エクゼクティブ願望は叶いましたか?海外投資調査記録

自身の経験や投資家仲間との情報交換で得た情報が、業者に頼らず無駄な手数料も払わず自分のオフショア投資・口座維持・移管の一助となる

全体表示

[ リスト ]

ミューチュアルファンドとはなにか?

「投資信託、Mutual Fund」とは何か? を題名にしたら、ブログのアクセス数アップするかの実験です。としておけば、いまさら聞けない話しをさり気なく読み返して理解を深めておくことができるというものです。

日本語で投資信託、英語でMutual FundとかUnit Trustとか言われているものは、ある一つのどんぶり(大抵は特定目的会社SPCを作って会社ごとに分別管理します)を作って、それぞれお互いの顔を知らない多くの投資家からちょびちょび集めた資金を一つにまとめ、そのどんぶり単位で株式、債券、マネーやオルタナティブ市場に、そのどんぶりの方針(目論見書に記載します)に従って運用される、一つの運命共同体のようなものです。

このようなファンドの枠組みはイギリスが発祥と言われていますが、日本の投資信託はこのイギリスの仕組みをまるごと輸入したものです。要するにコピペして尤もらしい単語に翻訳しただけで、しくみはほとんど同じだと思って間違いはありません。

ファンドの運用を任されて、売買指示を出している専門家を、ファンドマネージャーとかマネーマネジャーファンドのとよび、こうやってポートフォリオを構築して運用したの結果、キャピタルゲインやインカムゲインを得る(損する)ことなります。



ミューチュアルファンドを投資家平等に売買するためのしくみ


「投資信託、Mutual Fund」は、一般の個人投資家でも株式、債券やその他の有価証券に広範囲に投資し専門的なポートフォリオを構築できる便利なツールとなっています。投資家はそれぞれ投資金額に比例して、みな等しく平等にファンドの損益を享受します。

同じファンド、同じクラスなら、ファンドのパフォーマンスが+5%となったなら、億円単位で動かす機関投資家も最低投資金額しか資金を入れてない投資家も同じく+5%の損益となるのです。

ファンドのどんぶりは毎日、いえそれこそ一分一秒単位で大きくなったり小さくなったりしています。構築しているポートフォリオに入っている株式や債券は刻々と価格変動しているからです。

一般的にミューチュアル・ファンドと呼ばれるものは、オープンエンド型投資信託であり、そのファンドのルールに基づき毎営業日、毎週何曜日、毎月何日、というように売買できる日が決まっていて、たとえ毎営業日売買できるものでも、売買できるのは1日一回です。

ですから、ある日にそのファンドを買った投資家は、購入した金額や口数(ユニット)にかかわらず、同じ基準価額(NAV, Net Asset Value)で買うことんなります。売却の申し込みをした人たちも同じ基本的にNAVを使います。

購入金額をNAVで割ると購入口数が計算できます。自分の保有している口数にNAVを掛けるとその時の資産額が計算できます。


つづく

イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
イメージ 4

気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

Swift(Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication)の仕組みについて解説する記事を企画中ですが、何しろSWIFT自体が企業ですから、人様の会社についてどこまで踏み込んで解説してよいものやら悩み中です。

この記事に

閉じる コメント(1)

読ませて頂きました^^私のブログでFXの完全自動売買EAを無料で配布しているのでよかったら覗いてみてくださいね♪

2018/8/21(火) 午後 1:40 [ FX自動売買システム無料プレゼント ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事