『白蓮会館横浜北支部』 活動報告

初めていらした方は http://www.byakuren-yokohamakita.com/ をご参照下さい。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

5月19日(日)に横浜文化体育館で開催された極真坂本道場主催の
全国ジュニア空手道選手権大会に当道場より中学生3名、小学3年生4名の計7名が参戦しました。

残念ながら中学生3名は初戦敗退となってしまいましたが
それぞれに去年度と比して格段の成長を伺わせる闘いぶりではありましたので
今回の結果に腐ることなく精進を続けてくれさえすれば
報われる日は遠くないことを予感させる良い内容でした。



一方、小3カルテットはというと、こちらは四者四様の大活躍。
初戦こそ、ややぎこちなさの残る動きでしたが、全員尻上がりに調子を上げ
4名全員がベスト8進出。準々決勝の4試合全てに名を連ねるという
初出場の大会としては上出来の快挙を成し遂げました。

よもや金銀銅独占かと期待感も膨らみましたが
さすがにベスト8ともなると勝ち上がってきた相手も一筋縄ではいかない猛者揃い。
残念ながら4名中3名が敗退となってしまいました。

しかし3名ともに敗れはしたものの、その試合での動きが最も素晴らしく
一試合毎に何かを感じ、吸収し、ものすごいスピードで進歩していることを
体現証明してくれました。今年度の飛躍を期待せずにはいられません。



そして3名が敗れ最後の砦となった拓人がやってくれました。





小学3年生中級の部 三位 山中拓人

イメージ 1


一回戦では自身の倍ほど体の厚みがある重量級選手に対して
練習してきた左の廻し蹴りを蹴りまくって蹴圧で圧倒。
二回戦は左中段廻し蹴りをズバリと決めて一本勝ち。
三回戦では実力拮抗の相手に判定で競り勝つといった具合に
それぞれ異なる局面に対応しており、技術的にも精神的にも
懐の深化を見せつけてくれました。

残念ながら準決勝では相手の突きの連打に圧力負けしてしまいましたが
これはこれで次への良い課題となったことでしょう。素晴らしい闘いぶりでした。



今回、初めて参加させて頂いた大会で、ルールの違いに対応しきれなかったり
セコンドの私が興奮してNGワードを絶叫してしまったりして
主審の方から再三にわたり苦笑まじりの注意を受けてしまいましたが、
今までに経験したことのない判定基準やマナーコンプライアンスは
どれも明確かつ意識が高く、見習いたいなと思わされることが多かったです。

また機会があれば出場させて頂きたいなと思いました。

最後に、休日にご足労頂いた御家族の皆様。
山梨から応援に駆けつけてくださった武藤さん。
皆様、ありがとうございました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事