エクゼクティブ願望は来年までもちこしか?海外投資調査記録

自身の経験や皆さんとの情報交換で作る投資情報が、業者に頼らず無駄な手数料も払わず自分のオフショア投資・移管の道しるべになるよう
ファインワインの仕入先、Amphora Portfolio Managementはロンドンに本社を置く、ファインワインの専門店です。ワインの専門店といってももちろん飲むためのワインを用意しているわけではありません。もちろん私も自分がここで買ったワインを自分で飲むなんてことは未来永劫ありません。これはビジネスの一種ですから、大事な自身の在庫に手を付けるビジネスパーソンなんていないという常識と同じです。

イメージ 1
もし、投資目的でファインワインを購入する場合(それ以外の目的の場合はご相談くださいね)、まだ若いビンテージ、つまり値上がりを始める前のファインワインをひとたび買ってしまうと、最低5年、長ければ20年はひたすら商品在庫することになります。

そこで、その長い在庫期間のあいだ、安定的な経営をなされている会社から買う、そして絶対的にセキュアされている保税倉庫に保管されているということが絶対条件になってきます。

買ったファインワインは日本になんか取り寄せたらそれだけで値打ちはなくなってしまいます。イギリス国内の専門の保管会社に置いておかなければ、最終消費地であるドバイなどにさばくことはできません。ですから私は、そのためには仕入れ値が少々高くなってもいっこうに構わないと考えています。金融商品でも同じことが言えますが、特にワインや不動産のような現物を投資するつもりで仕入れるのなら、しっかりとした出口戦略を用意しておかなけれは意味がありません。その出口の時に、わずかでも余計なキズ物になってしまうリスクがあるならそれは入口の段階で徹底的に排除しておかなければならないのです。

ファインワインといっても様々なクラスがあるので、仕入れの予算も下限はそれこそ30万円程度から購入することができ、上限は無限です。この予算からでもワインファンドなんぞと違って、自身で個別の在庫を持つことになりますから、コルク?を開けてみたら実態のな詐欺話だったなんてことは起こりえません。ただ、ファンドと異なり、あくまでも自身のワインとして一流のセラー会社に長く保管することになりますから、その長期的なランニングコストなども勘案すると、効率的な予算は最低1百万円程度になってくると思います。

ただ、ファインワインは不動産賃貸物件のオーナーと同様に高価なものを所有しているという満足感も得ることができますから、実質的な利回りよりも、満足感を優先するなら、例えば不動産なら白金とか高輪とか、所有する別件所在地の町名にこだわりをいれるように、五大シャトーなどワインの銘柄にこだわりをいれることになるでしょう。

イメージ 2
逆に、何年もののどこの地方のワインが当たり年だとかなんとか、そんな一銭の儲けにもならないうんちく話よりも、効率よく投資効果を得たいという場合は、APMの発表している投資対象ワインの価格動向インデックスを参考にするといいでしょう。ワインもある意味、ゴールドのようなコモディティの一種だというふうに括ることもできますが、だとすると、価格動向にも全体的な地合いというものがうまれてきます。一度買ったファインワインをジャンジャン辺り構わず買ってくれるお客さんは、ファインワインを1本買うのに何十万時間もかけるワインマニアではなく、結局のところドバイあたりのお金持になるわけですから、うんちく話よりもグローバル的な需給のバランスを気にするほうが正しい投資判断を得ることができるというのも合点がいきます。

詳しい内容はオフィシャルサイトをご覧ください。購買担当者を紹介することはできます。ただ、ワインの銘柄の話は私にはしないでください。私はファインワインは金のなる木としか考えていない投資効率至上主義者です。

理屈はわかったけど、実際にどんな値段で買えるの? が私たちに取って一番聞きたい質問かも知れませんね。そこでアンフォラに直接聞き込んできました。

Chateau Margaux 2014 がGBP3,500.近辺で。
Mouton Rothschildなら2009年でGBP5,600.、これが予算超えなら、2014年でGBP3,500.。

スーパーセカンドの中でも殆どファーストクラスと変わらない値段まで上昇している、La Mission Haut Brionは、まだ少し割安の2014が仕込み時です。


イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名の
メールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

印鑑証明とか住民票の写しとかで使われているコピーするとコピーってでてくる紙。サンワサプライなどからコピー偽造防止用紙として市販されていることを初めて知りました。これは使えそうですね。とにかく試しに買ってみます。

この記事に

開く コメント(0)

ポールソンやミレニアム、それにWilliam Eckhardtなどカリスマ系ブランドファンドを個人が手軽な最低投資額で購入できるようにしてくれるファンド会社がBelmont Investmentsです。本社はアイルランドのダブリンですが、カリスマトレーダー達と提携しなければならないので、実質的な本拠地はニューヨークにあります。

この会社には、ベルモント自前のトレーダーはいません。自社で売買指示を出すファンドマネージャーは居ないということです。その代わりに他でカリスマトレーダーとして有名なCTAの売買指示をもらって、ファンドを組成して小売化することを専業としています。

すなわち、ベルモントファンドを購入する価値は、とにかく個人投資家には手が届かないけど、とにかくClinton Group の大ファンだから、何が何でも(信託報酬が年率1%オンされたとしても)オフショア個人投資家でも購入できるようにしてくれ〜というニースに応えることが全てだということに尽きます。

イメージ 1

ちなみに、私たちオフショア個人投資家にとって、アメリカ籍の投資信託はオフショアとは言いません。書面の提出や納税に関して、もはやオンショア(本邦内)投資信託より厄介な投資先とも言えるでしょう。アメリカ籍のファンドやCTAへの直接投資に躊躇するのはそのためです。

Belmont Multi-Strategy FundはClinton Groupのマルチストラテジーなヘッジファンドを載せたものです。そして、クリントングループは米株のベア局面に対してリスクをヘッジすることを主目的として運用しています。

イメージ 2
上表の月別パフォーマンス表の通り、サブプライムローン問題、リーマンショック、ギリシャ問題などの局面でも安定して上昇しています。逆に2016年の春以降、株式市場が活況になってからは調子がよくありません。これぞ、まさにヘッジファンドとしての機能を果たしている、といえますね。

直接投資も可能ですが、最低投資額はUSD50k、ラップ口座経由ではUSD10kです。販売手数料はネットでは非公開。

イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名の
メールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

11月22日の東京、大阪同時勉強会の後はそれぞれ交流会もしますので、お楽しみに。

この記事に

開く コメント(0)

VAM Fundsが組成して、Driehaus Capital Management LLCがファンドマネージャーとなって運用指示を出す、ファンド・オブ・自分とこのファンズ形式のDRIEHAUS FUND。 ドライハウスについては過去より何度か紹介していますので、今日は省略しますが、簡単に言うと、シカゴのカリスマトレーダーで、極端な話、この人のネームバリューだけでUSD8.4Bもの預かり資産を持っている強者です。

イメージ 1
ドライハウスはアメリカ籍ですし、直接投資するのは大変ですし、そもそもアメリカ籍のファンドを買ってもフショアに入れる意味がありません。そこで、ドライハウスのファンドをどんどこオフショア化して私達にでもラップ口座を経由さえすれば購入できるようにしてくれるのがVAMです(直接投資はできません)。


イメージ 2
ですから、VAMに対しては運用の実力を評価する必要はありません。ルクセンブルク籍で各ラップ口座からしっかり売買できればそれでよいだけです。このファンドに投資するか否かの判断は、全てドライハウスに任せたいかどうか? というところに絞られます。

米株でトレーダーの真価が問われるのははやり小型株、マイクロ株といったところでしょう。やはり、私達は、株屋ギョーカイに身を置いているわけでもなく、ましてや株マニアでもありません。この辺りは、そんな一般投資家がファンドマネージャーに任せてしまうだけの価値のある分野だってことです。

イメージ 3
ですから、VAMの中でも目を引くのはマイクロ株ファンドや小型株ファンドになってくるわけです。左表のようにトップ5の大口投資先銘柄リスト見ても、日本人が知らない名前の会社ばかりです。こういったベンチャー的な企業120銘柄に分散投資しているのがこのUS MICRO CAP GROWTH FUNDなのです。

イメージ 4
繰り返しになりますが、VAMは日本人の直接投資を受け入れていませんので、必ずフル機能の生保系ラップ口座を通すことになります。

イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名の
メールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

エアコン工事が自分でできるようになるといいんですけど、それだけは無理かな。

この記事に

開く コメント(0)

仕組債の記事を出しても他の話題も多すぎて、翌日にはすぐ別の話題に行ってしまうので、ゆっくり勉強している時間がないよ〜と、常連読者の方々からいつもお叱りいただいています。そこで今日は、昨日のものと類似した仕組債を用意してみました。

イメージ 1
でも、ちゃんと発行体と組成会社は違うものを用紙してありますよ。そしてオートコールという条件は同じです。オートコールとは中途償還される条件が設定されている仕組債のことです。

今日の名前は、Commerzbank IDAD Classic Autocall December 2017と珍しい名前です。何が珍しいかといえば、商品名からオーソドックスなオートコールがついていることしかわかりません。年数も含まれてないんです。

短い名前の方が違和感感じるなんで、私もかなり染まってきてしまったのかもしれませんね。

ということで、条件を補足します。まず期間は6年、利率は年率6.75%、そして利払いはは4つある全てのアンダーライイングがスタート日より上昇しているときだけなされます。

と、ここで気付きましたか? オートコールされる条件と利払いがなされる条件が同じです。

ということは、中途償還されるときだけ、利払いとなるということです。でもそれならなんだか不利な気がしませんか? 1発で中途償還されなければずっと無利息ということなります。

イメージ 2

でもご安心を。条件にスノーボール・クーポンと記載されています。この雪ダルマは業界用語なので、ちょっと覚えておく必要があります。スノーボールが付くと、前回までに利払いにならなかった分は、記憶、つまりツケにされていて、もしあとで利払いする機会が訪れたとき、そのツケは全て支払われる仕組みになっているのです。

イメージ 3
これなら、観察日に中途償還されず、利払いもされず、でいても次回のチャンス待ちになるだけなので、さほど不利にはなりません。

問題は、満期日です。ここで、4つのうちどれか一つでも6割を切っていなければ全額償還、しかし無利息となります。どれか一つでも6割切っていれば、その割合だけしか元本は償還されず、しかも無利息です。なお、満期日になってオートコールされる条件と合致すれば、もちろんスノーボールで利息は丸取りです。

今日はスノーボール条件の有り無しがわかれば、それで十分です。

仕組債は直接投資できません。ラップ口座を経由して購入することになります。


イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名の
メールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

私のシャープのポケコンPC-1480Uは、購入から30年も現役でしたが、ついに電源が入らなくなりました。コンピューター製品が30年持っただけでも凄いことですよね。有ったらあったで大きくて重くて邪魔なのですが、無いならないでなんとなく寂しいものです。

この記事に

開く コメント(0)

スイスのブライベートバンクと言えば、有名どころから誰もしらないモノホンまで数百年続く銀行が多い中、スイス上場のEFG Internationalは1995年創業と比較的若い、他社を吸収して大きくなった新進気鋭のプライベート・バンクです。というより、もはや総合金融機関グループですね。

ちなみに、EFGはEuropean Financial Groupの略とのことです。

そのFEGのグループ会社、EFG International Finance (Guernsey) Ltd.が発行体となる仕組債、EFG 6 Years Autocallable with 8.53%p.a. が今日の投資対象です。

イメージ 1
仕組債の場合、とりあえずは、長ったらしい題名からその商品内容がだいたい察しがつくのがよいところです。期間は6年間。中途解約はできませんが、オートコールと書いてある通りで、条件によっては中途償還される可能性があります。

オートコールされるかどうかの判定条件を先にみておきましょう。まず、観察日は1年に一度です。そして、条件はその観察日にEURO STOXX 50 PR、ISHARES MSCI AUSTRALIA ETF、OMX STOCKHOLM 30 INDEX、SWISS MARKET INDEXという欧州、豪州、スウェーデン、スイスの4つの株価指数が4つともスタート日より上昇していたら、オートコールされます。観察日以外の指数の動きは一切関係ありません。

利率は年率8.53%の半期払いですが、4つの指数の全てが、スタート日の数字の9割以上でキープされていないと、利払はされません。

オートコール付きの仕組債の場合、投資家の思惑はやはり思惑はオートコールがかかってくれることです。いわゆる早抜け狙いです。利息ももらい、さっさと次の投資に移れますからね。でも運悪く?満期まで持ちになった時にどうなるかは大切です。

満期日に4つの指数の全てが、スタート日の数字の7割以上でキープされてれば、元本は100%戻ってきます。しかし、どれか一つでも指標が7割キープできていないと、一番割り込んでいる、つまり最低の指標のその割合でしか元本が還ってきません。

例えば、欧州が12割の上昇、豪州が10割でトントン、スウェーデンが8割に下落、スイスが6割に下落だと、元本は6割しか還ってこなくなります。

それって、かなりハイリスクだね、とお感じになるかもしれません。しかし、ゼロ金利が終焉したとはいえ、年率8.53%の利回りを得ようと思うと、これだけのリスクを取らなければならない、ということを知っておくためにも仕組債の勉強はとても大事です。

仕組債は直接投資ができません。各ラップ口座を使うことになります。

イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名の
メールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

東京の忘年会は12月30日に決まりました。詳細はまた勉強会案内ブログ記事でお伝えします。

この記事に

開く コメント(0)

長い間工事中で閲覧することができなかったNewscape Capital Group Ltdの公式サイトがようやくリニューアルしたようです。2008年にロンドンで創業した独立系の運用会社なので、公式サイトのホームページにロンドン市内の風景の写真を使うことになんら不自然さはありません。

イメージ 1
でも、最近の傾向なので仕方ないですが、どんな業種のどんな会社も似たような景色の写真を使われるようになってしまうと、却って印象が無くなってしまう気もするのですが、読者の皆様はどうお感じでしょうか?

って、サイトのイメージなんてどうでもいいから、とにかく軽くしてして欲しいし、何より肝心なファクトシートなどの情報にすぐにアクセスできた方がいいって?

そいういう点では、ニュースケープのサイトは満点ですね。ホームページに大きくリンクが貼ってあります。情報をもったいぶったりしないところが私は好きです。

Newscape Diversified Growth Fundは先月ブログの記事にしたばかりですので、今日はいつもウォッチしているEmerging Market Equity Fundの動向についてアップデートしてみましょう。

USDのクラスで2017年は年初来+18.6%と調子よく上がってはいるのですが、しかしベンチマークであるMSCI EMがフツーに+29.8%の上昇をしていることから比べると、ちょっと物足りない気はします。

イメージ 2
このファンドはどちらかと言えば、香港、チャイナ株にウエイトを置いているので、今年はそれでちょっと出遅れたかなぁ〜という気はしています。しかし、このファンドはかなりアグレッシブにアロケーションを変えてきます。以前は全くなかったロシアがちゃっかり1割入っていたりしますし、出遅れ=買えないファンドではないことだけは確かです。

モーメンタムからなら販売手数料5%が全免になるうえ、シンガポールドル建てのクラスも購入できます。

イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名の
メールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

サウジアラビアとイランは代理戦争という言葉がキーワードになると考えればわかりやすくなるそうです。代理戦争だとすると、シリアはもちろん、ヒズボラの潜伏するレバノン、元々治安の悪いイエメンなどに飛び火している理由がなんとなく理解できそうです。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1Algo Performance Fundはロンドン拠点で籍はマルタというFX系のオフショアファンドです。ファンド組成はマルタのInvestedge UCITS SICAV Plcという会社が行っています。

イメージ 2
これまではイギリス領のマン島やバージン諸島、ケイマン諸島(カンジー、ジャージー)をはじめとして、ルクセンブルクあたりががタックスヘイブンとして有名でしたが、イギリス領は大陸欧州から何かと目の敵にされますし、ルクセンブルクが規制がどんどん厳しくハードルがあがってきているので、マルタはちょっと脚光を浴び始めている国です。

ルクセンブルク=お金持ち=僻まれる マルタ=イタリアのさらに向こうでようわからん=ノーマーク となるのです。日本でもどこでも世の中そんなもんですよね。

イメージ 3
Algo Performance Fundは、Quantaur Algo FX Managed Program StrategyというFXの自動売買システムを使った取引をファンド化したものです。FXをやるわけですから、当然ロングショートのレバレッジありです。

FXのファンドなので、ほぼ当然に右肩上りのパフォーマンスになっています。もしパフォーマンスが崩れてたら、5年間も生き残っていません。マルタ籍のファンドは直接投資できるかもしれません。もしできれば、最低投資金額はUSD10kで典型的な後払い制手数料体系です。RL360から買えるという話もありますが、まだ誰も試してないので定かではありません。

イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名の
メールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

サウジアラビアのマーケットは原油価格の上昇にもかかわらず、シリアを挟んで政学的リスクの高まりやややこしいスキャンダルで株式も債券も続落しています。それにしてもカタールとモメてみるかたわらでイランとは喧嘩してるし、中東情勢を読み解くのは本当に難しいですね。

この記事に

開く コメント(0)

2014年にイギリスのオックスフォードで創業した、Woodford Investment Management Ltd。若い運用会社ながら、はやくも預かり資産をGBP17.8Bも集めているのは、Invesco Perpetualからスピンアウトした創業者兼ファンドマネージャーのカリスマ性にあるからでしょう。

Woodford Patient Capital Trustという、大型のロンドン上場インベストメント・トラストを運用していることで有名です。Neil Woodfordさんの名前で検索するとフィナンシャル・タイムズ紙にこの方のコメントだったり、投資の動向だったりの記事がたくさんでていますので参考にしてみてください。

イメージ 1

今日は、GBP8.91Bのファンドサイズを持つ旗艦ファンド、CF WOODFORD EQUITY INCOME FUNDを取り上げてみます。先月は、大手運用会社のJupiter Asset Managementのファンドシリーズ Merlin fundsのファンド・オブ・ファンズの投資先としてこのファンドに入っていた資金が、恐らくBrexitの後の不透明感などを背景に、数百万ポンドの資金が引き上げられたというニュースもあったりしたファンドです。

イメージ 2

なにしろこのファンドは、投資先の9割がイギリス、1割アメリカという、要するにド真ん中のイギリスポンド建ての英株インカムファンドなのですから、イギリスとポンドの将来が不透明だからイギリスへのウエイトを減らそうとなったら、真っ先に削られる対象となっても仕方はありありません。

イメージ 3
その上、パフォーマンスは2017年初来+0.59%と奮わず、しかもベンチマークであるFTSE All Share indexが+11.94%も上げていることから比較しても、パッとしない状態です。

ジュピターは一切口にしていませんが、市場関係者の間で、Brexit は尤もらしい理由だか本当は単にパフォーマンスがよくないから売ったのだろう、という噂がでても打ち消すのは難しい状態です。

これからポートフォリオの組み換えも積極的に行っていくようですから、カリスマの復活を期待したいものです。だた、大口投資家に資金を引き上げられたというだけでインタビュー記事がでるくらいですから、只者ではないことは確かです。

直接投資はまずできないでしょう。各生保系ラップ口座を利用してください。

イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名の
メールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

なんでもゆるキャラの時代ですが、博多ラーメンのようにバリカタなキャラってないんでしょうか?癒されるより励まされたい世代なもので。

この記事に

開く コメント(0)

最近、オフショアファンドの籍を置く法域が二つにわかれたため、会社組織もCastlestone Management IncCastlestone Management LLCに分かれたキャッスルストーン。でも私達投資家にとっては別に大した話ではないので、この情報は後日自分がリンク先にすぐに飛べるように参考までに記すだけとしておきます。

ところで、Castlestone Management LLCの方は今のところ、Low Volatility Income Fundの一つしかありません。早速、ローボラティリティインカムファンドを取り上げてみることにしましょう。

イメージ 1
余談ですが、LLCとは日本では合同会社のことです。よく合同会社は有限会社の後釜と言われていますが、アメリカのLLCの制度を習って作った持分会社と言われていて、設立もメンテも有限会社より簡単です。個人事業主が法人成りするのに最も簡単な方法ですが、上場はできません。それこそ一人社長の零細企業から、大手スーパーの西友やアマゾンジャパンまで合同会社の制度は幅広く活用されています。

ここでファンドの投資方針の話をしましょう。このファンドの信条は、Long only, daily traded, liquid, completely transparent fund that does not use leverageです。つまりこのブログでもファンドを見る時に真っ先に気にする、ロングオンリーレバレッジなし、という記述の英語が書かれています。ついでに毎営業日売買で、取引明細は(後日)公表とも記載されています。

このブログでは海外で売買するオフショアファンドしか取り上げませんから、乗り換え注文にしても取引には数日かかります。ですから、毎営業日売買可能か週に1回のみ可能か、月に1回のみ可能かはあまり気にしてません。でも解約期間が2ヶ月とか3ヶ月あったりすると、不用意に待たされる結果となるので、その時はなるべく記事にその情報を添えるようにしています。

取引明細が公表されることも、殆どのファンドで当たり前です。ただし、半期に一度、あるいは1年に一度しかアニュアルレポートという形で公表されるのみです。

イメージ 2

投資対象はアメリカ株です。米株のボラティリティつまり、値動きのあまりない銘柄だけを選んで投資するある種のテーマ株ファンドということです。

ローボラティリティ銘柄は調整局面での傷が浅いと言われています。そう言われているがゆえに、そろそろ調整局面に備えておきたいけど、株式投資は続けたいという資金が続々と集まってきています。資金が集まるからなお、底堅い値動きをする、という好循環を狙うものです。

イメージ 3

直接投資はUSD10kから前払い制販売手数料は5%です。ラップ口座経由なら販売手数料は全免されます。

イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名の
メールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

大阪本町勉強会と忘年会は12月16日土曜日夕方からで場所日程確定しました。

この記事に

開く コメント(0)

インベステックの運用外注先として2003年にスタートしギネスアセット、Guinness Asset Managementも少しづつファンド数を増やし、今では8つにまで成長しています。

そんな中、そのコンセプトは極めて正しいものの、それが先進的かつベンチャー的な資源関連株テーマファンドというだけでなく、主に投資しているのがチャイナ株という、これまた取り扱いが極めて難しいGuinness Alternative Energy Fundの最近の動向についてお伝えしましょう。

イメージ 1


2007年12月スタートですが、まだファンドサイズはGBP7Mしかない、アジ級です。ここのファクトシートは、グラフがなく、数字の表だけになるので、パット見がわかりづらいです。よ〜く、目を凝らして見てみてください。一番左上のYTDがYear To Date、年初来の数字を示しています。9月末の結果ですから、2017年の9ヶ月間の実績を表しています。左から二番目は過去1年間という意味です。

イメージ 2
ベンチマークはWilderhill Clean Energy Index と Wilderhill New Energy Global Innovation Index というあまり聞き慣れない指標で、それにアンダーパフォームしていますが、その辺りはあまり気にしなくてよいでしょう。

それより、大事なのは絶対的な数字です。グローバル株式に比べて立ち上がりはあまり良くないものの、+9.3%のプラスはあまり目立たないかもしれませんが、昨年までのパッとしない数字よりから見るとかなり良くなってますよ。ようやく春が来た気がします。

そして、いつもの問題は、この先の展望ですよね。ところで、このファンドはロングオンリーレバレッジなしのテーマ株ファンドです。太陽光や水力、風力発電の部材を製造するメーカーに投資するわけで、決して太陽光発電を自分でやるファンドではありません。太陽光発電のパネルの例にとればわかりやすいですが、こういったメーカーの多くは中国企業ですので、どうしてもチャイナ株が多くのウエイトを占めることになります。


イメージ 3
そして、これらは、いくら次世代発電関連銘柄とはいえ、チャイナ株全体の影響を少なからず受けることになります。このことが、ファンドおのパフォーマンスに少なからず影響してきます。

ただ、逆の言い方をすれば、このファンドは次世代発電に拘っているのであって、チャイナ株に拘っているわけではありません。太陽光発電のブームがインドなどへ移行すれば、投資銘柄も自ずとかわりますし、そもそも原油価格が安いから、次世代発電に力を入れなくてもいいわ、という考え方もおかしいです。

すぐに陽の目を見るかは私にもわかりませんが、今はとにかくウォッチしつつ、投資のタイミングを測っておきたいファンドの一つですよね。
海外渡航不要の投資家紹介にて、直接投資はGBP10k相当額から可能です。もちろんラップ口座経由での投資も可能。


イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名の
メールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

仕事用のMac Miniが立ち上がらなくなりました。ネット経由のバックアップで再インストールしていますが、なかなか進みません。まいっか、ではありません。まいった。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事