『白蓮会館横浜北支部』 活動報告

初めていらした方は http://www.byakuren-yokohamakita.com/ をご参照下さい。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

6月10日(日)に代々木第二体育館にて白蓮会館主催の全関東空手道選手権大会が開催されました。

白蓮会館内では関東地区最大のビッグイベントであり、今年も多くの道場生に参加してもらいました。
うち以下四名が入賞者です。



小学2年生 男子の部          三位  山中拓人

小学2年生 男子の部         準優勝  國枝倖輔

小学6年生 男子の部(初級クラス)   三位 須藤英次郎

小学6年生 男子の部(初級クラス)   優勝  國枝俊輔



もっと多数の入賞者を輩出した年もあれば、一人も入賞できなかった年もあり
その意味で今年は支部単位では次第点といったところなのでしょうが
個人的にはもう少しいけるかなと思っていた道場生も多いので
ちょっと残念な気持ちが勝っているのが正直なところです。

しかし、今回はそんな気持ちを補って余りある、素晴らしい内容の試合がありました。
國枝兄弟の優勝、準優勝です。
イメージ 1


弟の倖輔は初戦で凌成との同門対決を僅差で制し、天斗を破った強豪にも勝利し決勝へ。
私は審判に奔走していたため、リアルタイムでは倖輔の決勝までの試合は一試合も見られず
後日ビデオで確認したのですが、その限りでは相手に押されている場面も多々あり
正直言って、それほど良い内容ではありませんでした。
相手の反則による自滅等で、運良く勝ちを拾えた印象でした。

そして決勝の相手は準決勝で一番優勝の可能性ありと目されていた拓人をも破っており、
いかにも試合慣れした動きで、体格にも恵まれていて、明らかに格上。

絶体絶命のこの状況で倖輔が男を見せてくれました。

あれだけ大きくて強い相手に立ち向かう恐怖といったら、それはもう筆舌に難いものがあるはずですが、
その恐怖を必死に飲み込もうとする勇気と、絶対に退くものかという決然とした覚悟が
倖輔の一拳一蹴から溢れだしているのがハッキリと眼に見えるようで、胸が熱くなりました。
判定は文句のつけようもなく相手を支持し、倖輔は優勝を逃したのですが
涙が出そうなほどに応援していてハラハラさせられ、同時に感動もさせられる試合でした。



一方、兄の俊輔。
準決勝では同門の英次郎と初対決。道場での実力は俊輔のほうが上でしたが
試合で物怖じせず無類の強さを発揮する英次郎と試合だと力を発揮しきれないことが多い俊輔。
下克上の予感もよぎります。試合が始まると帯も経験年数も上である俊輔の負けられない気持ちが
前面に出過ぎて、バタバタした悪い動き。しかしそれでも意地と気合いで英次郎を押し切り勝利。
これにより久々に負けた英次郎の三位が決定。

そして決勝戦。
勝ち上がってきた相手もかなりの実力者で、試合開始直後から一進一退の激しい技の応酬。
もうやるしかないと肚が据わっているせいか、準決勝時とは見違える落ち着いた試合運びと技のキレ。
しかし、それで簡単に押し切れるほど与し易い相手でないあたりさすが決勝進出者。
俊輔と同等の退かない気持ちを感じさせる気合いもろとも技を返し、均衡は一向に破れません。

最後の再延長。
ここまでほぼ互角。しかし明白な勝敗がつくほどではないが、極僅差で俊輔が主導権を握っている。
「蹴りを増やせ」とアドバイスを送ると、しっかりと聞き取り、うなずく横顔に余裕も見える。
スタミナにもまだ余力がありそうだ。これはいける!俊輔が押し切れる!

いや、しかし待てよ。今まで数々の「まさかのやっちゃった」をやらかしてきた俊輔だけに
今回も最後の最後で、信じ難いポカをやらかしちゃったりしないだろうな?

いやいや、俊輔の精悍な表情を見ろ。充実した気持ちの乗ったあの動きはどうだ。
そんな過失が入り込む隙などいづくんぞあらんや。

いやいやいや、でも「最後の最後でやっちゃいました。てへっ♡」
「ドンマイ!でも準優勝おめでとう!(道場生一同、笑いと拍手)」みたいな画が割と想像できちゃうな。

いやいやいやいや、今宵の俊輔の斬れ味はひと味違う。今までの実直な努力がついに報われるのは
今日をおいて他にあるものか!

いやいやいやいやいや・・・みたいな葛藤を人知れず抱えつつ必死に声援を送っていたのですが
当の俊輔はというと、再延長に突入しても気迫の衰えは露ほども見せず
もっとはっきりと白黒つけてやろうじゃないかという頼もしさすら感じる気持ちの充実ぶりと
無尽蔵のスタミナで相手に挑み、あっぱれな相手も最後まで絶対に諦めない抵抗を見せましたが
やはり俊輔が先手、手数、圧力、全てに勝り、試合終了まで相手に主導権を奪い返されることなく
むしろより明確な差をつけて、文句なしのウイニングコールを授かったのでした。

今大会唯一の優勝で湧きに湧く横浜北陣営の元に、勝ち名乗りを受けた俊輔が帰還。
「先生、やりました。」と勝利報告に来てくれた俊輔とがっしりハグした私は
まだまだ痩せぽっちな、でも試合中は頼もしく逞しく見えたその背中に、
勝利を少しでも疑ってしまったことを心の中で詫びたのでした。すまん俊輔。そしておめでとう。
イメージ 2


今回の國枝兄弟の試合を観戦して今更ながら思ったことは、努力というベースに裏打ちされた
気持ちのこもったパフォーマンスは本当に人の心の琴線に触れる、いや触れるどころか
私などは今回パコ・デ・ルシアばりにかき鳴らされてしまいました。本当に感動をありがとう。
親バカじゃなくて先生バカ目線を差し引いても、今回感動したのは私だけではなかったはずです。
自分の教え子が人に感動を与える試合をする。空手を教えていてこれ以上の幸せはありません。
この夜の私は、祝杯でベロンベロンに酩酊したであろうことが想像に難くない國枝ママに次いで
幸せを感じたのでした。



最後に、今回のMVPが大活躍の國枝兄弟であることに異論をはさむ余地はありませんが
その裏で、今回壮年の部に出場し、残念ながら一回戦で敗退してしまった岩元さん。
東日本入賞の余勢を駆り、さらに上を目指したものの今回は振るわず、残念ながら早々に敗退。
しかしその後、大会の最後まで残り少年部の子供達一人一人の試合に立ち会い
普段のジェントルマンな佇まいとはミスマッチな競輪場のオヤジのようなデカいダミ声を更に枯らし
垣野君とともに、最後まで一生懸命応援してくれました。
後日、誰の試合のビデオを観ても岩元さんの声援が一番聴こえてきました。
本当にありがとうございます。次がんばりましょう!

出羽街道物語

国を揺るがす未曾有の大災からちょうど一年を経る3月11日に東北の地で
「第16回東北空手道選手権大会」が開催されるとのことで
普段だったら極度の寒がりである私が遠路はるばる弥生の山形に
率先して行きたいとは露ほども思わなかったはずですが
日本人として何か身が引き締まるような想いを感じ
三人の少年部ファイター(とそのママ達)とともに参加してきました。

で、結果から先に書いてしまうと三人とも惨敗。
一人も入賞に食い込むことはできませんでした。

JKJO色の強い判定基準にやや困惑した部分もありましたが
それを差し引いても東北地方のレベルはとても高かったです。

試合内容に関しては、なんせ皆さっさと負けちゃったんで
あんまり書くこともありませんので道中記を少々。




こんな機会が無ければあまり訪れることもないだろうということで
前日入りして宝珠山立石寺、通称「山寺」へ観光に向かいました。

切り立った山の崖面に数々の御堂が散在する様はまだ残る雪と相俟って
非常に美しくもあるのですが、同時に武骨な感も与えるため
鎌倉の武家文化にも似た、どこか懐かしい印象を受けました。

そんな壮観を山すその蕎麦屋から見上げつつ、店のおばちゃんから情報収集。
すると店の前から宿泊先のホテルまで無料送迎バスが出ており、一時間後のそれが最終だという。
それを逃すと電車を使わなくてはならず、乗り継ぎも含めて非常に便が悪い。

「じゃあ、1時間で登って戻って来ようぜ」という私の提案を聞いたおばちゃんからは
馬鹿を言うな。登るだけで2時間はかかるとあきれ顔で嗜められました。

しかし随分前に一度登った経験がある私は、うろ覚えの記憶ではありましたが
いや、そんなにかかった記憶は無い。15分かせいぜい30分で踏破したはず
という思いを強くし、年寄り基準の情報を与えるな!と心の中でおばちゃんを一喝。
心配そうに見送るおばちゃんを歯牙にもかけず、一同を引き連れ出発しました。

で、これも結論から言えば、時間内に踏破し無事送迎バスにも間に合った訳で
私の英断は正しかったのですが、過去の記憶以上に路は険しく、また雪に足を取られるため
容易に進めず、バスに間に合わなかったらどうしようという焦燥感がジリジリと頭をもたげ
徒歩→早足→マラソン→階段ダッシュへと徐々にその足取りは変化。

途中、松尾芭蕉の名句で詠まれた蝉の声がしみ入った岩盤や
数々の由緒ある建立物をことごとく見向きもせずに通過し
チアノーゼ寸前の青息吐息でひたすら走る、走る、走る!

なんか毎年夏に山梨で同じようなつらさを味わっている気がするなあ
いやそんなことより、そもそも試合前日に国の重要文化財で、なぜ俺は階段ダッシュ?
などの感慨が脳裏に去来するのをなるべく深く考えないようにしながらひたすら登り
やはり15分そこそこでトップの五大堂に到着。眼下に拡がる白銀の絶景を堪能しました。

子供達はというと、当初はユニバーサル・スタジオが無いとか文句を言い、
あまり気乗りしない風でしたが、いざ登り始めるとキャッキャキャッキャと
まるで猿のような素早い身のこなしで、嬉々として私より先に登頂。

その後、私。

最後に汗だくでメイクも流れ落ちた(それでもなお美しい)ママ達が苦笑混じりで到着となりました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


こうして、もののあはれもへったくれもあったもんじゃない文化遺産観光を無事終え
さくらんぼ畑の間を走るバスに揺られてホテルにチェックイン。
せっかくだし明日への英気を養おうと街にくり出し、山形牛の焼き肉に舌鼓を打ち
再びホテルに戻ると、疲れ果ててアッという間に眠りに落ちました。



大会当日は前述の通り、横浜北の道場生達の試合内容はパッとしませんでしたが
一般中量級決勝で実現した古巣鎌倉支部の児平と地元の期待を一身に背負った山形支部日野君の試合は
ワールドカップ出場権を賭けていることもあり、最終延長までもつれる白熱した熱戦となりました。
私も久しぶりに燃えたのですが、途中ふと見ると横浜北の道場生が
今まで会ったこともない児平に、私の後輩だという理由だけで
一生懸命声援を送ってくれていて、なんだかとても嬉しかったです。
こういうのって良いもんですね。

結局、児平は負けちゃいましたが、最後に素晴らしいものを見せてもらいました。
組手、地味過ぎるけど。



大会も無事終わり、さて会場を後にし帰路につこうかというところで
鎌倉支部の先輩である赤松さんが駅まで車で送ってくれるというので、甘えさせてもらいました。
車中では鎌倉支部時代のエピソードの数々を横浜北の道場生とママ達に披瀝したのですが
その内容の九割は野見山さんがいかに困った人物であったかということに終始しました。
私も、そしてたぶん赤松さんも野見山さんが大好きなんです。あんまり尊敬はしてないけど。

山形駅で赤松さんに手を振り、駅でお土産を購入。無事帰路についたのでした。

数々の貴重な経験を得られた良い大会に招待して下さった山形の伊藤支部長に改めて感謝申し上げます。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事