ここから本文です
早退せずに操体してみよう!
腰痛を治す・肩こりを治す/ひとりで出来る操体法

操体法の基本運動その6

イメージ 1

足を腰幅に開き肘を直角に曲げ脇を締めハンドルを持つような格好をします。

左足に重心を移動して腰を左に押し出します。

上半身は逆方向に倒れます。


次に右足に重心を移動し、右へ腰を押し出すようにして上半身を左に傾けます。

どちらか窮屈な方があったらそちらはやらずに楽な方だけやります。

楽な方といっても限界まで倒すと窮屈に感じますので限界よりちょっと戻します。


楽な感じを味わってやめたくなったら終わりです。


再度調べてみると反対の窮屈だった方が楽になっていると思います。


日本橋整体院

この記事に

操体法の基本運動その5

足を肩幅ぐらいに開き

ゆっくりと前屈します。

イメージ 1

行けるところまで行ったら(赤線)

わずかに戻します。(白線)

無理はしないでください。

次に後ろへ反ってみましょう。



イメージ 2

これも無理をせずに行けるところまで行ったら(赤線)

少し戻ります。(白線)


どちらが楽ですか?

または気持ちいい方がありましたか?



前屈してわずかに戻すのと

後屈してわずかに戻すのと比べてみて

楽な方、または気持ちいい方を選んでやってみてください。



この記事に

操体法の基本運動その4

イメージ 1

足を肩幅に開き

左足に重心を移動して身体を左にねじります。

つぎに、反対の右足に重心を移動して身体を右にねじります。


身体のねじりに左右差があったら(ねじると痛む・つっぱるなど)

つらい方へはねじらずに楽な方へゆっくりと
気持ち良く動いてみましょう。

楽な動きを充分に味わったら一旦身体を戻します。

その後、つらかった方へ身体をねじってみると・・・


あら不思議・・・

痛みが消えていたり、痛む範囲が小さくなっているのがわかるでしょう。

場合によっては痛む場所が変わったりすることもあります。

逆にねじった方が楽になる場合もあります。



つぎに、これの応用編もご紹介します。

左足に体重を乗せて左に大きく身体をねじり1〜2センチ戻ろうとした時、

上半身は右へねじれますが左足は左へねじれる力が働きます。

上半身と下半身が逆になるのがわかりますか?


同様に

右足に体重を移動して身体を右に大きくねじり1〜2センチ戻ろうとした時

上半身は左へねじれますが右足は右へねじれる力が働きます。

応用編の方が気持ちよさがはっきりと分かるかと思います。

左右比べてみて気持ちいい方を味わってください。


この記事に

操体法の基本運動その3

宇宙飛行士がロケットで宇宙へ行って地球に帰ってくると
身長が数センチ伸びているんだそうです。

《金もいらなきゃ名誉もいらぬ、あたしゃも少し背が欲しい》
なんて都々逸(ドドイツ)でしたっけ?ありましたよね?
そんな人は宇宙へ行きましょう(笑)

冗談はさておき・・・
わたしたちは地球に住んでいるので重力の影響を受けています。
立っていても座っていても常に地軸に向かって引っ張られています。
重力に対抗するための抗重力筋群のバランスが崩れると
椎間板に不均衡な圧がかかって腰が曲がったり猫背になったりして
それをカバーするために膝が曲がってきます。
お年寄りに多く見られる姿勢です。

イメージ 1

こうなると腰が痛くなったり肩がこったり膝が痛くなったり
それをカバーしようとしてまたカラダのどこかが頑張って
あちこちに痛みやコリが生じてきます。
操体法の基本運動3は常に重力によって引っ張られている
抗重力筋群を解放する動きです。

詳しいやり方はこちらから

この記事に

操体法の基本運動その2

二つ目の基本操体です。
その場で足踏みしてみましょう。
大きく手を振り太ももが床と平行になるぐらい
元気に30回ぐらい足踏みします。

イメージ 1

これだけです。
もしもどちらかの足が上げにくかったり
重く感じるようでしたら
その足を強く踏み下ろしてみましょう。

上げにくく感じる足、重く感じる足を
ドンッと強く踏み下ろします。
反対の軽い方はふつうに足踏みします。
音で表現するとドン!トン、ドン!トン・・・
と不揃いの音がしますが続けていくうちに
いつの間にか両足が上げやすくなったことに
気づくと思います。
ふしぎですね〜
こんなことで左右の足のバランスが整います。
かなり大きい音がしますので
夜間にはやらず、玄関か屋外でやりましょう。

日本橋整体院ホームページ

この記事に

操体法の基本運動その1

今からご紹介するのは各種操体法のもとになっている
身体の基本的な動きです。
毎朝6つの運動を一通りやってみましょう。
毎日が快適に過ごせますよ♪
6つありますが順番はどれからやっても構いません。
イメージ 1

足を肩幅ぐらいに開いて両腕をゆっくり水平に開きます。
腕の重さを感じながらゆっくりやってください。
腕が水平の状態になったら一呼吸してバサッと下ろします。
これを2〜3回くり返してください。

両方とも軽く上がるようならいいのですが
左右どちらかの腕が上げにくく感じることがあります。

イメージ 2

そんな時は上げにくく感じる方へ体重を移動します。
上の図は左腕が上げにくい場合です。
左腕が上げにくかったら左足に体重移動して
ゆっくりと腕を水平に上げてみてください。
お尻をほんのちょっと左真横に移動しながら上げるようにします。
ほ〜ら、上がりやすくなったでしょ?
1回やっただけでも肩の痛みやツッパリ感が少なくなったり
上げやすくなったのがわかると思います。
※上の図は右足が浮いているように見えますが
浮かないようにしてください。

右腕が上げにくい場合は右に体重を移動します。

日本橋整体院のホームページ

この記事に

イメージ 1

船橋ヘルスセンタ〜♪
長生きしたけりゃチョットおいで
チョチョんのパッ!チョチョんのパッ!
ってコマーシャルがむか〜しあったんですよ。
これを知ってる人はかなりの年配です(^^)

長生きしたけりゃふくらはぎを揉みなさいって聞いたことありますか?
実際に揉んだことがある人ならわかるかと思いますが
かなり痛むところがありませんでしたか?

そんな人は揉んではいけません。

イタ気持ちよく感じる方向を探して
心地良い強さで押すだけで身体のバランスが変化して
首や肩、腰も楽になっていきます。

イメージ 2


揉むのではなく心地良い圧をかけるのです♪
揉んでしまうと痛いんだか気持ちいいんだかわからなくなって
身体のバランスに変化が起きません。

腰痛や肩こりがある方はぜひ試してみてください。
バランスが整うと今よりグッと楽になりますよ♪
もしかしたら痛いのを我慢して揉むよりずっと長生きできるかも・・・♪

上手にやるコツは決して揉まずに
イタ気持ち良い方向へ心地良い強さで押すことです。

詳しいやり方はこちらをご覧ください↓


この記事に

操体教室開催

イメージ 1

自分で身体のメンテナンスができたらいいなと思いませんか?

身体と仲良くする方法

身体の声を聞く方法

自分で歪みを整える方法

自分で痛みやコリを解消する方法などを学べる教室です。


家の大掃除はもちろんだけど身体の大掃除もしちゃいましょう。

電話で予約が必要です。
TEL : 03-3664-4288

あなたのご参加をお待ちしています(^^)♪

この記事に

イメージ 1

『七つの大罪』ならぬ『ひとりで整体』

先日、国技館近くのシアターXで『七つの大罪』
という歌劇を上演しそれの演出をされたドイツ人演出家
マルクス・コップフさんから
2Shotの写真と一緒にメールをいただきました。

以下はその全文です。

I want to say thank you for your help. Your therapy was  successful.
 I have much less problems with my arm.
 I hope you have enjoyed the theatre play at Theatre X.
 I´was sorry, that we didn`t meet us again. 
Now I am back in Germany.

sincerely yours 
Markus Kopf


長年、左腕の症状に悩まされ母国の整形外科、脳神経外科、
オステオパシーなどに通ってみても改善が見られなかったそうですが、
『ひとりで出来る整体』であっさりと症状が緩和。

セッションが終わるとその方法をしきりにメモっていらっしゃいました。
母国ドイツに帰っても『ひとりで出来る整体』で
メンテナンスするとおっしゃってくださいました(^^)

ピアニストの原田英代さんからご紹介があった
ヴェルツブルグ音楽大学オペラ科主任教授で指揮者の
天沼裕子さんも一緒にご来院されセッションを受け、
症状が10→0.5に軽減したという感想をいただきました。

ドイツまで出張はちょっと無理なので
お二人とも『ひとりで出来る整体』で時々メンテナンス
してくださいね。
またお会いできるのを楽しみにしています♪

『ひとりで出来る整体』は日本橋整体のHPの左側に
リンクが貼ってあります。↓

この記事に

脚が痛い

イメージ 1

脚が痛いと言ってびっこをひいてきた女性。
痛みで顔がひきつり、かなりつらそう。

昨年、脊柱管狭窄症で手術をしたが
その後、脚の痛みが出てきた。
痛む部分は太腿の前から横にかけて
両脚だが右の方が酷い。

肩こりも酷い。


イメージ 2


寝ているのが一番楽だというので
仰向けに寝て膝を立てゆっくりと左右に倒す検査をした。
すると、右へは楽に倒れるが

左に倒すと右の太腿横が痛くて倒せない。



イメージ 3

肩こりも酷いというので脚には触れず
首を診てみると
首の左に固いところがあって

押すと痛む。



イメージ 4


この首の痛むところを押さえて
首が痛くなくなる角度を探してもらった。

こんな風にしていると首の固いシコリも消え
膝を左に倒しても痛くない(本人ビックリ)

こんな変な姿勢が気持ちいいというので
10秒ほど味わってもらった。

帰りはひとりでスタスタと歩き
顔には素敵な笑顔が(^^)♪

痛む部分は『警報』が鳴っている所。
『火事』が起きている場所は
別の所ということが多いものです。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事