ここから本文です
南無なむ堂のスタッフブログ
笑って泣いて感謝して(^人^)・・・仏壇店の備忘録です♪
本日は春分の日ですが、春のお彼岸(春彼岸)でもあります。
お彼岸は御先祖様に思いをはせる日として
この時期に、たくさんの方がお参りに来館されております。
ここ数日は生憎の雨でしたが室内霊苑QUONひかりにて合同法要をおこないました。
室内ですので雨にも濡れずに快適な空間での法要でした。
ご参加されました皆様、今後も室内霊苑QUONひかりのをよろしくお願いいたします。

室内霊苑QUONひかりは、お彼岸とお盆時期の年3回の合同法要を行なっております。
予約制ですが納骨堂をご検討されている方にも合同法要にご参加できます。

イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

お楽しみ大抽選会

本日、お彼岸時期の恒例となりました
「お楽しみ大抽選会」を四国放送ラジオにて生放送で行いました。

当選されたお客様の皆さま、おめでとうございます!

一緒に出てくれた遠藤アナウンサーとは
本番前に80'sの話や海外での旅行の話などで盛り上がりました。
次回もよろしくお願いいたします。

イメージ 1

この記事に

春のお彼岸決算セール

 おかげさまで大盛況で2日目を終えました。

 店内の梅の花もお客様の笑顔もほころぶ良き連休となりました。

ご来店いただいたお客様はもちろんのこと店内狭しと奔走するスタッフのがんばりにも感謝します。...

明日は寒くなりそうですが、店内暖かくしてお待ち申し上げます。

イメージ 1

この記事に

お仏壇の南無なむ堂では、2/10より春のお彼岸・決算セールを開催しています。

在庫商品80~20%引きをはじめ、商品券があたる大抽選会、チョコレートのつかみ取りなど楽しい企画が盛りだくさん。

詳しくは2/10(土)の徳島新聞朝刊をご覧ください。

イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)


2017年2月15日(水)
7日目

最終回

マラケシュ〜カサブランカ〜ドバイ〜日本

楽しかった親子旅もいよいよ帰国の日を迎えることになりました

イメージ 1
朝5時ごろホテルを出発します。

駅まではタクシーで。安定の5ディナール(笑)

イメージ 2
10分ほどでマラケシュ中央駅に到着

イメージ 3
宮殿のような駅舎です

イメージ 4
数字以外わかりません

イメージ 33
バックパッカーがチケット売り場でならんでいます。

私は前日にチケット購入していたので安心です。
が、かなり空いてるようです。

イメージ 5
早めに着いたので時間つぶし中

イメージ 6
ゴージャスな造りですねー

イメージ 7
朝6時半、列車に乗り込みます

まだ真っ暗です

イメージ 8
列車に乗り込み、自分のコンパートメントを探します

イメージ 9
6人乗りの一等客室

イメージ 10
荒野を走り抜けて行きます

カサブランカにあるムハンマド5世国際空港までは約5時間かかります

ちなみにお一人様一等で約2,600円なり

イメージ 11
対面には二人のおっさん

アラビア語とフランス語しか通じないので会話になりません

イメージ 12
カサブランカ駅に到着①

イメージ 13
カサブランカ駅に到着②

イメージ 14
ここからさらに空港行きの列車に乗り換えです

イメージ 15
エアポート・エキスプレス的な列車が滑り込んできました

イメージ 16
こちらも一等車両に乗せてもらいました

イメージ 17
せっかく遠いところに来ているのに何やってんだか(笑)

イメージ 18
チェックイン

イメージ 19
まずはドバイに向かいます

イメージ 20
久しぶりに食べなれた味に舌鼓を打つ長男

イメージ 21
今日は満席のようです

イメージ 22
いよいよ搭乗します。

さようならモロッコ

ちなみに手に持っているのはゴミっぽく見えますがお土産です

イメージ 23
カサブランカ上空

向こうの海は大西洋です

イメージ 24
機内食。羊の肉。うまし。

イメージ 25
ドバイまで行ってもまだ半分

ちなみにカサブランカ〜ドバイは約8時間です

イメージ 26
ドバイ国際空港に無事到着

イメージ 27
長男は成田に向かうので、ここでお別れです

イメージ 28
短い間でしたがお疲れ様でした!お元気で!

イメージ 32
私は関西空港に向かいます

イメージ 29
ドバイから関西空港まではさらに約9時間

もういい加減飽きてきました・・・

イメージ 30
というわけで関西空港に到着

長男もそろそろ成田に着いている頃かな?

イメージ 31

楽しかった1週間もあっという間に終わりました。出発前はちょっと無茶な行程かなと思いましたが、なんのトラブルも無く、物足りなささえ感じるほど順調な旅でした。

二人でいてもあまり会話はありませんでしたが、最後の夕食時に「おもろかったわ。」の言葉に救われました(笑)。 子供として接する最後のいいプレゼントができたかな?思います。

ちなみに今回かかった費用ですが、日本からの往復飛行機も含めた全部コミコミの予算目標が一人15万円でしたが、ちょっとオーバーしたようです。敗因は移動に長距離列車や飛行機を使わなければならなかったことと、子供にはいいものを腹一杯食べさてあげたいという親心が招いた食費のオーバーでした。

最後に・・・・

長男に電話したところ、無事成田に着いたとのこと。今から友達と飲みにいくらしいです。どこまでタフなんかいな。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事