小林消防設備:全ての種類の消防設備士・危険物取扱者免許を持つ会社

無資格者作業の横行によって、命を護るための消防設備点検制度が、消防法を盾にした悪徳企業による金儲けの手段に成り下がっています。

大切な命を護るための最後の切り札 避難器具について〜小林消防設備 福岡県豊前市 全類消防設備士 第二種電気工事士 経営学修士〜

おはようございます 福岡県豊前市の小林消防設備 全類消防設備士 第二種電気工事士 小林寮一です 避難器具について 避難器具は、大切な命を護る最後の手段として使用される避難設備です 避難器具の代表的なものである避難はしご・救助袋・緩降機以外にも数種類の避難設備があります (金属製避難はしご・救助袋・緩降機・避難はしご・避難ロープ・避難橋・避難用タラップ・すべり台・すべり棒) 万が一の際、確実にかつ安全に使用できるよう、避難器具は半年ごとの機器点検と1年ごとの総合点検が必要です 点検のイメージとしては、機器点検(6か月後)→機器総合点検(1年後)→機器点検(1年6か月後)→機器総合点検(2年後)・・・となります 総合点検の際には、設置されている避難器具、全数の降下試験が必すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事