エクゼクティブ願望は叶いましたか?海外投資調査記録

自身の経験や皆さんとの情報交換で作る投資情報が、業者に頼らず無駄な手数料も払わず自分のオフショア投資・移管の道しるべになるよう

全体表示

[ リスト ]


イメージ 1
言わずとしれた、世界第二位の個人向けヘッジファンド運用会社のMAN Invwestments。日本人お断り(直接投資では新規投資、追加投資、スイッチング、代理店移管ともに不可)で、できることといえば一部解約か全部解約、もしくはラップ口座へのそのまま組み込みという凄技のみ受け付けという状態です。しかし、さすがは個人向けマネージド・フューチャーズの草分け的存在。このファンドは十数年経った今も保有しているよ、という読者の方も多いと思います。

イメージ 2

パフォーマンスのチャートを見ると、ぐーんと伸びたあと、しばらく元気がなく、忘れた頃にまた盛り上がるというような傾向が見受けられます。

イメージ 3
じゃあ、もうちょっと持ってたらまた盛り上がると思いますか? とよく聞かれるのですが、私はいつもええ、そんな時期はかなりの確率で来ますよ、と答えています。ただし、時期がわかりません。

ずいぶんと無責任だって? ええ、もちろん。人間の誰も責任を持てないところ、そこがコンピュータープログラムによる自動の機械売買の良さなのです。

イメージ 4
しかもこのプログラムは純粋なトレンドフォロー戦略。つまり、全期間でプログラムが機能するとはどこにも書いてないというわけです。

もちろん、機能している期間と、機能しなかった期間の長さを比べると、当然に前者が長くなっていなければ、投資する意味はありません。

それを前提に1996年4月からの月次のパフォーマンスを見てみてください。確かに、負けた月より勝った月のほうが圧倒的に多そうです。

つまり、ラップ口座に組み込んだあとも、例えば半分とか一部残しておいて、分散投資を完結させるのが常套手段というか、もはや基本動作だと言える時代がきています。


イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名のメールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
イメージ 4

気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

都内をダンプで走っていると、停めるところがなくて困ります。コンビニも立ち寄れず、お昼は抜きでトイレもなし。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事