春夏秋は冬を待つ季節

煙突掃除/薪ストーブ設置コンサル&工事/各種リフォーム工事承ります

薪ストーブ料理

[ リスト | 詳細 ]

薪ストーブを熱源とした料理について
記事検索
検索

全41ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

薪ストーブで土鍋ご飯

昨日の記事で薪ストーブで魚を焼いたことを紹介したけど、魚を焼くのは弱めの熾き火だ。当然、その前には炎がユラユラと燃えている段階がある。このときに、ただ眺めているわけではない。夕食に美味しいオカズがあっても、白いご飯がないとはじまらない。いただいた美味しい銚子のお魚にふさわしい、美味しいご飯を薪ストーブで作っていた。
 
毎日食べるご飯も薪ストーブで炊くと、電気炊飯器とは全然違う。最近では電気炊飯器も土鍋や釜の味に近づけようと頑張っているけど、所詮、本物とは比較にならない。お米の粒一つ一つが立っていて、絶品になるのだ。薪ストーブが稼動している時期には、使わないともったいない。オカズだけでなく主食も薪ストーブで作れるのだ。
 
このように薪ストーブはその時の火力に応じた最適な料理がある。ちなみにご飯を炊く前の薪ストーブを全開で立ち上げている時には天板で味噌汁を作っていた。ドブレ700SLの熱源だけで夕食は全部作れた。
 
イメージ 1
 
鉄のダッチオーブンでもできないことはないけど、鉄臭さが米に移ってしまって、どうも美味しくいただけない。ダッチオーブンでやるのはパエリアとかの味がついているものにした方が無難だ。
 
やはり白いご飯は土鍋に限る。熾き火がたっぷりで炎が上がっている状態が最適だ。もし炎が足りなそうだったら細めの薪を数本入れて炎を立ち上げてやろう。五徳を置いて、土鍋を投入すれば火力にもよるけど、10-12分くらいで火から降ろせる。その後15分くらい外で蒸らせば完成だ。
 
イメージ 2
 
五徳と土鍋があれば、毎日のご飯を薪ストーブで、美味しく炊くことができる。消費電力の大きい電気の炊飯器を使わなくて済むので大幅な節電にもなる。
 
\¤\᡼\¸ 2

開く コメント(22)

昨日は、今シーズン初めて薪ストーブを使うお家に行って、薪ストーブの取り扱い説明をしてきた。イベントで使っているのと同じモデルのドブレ640CBだけど、イベント時の短い煙突の時と、二階建てでしっかり口元から全部二重煙突にした時では明らかに燃焼が違うことを実感した。2年乾燥の樫の最高級の薪を持っていったので、それを焚いた。良好な惚れ惚れするような二次燃焼の完璧な状態になった。その調整方法のコツを教えてきた。空気調整のレバーはスイッチではないので、全開、全閉の切り替えではなく、微妙な調整が必要というところを理解してもらえたと思う。
 
イメージ 1
 
帰りに何と、銚子名産の干物をいただいた。これはもう、薪ストーブで焼くしかない。ということで、帰宅してから夕食にいただくことにした。薪ストーブで魚を焼く時は炎がボーボー上がっている時ではなく、弱めの熾き火の状態で行う。炉の中に五徳を置いて、金網を乗せて、その上に魚を置いて扉を閉める。炉内はグリル状態になって美味しく炭火焼になる。
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
イメージ 4
 
ひっくり返す時には金網をもう一枚使って魚の上にも乗せて金網でサンドイッチ状にして火バサミでつかんでまとめてひっくり返すと皮がはがれることなく、スムーズだ。炉内で魚を焼く場合には、煙が室内に出てくることもない。みんな煙突から抜けていく。終了後に、掃除も必要ない。炉内に落ちた油や汚れなども、そのまま薪と一緒に燃えてしまうのだ。手もかからず、とても美味しくできるので、ぜひとも挑戦したい薪ストーブ料理の一つだ。
 
イメージ 5
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
\¤\᡼\¸ 2
 
 
 
 

開く コメント(10)

薪置き場の草刈りを終えて、刈った草を燃やして、ついでに集めてきた原木の細い枝の部分も燃やした。
 
焚き火をして、そのまま熱を大気に放出してしまうのはもったいない。調理で、少しでも回収することにした。
 
イメージ 1
焚き火の最終段階の熾き火と燃え残りの枝を集めてお湯を沸かす
 
イメージ 2
炎がそれほど立ち上がっていなくても、大量のお湯もボコボコ沸騰する
 
イメージ 3
続いてソースを作る。大量のトマトもいい感じで煮込める。全部素材からの水分
 
イメージ 4
ガスコンロで作ったのとは明らかに違う美味しさだった
 
 
 
 
 
 

開く コメント(4)

昨日は「薪ストーブを見に行きたい」という連絡があったので、火を入れた。
 
イメージ 1
葉っぱについた雨粒が美しい
 
梅雨で雨が降っていて、暑くもなく寒くもなくという気候だったけれども、薪ストーブを見に来るのに火が入ってないのも味気ないし、こういう気候の時に火を入れると湿気が飛んでカラっとした感じになるのだ。
 
イメージ 2
久しぶりに薪ストーブに火を入れる
 
久しぶりに火を入れたが、改めて良いものだと思った。せっかく火を入れたら、何もしないのはもったいない。洗濯物を乾かしつつ、炉内でカレー作りをした。
 
イメージ 3
炉内でカレー作りをした
前面扉をフルオープンでも煙は室内には漏れてこない
ダッチオーブンで野菜を炒めているところ
 
イメージ 4
もちろんご飯も炉内に投入して土鍋で炊く
 
イメージ 7
天板でカレーの保温とお湯を沸かす
炉内で土鍋ご飯
同時進行で料理は進む
意外と広く使える700SLの天板
 
イメージ 5
いい感じでできた
 
イメージ 6
全て薪ストーブの熱源で作ったカレーライスは、とても美味しかった
薪の香りが溶け込んでいた
 
 
 
 
 
 
 
 

開く コメント(2)

薪ストーブでダッチオーブンを作っているのと同時進行で、ウッドデッキではバーベキューコンロの準備も進めている。
 
小さいBBQコンロで炭火焼だけだと焦げすぎてしまうけど、大型のもので蒸し焼きにすると味が全然違う。食材の水分が飛ばずに、炭火の遠赤外線を浴びて程よく加熱されるので、焦げずにとても美味しい。
 
イメージ 1
夕陽を受けて、中の食材からの湯気が美しい
 
イメージ 2
BBQコンロで蒸し焼きにした食材も美味
 
 
 
 
 

開く コメント(4)

全41ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事