エクゼクティブ願望は叶いましたか?海外投資調査記録

自身の経験や投資家仲間との情報交換で得た情報が、業者に頼らず無駄な手数料も払わず自分のオフショア投資・口座維持・移管の一助となる

全体表示

[ リスト ]

Eaton Vance Management (International) Limitedは2001年にロンドンで創業した独立系の運用会社ですが、その源流は1924年のアメリカ・ボストンにまで遡ることができる歴史あるファンド会社です。

イメージ 1
アメリカの投資信託よりも、アイルランド籍のオフショアの方を取り上げたほうが投資対象になりそうです。EVI (IRL) Parametric Emerging Markets Fundは2008年8月スタートで、ファンドサイズはUSD654Mとシャチ級。

イメージ 2
最低投資金額がUSD1,000.というリテール向けクラスがあってエントリーしやすくなっている(ちなみに、機関投資家向けクラスは最低投資金額がUSD5Mといきなりハードルがどーんと上がりメリハリがすごいです)のが特徴です。

それにしても、このエマージング、フロンティア株式ファンド、二名のファンドマネージャーが顕名で運用指示を正す、アクティブファンドなのですが、まぁ、ご苦労なことに国別に満遍なく投資をしています。

投資している銘柄数は7月末現在で、1,528もあるというのですから、これは本当に苦労のかかる作業です。

今は、チャイナやトルコなど、ちょっと様子見モードという国も多いことから、エマージングは多少敬遠されがちですが、これだけ満遍なく入れてくれているのなら、
イメージ 3
却ってチャイナの調子が悪かろうと、トルコで何を言われようと他が支えてくれるかも、という期待感を持つことができます。

しかも、このファクトシートではティア4と称したフロンティアにも1割6分も投資されているので、アフリカファンドに単品買いするには資金が回らない、またはリスクを感じるという投資家にも、ちょっとしたお試し買いができると思います。

エマージング、フロンティアといっても、やはりチャイナの時価総額が大きいので、どのファンドもベンチマークになっているMSCI Emerging Markets Indexなどのウエイトに引きずられるのが世の常です。
イメージ 4

このファンドのように、満遍なくなく行くファンドってなかなか見つからなかったこともあり、今日のこの記事になった次第です。

イメージ 5
ブログ記事に関する詳細な質問、ファンドリスト、オフショアファンド移管相談、パスポートのコピー認証、英訳認証などについては実名の
メールでbyh00122@yahoo.co.jpまでお願いします(コメント、メッセージではお返事いたしまません)。
イメージ 4

気に入った記事にはナイスボタンお願いします。その話題を優先的に取り上げます。オフショア投資ブログのランキング。面白いのでぜひクリックしてみてください。

そのバスラのコンファレンス担当者から電話で、ぜひ出席してくれと営業されてしまいました。自分は行けないと断りましたが、それでも興味深い人脈だから繋がっておきたいですって。関係ないわと切るんじゃなくて、やんわりうまいこといいますよね。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事