨て値だったビンテージパーツの高値への流れは、歓迎できませんけどね(苦笑)。

2018/4/26(木) 午前 9:55 [ butoboso ] 返信する

顔アイコン

★えなめいさん
同じですよ。私も10速のカンパとデュラで組んだ所で終わりました。
そのデリケート過ぎるパーツ調整と耐久性の低さに、むしろ9速以前に先祖帰り始めちゃいましたから(苦笑)。

ロードは23Tまで、ツーリング車は26Tまで。そんなフリーの美学も今のメタボなカーボンフレームには通用しないみたいですね。
ロードのトリプルコンポに勢いあった頃は、変速機のロングゲージもツーリング車に流用できるので良しとしてきましたが、今のメカでは拒絶反応が……。

2018/4/26(木) 午前 9:59 [ butoboso ] 返信する

顔アイコン

思えば、私が自転車デビューした1973年頃は、リヤ5速の時代
でした。それが、6速→7速→8速→9速→10速→11速→12速
ですか・・・
ブレーキに至っては、昔懐かしディスクへ・・

どこまでユーザーにお金を使わす方向へ走るのですかね。

2018/4/26(木) 午後 8:16 t 返信する

顔アイコン

昔の伊レジナや仏シクロの様に歯を薄くして爪が欠けて空転してこけないかと心配するのは私だけでしょうか(笑)。 削除

2018/4/26(木) 午後 8:53 [ pekesuke ] 返信する

顔アイコン

★tさん
5段時代が長かったですよね。
ツーリング車はフロントトリプルで15段にする人が多かったですが、ロードは10段、42×21Tでどんな坂でも走らせていましたよね♪

ディスクブレーキはジュニアスポーツ車のイメージが確かにありますよね。電子フラッシャー、セミドロとともに当時の子供にとっては憧れの一台でもありました。

2018/4/26(木) 午後 10:03 [ butoboso ] 返信する

顔アイコン

★ pekesukeさん
デュラEXのカセットトップの11Tも欠けるから使うな!! なんて言われていましたよね(苦笑)。
昔のフリー材質は、今より弱かったのもあるのでしょうが、歯を薄くすると壊れるイメージがあったのは確かです。ウルトラ6は壊れた事例は知りませんが、私的にチェーンがダメ駄目で、セデスに交換しましたよ!!

2018/4/26(木) 午後 10:07 [ butoboso ] 返信する

顔アイコン

仕事の関係で、東北地方太平洋沖地震の時にカンパの桜木町の輸入元に行きました。その時には、11速が有って感動をします。カンパの11速を販売してから、時間が経ってきましたね。確か、電動は出ていなかったと思います。
11速の、電動がオークションで安く出ていれば、ゲットをしたいですが、12速は欲しいけど、ついて行けませんね。(-_-;)
カンパの、輸入元でダンボールの宛名が新城選手を書いていた物が有りました。!!(゚ロ゚ノ)ノ

2018/4/26(木) 午後 11:00 [ 自転車横浜オヤジ ] 返信する

顔アイコン

★自転車横浜オヤジさん
桜木町にカンパの代理店ありますね。
そのビル1階に入っているコンビニはよく利用しますよ♪

カンパの方が早くから電動メカのプロトがスクープされていましたが、発売に関してはシマノの方が早かったですね。電動にディスクブレーキ。そして更なる多段化。レース機材としては正常進化なのかもしれませんが、趣味人にとって、それが歓迎されているかというと疑問だったりするのです(汗)。

2018/4/27(金) 午前 9:44 [ butoboso ] 返信する

顔アイコン

>桜木町にカンパの代理店ありますね。
カンパニョーロ・ジャパンの事ですね!80年代までは文京区本郷の土屋さんもカンパニョーロを扱っていました。

2018/4/27(金) 午後 5:23 tsuribito 返信する

顔アイコン

★tsuribitoさん
何故か横浜、それも野毛の外れに位置する場所にあるんですよね。
実は今もその場所に行ってました(苦笑)。

代理店や卸店は一般ユーザーが来店して買い物するような所ではないですが、ショップが代理店を兼ねているような所だと、小物の入手がしやすかったりしますよね♪

2018/4/27(金) 午後 5:36 [ butoboso ] 返信する

とうとう12速化しましたね!
10年ぐらい経てば、フロントシングルのリア12〜3速時代が来そうな予感がします。超ワイドレシオになりそうです(^^;

2018/5/7(月) 午後 10:02 [ ひかるん ] 返信する

顔アイコン

★ひかるんさん
ここまで多段化されると、内装式の方が利に適っているんですけどね。
でも、そうなると電動組み込ドーピングも簡単になってしまいますし……。
サイクリング用途の自転車パーツって昔からロードレーサーからフィードバックされてきましたが、今はMTBの方が革新的になってきていますよ(汗)。

2018/5/8(火) 午前 8:28 [ butoboso ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事