ここから本文です
三輪山裏

書庫日常

記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

平成31(2018)年 元旦


年頭にあたり皆々様のご清福をご祈念申し上げます。
本年もよろしくお願い申し上げます。


Happy New Year

새해 복 많이 받으세요

新年好

سالنو مبارک
موفقباشید

শুভনববর্ষ

「天皇は仏法を信じ神道を尊ぶ」これは日本書紀の用明天皇のみことのりです。仏法を信じるとは仏の教えを信じ実行すること。神道を尊ぶとは神の道を尊び敬いの心を大切に生きることであります。
 戦後74年、物のない時代から豊かな時代へと発展してきました。「お米をそまつにすることは、命をそまつにすることだ」と一粒のお米の大切さを教えられ、つぎはぎだらけの服を着ていた小さい頃と今の時代は、驚くばかりの変化です。
 今から2500年の昔、釈尊は常に少欲知足を説法されました。「足ることを知らざる者は富めりといえども貧し、足ることを知る者は貧しといえども富めり」と。
 物の豊かさが幸せであると思う今日の私達の心は一面貧しいのではないかと思うことがあります。自らの幸せのみを求めるのではなく、人々の幸せへの心配りをもって生きることが「仏法を信じ神道を尊ぶ」ことに連なることではないでしょうか。
 昨年は大変ありがたいことがありました。平等寺には大きな「役の行者」の尊像がおまつりしてあります。廃仏毀釈の折に三輪の村人に守られた尊像です。この度、篤信者・奈良の吉田幸夫さまのご助縁を頂き、中西指定仏像修理所・中西正治先生により立派に修復されました。

イメージ 2

 今年も山内一同愛山護法の道念をもって仏法興隆、世界平和のために精進してまいる所存です。
 年頭にあたり、皆さまのご多幸とご安寧をご祈念申しあげ新年のご挨拶とさせていただきます。                             合掌

イメージ 3


[https://www.youtube.com/watch?v=u1x_BHwIDpQ さとにきたらええやん]


[http://www.aisei-rekishikan.jp/movie2.php ハンセン病経験者からあなたへのメッセージ]


[http://www.kyowafilm.com/hansen.htm 長島愛生園の石田雅男さんと懐子さん出演のビデオ「今を生きる」ぜひ、ご覧ください。]


[https://networknara.amebaownd.com ハッキョ支援ネットワーク・なら]


[http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/denkore2017.pdf でんきのほんとでんきのこれから2017改定版(GREENPEACE)]

この記事に

紅葉2018

昨日の紅葉はこんな感じでした。

イメージ 1

でも、今晩の雨でだいぶ散ってしまいそうですね...

「峯の色渓の響きもみなながら我が釈迦牟尼の声と姿と」(道元禅師)

天国や地獄はどこか遠くにあるのではなく、
私たち一人一人の心と行いが、今ここに天国や地獄を作り出すのです。
彼岸は私たちの足元にあります。
季節柄ご自愛ください。
 
○中村敦夫さん 朗読劇「線量計が鳴る」
日時:2018126日(木)開場18:00 開演18:30
場所:ならまちセンター市民ホール

○平田オリザさん 「古今東西 人間みなチョボチョボや」
45回 奈良県 人権・部落解放研究集会(代替行事)
開催日 20181215日(土)
開催地 宇陀市
参加費 3000円(昼食代は含みません)
会 場 宇陀市文化会館かぎろひホール 他

[https://www.youtube.com/watch?v=u1x_BHwIDpQさとにきたらええやん]
 
 
[http://www.aisei-rekishikan.jp/movie2.phpハンセン病経験者からあなたへのメッセージ]
 
[http://www.kyowafilm.com/hansen.htm長島愛生園の石田雅男さんと懐子さん出演のビデオ「今を生きる」ぜひ、ご覧ください。]
 
[http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/denkore2017.pdfでんきのほんとでんきのこれから2017改定版(GREENPEACE)]

この記事に

年間5回、行事前に駐車場の草刈りをやっています。9月23日は午後2時から彼岸会です。
イメージ 1

今年は特に草が伸びてましたね。

イメージ 2

法事や稽古の合間を縫って、師匠と二人で草刈りに3日間かかりました。
少し涼しくなりました。季節の変わり目、ご自愛ください。

この記事に

イメージ 1

年頭にあたり皆々様のご清福をご祈念申し上げます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

Happy New Year

새해 복 많이 받으세요

新年好

سالنو مبارک
موفقباشید

শুভনববর্ষ

『托鉢・雲水のこころ』
丸子孝法住職 新年の挨拶

 今年は明治維新より150年になります。明治維新は日本のあけぼのといわれますが、今のイスラム原理主義と同じような内容があります。神仏分離令が出され廃仏毀釈となり全国の一五〇〇〇ヶ寺がとりこわされ廃寺となりました。
「和を以って貴しとなす」という聖徳太子の国造りの精神が断ち切られ、国家神道政策に基づき富国強兵策がしかれ、第二次世界大戦にまで突き進む結果となりました。
 平等寺は三輪明神の神宮寺として現在の45倍の境内の大寺でありました。廃仏毀釈により廃寺となりましたが中興開基家小西家より永世仏地として現境内の寄進をうけ、三輪の有志の方々が奉仕で廃材により旧本堂が建てられ、わずかに寺命をつないだのです。
「托鉢をしてでも本堂を再建してくれ」という先代住職の厳命をうけ、16年間の勧進托鉢を通して十万人の人々のあたたかい心にささえられ今日の平等寺が再興されました。
 おりしも昨年8月仏師上本慶舟氏より托鉢雲水像が奉納されました。京仏師松久朋琳・松久宗琳先生に師事され現在宗教芸術院奈良支部支部長をつとめられ、東日本大震災で被災された東北の地へ108体の仏像を奉納された立派な仏師であります。
 三衣一鉢の托鉢雲水は、僧侶の原点です。東日本大震災や東京電力福島第一原発の事故、近年の想定外の各地の水害も、大自然に生かされているという原点を忘れた人間のおごりが原因であるように思えてなりません。
 平等寺護持会檀信徒や地域社会の皆さまの日頃のご支援ご協力に感謝申し上げます。本年も山内一同愛山護法の道念をもって仏法の興隆・世界平和実現のため微力ながら努力精進してまいる所存であります。
 年頭にあたり、皆さまのご清福とご安寧をご祈念申しあげ、新年のご挨拶とさせていただきます。

合掌

この記事に

熊本地震

414日に熊本地震が発生してから熊本地震災害支援の募金活動があちこちで行われている。私も微力ながら募金活動に参加したり、避難所にそうめんを送らせていただいたりしていた。

イメージ 1

地震の発生から1か月半が過ぎた。ボランティアは大型連休が過ぎて減ったが、依頼は増え続けているという。523日午後3時に、橿原市の慈明寺に奈良県曹洞宗青年会の有志11人が集合し、3台に荷物を詰め込んで出発した。ボランティア車両の申請をしていたため、高速道路はほとんど無料で通行し、泉大津フェリー乗り場に到着。フェリーで川の字になって寝ている間に北九州市の新門司のりばに到着した。そこから高速道路を使って熊本へ向かった。
熊本市が近づくにつれて、屋根にブルーシートを被せた家が見えてきた。熊本ICは降り口から渋滞し、市内も工事で車線が減って渋滞しており、なかなか思う通りに進まない。熊本市災害ボランティアセンターに到着したのは午前9時半過ぎで、たくさんの人が説明を受けていた。ボランティア活動時の注意としては、熊本地方においては現在も余震のおそれがあるため、揺れを感じた場合には作業を中止し身の安全を確保することだ。あいにく作業中に大きな地震は無かったが、いまだに余震は続いている。

イメージ 3

天気は良かった。私たちは崩れたブロック塀、壊れた家具、電化製品を運んだりして依頼されたボランティアを一生懸命こなした。
驚いたことに、そのボランティアセンターには午後3時から3日間、鹿児島から炊き出しに来られていた。熊本城から1キロの商店街もスクランブル交差点もある町中に、炊き出しを必要としている人達がいるのかと思えばそうではなく、私たちのように全国からボランティアに集まってくる人たちのための炊き出しであるそうだ。支えようとする私たちも支えられている。
たくさんの避難所を大きな場所に集めようとしたが、移動したくない人たちもいる。避難所には今も8,000人以上の人たちが避難されている。未だに車中泊や、避難所で座ったままの生活をされる人がいる中、エコノミー症候群でお亡くなりになられた人もいる。ラジオでは朝も昼もエコノミークラス症候群を予防する3分間体操の放送が流れていた。つま先を上げたり下ろしたり、ふくらはぎを揉みほぐしたり、深呼吸をする。人の温もりが伝わってくる放送に私たちも励まされた。

イメージ 2

最も揺れの激しかった益城町の被害は大きい。地震で1階が潰れていたり傾いている家が多かった。倒壊した建物に重機が入って撤去作業が続いていた。崖が崩れている所、田んぼに何本もの地割れがある場所があった。道路の端に臨時の水道管が張り巡らされた地域もあった。まだまだ被災地の生活再建には長い取り組みが必要だ。
帰りに熊本の国立ハンセン病療養所・菊池恵楓園へ寄った。私が知っている長島愛生園のようにあちこちからラジオが聞こえるようなことはなく、園内は静まり返っていた。外見は大きな被害は無いように思えたが、園内を回ると、河村正之初代所長の墓石が土台から崩れて倒れていた。地震の揺れで納骨堂の骨つぼも割れたそうだ。納骨堂のお骨は故郷に帰りたくても帰れなかった、亡くなっても故郷に帰れなかった人たち。その納骨堂も天井が傷み中へ入ることが出来なかったので、私たちは納骨堂の前で読経して手を合わせた。
 熊本の一日も早い復興を切に願い、今後も出来ることをしたいと思う。

イメージ 4

長島愛生園の石田雅男さんと懐子さん出演のビデオ。ぜひ、ご覧ください。[http://www.kyowafilm.com/hansen.htm 「今を生きる」へ]
 
[http://blogs.yahoo.co.jp/byoudouji/26428753.htmlやさしい地球、残そう子ども達に!]
 
[http://blogs.yahoo.co.jp/byoudouji/36072547.html「奈宗連」講演会、午後2時からの講演会はどなたでも無料でご参加いただけます。]

この記事に

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事