映画”ストロベリーフィールズ”監督日記(再)

1本の青春映画が完成するまでの記録 2001−2006

2002年11月某日・?鵺 拝謁式? [第3章 主演女優探し篇

イメージ 1



2002年11月某日・Ⅲ 拝謁式? [第3章 主演女優探し篇]

 が、実は・・C子に対する知識はあまりなく、
「****」という映画を見ただけ・・。何を聞けばいいのか?
 
 それにしても会場の雰囲気は握手会というより、
 エリザベス女王との拝謁のような感じ!
 C子の前にはテーブルがあって、白いテーブルクロス
 その後で スーツ姿の年配男性2人が彼女をガード。
 前にも一人。何かあればすぐに阻止する体制だ。
 あたりはシーンとして静まり返っていて、撮影も禁止で、
 まさに「ローマの休日」のラストシーンのような厳かさ・・・!
 緊張していると、すぐに 順番が回ってきた。
 
 おまけにC子と握手するというより、手を握ったまま会話するという設定のようだ。
 それも、C子は相手の手を両手で握る。
 うわーーー。そんなの恥ずかしい!  

 もう、途中で帰ろうか?
 
 と思っていると、順番が来た。
 
 C子はさすがNO1アイドル。100万ドルの笑顔で微笑む。
 
 右手を差し出すと、彼女は両手で僕の手を握る。

 C子の手は柔らかくて、暖かい。

 緊張が加速!!
 ああ、何か話さないといけない。
 しかし、15才の少女に両手で手を握られたまま話をするなんて!
 ドキドキ。
 
 混乱しながら、思いついたことを聞いてしまった。

 「映画『****』の撮影はどーでした?」
 
 その瞬間、C子は「えっ?」という顔をした。
 さっきのファンとの会話を思い出す。
 ああ、そうか、こういう場所では自分の思いを伝えるのが基本なんだな・・・。
 「今回の写真集よかったです!」
 とか「映画の***でのC子ちゃんに感動しました!」とか・・。
 ファンが自分の思いを伝える場で、彼女にインタビューする とこではないのだ!!! 
 どうすればいい!?
 (つづく)

.


みんなの更新記事