旅からす 日本をもっと楽しもう!

旅からす書籍版 コミックZINにて販売中!!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1



 GWの連休後半、移動中の車内からは夕暮れの北アルプスが見える。
 この数年、雪山を望む路の魅力に取り憑かれ、長野行きが続く。

イメージ 2

 目的地に到着後は温泉に浸かり、一息付く。
 そして星空の下での前夜祭スタート。
 紅葉時期と違い、この季節は多少寒くても外で飲み食いできるのは有り難い。

 某女子高生キャンプアニメでは真冬にテント泊とかなりの無茶ぶり。
 現実はそんなに甘い訳が無く、酔いが冷めてくると寒さが骨身に応える。
 前夜祭はお開きとし、寝床にセット済みの寝袋に潜り込む事とする。


●北アルプスを望む静かな路、大笹七通林道
 近くの水の張られた田圃から聞こえる蛙の大合唱は心地よいBGM。
 しかし、夜半からはBGMにポツポツザーザーの雨音が加わる。
 天気予報は晴れなれど、山域ではあまり役に立たない。

イメージ 3

 翌朝も低く山肌に垂れ込めた雨雲の中で朝食を済ませて準備。
 幸い雨雲はこの山域だけで、それも次第に無くなりそうだ。
 防寒と雨具を兼ねたウインドブレーカーを着込んで出発する。


イメージ 4

イメージ 5

 交通量の多い国道はなるべく避け、旧道に逃げ込むように3kmほど走り、
 本村集落から大笹集落への簡易舗装の小径に入り込む。
 途端に二人だけの空間となり、写真を撮りながらのスローモードに。

 山肌の集落に至る路は急登を強いられるが、
 クルマの通行は無いので、のんびり会話をしながら走れるのが良い。

 5万図を二人で確認しながら進んで行くのだが、
 廃道の増える地方の山道ではすんなりとは行かず…。


イメージ 6

 選択した路は、はじめはクルマの真新しい轍があるのだが、
 進んで行くうちに路は荒れて行く一方。
 最後は尾根付近に出た所で、路が消えていた…。
 静寂な空間には、アオバズク(フクロウ)の鳴き声だけが響く。


イメージ 7

イメージ 8

 自転車を置いて踏み跡の形跡を進むと、そこには一軒の廃屋が。
 路がまだ生きていた時には、この家にも生活を営む姿があったのだろう。
 今はひっそりと路も家も役目を終えて自然に帰って行く段階であった。

 清き撤退というほど大袈裟ではないが1時間のロスを経て下路の分岐まで戻る。


イメージ 9

 こちらも簡易舗装が途切れ地道となるが、行き止まりではなさそうだ。
 林道の表記は無いが、集落への道表示も出ている事から、生きた道と判断。


イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 大笹七通林道、この地道の正式名称である。
 昨夜の雨で荒れた場所もあるが、総じて走りやすい林道だ。
 そして、お待ちかねの北アルプスの絶景も広がっていた。


イメージ 13

 山には雲がかかっているものの、その圧巻する佇まいは変わらず。
 有名どころの路ではなく、地図で見つけた面白そうな路を実走し、
 そこで出会う、自然と絶景だから感動もより大きい。
 5kmほどの地道であったが、満足することが出来、幹線道に入る。


イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

 都心では既に終わった菜の花が、この地域では見頃。
 寄り道した中山高原の菜の花畑は、北アルプスとの見事なコラボであった。
 10日早ければ、桜の花もこの風景にトッピングされていたらしい。


●初夏のような仁科三湖
 コンロは携帯しているが、昼時に街中に出られたので
 8氏のリサーチしていた食事処へ。

イメージ 17

 実は、サイクルラックに自転車をぶら下げるのは初めて。
 普段常用している2台のミニベロでは宙ぶらりんとなり使えないのだ。


イメージ 18

 黒部ダムカレーに心魅かれるが、豚肉スタミナ定食を注文。
 出て来たごはんは一合とてんこもりである。
 値段もそれなりだが、この盛りつけを目当てに店内は満席であった。

 空腹を満たし、少々眠気と気だるさを感じながらも午後の部スタート。
 ポカポカ陽気の晴天となった田園地帯をのんびりと進む。


イメージ 19

イメージ 20

 田圃好きの私にとっては極楽のような路だ。
 雪解け水もあってか、水路の流れの勢いは激しく。


イメージ 21

 当初の予定では、木崎湖から小熊黒沢林道に入る計画だったが、
 廃道へのロスで時間も押しているし、午前の林道に満足した事でパスとし、
 仁科三湖の湖畔巡りへと変更した。

 余談だが、この時、私の愛車のプロダイクランクのBBが緩み、
 ペダリングごとにガタツキが発生していた。
 他の愛車ではスクエアテーパーBBを含む全車で不具合が出ないのだが、
 このプロダイクランクの専用BBだけは、どう調整してもガタが発生。

 メンテフリーのシールドタイプに交換したいが、
 プロダイクランクは特殊なテーパー角。
 無理に取付けてクランクが壊れても困るので交換出来ず…。
 これを期に、クランクごと交換するか迷っているところだ。


イメージ 22

 近くの踏切が鳴り始める。
 ペダリングを止めて、どんな列車が来るかワクワクして待つ。
 そこに現れたのは、長野旅の帰路によく利用してきた南小谷駅発のあずさ。

 大半が松本始発の特急あずさ。
 大町や仁科三湖に乗り入れている南小谷発着のあずさは、
 サイクリストにとっては、とても利用しやすい列車。
 何より自由席でも安心して席が確保出来るのが良い。


イメージ 23

 木崎湖から、中網湖、青木湖の湖畔をのんびり巡り。
 初日の走りは終了となる。後は、小さな峠を一つやっつけて、
 温泉と乾杯の生ビールのご褒美を頂くことにしよう。

                            〈2日目につづく〉

【1日目の行程/2018年5月5日】
ぽかぽかランド美麻08:35→本村08:45→廃道行き止まり地点09:33→
大笹七通林道入口10:15→林道出口11:15→中山高原11:45→
大町(昼食)12:45→木崎湖14:30→青木湖15:30→ぽかぽかランド美麻17:30
走行距離/55km

●コースマップ●


ランキングに参加しています。
よろしければワンクリックお願いしま〜す♪

この記事に

閉じる コメント(23)

顔アイコン

★マーべリックさん
その気になれば合成可能ですが、これは素の画像です♪
去年はこの地域の桜が見事でしたが、今年は関東同様に早咲きだったようです…。標高の高い所も新芽ではなく、しっかり新緑になってました。

店はサイクリスト歓迎の店でした。だから大盛り的な店なのかもしれません。店内は田舎のスナック的でしたけどね(苦笑)。

2018/5/16(水) 午後 1:55 [ butoboso ] 返信する

顔アイコン

butobosoさん,こんばんは.今回はまた当方のサイクリング日帰り圏へお越し下さいまして有難うございます.

今回お通りになったのは長野市七二会大安寺から土尻川を渡り,後は尾根伝いに大町市へ通ずる大町峯街道と呼ばれた古道の一部ですね.

この路線は私が“水内(みのち)スカイライン”と仮に私が名付けていて,かつて私もMTBでは旧美麻村内まで乗り通したことがあります.最近では旧信州新町/小川村境の尾根辺りまではロードバイクでも何とか走れますが,その先大町市内へ向かっての路面状況は今回ご通行になっての通りですね.

第二次大戦前まではそこそこ利用度もあり,50年以上前までは沿道の各所に集落が点在していたらしいですが,その後の時代の流れでことごとく廃村となりました.現在沿道地域の有志の皆さんでその峯街道をトレッキングコースとして再開発を目指す動きもあるようです.

食事処「カイザー」は大町市内ですか.今度サイクリングで行く機会があれば訪ねてみたいと思います.

2018/5/16(水) 午後 8:12 [ マイロネフ ] 返信する

顔アイコン

サイクリングに最高の距離、景色がすばらしいですね。
仲間とのツーリングは最高ですね。

2018/5/16(水) 午後 10:04 [ 富士山大好きな山男 ] 返信する

顔アイコン

おはようございます!
北アルプスの絶景、田園の風景と共に、気まま旅であれど、
お二人の経験に裏付けされた部分が感じ取れ、流石〜!
と思いました!!

・・・BBの緩みですが、プロダイ専用品を見た事が
ありませんので、偉そうな事は言えませんが、経験上
ロックリングを強固なモノ(スギノ75、後期型シュ
パーブPRO、74デュラ等)に換えて見るのも手か
なと思うのですが・・・

2018/5/17(木) 午前 6:22 [ 完覇超記録 ] 返信する

顔アイコン

★マイロネフさん
途中でたくさん見かけた石仏からも、これらの路が古道であることは推測していましたが、幹線道的な古道だったのですね。地図上から路を見つける事は多いですが、その路に対する下調べは中々難しく行なっていないのです。
2.5万図を帰宅後に見た所、廃道の家屋(モノクロ写真)も表示されていました。こちらの路は、数年後には完全に自然に帰ってしまいそうですね(悲)。
2日目は、旧中条村を中心に走りました。レポート誠意編集中です♪

2018/5/17(木) 午前 8:39 [ butoboso ] 返信する

顔アイコン

★富士山大好きな山男さん
学生時代からの親友なんです。他にもたくさんの輪友は居ましたが、大半が自転車から離れ、昔ながらの走りのスタイルを貫いているのは今回の8氏だけになってしまいました。どちらかが身体が動かなくなるまで、この関係は続くでしょう♪
私も自転車で全国を巡りましたが、絵になる風景は、北海道と信州に多いですよね。

2018/5/17(木) 午前 8:42 [ butoboso ] 返信する

顔アイコン

★完覇超記録さん
このような走りのスタイルを貫いている方は少なくなった上に、高齢化が進み、走れなくなってしまった人が多いです(悲)。

仰る通りです。スギノ75のロックリングはプロダイに流用できます。6千円ぐらいで購入出来るので、そちらを移植も検討してますよ。ただ、プロダイって165mmしかなく、身長174の私では短いのです…。なので170mmのサンエクシード+シールドBBも考えているところです。

2018/5/17(木) 午前 8:48 [ butoboso ] 返信する

顔アイコン

山と田んぼが見える風景は
大好きです♪

急ぐことなく気の向くまま走るスタイルは
いいですね。

日帰り輪行ではこのエリアを堪能するのは
きびしいけど
駅寝一泊輪行なら…と企んでいます。

2018/5/17(木) 午後 7:03 [ oryzasativa ] 返信する

顔アイコン

2018/5/17(木) 午後 7:41 河っち 返信する

顔アイコン

★oryzasativaさん
幼少期の刷り込みなのか、田圃のある場所はとても落ち着きます。
雪山に田圃のコラボは関東では難しいですが、半年に1度の長野遠征が大人の遠足として定着してきましたよ♪。

輪行絡めると、日帰りでもそれなりに遠征可能ですが、1泊出来ると旅気分が深まりますよね!!

2018/5/17(木) 午後 9:04 [ butoboso ] 返信する

顔アイコン

★内緒さんへ
初めての出品なのに、たくさんのウォッチリストを入れてもらえてます。有り難い事なのです♪
この値段で関戸橋に持ち込んでも売れないでしょうが、ヤフオクだと見る層も変わって来ますね。サイクロンGTの前後セットはかなりレアな品ですけど、評価ゼロの私の品にいきなり入札多数とは驚いていますよ!!

2018/5/17(木) 午後 9:07 [ butoboso ] 返信する

顔アイコン

★河っちさん
悲しい出来事の最中に、こちらへの訪問有り難うございます。
身体の動く限り自転車で走り続けましょう!!

2018/5/17(木) 午後 9:08 [ butoboso ] 返信する

とても自転車の旅よりもハイキングに近い印象を受けました。ワイルドですね。テント宿泊でしたらアドベンチャーです。景色はとても綺麗ですが熊とか猪とか出て来てもおかしくない山道ですね(汗)

2018/5/17(木) 午後 10:00 [ jun ] 返信する

顔アイコン

★junさん
お互いソロで走る時は150km近い距離で走っていたりしますが、二人で走る時は、距離を求めず景色と路を楽しむ走りに徹していますよ。
この日は余裕がありすぎましたけどね(苦笑)。

熊に会えたら、むしろラッキーなぐらいです。日本全国を二輪で巡って来ましたが、5年ほど前に登山道でニアミスしただけです。猿や鹿にはよく出会いますが、他の獣は自転車の気配でみな立ち去ってしまうようです。

2018/5/18(金) 午前 8:35 [ butoboso ] 返信する

顔アイコン

こんにちは

残雪のアルプスに菜の花の中
長年の友人とのサイクリングとは贅沢な時間ですよ
これに山桜があったら完璧!

お二方の自転車にフォームにスタイルが
路と景色にマッチしていて80年代のサイクリストを思い出し
懐かしく格好良く見えます♪

林道にしてもこの手の自転車に乗らない方からすると
引き返す道に見えますよ
こういう道こそがサイクリング♪と思うのでありまする〜

2018/5/18(金) 午前 10:09 [ やぎ ] 返信する

アルプスを背景に山道を走るなんて
こちらでは中々実現できませんので
いつもこちらで楽しませて頂いてます。

2018/5/18(金) 午前 11:07 [ 摩耶 ] 返信する

顔アイコン

★やぎさん
業界的には、自転車旅も悪路走行もロードの派生種ばかりで対応させようとしていますね。儲け主義の流れにいつまでもしがみついている証拠でもありますよ。ランドナー復権等は言いませんが、ツーリング系ならMTBから派生種を作るべきなんですけどね。

一眼タイプのカメラを首からぶら下げて走るスタイルも見かけなくなりました。フィルムカメラ時代より、大小フォーマットのカメラが揃う現代では、昔より自転車向けカメラは増えたんですけどね。

2018/5/18(金) 午後 3:21 [ butoboso ] 返信する

顔アイコン

★摩耶さん
乗鞍に挑むのも楽しいですが、雪山景色を望む林道走りも楽しいですよ♪
こちらからでも移動に5時間掛かりますから、大阪方面からでも比較的行きやすい場所だと思ってます。でも、2日間たっぷり走ろうと思うと、前後に移動日の2日間が必要です。こんな走り方はGWならではなのです。

信州の場合は、杉林がそれほど多く無いのもロケーションとしては良いのだと思っていますよ。

2018/5/18(金) 午後 3:26 [ butoboso ] 返信する

新緑と残雪の北アルプスの絶景作品の数々。
素晴らしい天気に恵まれたサイクリングでしたね!!

2018/5/18(金) 午後 4:58 [ エム ] 返信する

顔アイコン

★ エムさん
雪の多い地方は、春から初夏にかけての風景が見事ですよね♪
今回の林道、旧いツーリングガイドには載っている路なんですが、今のには載っていない!? のか、オフ車にも全く出会いませんでした。
貴重な信州の未舗装林道、二輪乗りにとっては聖域のような場所でしたよ♪

2018/5/18(金) 午後 10:14 [ butoboso ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事